花子とアン|63話-64話ネタバレと感想。朝市がいい人過ぎる件【朝ドラ・再放送】

2021年朝ドラ再放送『花子とアン』

朝ドラ『花子とアン』の再放送63話と64話が2021年4月15日(木)に放送されました!

こちらでは、第63話と64話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

まさかの吉平に不義密通疑惑!!
『おちょやん』のおかげというかせいといかで、この言い方にちょっとハマっちゃったよ(笑)

とはいえ…おとうの話を、もう少し聞いてあげられるといいんだけど。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

朝ドラ『花子とアン』第63話と第64話あらすじネタバレ

花子とアン第11週

朝ドラ『花子とアン』第63話ネタバレあらすじ

【巻き込まれた朝市】

吉平(伊原剛志)の不義密通疑惑に巻き込まれ、朝市(窪田正孝)は告白どころではなくなってしまいました…。

頑張れ…朝市…。

【またもすれ違う伝助と蓮子】

花子(吉高由里子)から、安東花子作『たんぽぽの目』が届いて、大喜びしていた蓮子(仲間由紀恵)でした。

しかし、またも伝助(吉田鋼太郎)からの仕打ちに怒り心頭になっていましt。

それは、『たんぽぽの目』を届けてくれたお礼の手紙に…。

蓮子は、義理の娘を東京の修和女学校に入学させようと準備を進めていました。

それが、不作法な娘のためになると思っていたからです。

ところが、女子に教育はいらないという考えの伝助は、また蓮子を蚊帳の外に、勝手に縁談を決めてきていたのです。

過労で倒れた伝助の看病以来、何となく夫婦らしくなってきた2人でしたが、また元の木阿弥になってしまいました。

周造、倒れる

同じ頃、吉平(伊原剛志)は、何とかふじ(室井滋)の許しを得ようと、そっと家に帰ってみます。

ところが、そこを周造(石橋蓮司)に見つかってしまったから、さぁ大変!

今まで、家の事はしない・留守がちな吉平を快くは思わないもののふじの気持ちを考えて我慢していた周造は、不貞でふじを泣かせた吉平を許せなかったのです。

怒りが、一気に頭に上った周造は、突然、倒れてしまうのでした。

朝ドラ『花子とアン』第64話ネタバレあらすじ

【周造、吉平に家族を託す】

周造が倒れたと聞いて、花子は大慌てで家に帰ってきました。

幸いにも、周造が倒れた時、その場に吉平がいたおかげで、すぐに医者を呼んで治療をしてもらったことで、一命はとりとめていました。

でも、次に発作が起きた時には…と覚悟を決めるよう言われてしまいました。

ふじは、自分のせいで周造が倒れたのかもしれないと落ち込みますが、どうしても吉平を許す気持ちになれません。

そんなふじの姿に、吉平は謝るタイミングを逃してしまいました。

そして、周造は命こそ無事だったものの、前のようには体が動かせなくなってしまい、納屋で寝込むようになっていました。

その傍らには、花子の新刊『たんぽぽの目』が。

でも、周造は字が読めませんから、花子の物語を読むことができません。

吉平は、そんな周造を見て、『たんぽぽの目』を手に取りました。

そして、周造に朗読を始めたのです。

花子の書いた物語を聞いた周造は、初めて吉平に感謝の言葉を告げました。

花子がこんなに素晴らしいお話を書けるような教育を受けられたのは、吉平のおかげだと。

そして、老い先短いであろう自分の代わりに家族を守ってほしいとお願いしました。

「わしが死んだあと…ふじと、吉…かよ…もも…それに、はなのこと頼んだぞ。」

吉平は、周造から認めてもらい、愛する家族を託されたことで、涙を浮かべながら、何度も周造にせがまれるがまま花子の書いた物語を読むのでした。

ごきげんよう、さようなら。

朝ドラ『花子とアン』第63話と第64話の感想

あ~あ…。
また、夫婦に溝が…。

とはいえ、銀行の頭取のお嫁さんが、あの不作法ぶりでは…
逆に心配よね…。

伝助は、蓮子の顔推しだからなぁ…。

吉平の不倫疑惑も、怒るのはひとまず話をちゃんと聞いてからにしてあげてほしいわね…。
いや、この立場になって冷静でいいるのは難しいのはわかるけど…

そうだねぇ…聞きたいことだけ聞いて切り取って、怒るんじゃ…
もちろん、ここまでの吉平の行いもあるからなぁ…。

いやはやしかし、おじいやんが心配すぎる…。

おじいやんも、もうなかなかの年齢だからなぁ…。

そうなのよね…。

しかし、今日のラストでは、吉平の字が読めるという特技が遺憾なく発揮されたね。

おじいやんのために、『たんぽぽの目』を読んであげる。
2人がゆっくり時間をかけて向き合うには、この方法が一番だよね…。

そうね…。
このおじいやんの言葉を、吉平はどう受け止めるのか…。

そこに注目だね!

広告

朝ドラ『花子とアン』第63話と第64話を見た人の反応は?

蓮子は、伝助が自分を知ろうとしないって怒ってるけどさ、蓮子も伝助を理解しようとしてないとも言えるんだよね…。
難しい…。

本当だね…。
でも、どれだけ、怒られても、いつでも朝市は花子を心配してるんだよね。
例え、石板で殴られた後でも。

マシューのオマージュ…よねぇ…きっと。
あの時は、確か大金預けてた銀行の倒産だったかなぁ…。

まとめ

おじいやん…本当に家族を思っているんだね…。
そのおじいやんが託した家族…吉平はどうするのかな?

そうね…おじいやん…悲しいこと言わないで…
でも、いつどうなるかわからないから…言っておきたかったのよね…。
次のお話も、一緒に物語を追いかけていきましょう。

 

広告