青天を衝け|第1話ネタバレと感想。栄一と慶喜の出会いに胸熱!【大河ドラマ】

2021年2月15日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第1話が2021年2月14日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第1話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

黒猫軍曹
黒猫参謀

2024年から、1万円札の顔となる『渋沢栄一』!
近代日本資本主義の父とも呼ばれた男の物語が始まったね!

黒猫夫人
黒猫夫人

主演の吉沢亮くんと藍で染めた青い色がとっても素敵!
これから1年間、一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第1話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第1話ネタバレあらすじ

文久4年、のちの徳川慶喜(草彅剛)栄一(吉沢亮)喜作(高良健吾)が出会いました。この出会いが、この先の日本を大きく変えることになるのは、もう少し後の物語…。

天保15年、武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で父・市郎右衛門(小林薫)が営む養蚕と藍玉作りの農家の長男として栄一(小林優仁)生まれた栄一。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていました。そんな栄一を母のゑい(和久井映見)は、『みんなが嬉しいのが一番』と諭していました。

その頃、常陸の国・水戸では、藩主の徳川斉昭(竹中直人)が諸外国から日本を守ろうと考え、派手な軍事演習を行ったことで謀反を疑われ蟄居を命じられていました。

栄一が6歳になった頃の将軍は12代・徳川家慶(吉幾三)。息子の家祥(渡辺大知)に子どもができず、跡継ぎがいないと困っていました。そこで、老中の阿部正弘(大谷亮平)は、優秀な七郎麻呂(笠松基生)を養子に迎えることを提案します。斉昭は水戸から征夷大将軍をだせるかもしれないと大いに喜びました。

その頃の栄一は、市郎右衛門から読み書きを習い、めきめきと上達!ある日、川で千代の櫛を拾ってくれた罪人の高島秋帆(玉木宏)と出会います。それからすぐの満月の晩、高島がいる陣屋に忍び込んだ栄一は櫛を拾ってくれたことのお礼を告げます。そこで、これからの日本の事を教えてもらった栄一は、自分が日本を守ると告げるのでした。

『青天を衝け』第1話の感想

黒猫夫人
黒猫夫人

始まったわね~!

いきなり徳川家康が出てきて、何事かと!
出るとは聞いていたけど、突然すぎてびっくりしちゃった!

え?いきなり家康?っていうことで、一気に興味を持っていかれちゃったよ(汗)
だって、時代的には、もうとっくの昔にお亡くなりになっている存在だからねぇ~…。

インパクト抜群だったわぁ~!

黒猫軍曹
黒猫参謀

でも、そうか、江戸幕府という260年の歴史を閉じるときを描く物語なんだから、それを始めた人がっていうのは、初手から感慨深いといえるかもしれないね。

しかも、慶喜って、『家康の再来』とまで言われてた人なんだもんね…。
ということは、家康が歴史の案内人みたいな感じで、毎回登場するんだろうか…。そこも気になるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

そうだねぇ!家康が登場するかにも注目していきましょ♪

それにね、何となく画面全体の色味が好き!
すごい…気持ちが落ち着くわぁ~…。

大河ドラマって、こう…戦いがどうしても多い時代であることもあるから、ドラマが全体を通して、この色味を入れ込んできてくれると、少し落ち着くかなぁ(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

あぁ~夫人はそうかもしれないね。
全体的に青いからね!

まぁ、何しろ『青天を衝け』っていうタイトルらしいと言えるけどね♪

黒猫夫人
黒猫夫人

画面全体が藍で染め上げたような雰囲気で、いいのよね~。
私、水族館を好きな理由が『青いから』とかいうくらいだからね(笑)
青大好き♪心が落ち着くわぁ♪

黒猫軍曹
黒猫参謀

確かに、あの栄一の家族が巻いてる手ぬぐいとかの色、本当に素敵だよね!
私もほしくなってきたよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

世の中が少し落ち着いたら、渋沢栄一記念館に行きたいなぁ…。
昔、藍染め体験もやったことがあるけど、大人になった今、改めて行きたいわぁ!

そこまで遠くないところにいるんだし…『青天を衝け』聖地巡礼したい!
したい!したい~!!

血洗島もだけど、終の棲家となる王子もね♪飛鳥山公園とかも、ちゃんと行ってみたいわ♪

黒猫軍曹
黒猫参謀

わかった!わかった!
少し、世の中が落ち着いたら、考えよう!そうでなくても、夫人は行きたいところが一杯ありすぎるんだから(笑)

そして、第1話で驚いたのは、子役ちゃん時代から、いきなりプロポーズ!!
おませさん!(笑)

昔は、結婚が早かったとはいえ…早いねぇ(笑)

黒猫夫人
黒猫夫人

そんなに小さい時から、千代が大好きだったのね~!
でも、吉沢亮くんのプロポーズも聞きたいから、大人になったら、もう1回改めてお願いしたいところね♪

『吉沢亮からプロポーズなうに使っていいよ』になりそう…って、これ、もう古い?

黒猫軍曹
黒猫参謀

しかし、喜作も千代の事が好きみたいだし、このままスムーズに結婚とはならないんじゃないかなぁ。

だって、何となくだけど、栄一より喜作の方がグイグイしそうじゃない?
栄一の方が言葉は達者だけど…、行動力は喜作の方がありそうだもんなぁ…。

それこそ、強かに外堀を埋めそうというか(笑)

黒猫夫人
黒猫夫人

う~んどうだろう!
喜作の奥さんは、喜作に一目ぼれして、猛アプローチするみたいだし(笑)

そっちの外堀埋め作戦の方が強かったりして??(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

本格的に、大人キャストになってからが、また楽しみだね!

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第1話を見た人の反応は?

黒猫軍曹
黒猫参謀

今回は、やっぱり栄一と慶喜との出会いのシーンへの感嘆が多いように思うね!
あとは、クレジットの演出ね!

黒猫夫人
黒猫夫人

つよし君のクレジットの所、パチスロだったら、ビッグボーナス確定みたいな感じだったわよ!

吉沢亮くんが、一番最初にクレジットされたのも感動だったわ…。
好きな俳優さん・女優さん・子役ちゃんが大河ドラマでクレジットされてるの見ると、やっぱり、ちょっと興奮するわよね(笑)

『青天を衝け』第2話の予告あらすじ

父・市郎右衛門(小林 薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉 幾三)から実子のようにかわいがられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやってくることになり…。

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/story/02/

【スポンサーリンク】

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

なんか、色々しみじみと感慨深い大河の始まりだったよ~…。
ここから、昭和まで生きるんだもんね…。
番組の中でもいってたけどさ、1話が今から174年前って…

江戸時代って思うと、すっごく遠い感じがするけど、数字で聞くと決して最近じゃないけど、遠くもない過去だなって思うんだから…すごいよね…。

黒猫夫人
黒猫夫人

だって、明治・大正・昭和・平成・令和の今を足しても、江戸時代に追いつかないんですもんね…。

何か不思議な感覚だわ…。
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

大河ドラマ 青天を衝け 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:56,760円
(2022/7/12 11:47時点)
感想(0件)

【スポンサーリンク】