青天を衝け|第10話ネタバレと感想。栄一、武士と百姓との間で揺れる気持ち【大河】

2021年4月19日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第10話が2021年4月18日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第10話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

先週は、安政の大獄であっというまに橋本左内の退場…からの桜田門外の変で井伊直弼も退場…。
目まぐるしい歴史の流れに目が回りそうだね…。

今週は、ついに江戸に栄一が向かうみたいだけど…
過激派の志士たちも多いし、色々心配ね。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう。

  

広告

『青天を衝け』第10話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第10話ネタバレあらすじ

【桜田門外の変…その後】

桜田門外の変で、暗殺された井伊直弼(岸谷五朗)に変わって、安藤信正(若瀬亮)が大老職を担い、孝明天皇(尾上右近)の妹である和宮(深川麻衣)を14代将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁の準備を進めていました。

それは、幕府と朝廷との結びつきを強め、幕府の威信を回復させたいという目論見のあるものでありました。

和宮は許嫁とは引き裂かれ、武士の国である東へ下ることを、泣きじゃくりながら嫌がるのでした。

【江戸に向かった栄一】

さて、その頃の栄一(吉沢亮)はというと、先に江戸へと向かった喜作(高良健吾)に負けじと江戸行きを父・市郎右衛門(小林薫)に懇願していました。

どうにか、仕事の少ない1か月だけという約束で、江戸に行かせてもらうことになりました。

江戸にやってきた栄一は、市郎右衛門と来た頃とは変わり果ててしまった江戸に驚きます。

喜作の迎えで、すぐに大橋訥庵(山崎銀之丞)の塾を訪れた栄一は、訥庵や河野(福山翔大)たちから、今の江戸の状況について聞かされます。

しかし、『江戸は呪われた』や『偉人を国にいれたせいだ』とふんわりした、根拠に乏しい発言に栄一は首をかしげます。

「どうして日の本の神様は神風を起こしてくれねぇんだ。天罰なんか起こしてねぇで、風で異人も病も吹き飛ばしてくれりゃいい。」

そんな栄一に、訥庵を慕う志士たちは、掴みかかりかねない勢いでしたが、それを制した訥庵は、慶喜(草彅剛)を将軍にすれば、こんなことにはなっていなかったといいます。

「だから、今こそ、我らの手で、神風を起こすのだ!」

そんな訥庵の言葉に歓声を上げる志士たちを、栄一は複雑な表情で見ていました。

その夜、長七郎(満島真之介)とも再会した栄一は、喜作も一緒に食事をとります。

最初は、義弟となった栄一と千代(橋本愛)の事だったり、血洗島村での事を尋ねたりと、穏やかな時間が過ぎていましたが、そのうち他の志士たちも集まってきて、話はキナ臭い方向へ…。

今の幕府は異国の言いなりの『幕吏(ばくり)』だといい、その筆頭として和宮降嫁を推し進める老中・安藤信正を国賊として暗殺すべしという計画を、水戸と手を組んで考えていました。

ところが斉昭(竹中直人)亡き後、藩中でもめ事を起こしており、それどころではなくなってしまったのだといいます。

河野は、藩のようにしがらみがある所は、こういう時に弱いといい、こんな時こそ自分たちのような後ろ盾のない志士が動くべきだと考えていました。

そんな志士を『草莽の志士(そうもうのしし)』と語る河野の言葉に賛同した栄一は、決意するのでした。

「俺も今日この日から草莽の志士になる!」

【千代の懐妊】

その頃、血洗島村では、一か月が過ぎても帰ってこない栄一を心配する家族や、子を授かれないことを気に病む千代の姿がありました。

そこへ、ふらりと栄一が喜作とともに血洗島村に帰ってきました。

市郎右衛門は、気が済んだかと尋ねますが、栄一は何も答えず、そんな姿を千代は不安そうに見つめていました。

この頃から、惇忠の元には、日本各地から志士や脱藩浪士たちが立ち寄るようになっていました。

志士たちが一様に口にするのは、和宮降嫁のことしか考えていない幕府への苛立ちでした。

そんな折に、京都から江戸への和宮の花嫁行列が中山道を通ることとなり、沿道の村々は総動員で世話をするようにとのお達しが出たのです。

それは、深谷宿のそばにある血洗島村も含まれていました。

また畑が荒れてしまうとため息をつく市郎右衛門を見て、栄一は幕府への憤りを隠せませんでした。

そんなある日、突然千代が体調を崩しました。

心配して慌てふためく栄一に、ゑい(和久井映見)は言いました。

千代に赤ん坊ができたのだと。

栄一は、愛おしい千代との間に子どもができたことで、大喜びの大張り切りで仕事をしています。

千代は、栄一の喜ぶ姿に安堵の表情を浮かべ、そして、栄一の目指したい道も、村を大切に思う市郎右衛門の気持ちは、どちらも同じくらい尊いものだとモヤモヤしていた栄一の気持ちに寄り添うのでした。

【安藤暗殺計画】

とうとう、和宮が家茂に降嫁をすると、安藤暗殺を決行せよと訥庵は長七郎に命じます。

長七郎は、一度血洗島村に戻ると、惇忠や栄一たちに安藤を暗殺したのち、切腹するつもりであることを報告しました。

惇忠は猛反対し、安藤を1人暗殺したところで、世の中は何も変わらないといいます。

栄一も、その意見に賛成します。

「いつだって幕吏らが己の利のために勝手に謀をこねくり回し、俺たち下の者は何も知らされずその尻拭いばかりだ。もっと根本から正さねぇと世の中なんも変わらねぇ。」

惇忠は、近いうちに自分が幕府を転覆させるための口火を切るつもりであること、そしてそれには、長七郎の力が絶対的に必要だといいます。

「行くな。長七郎。お前のようなかけがえのない剣士を安藤ひとりのために失いたくねぇんだ。」

そして、長七郎には上州に身を隠すように提案すると、長七郎は渋々それに従うのでした。

江戸では、慶喜に共に決起してほしいという訴状を訥庵が送りましたが、慶喜がそれに応じることはありませんでした。

それでも、計画を覆すことはなく河野たちを筆頭に安藤の暗殺を決行しましたが、安藤は軽く背中を斬られたのみで、返り討ちにあった志士たちは斬り捨てられたという連絡が入りました。

訥庵は捕らえられ、関与が疑われる志士たちも次々と捕縛されていきました。

どうやら、長七郎も追われているらしいという情報を聞くと、上州に逃がしておいて正解だったと栄一と喜作は安堵します。

ところが、ある夜、江戸に向かう長七郎を見たという知らせを受けた栄一は、大慌てで家を飛び出すのでした。

『青天を衝け』第10話の感想

 

長七郎…余計なことを…。

とはいえ、自分だけ身を隠していることに耐えられなかったんだろうね。
仲間を裏切ったって思ってしまうと思うよ。

まぁ…そうなんだろうけども…。
ここで栄一に何かあったら、その時点で物語がジ・エンドだから、栄一自身は無事としても…色々心配な展開ではあるわね。

子どももできたばかりだというのに…。

しかし…武士ってのは、農業については何の知識もなかったってことが分かるわね…。

人足を出させるのはいいけど、その結果、畑がボロボロになって、年貢が入ってこなかったら、困るの自分たちなのにね。

そうだね。
その結果、作れなかった農民が悪いって、ほんの少しの作物も取り上げて、農民が餓死とかして、村全滅みたいなことになったら、困るのは自分たちなのにね。

そこのところがちゃんと考えられるお上がいたと地域は、それなりに豊かだったのかしらね…やっぱり。

だと思うけどね…。

しかし…まだ栄一と慶喜のあの1話のシーンまでたどり着いていないというのに、濃厚すぎる10週よね…。
今月末かGWあけくらいには栄一と慶喜はつながるのかしらね…。

そのくらいで、ちょうど1クール分くらいだし、その可能性は十分あるよね。

そうよね…だって、まだこれから御一新があって、明治時代も駆け抜けていかなくちゃいけないのに、早いような気もしてたけど、割とゆっくり??

時間の感覚が不思議な感じだね(汗)

広告

『青天を衝け』第10話を見た人の反応は?

百姓の目線から描かれる大河ってのは、確かに例がないかもしれないね!

たしかに…基本的に名だたる将軍たちみたいな人が主役になる事がほとんどだもの。
女性主演という目線なら、『八重の桜』や『花燃ゆ』がそれにあたるかもしれないけど、男性は珍しいかもしれないわね。

2021年大河ドラマ「青天を衝け」の見逃した時の対処を紹介!

大河ドラマ「青天を衝け」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!(要登録)

NHK+(プラス)はこちら

1週間を過ぎてしまった場合は、有料登録が必要となりますが、NHKオンデマンドを利用して視聴可能です!

NHKオンデマンドはこちら

また、大河ドラマは、放送回数も充実しているんです。

ライフスタイルに合わせて、お好みの時間で楽しめそうですね♪

地上波放送
  • 【NHK総合】毎週日曜20:00~20:45
  • 【NHK総合】翌週土曜13:05~13:50(再放送)
BS放送
  • 【BSP・BS4K毎週日曜18:00~18:45

放送日時は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

『青天を衝け』第11話の予告あらすじ

栄一(吉沢 亮)と千代(橋本 愛)に待望の第一子が生まれるが、すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれる。そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷(じょうい)の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案。心を動かされた栄一は、武器や仲間を集め始める。一方、謹慎を解かれた慶喜(草彅 剛)は将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となるも、島津久光(池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる。

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/story/11/

まとめ

ん?
長七郎はどうなるんだ?
予告からはわからないな…。

来週も…色々重そう…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告