花子とアン|151話-152話ネタバレと感想。やっと最終週の放送へ…おかえりなさい!

2021年9月6日

2021年朝ドラ再放送『花子とアン』

朝ドラ『花子とアン』の再放送151話と152話が2021年9月6日(月)に放送されました!

こちらでは、151話と152話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

おとう…すごい幸せそうな表情で眠るようにって感じだったよね。
残された方は、やっぱり寂しいけど、あんな表情だったら、よかったって思えるよね。

生けるものは必ず迎える結末なら、ああいう表情でありたいものよね…。

さ~長い長い放送休止が明けて、やっと、最終週!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『花子とアン』151話と152話あらすじネタバレ

花子とアン第26週

朝ドラ『花子とアン』第151話ネタバレあらすじ

おとうの葬儀

甲府では、亡くなった吉平(伊原剛志)を見送るために、大勢の人が集まってくれたので、何もないと言いつつ、吉平の作ったぶどう酒で弔っていました。

そこへ、珍しくきちんと正装でやってきた武(矢本悠馬)がごちそうとお酒を持ってきてくれたのです。

それはケンカ友達のようであった地主の徳丸(カンニング竹山)からの計らいでした。

花子(吉高由里子)かよ(黒木華)もも(土屋太鳳)…それに、義姉となった亜矢子(高梨臨)が武にお礼を言います。

かつての思い人で人妻になった亜矢子を見て、武はちょっぴり哀愁を秘めてはいましたが…

その夜、ふじ(室井滋)は、縁側で一人、吉平からもらった櫛を見つめこれまでのことを思い出していました。

花子はそんなふじの隣に座ります。

葬儀が終わっても、吉平が亡くなったとは、まだ実感がわきませんでした。

ふじは、間違いなくケンカしてるだろう周造と吉平を思い、苦笑いを浮かべましたが、歩(寺田歩)もいるからと、少し安心しているようでした。

「ねぇ、おかあ…?東京で一緒に暮らさない?」

花子は、ふじに切り出しました。

畑には吉太郎と亜矢子がいますし、残りの人生は好きに生きてもいいのではないかといいます。

でも、ふじはそれを丁寧に断りました。

ふじは、吉平と過ごした家から、離れたくはないのでした。

蓮子の心は…

その頃、東京の宮本家では、純平(大和田健介)を失った悲しみから、何もできぬまま時間だけが流れる蓮子(仲間由紀恵)の姿がありました。

龍一(中島歩)が闇市でいいものを見つけてきたといっても、富士子(芳根京子)が声をかけても、全く反応がありません。

龍一は、短歌をしたためるための短冊を見つけてきていました。

でも、ちらりと一瞥するだけで、全く興味を示さないのでした。

花子、アンの物語のため奔走する

花子は、東京に戻ると、何とかアンの物語を出版できないかと奔走していましたが、やはり『モンゴメリ』の知名度はまだまだ低く、どこも手を出そうとはしてくれませんでした。

肩を落とす花子に、英治(鈴木亮平)は、あるプレゼントをしました。

それは本で、表紙には…。

『Anne of Avonlea(アヴォンリーのアン)』

『Anne of Green Gables』の続編にあたる本でした。

英治は、梶原(藤本隆宏)にも助けてもらいながら、古本ではありましたが見つけたのです。

大喜びの花子は、いつものように表紙を開き、手を留めました。

スコット先生(ハンナ・グレース)との約束である『アンの物語』を日本の子ども達に…その願いを叶えてから読むことに決めたのでした。

それからも、懸命に出版社を探す花子でしたが、中々見つかりません。

今日も空振りに終わった花子は、かよのお店で休憩です。

その時、警察官の大きな声が闇市に響きます。

警察官による『浮浪児狩り』と呼ばれるものでした。

その時、かよの屋台に飛び込んできた女の子が2人、かよの足にしがみつきます。

「助けてください!」

必死に訴えかける女の子たちを、匿ったかよと花子。

この少女たちとの出会いが、かよの人生の大きな転機になるとは、まだ誰も知らないのでした。

朝ドラ『花子とアン』第152話ネタバレあらすじ

かよに新しい家族が

花子とかよが屋台で匿った少女は姉妹でした。

姉の幸子(木村心結)と妹の育子(新井美羽)と言いました。

帰宅した花子は、英治と美里(三木理紗子)に今日の出来事を話しました。

何か、その姉妹に何かしてあげられないかと思っているところへ、もも(土屋太鳳)が駆け込んできました。

何とかよが、あの姉妹を引き取ると言い出したのです!

かよのお店に駆け付けると、姉妹からさらに詳しい話を聞いてみると、戦争が終わり疎開先からやっとの思いで帰ってきたら家は空襲で跡形もなく、両親も亡くなっていました。

このままでは、養護施設につれていかれてしまうと怯えている子ども達を見て、かよは引き取ることを決めたのだといいます。

でも、今、かよの店は、かよ1人が食べていくので精一杯。

2人の姉妹を引き取る余裕なんて、とてもありませんでした。

それでも、日本中の子ども達に夢を届ける花子、家族のために一生懸命なももを見てきて、自分も誰かのために生きたいと考えたのでした。

その姿は、まるでアンを引き取ったマリラのようでした。

今のかよと同じように、アンを引き取った時、『ついに番が来た』と話したと花子は言います。

かよの決意を目の当たりにした花子とももは、応援することに決めるのでした。

帰宅した花子が、事の顛末を英治と美里に話していると、突然の訪問者の声が…。

龍一でした。

用件は、蓮子に会ってほしいということでした。

花子は、あの時の蓮子を思い出し、少しためらいがありました。

また、蓮子の心を傷つけてしまうかもしれないと思ったからです。

でも、龍一は、ずっとふさぎ込む蓮子が、一度だけ心が動くのを見たといいます。

それは、先日の花子のラジオを聞いている時でした。

「蓮子に会っていただけませんか。お願いします。」

何度も頭を下げる龍一の姿に、花子の心は揺れましたが、ついに決心しました。

あの日、別れて以来の蓮子との再会。

「蓮様…。」

「はなちゃん…。」

花子は、純平のお参りをさせてほしいとお願いすると、蓮子は、それを拒みはしませんでした。

手を合わせる花子の前に、遺骨を見せます。

花子は、戦時中に自分のラジオが子ども達を戦地に駆り出したことを、謝りました。

蓮子は、戦争で奪われるくらいなら、一緒に逃げればよかったと泣き崩れるのでした。

広告

朝ドラ『花子とアン』第151話と第152話の感想

徳丸さん、いい人ねぇ…
変なお父ではあったけど、意外と憎めないって感じで受け入れられてなのかしら…
最後の方は、お母を支える姿に、みんな絆されてくれたのかな?

お母が、東京に来ないかっていう誘いに、ここにいたいって気持ちもわかるよね…。

そして、最終週を迎えてもまだ復活しない腹心の友…
あぁ…番組が終わっちゃうよ~…

ちゃんと仲直りできるんだよね?

そのはずだけど…どうやってだったかしら…

そして英治さんのいい旦那様ぶり。
私も見習わなくてはいけないなぁ。

そうかなぁ?
大丈夫だと思うわよ♪

…ありがとう(照)

でも、本を渡されて、続きを我慢できるなんて…
花子すごいわ!

早く出版できるといいねぇ。

というか、こんなところで、かよに新しい家族ができるなんて!
すっかりこのエピソード忘れてたわ!

夫人の記憶力でもそんなことがあるんだね~。

まぁ、さすがに全部は無理よね(汗)
妹の子、新井美羽ちゃんだったのね~…。

何に出てた子役ちゃん?

大河なら『おんな城主直虎』の主人公の幼少期。
朝ドラなら『わろてんか』のヒロインの幼少期だったのよ!

へ~すごいね!

それに、Huluで配信されていた『だい!だい!だいすけおにいさん!!』っていう番組で、「おかあさんといっしょ」で11代目うたのおにいさん・横山だいすけさんとやってた番組がかわいかったのよ~!

そこに横山だいすけさんと新井美羽ちゃんがかつて同じ事務所だった築地まさたかくっていう子役ちゃんと3人で猫耳つけて可愛かったの!

築地まさたかくんって、ダスキンのCMで風間俊介さんと趣里さんの息子役の子役ちゃんだ!

そうそう!
ちょっと話それちゃったけど、ということは、新井美羽ちゃん『わろてんか』の時に、朝ドラは2作目だったのね~。

あ!「だい!だい!だいすけおにいさん!!」気になったよ~って方は、Huluで配信されていますよ♪

『 だい!だい!だいすけおにいさん!! 』はHuluでも配信中!

登録方法・利用方法等については、公式サイトの規約をよくご確認の上、利用してください。

※2021年9月現在。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

話がそれたね!
時を戻そう!

いきなりのぺこぱ(笑)

あ!
龍一が、村岡家に!!

この来訪が、仲直りのフラグだったかしら!!
明日に続く!

広告

朝ドラ『花子とアン』第151話と第152話を見た人の反応は?

まさに『おんな城主直虎』のおとわちゃんです!
新井美羽ちゃん、最近はすっかり女優さんって感じですが、この時は、まだあどけないですね♪

郁弥さんと結婚していたら、その時の子ども達はこの位の年齢かもって思うと…
ちょっと…うるって来ちゃうね…。

そして、確かに郁弥さんなら「家族は多い方が楽しいですよ!ね!かよさん!」くらいのことは言いそうだね(笑)

花子が謝ったのは、蓮子にっていうのもあるけど、多分日本中の家族を失った人たちに向けてたんだろうなって思います。

自分も我が子を失って(戦争じゃないけど)悲しかったのに、それと同じ思いを色んな人にさせてしまったって言うような気持ちがあるのかもしれないわね。

まとめ

いやぁ…ほんとう待ちかねていたね…

本当よ!
このまま順調に、最終回まで放送がされますように!
次のお話も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

アンのゆりかごー村岡花子の生涯ー(新潮文庫)【電子書籍】[ 村岡恵理 ]

価格:825円
(2021/6/25 12:12時点)
感想(3件)

広告