青天を衝け|第15話ネタバレと感想。朝ドラおじさん、西郷どんで大河に降臨!

2021年5月23日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第15話が2021年5月23日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第15話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、慶喜が一気に政にやってきたって感じだよね!
栄一と喜作も、徳川ファミリーに仲間入りって感じだし!

それに、今日は、ついに朝ドラおじさんが大河にやってくるのよ~!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

『青天を衝け』第15話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第15話ネタバレあらすじ

【すっかり一橋家家臣の栄一と喜作】

一橋家の家臣となった栄一(吉沢亮)喜作(高良健吾)は、初俸禄を貰いました。

久しぶりに酒でも浮かれる喜作を制し、一橋家に入るまでの借金返済に、ほぼほぼ消えてしまいそうではありますが…。

円四郎(堤真一)は、これで晴れて一橋家の家臣となった2人を、2人の地元である岡部藩の殿様に連絡を取るといいます。

元小作の2人を勝手に召し抱えるのは筋が通らないからです。

更に、円四郎は武士らしい名前を授けました。

栄一は『渋沢篤太夫』

喜作は『渋沢成一郎』

喜作は大喜びですが、栄一はちょっぴり気に入らないようなのでした。

さて、先週の物語を見た人は御存じ、慶喜(草彅剛)の朝議参与の中でも外様の面々を『大毒物』呼ばわりした結果、朝議参与はその力を失いかけていました。

そして、それと反比例するように慶喜への期待が高まっていました。

そして、それに比例するように円四郎の評判も上がっていました。

そんな中、栄一と喜作は、一橋家の家臣たちは、様々なところからやってきた人がいることを知ります。

古くからの家臣といえば、最初に金を貸してくれた猪飼勝三郎(遠山俊也)です。

猪飼は、慶喜の人となりを称賛します。

自分がけがをさせてしまった時に、何度も庇ってもらい…(結構中々のケガだったのにも関わらずです。)、一生仕えると決めたのだといいます。

それからも、身分や出自に関わらず力になってくれそうな人たちを受け入れてきた慶喜を慕う人たちを見て、栄一と喜作は、慶喜という人物に感心していました。

同時に、一橋家ならば、生まれや身分に関わらず、能力さえあれば出世できると光が見えたように感じます。

それでも、自分たちは、攘夷の志を持ち続けようと決意します。

いつか、一橋家のみんなや円四郎、慶喜を巻き込んでと目論むのでした。

【血洗島村では】

その頃、板橋宿の牢には惇忠(田辺誠一)の姿が。

ようやく長七郎(満島真之介)に会うことができたのです。

気の迷いとはいえ、咎の無いものを斬ってしまったことを深く後悔する長七郎ではありましたが、人殺しは人殺し。

そう簡単には、帰れそうにはないとのことでした。

更に、市郎右衛門(小林薫)も岡部の陣屋に呼ばれていました。

栄一と喜作の事で話があると言われたのです。

帰ってきた市郎右衛門を見て、2人に何かあったのではないかと、気が気じゃない家族たちに、市郎右衛門は陣屋で聞いてきた話を聞かせます。

ひとまずは、2人とも無事であること、そして詳細は話してもらえなかったが、岡部の領分からは外れたこと、そして、今は一橋家にいるということ。

岡部の殿様は、ひどくご立腹で2人が帰ってきても村にいれるなと言われたといいます。

一体、栄一と喜作に何が起こっているのか…皆、首を傾げました。

一方、平九郎(岡田健史)は、非常にモテていました。

でも、平九郎は栄一や喜作・長七郎のように天下のために働きたいと願っていたものの、とてもそんなことはできそうにもありません。

栄一の妹・てい(藤野涼子)は、平九郎がいなくなってしまうのは寂しいといいます。

そんなていの言葉に微笑む平九郎、何だかいい雰囲気の2人でした。

【栄一(篤太夫)隠密作戦】

ある日、円四郎が呼び出された栄一は、薩摩藩士で・海岸防備に詳しい折田要蔵(徳井優)という人物について探るよう命じられました。

円四郎は、14代将軍・家茂(磯村勇斗)が、まもなく19歳になり、慶喜が将軍後見職から退くことになるタイミングで、禁裏御守衛総督についてほしいと願い、そのため力になってくれそうな人物ならば引き抜きたいと考えていたのです。

栄一は、スパイとして折田要蔵の塾に入り、真面目に仕事をしました。

折田の塾には、役人だけでなく様々な藩の藩士たちも出入りしていました。

でも、誰から話を聞いても、折田の評判は滅法悪い。

ただ、ただ、話が大げさで、全く信用ができなかったのです。

しかも、一橋家からきたという栄一を面白くなさそうに見つめる薩摩藩士の姿も…。

薩摩を探りに来ているのではと、いちゃもんをつけられたと頃…ケンカが始まったという声が。

慌てて駆けつけると、そこには、折田がほらばかり吹くので、首を締めに来たのだという西郷吉之助(博多華丸)の姿がありました。

武士になりたての栄一でも知ってるビッグネームに思わず息をのむ栄一に、吉之助は目をつけました。

その夜、先ほどのケンカはどこへやら、酒を飲み交わす折田と吉之助の席に同席する栄一。

それを薩摩藩士たちは、やはり面白くなさそうにしていました。

栄一は、そんな疑いの目の中でも、仕事は仕事できちんとこなし、休みには京に戻り円四郎に報告していました。

そして、はっきりと折田要蔵はいまいちだと報告します。

塾にいる藩士たちにも宮様に相手にされていないと報告する栄一の言葉に、円四郎は食いつきました。

「折田は宮家に出入りしてんのか?」

栄一は、折田が山階宮の所に出入りしており、自分も何度か使いに出されたといいます。

円四郎は、いい情報をもたらした栄一を褒めました。

薩摩が宮家とつながりを持つ理由はただ一つですから。

褒めてもらえた栄一は円四郎に1つお願いをします。

これから、もっと人が必要になると考えた栄一は、関東にいる昔の仲間たちを家臣にしてほしいこと、そして、その人選を任せてほしいと。

円四郎は、ひとまず慶喜に聞いてやると約束してくれました。

さて、栄一の報告を受けた円四郎は、すぐに慶喜に報告します。

薩摩は、折田を介して宮家とつながりを持ち、金利御守衛総督の座を狙っていることを確信しました。

すぐに公家方に根回しを行った慶喜は、家茂の後見職退任に伴い、金利御守衛総督に任命されることと相成りました。

その知らせを聞いた島津久光(池田成志)は、怒りに震えていました。

しかし、冷静な大久保(石丸幹二)は、このタイミングで一度国元に戻ろうと促します。

外国との取引で金を貯め、いずれやってくる戦に備えようというのです。

こうして、島津久光とその側近たちは、藩邸に吉之助たち数名を残し、薩摩へと帰っていきました。

ここから薩摩藩は、打倒徳川家へと舵を切ることになるのです。

さて、慶喜は、今後のことを考えて水戸藩の武田耕雲斎(津田寛治)に、援軍を要請する書状を送りました。

ついに、斉昭(竹中直人)への恩を返せる…その時が来たのだと喜んで書状を読んでいた耕雲斎。

しかし、そこへ家臣が駆け込んできました。

斉昭の側近・藤田東湖(渡辺いっけい)の息子・藤田小四郎(藤原季節)が挙兵したと。

耕雲斎は、愕然とするのでした。

【栄一と吉之助】

さて、隠密行動を終え、大阪の折田の塾を辞めることになった栄一。

栄一のことを気に入ったらしい吉之助は、最後の夜に、豚鍋をつつきました。

「薩摩をどう思う?こん先の世の中…どうなると思う?」

円四郎からの命で薩摩藩のことを探りに来たのだとわかっていた率直な吉之助の言葉に、栄一もはっきりと答えます。

「幕府が倒れると思う。そうすれば、どこかの豪族による政治が始まると思います。」

幕府は無力で、朝廷には戦力がないとなれば、そうなることは必至でした。

「そして、それに相応しいのは一橋様だと考えます。」

「正直な男だ。薩摩が治めるのではダメか?」

「今の薩摩の殿に、その徳はありますか?某は、徳のある方…才のある方に国をまとめていただきたいと考えます。」

吉之助は、その正直すぎる栄一の言葉に驚きつつも、国策は薩摩が立てるべきという持論を唱えました。

慶喜では、少し弱すぎると…。

栄一は、その言葉は、いつか慶喜に伝えることを告げました。

「あ…平岡さまが、西郷さまにお会いしたら、よろしくと言っておりました。」

実は、円四郎と橋本左内(小池徹平)に吉之助の3名は、安政の大獄の頃に慶喜を将軍に擁立しようとして、井伊の赤鬼こと井伊直弼(岸谷五朗)にやられた仲でした。

そして、真面目な表情を浮かべた吉之助は、栄一に告げるのでした。

「先んこつが見えすぎる者は、非業の最期を迎える。平岡殿も気ぃつけんといかん。」

京都に戻ってきた栄一、一橋家の門のそばをうろつく怪しい男たちの姿がありました。

川村(波岡一喜)は、先に中に入っているよう栄一と喜作に促して、その男たちを追います。

円四郎と対面すると、円四郎は一橋家の家老並に出世していました。

そして、先日の栄一の願いが聞き入れられたことが告げられました。

「身元確かな、人物堅固なるものを召し抱えてこい!」

円四郎から、関東出張を命じられ、気合の入る栄一と喜作。

でも、その一瞬、しばらく京を離れる栄一に、吉之助から言われた言葉がふいに思い出され、ほんの少し、不安が心を駆け巡るのでした。

広告

『青天を衝け』第15話の感想

 

朝ドラおじさん、大河に降臨!
いい、吉之助さぁだったわ~♪

私は…時間が時間だけに、豚鍋が美味しそうで…

あれは、味噌味かしらね~…。

お麩みたいのも入ってたね…あれは、だしをよく吸ってると思うよ…。

私用のはネギをぬいてね(笑)

犬だからね(笑)

それにしても、すっかり生き生きと政に関わる慶喜!
それに比例して、円四郎にも注目が…

今日の吉之助の言葉が近々のフラグになってしまいそうで…怖いねぇ…。

本当ね…。

ここにきて、慶喜が金利御守衛総督に松平家が京都守護職…。
新撰組の出番もありそうじゃない?

そうなのよ!
町田啓太くん待ちです!

まだまだ血生臭い幕末が続くけど、見逃せないね…。

そうね!

広告

『青天を衝け』第15話を見た人の反応は?

明日のあさイチで触れてくれるかなぁ!
朝ドラ受けもしてほしいけど、大河受けもしてほしいね♪

ちょっとは触れると思うけどね♪
楽しみだわ!

2021年大河ドラマ「青天を衝け」の見逃した時の対処を紹介!

大河ドラマ「青天を衝け」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!(要登録)

NHK+(プラス)はこちら

1週間を過ぎてしまった場合は、有料登録が必要となりますが、NHKオンデマンドを利用して視聴可能です!

NHKオンデマンドはこちら

また、大河ドラマは、放送回数も充実しているんです。

ライフスタイルに合わせて、お好みの時間で楽しめそうですね♪

地上波放送
  • 【NHK総合】毎週日曜20:00~20:45
  • 【NHK総合】翌週土曜13:05~13:50(再放送)
BS放送
  • 【BSP・BS4K毎週日曜18:00~18:45

放送日時は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

『青天を衝け』第16話の予告あらすじ

篤太夫(吉沢亮)と成一郎(高良健吾)は円四郎(堤真一)に命じられ、一橋家の兵を集めるため関東に出張する。その頃、水戸藩は天狗党の対応をめぐって大きく揺れていた。その余波は、血洗島の尾高家にも及び、惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)は捕らえられる。一方、京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷(じょうい)派志士の怒りは、慶喜(草彅剛)と側近・円四郎に向かっていく。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/86359052

まとめ

来週は、何だか不穏な予感だなぁ…。
大丈夫かな…。

本当に不安ね…。
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告