着飾る恋には理由があって|3話ネタバレと感想。横浜流星の手つなぎ!?あーん!?告白!?

2021年5月5日

2021春『着飾る恋には理由があって』

2021年春クール『着飾る恋には理由があって』の3話が2021年5月4日(火)に放送されましたね!

こちらでは、3話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

毎回EDに明かされる駿目線のおまけが楽しみになってきた第3話!
今日は、一体どんなキュンキュンが描かれるんだろうね!

展開としては、恋が動きに動いてる感じだけど…
このあたりで、まだ謎めいている羽瀬彩夏ちゃんの事が描かれると嬉しいなぁなんて思っちゃうわね!

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

『着飾る恋には理由があって』3話あらすじネタバレと感想は?

『着飾る恋には理由があって』3話ネタバレあらすじ

【ぐるぐるなくるみの想い】

くるみ(川口春奈)は、グルグルモヤモヤしていました。

何で、駿(横浜流星)とキスをしてしまったのか…。

何だか意識してしまうくるみとは対照的に、駿は今朝方見た謎の夢の話で盛り上がっており、何だか能天気な姿に、思わずため息がもれます。

最近、くるみが見た夢といえば、何かに追われてるなんて言う悪夢ばかり、ちょっとストレスが溜まっていそうですね。

そこへ、彩夏(中村アン)が怒ってやってきました。

くるみに作品を勝手にSNSにあげないでくれと、先日の桜の絵の写真を指差します。

投稿する前に、彩夏に断りを入れたくるみでしたが、覚えていないの一点張り。

彩夏との近づかない距離に、くるみはしょんぼりしていました。

さて、会社に出勤すると課長の松下(飯尾和樹)から、『el Arco Iris』のHPを夏仕様に模様替えの時期が来たこと、その担当者にくるみの後輩である七海(山下美月)秋葉(高橋文哉)が決まりました。

不安げな七海に、いつでも助けるからと声をかける七海でしたが、それを松下は制止しました。

実は、SNSにあげた写真が数日前のものと同じであることをに気づき、少し働き過ぎだから、有休をとるようというのです。

そして、それは以前、自分が祥吾(向井理)に言われたことなのだと。

でも、くるみは、これまでがむしゃらに働いてきました。

だから、休めといわれてもどうしていいのかよくわから、思い余って、陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセリングを受けることにしたくるみ。

驚いたのは陽人です。

画面の向こうに、同じ家に住むくるみがいたのですから。

確かに、陽人はいつでも話を聞くといっていましたが、それは頼ってほしいというちょっぴり下心もあったわけで…。

陽人は、『相談者』には絶対手を出さないことを信条としておりそうなった時点で、恋愛対象からは即外すと決めていました。

それに話を聞くうち、まだ祥吾の事が好きなのかと思いきや、話に出てくるのは駿ばかり…。

その夜、駿にくるみがオンラインカウンセリングに来たこと、だから恋愛対象から外すことを告げました。

「なぁ、そっちは恋愛対象になれへんの?」

駿は驚きましたが、少しだけ考えて言いました。

「近すぎて、考えたことないよ。」

【ルームシェアメンバーでキャンプへGO!】

翌朝の事です。

香子(夏川結衣)は、みんなに彩夏の絵が若手の登竜門といわれている賞の最終選考に残ったことを教えられました。

その会場は、よく行くキャンプ場の近くだと気づいた陽人は、彩夏の絵を見にキャンプに行こうと提案します。

駿は、自分のタイミングで休めますし、くるみもおあつらえ向きに有休をとれといわれたばかり。

香子は仕事の都合で行くことはかないませんでしたが、4人でキャンプに行くことになりました。

香子の車に陽人と彩夏・駿のキッチンカーに駿とくるみ…何となく意識してしまいドギマギするくるみ…それをいち早く察知した香子は、愛犬・コウジとジト~っと見つめるのでした。

そんなこんなで出発した一行でしたが、くるみは車の中でも煮詰まってしまった七海を心配した秋葉からのヘルプ要請に追われ、結局ずっと仕事をしており、駿は呆れてしまいます。

途中で立ち寄った談合坂のSAでは、彩夏が彼氏(?)と電話をしていましたが、その曖昧な関係に思わずハラハラしてしまう同居人3人。

しかし、彩夏は『余計な期待はしないし、作品が認められれば、他は何もいらない』とドライな様子。

キャンプ場に到着すると、すぐに秋葉が休暇中のくるみに電話してしまったことに気が付いた七海から謝罪の連絡が入り、何とか頑張ってみるというのですが、その煮詰まった声に、くるみは心配が止まりません。

電話を切ったくるみは、顔をOFFに戻すと、彩夏の絵を見に行こうと提案しますが、彩夏は1人で行くから来なくていいといいます。

忙しいのに付き合わせてしまって悪かった、自分を優先しろとチクリといわれてしまい、くるみは中々近づけない彩夏との距離感に一層しょんぼりするのでした。

【香子が詐欺に!?】

その頃、1人留守番をしていた香子には事件が起きていました。

留学先のアパートや学校の手配をお願いしていた会社が倒産したというのです。

香子の部下が、すぐに大使館に連絡を取り、確認してみると…、似通った詐欺事件が多発していたというのです。

香子は、呆然とした表情を浮かべるのでした。

【彩夏の絵は、賞をとれるのか…。】

1人、会場に行ってしまった彩夏を待ちつつ、駿はウキウキと夕飯づくりを進めていると、またくるみに秋葉からヘルプが入ります。

返事をしながら、くるみはやはり有休をとるべきではなかったかと、悶々としていましたが、そんなくるみに駿は言います。

「そういう時は、信じて任せた方がいい。」

過去に店をやっていた時もそうだったと、くるみを諭すのでした。

それから、くるみはやはり一緒に彩夏の絵を見に行こうと駿と陽人を誘いました。

彩夏の絵を見た3人は、その素晴らしさに圧倒されます。

でも、彩夏の絵は賞をとることができませんでした。

はっきり言って、彩夏の絵がダメで、賞をとった絵がいいという違いもわからないという3人。

駿は、人の評価よりも、自分で自分に胸を張れればいいのにと呟きます。

その言葉は、今のくるみの心にも突き刺さりました。

くるみは、湖のほとりにあるベンチに腰掛ける彩夏に慰めの声をかけますが、逆にそれは彩夏の逆鱗に触れてしまいます。

怒って立ち去ってしまった彩夏には陽人がついて行きました。

その時、またくるみには七海からの電話が…。

出ようとするくるみの手を止め、駿はキッチンカーを走らせ、山の上の秘湯に向かいます。

電話に出られなかったくるみのLINEには、七海から2つの案のどちらがいいかを尋ねる連絡が。

それを見ていた駿は、くるみのスマホを奪い、勝手に送信しました。

『自分を信じて進め』と。

そして、電源をOFFにするのでした。

【デジタルデトックスは恋の始まり?】

その頃、彩夏は陽人に、くるみに対して八つ当たりをしてしまったとこぼしていました。

涙をこらえる彩夏の背中を、陽人は黙って背中をトントンしました。

その温もりに、彩夏の心のしこりはほどけていくようなのでした。

陽人から、スマートフォンの電源をOFFにされたくるみは、せっかく来たのだからと腹を括り温泉を楽しむことにしました。

露天風呂のしきり1枚を隔てて、お湯につかる駿とくるみ。

癒されているくるみに駿は言います。

「どんなに落ち込んでも、空と水と空気、これがあればいい!」

その時、突風が一ついたずらをしました。

くるみが着てきた服を飛ばし、川に流してしまったのです。

家に着替えのバッグを忘れてきてしまったくるみには、他に着るものは何もありません。

駿にお願いして、近くの店で服を買ってきてもらったものの、その服は何とも言えないダサいTシャツ…(IラブYAMANASHIって書いてある)。

キャンプ場に戻ると、彩夏はくるみに言いました。

「忙しいのに…私の絵見に来てくれてありがとう。」

八つ当たりしてごめんとは口には出しませんが、くるみと彩夏は一歩近づけたような気がしました。

すっかりOFFモードになったくるみを見て、彩夏と陽人はお酒の買い足しへ。

写真を撮ろうとスマホの電源を入れようとしたくるみの右手をとり、スマホを撮るとそっと手を繋ぎました。

「デジタルデトックス!」

右手をつないでしまうことで、スマホを使わせない作戦の駿に、箸が持てないと訴えますが、駿は『あ~ん』と食べさせることで、有無を言わせません。

酔っ払ってからかわないでと諭すくるみに、駿は最近くるみが出てくる夢をよく見ると。

「もしかして私のこと好きなんじゃないの?」

いじわるっぽく言うくるみに、聞き逃してしまいそうなほどにさらりと駿は言います。

「あ~…。たぶん好きだね!」

ふざけたような言い方とはいえ、なんだか心がざわつくくるみでしたが、繋がれた手を離そうとはしませんでした。

同じ頃、彩夏が香子に結果を報告し、でも思ったよりも落ち込んでいない自分を不思議そうにしてました。

「はるちゃんはね、賞を取れても取れなくても、1人にしたくなかったんだと思うよ?」

香子の言葉をにわかには信じがたい彩夏でしたが、その表情はどこか嬉しそうでした。

電話を切った香子は、自分のトラブルをみんなには一言も話していません。

その時、マンションには、香子を訪ねて小林(生瀬勝久)が訪ねてきました。

翌朝、やっとスマホの電源を入れたくるみは、七海からの完成した広告の写真を見て、サムアップのスタンプと『真柴は完全OFF』のメッセージ…それに、昨日の夕飯時に4人で取った写真を添付するのでした。

【本日のおまけ】

くるみに服を買ってきてと頼まれた駿。

何でもいいのに、一生懸命服を選ぶ姿を見て、店員のおばちゃんはどんな子の服を買うのかと尋ねます。

「服にうるさくて、ずっと仕事してて、いつも携帯握りしめてる。頑張るけど、しょっちゅう空回りしてて、いつも誰かを助けようとする、…『お人よし』?」

おばちゃんは、にやにやした顔で言いました。

「好きな子ね♡」

動揺した駿は、手近にあった服を持って会計を済ませ、店を後にしました。

それが、あの『IラブYAMANASHI』Tシャツに真相なのでした…。

『着飾る恋には理由があって』3話の感想

きゃ~!
何あの、デジタルデトックス…
たまらん…。

鼻血を出すのは、デトックスじゃないからね夫人?

わかってるわよ!
でも、あの手つなぎ、『あーん』からの『多分好き』は反則だと思うんだけど!

確かにねぇ~。
しかし、もう少し、四角関係みたくなるかと思いきや、割と早々に改称されて、それぞれカップリング成立見たくなってるよね。

多分、あのうちの中は、あくまでもキュンキュンがメインで、何か心が揺れるのは外でって感じなのかな?

そうか…くるみと駿の間には祥吾が絡んでくるだろうし、陽人と彩夏の間には、あの相談者の舟木(黒川智花)が絡んできそうだね…。

というか、あの『香ちゃん!』って呼ぶ生瀬さんは何者???
盲腸で入院してたはずじゃ…。

それは、おちょやんだよ!
夫人!

ん?
あれ?そっか(笑)

なんだかんだでもう3話!
ひたすらキュンキュンさせらてる女子は多そうだね!

そうなのよね…。
とにかく、各種イケメン取り揃えました感が…何か目の保養って感じなのよ…。

ははは(笑)

でも、絶妙に彩夏には彼氏(?)みたいなのもいるみたいだし…。
何だか、まだまだ波乱はありそうよね。

というか、まず香子さんのトラブルの方が心配だよ。

そうなのよね…香子が留学に行かないとなったら、どうなっちゃうの?このルームシェア…。

う~…早く来週になれ~!

広告

『着飾る恋には理由があって』3話を見た人の反応は?

いや、本当早めに帰ってこないと、完全にくるみ取られるよ?(笑)

そして、横に横浜流星くんいたら、とてもじゃないけどスマホとか見てる時間もったいないよね!

広告

2021年春クール「着飾る恋には理由があって」の見逃した時の対処を紹介!

「着飾る恋には理由があって」は放送終了から1週間以内はTverTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

TBS FREEはこちら

1週間を過ぎてしまった場合は、有料登録が必要となりますが、Paraviを利用して視聴可能です!

Paraviはこちら

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

『着飾る恋には理由があって』4話の予告あらすじ

キャンプの夜、駿(横浜流星)から「好きかもね」と言われ、真柴(川口春奈)は気持ちが揺さぶられるものの、駿の真意が分からないまま帰路につく。真柴と駿が帰宅すると、香子(夏川結衣)から陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)も交えた4人に話があると切り出される。

そんなある日、羽瀬が体調を崩してしまう。急に気分が悪くなってしまった羽瀬の具合を聞くうちに、真柴はある思いを巡らす。

同じ頃、「el Arco Iris」の広報課では来期のコレクションに向けたプロジェクトが始動し、急遽、デザイナーとの打ち合わせに真柴が指名されて…。

出典:https://www.tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/story/ep4.html

まとめ

あ~うちキュンなら、この展開は出てくるよね。
体調崩して、看病からのフラグ!

何か…何かもう…心がデトックスされるわ!ほんと!
けしからん!もっとやれって感じ!
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告