青天を衝け|第3話ネタバレと感想。頼りにされたい栄一と頼りにされたくない慶喜

2021年3月1日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第3話が2021年2月28日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第3話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

黒猫軍曹
黒猫参謀

栄一が国宝級イケメンに成長した2話!
3話では、初めての江戸に向かうみたいだよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

江戸で、一体どんな体験をするのかしら…。
そして、慶喜との人生が交差するのは…まだ先?
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第3話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第3話ネタバレあらすじ

繫忙期を終え、出来上がった品を売る商いのついでに、市郎右衛門(小林薫)は、約束通りは栄一(吉沢亮)を憧れの江戸の街に連れてきてくれました。栄一は武力よりも商いで成り立つ華やかな街に大興奮!その栄一に食って掛かってきたのは、平岡円四郎(堤真一)です。この人は、後に、栄一と慶喜をつなぐ鍵となる人ですが…、それは、もう少し先のお話です。

その頃、黒船来航の混乱の中、病床にいた12代将軍の徳川家慶(吉幾三)は、隠居前から攘夷するように主張していた斉昭(竹中直人)に力を借りるよう慶喜(草彅剛)に告げると、61歳でこの世を去りました。

13代将軍となった家祥(渡辺大知)が、次にペリー(モーリー・ロバートソン)がやってきた際の対処を大名たちに委ねます。そして、ついに遺言通り、斉昭の処分を説くことが決定。その後、冤罪で投獄されていた砲術家・高島秋帆(玉木宏)も釈放され、江戸へ向かうことに。その道中、再会した栄一と高島は、あの夜の誓いを確認するのでした。

それから、将軍就任を望まれる『頼られたくない男』慶喜と親に『頼られたい男』栄一という真逆の男たち。栄一はゑい(和久井映見)の力を借りて市郎右衛門(小林薫)に頑張りを認めてもらい、商いに同行させてもらうことになります。一方、慶喜を何とか将軍にと考える斉昭は側近となる男を探させ、平岡円四郎を見出すのでした。

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第3話の感想

黒猫夫人
黒猫夫人

初めての江戸は、そんなに描かれなかったわね(笑)
あくまで、ここで円四郎と出会っておくという事実が大事だったのかしら。

それが、後々のつながりになっていくわけだもんねぇ~!

それにしても、栄一の言い草に、カッとなった円四郎をなだめるやすさん…ただ者でない感がすごい!

武士の円四郎をうまく手のひらで転がしてる感が良き!ってなりました(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

「今日は祭か!」っていう栄一が、あずまきよひこさんの漫画「よつばと」1巻のよつばを髣髴とさせたよ(笑)

その時のよつばより、この栄一は、もう少しお兄さんのはずなんだけどなぁ(笑)
でも、いい感じの幼さというか…可愛い!!

よつばと!(1) (電撃コミックス) [ あずま きよひこ ]

価格:660円
(2021/3/1 14:01時点)
感想(1件)

黒猫夫人
黒猫夫人

確かに(笑)
第1話で、人がわらわらしてる学校を見て、そんなこと言ってたわね!

あのシーンのよつばに対して、冷静にツッコミをいれるとーちゃんと小林薫さん演じる市郎右衛門もそっくりだったよ(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

あのシーン…、栄一とよつばの気持ちは、きっと同じだったんだろうなって思ったよ!
でも、普段、人がそんなにわらわらしてないところにいたら、そんなにうじゃうじゃしてるの祭の時くらいだろうからねぇ…。

黒猫夫人
黒猫夫人

そうね。
私は…そんな祭レベルの人混みは…ちょっと遠慮願いたいから、あんな風に純真無垢に言えないわぁ…ちょっと眩しいくらいよ。

そして、お商売の方も中々に厳しいわねぇ…。
今なら、血洗島村から江戸まで電車でぴゅーだけど…

この時代に、えっちらおっちら出てきて…シビアだわぁ…。

黒猫軍曹
黒猫参謀

自然相手だからね。
でも、その結果頼りにされたい男・栄一のハートに火がついちゃったんだよね!

ここで知った商いの面白さが維新後の日本を支えるんだと思うと…胸アツではあるよね!

黒猫夫人
黒猫夫人

これが原点なのね!
ここから、「日本資本主義の父」とまで呼ばれるようになるんだものねぇ…。

その軌跡…楽しみだわぁ~。

黒猫軍曹
黒猫参謀

その一方で、頼りにされたくない男・慶喜。
でも、すごく賢い青年でもあったんだね。

黒猫夫人
黒猫夫人

父親の企みにも、ちゃんと気が付いていて、しっかりと意見が述べられるんだから、大したものよ。利用されないぞっていうクレバーな感じがたまりません。

というか、アラフィフの草彅剛さんの青年感がすごい!
普通にこの時代の慶喜の年齢感が溢れすぎてて…。

すごいわぁ…。
まぁ、慶喜が大人びてたという点も功を奏しているのかもしれないけれど…。

黒猫軍曹
黒猫参謀

本当にね!
しかも、ちゃんと、青年らしい青さがあるんだよね!

いやはや…草彅剛さんのお芝居力には脱帽だよ…。

しかし…この竹中直人さんの濃すぎる強すぎる圧に…耐えきれるんだろうか…。

黒猫夫人
黒猫夫人

本当ねぇ…

あれ?慶喜と栄一が出会うのって…どのタイミングなんだろう…将軍になる前のはずだよね?慶喜と栄一の運命の交差が、本当に楽しみなんだけど…。

栄一と斉昭の絡みもあるのかしら…。
何か、口げんかとかになるんじゃないかと楽しみ半分、不安半分にもなってきました(笑)

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第3話を見た人の反応は?

黒猫軍曹
黒猫参謀

確かに、慶喜のヒロイン感は強いね!
徹底的な栄一と慶喜の対比…
ますます、交差する運命が待ち遠しくなるよね!

黒猫夫人
黒猫夫人

褒められる栄一を見て、信長…
麒麟がくるから、スパンが短かったから、そういう風に思う人もいるのかもしれないわね。

いつもなら、12月初旬に終わって、半月挟む上に、忙しい年末年始を挟むから、少し気持ちが落ち着いていたのかもしれないわね。

『青天を衝け』第4話の予告あらすじ

栄一(吉沢亮)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱していた。斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草彅剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤真一)を小姓に据える。そしてついに、日米和親条約が締結。開港のうわさは血洗島にも届き、栄一たちはがく然とする。そんな中、父・市郎右衛門(小林薫)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ始める。

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/story/04/

【スポンサーリンク】

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

様々なことを学んでいく栄一。
日本を守るためには、どうすればいいのか。
そんなことを考え始めたようだね!

黒猫夫人
黒猫夫人

本当ね!
栄一は、口も動くけど、行動も早い!
それを認めてくれている千代ちゃんとの仲も気になる!
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

大河ドラマ 青天を衝け 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:56,760円
(2022/7/12 11:47時点)
感想(0件)

【スポンサーリンク】