青天を衝け|第5話ネタバレと感想。藤田東湖、安政江戸地震に散る【大河ドラマ】

2021年3月15日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第5話が2021年3月14日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第5話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

黒猫軍曹
黒猫参謀

少しずつ、異国が日本に近づいてきた時代…。
栄一は、武士と農民の格差に対して、不条理さを抱くようになっているね。

黒猫夫人
黒猫夫人

そう思う人が増えたことで、攘夷は進んでいくということなのよね。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第5あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第5話ネタバレあらすじ

岡部藩の代官の対応に怒り心頭の栄一(吉沢亮)は、攘夷の考えを強く持つようになります。そんな栄一を市郎右衛門(小林薫)ゑい(和久井映見)は、心配していました。

一方、渋沢家では、他の問題も勃発。姉・なか(村川絵梨)の縁談が宗助(平泉成)まさ(朝加真由美)が信じる迷信によって破談に。あまりに憔悴するなかを見かねて、市郎右衛門がなかを商いに連れ出します。しかし、その隙を狙って、まさがお祓いをすると言いだしました。しかし、栄一は祈祷師の矛盾点をこれでもかと突き、あっという間に追い返してしまいます。なかは、そんな弟を見て、元気を取り戻すのでした。

さて、その頃の江戸では、アメリカだけではなく、イギリスとも和親条約を締結した幕府に斉昭(竹中直人)が怒り狂い、異国人を皆殺しにしろと極端なことを言います。そんな中、安政東海地震で大きな津波に見舞われ、下田沖に停泊していたロシアの軍艦が転覆してしまいます。喜ぶ斉昭を見て、さすがの藤田東湖(渡辺いっけい)も、異国人にも故郷で待つ家族や友人がいるのだと窘めます。

その約1年後、1855年・安政江戸地震が発生しました。その地震で命を散らした東湖。斉昭は、かけがえのない盟友・東湖の亡骸を抱き、子どものように泣きじゃくりました。そして、東湖の言葉を思い出すと、あの時の自分の言葉を激しく後悔するのでした。

『青天を衝け』第5話の感想

黒猫夫人
黒猫夫人

藤田東湖さん…
まさか、5話で亡くなってしまうなんて…。

いや…でも全体の時間の流れを考えると…このくらいかぁ…。
明治になってからも続くわけだもんねぇ…。

そう考えたら、言うほど早くないか…(涙)
ひと月ちょいは登場したんだもんね…。

黒猫軍曹
黒猫参謀

史実があるから…この地震で生き残ってしまったら…もうこの先全部が完全フィクションになっちゃうから、しょうがないことではあるんだけど、斉昭にとって、この人は刀の鞘みたいな人だったからね…。

藤田東湖を喪って斉昭の暴走とか…超怖くない?
いや…でも、あの悲しみ方を思うと、逆にがっくり老け込んでしまう方だろうか…。

黒猫夫人
黒猫夫人

奇しくも、栄一側は村川絵梨さん演じる姉のなかの話がメインで、慶喜側は渡辺いっけいさん演じる藤田東湖さんメイン回。

つまりは、『風のハルカ』親子回だったなぁなんていう見方もしてたけど(汗)
あ~あ…残念ながら、朝ドラ親子の共演はなかったかぁ…残念。
同じ日にメインではあったけどねぇ…。

正直、ちょびっと期待してました…えへへ。
まぁ、人物的に、難しいだろうなとは思ってたんですけどね(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

そんな見方もしてたんだね!
でも、同じ脚本家さんで、近しい関係だったって…思うと、ちょっと期待しちゃうのもわかる(笑)

黒猫夫人
黒猫夫人

うん。大森美香さんらしい仕掛けかなって(笑)
ほら、何しろ、『五代様』を『あさが来た』で演じたディーン・フジオカさんが、また演じる!とか、そういう遊び心があるからさ~(笑)

あと時代的なものもあって、『あさが来た』との絡みも期待しちゃうしね(笑)

黒猫軍曹
黒猫参謀

しかし、あの修験者をばっさり切り捨てた栄一のセリフはかっこよかったねぇ!
詐欺まがいの宗教法人に、そっくりそのまんま伝えたい言葉だったよ。

いや、カッコよかったなぁ~!
ここにきて、栄一の口が達者というところの威力を感じたよ(笑)

それを聞いて、元気を取り戻したなかのお姉ちゃんな顔もよかったね♪

黒猫夫人
黒猫夫人

本当ね!
全くだわ!

それにそれに、何ていうか…『栄一の口が達者なのも、たまには役に立つなぁ』みたいな表情の市郎右衛門の顔も溜らんでしたよ~♪

まだまだ、色々未熟なところもあるけど、少しずつ栄一を大人として見ていこうとする親の顔っていう感じだよね~♪

黒猫軍曹
黒猫参謀

しかし、長七郎はまた偏ってるなぁ…。
私から言わせてもらえば、家族を守れない人間に国なんか守れるかい!って思っちゃうけどねぇ…。

でも、武士っていうのは、そういう思想だったのかなぁ…。
昭和の真ん中くらいまで、そんな感じだったわけだもんねぇ…言ってみればさ…。

黒猫夫人
黒猫夫人

そこが、また長七郎の青さなんでしょうね…。
若さ故というか…今を変えたいという思いが強すぎての偏りゆえというか…

黒猫軍曹
黒猫参謀

そうか…若い青さっていうのも、『青天を衝け』っていうタイトルに込められてそうだね。
物語の全体を通して『青』はキーワードになりそうだ…。

黒猫夫人
黒猫夫人

恐らくそうなんでしょうねぇ~…
ただ、長七郎の青さは…一番、怖いかもしれないなぁ…。

栄一たちと袂を分かつことにならないといいけども…。

【スポンサーリンク】

『青天を衝け』第5話を見た人の反応は?

黒猫夫人
黒猫夫人

お姉さんのこの話、本当にあったことなのね!
アマビエもしれっと出てきて、迷信とか当たり前な時代だったのね…。
いや、今でも、まぁまぁ残ってるか(汗)

黒猫軍曹
黒猫参謀

本当に、身をもって主君へ進言っていうのが切ないね…。
避けられないことだったから、しょうがないとはいえ…悲しいなぁ。

黒猫夫人
黒猫夫人

普通に、え!?って言っちゃったわよ(笑)
いやはや…年がばれる(笑)

『青天を衝け』第6話の予告あらすじ

長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術の稽古に励む栄一(吉沢 亮)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本 愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が栄一らの道場に現れて……。一方、東湖(渡辺いっけい)を失った斉昭(竹中直人)はさらに過激な言動が増え、慶喜(草彅 剛)らに引退を勧められるが、「慶喜が将軍になるなら引退する」と突っぱねる。ほかにも慶喜は、正室に迎えた美賀君(川栄李奈)の気性に頭を悩ませていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/story/06/

【スポンサーリンク】

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

来週は、恋模様に進展がありそう??
慶喜は正室を迎えるってことだから、これまたにぎにぎしくなりそうだなぁ。

黒猫夫人
黒猫夫人

栄一と慶喜の運命もついに交差するみたいだし…。
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

大河ドラマ 青天を衝け 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:56,760円
(2022/7/12 11:47時点)
感想(0件)

【スポンサーリンク】