青天を衝け|18話ネタバレと感想。特撮ファン胸アツ♪吉沢亮と山崎一の共演!

2021年6月13日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第18話が2021年6月13日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第18話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

いやはや…何だか、そろそろ津田寛治さん退場の予感が…。
特捜9でも、ケガしたままだし…
ドラマの世界線を超えて、色々心配だよ…。

本当ね…でも、大河の撮影が終わったからこそ、特捜9の方に復帰できるかもっていう希望も?

いずれにしても、挙兵した天狗党の征伐を決めた、慶喜の心中が心配…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

広告

『青天を衝け』第18話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第18話ネタバレあらすじ

尊王攘夷の終焉

幕府は『禁門の変』を起こした長州藩の征伐を朝廷から命じられました。

そして、京都を守ることが自身の役割であると慶喜(草彅剛)は、武装した水戸の天狗党を京都に入らせぬようの討伐することを決めます。

そのことを聞いた、栄一(吉沢亮)の表情は暗いものでした。

かつて、江戸で藤田小四郎(藤原季節)と出会ったときに、攘夷を唱えた藤田東湖(渡辺いっけい)の息子ともあろうものが何もしないのかと焚きつけてしまったと思ったからです。

その頃、喜作(高良健吾)はというと、慶喜からの書状を天狗党の首領・武田耕雲斎(津田寛治)に宛てた手紙を届けに向かっていました。

それを読んだ耕雲斎は息をのみます。

続いて、小四郎も、すぐにその文書を読み、カッと怒りがこみ上げました。

「一橋様は…、烈公の血を継いでいるというのに…、国を思う我々を切り捨てるのか…。」

「違う!我らが一橋様をこんなにも追い込んでしまったのだ…。もはや…これまで…投降しよう。」

喜作は、耕雲斎の決断を慶喜に伝えます。

栄一は小四郎だけではなく、かつて志を同じくした仲間と、刀を交えることにならなくてよかったと安堵していました。

慶喜は、投降し、公儀に下った耕雲斎らの処遇を気にして、幕府の田沼意尊(田中美央)に願い出ました。

「天狗党の乱は、いわば身内の揉め事。武田達は、こちらでその処遇を決めたい。」

しかし、田沼は公儀で公平に処遇するからと慶喜を宥め、慶喜自身もそれならばと田沼に任せることにしました。

ところが、口ではそう言ったものの、田沼は慶喜の嘆願を無視し、天狗党の武田耕雲斎や小四郎をはじめとする幹部24名を即日処刑し、末端の志士を含めれば352人もの首を切ったのです。

慶喜は、心を痛めました。

そして、栄一は幕府のむごい行いに怒りを隠せません。

喜作は、一橋の力を削ぐために違いないと、やはり怒りを露わにして言います。

そして、慶喜の手紙を届けた時の、天狗党の兵士たちのボロボロだった様子を話します。

「あれが、俺たちが信じた『攘夷』というものの成れの果てだ。」

喜作は、攘夷を捨てて、慶喜を守ることに忠義を尽くすと言います。

喜作の決断を目の当たりにしても、栄一の気持ちは定まらぬままでした。

こうして、日本中を巻き込んだ『尊王攘夷』は終焉していったのです。

その後、あれほどまでに外国を排除すべしと謳っていたはずの長州はイギリスを頼り、薩摩からも留学生がイギリスへと旅立ちました。

自分なりの志で、国を思った彼らの憎しみは、外国ではなく次第に『徳川』へと向かっていきました。

逆に幕府の方は、フランスを頼りにしようと考えていました。

しかし、薩摩や長州の賠償金を肩代わりしていた幕府には、お金がありません。

勘定奉行の小栗忠順(武田真治)は『大丈夫』と、家茂(磯村勇斗)に対して、自信ありげに笑います。

実はフランス大使のロッシュと繋がりをもった小栗は、多額の支援を受けて、貿易会社と製鉄所の建設をはじめていたのでした。

慶喜のため、栄一が決めたことは

同じ頃、栄一は慶喜に目通しを頼み、お願いをしました。

「新たに、兵を集めるお役目を、某にお申し付けいただけぬでしょうか。まだまだ兵は足りぬと存じます。」

栄一の円四郎(堤真一)に拾ってもらった恩や、役に立ち立ちたいと思っている百姓がまだまだいるに違いないという熱き思いを受け、慶喜は、それに応えることにしました。

そして、黒川(みのすけ)に慶喜は、行く先々の代官にも触れを出すように命じるのでした。

人集めの任務を任された栄一は、まず備中に向かいました。

到着すると、代官の稲垣練造(おかやまはじめ)が人を集めておいてくれました。

どころが、どれだけの熱意を伝えても仕官を申し出るものが現れず、栄一は焦りが募ります。

そこで、栄一はこの地域で塾をしている阪谷朗蘆(山崎一)に話をしにきました。

小さな村の小さな塾に、一橋家の家臣が来たことに驚きます。

しかし、自分もかつては武州の百姓であったことや、身内の塾で漢字や論語・朱子学、そして攘夷の心を学んだと話します。

『攘夷』という言葉に阪谷は眉を顰め、自身は『開港すべき』と考えていることを伝え、外国を敵として排除するのではなく、互いの利のために動くべきという持論を披露しました。

栄一は、そんな阪谷の話を興味津々に聞いています。

阪谷は、攘夷を口にはしたものの、柔軟な物の考え方をする栄一の気に入り、酒を飲み交わしました。

そうして、数日をかけて、その懐に入り込んだ栄一の元には、阪谷の塾生から、一橋家への仕官を申し出られたのです。

栄一は、自分がちょっと話しただけで、5人も申し出があったのに、何百人も人がいるところで1人も申し込みがないことを不審に思い始めました。

思ったらすぐ行動の栄一は、早速、人を集めてる問屋に確認をしました。

すると、困ったことが分かったのです。

稲垣が面倒事に巻き込まれたくない一心で、栄一を遠ざけるように指示を出していたのです。

栄一は、すぐに稲垣の元を訪れました。

「代官殿。わが殿が『禁裏御守衛総督』ということは御存じであろう?この職は、兵がいなければ務まらぬ。某は、この重大な役目で役割を果たせなければ、とても生きては帰れぬ。」

稲垣は、大げさだと言いますが…。

「それに、そんなこともできぬ代官であれば、某と同罪である。…某は、明後日には出立いたします故、それまでよく考え、結論を頂きたい。」

そんなハッタリをかました栄一の元には、翌日、200人もの仕官希望者が集まりました。

慶喜は栄一の功績を褒めてくれましたが、栄一はこれだけで済ませるつもりは毛頭ありませんでした。

兵が増えるということは、すなわちお金もかかるのです。

慶喜の周囲にいる家臣たちが公儀で借りると言いますが、それではダメだと栄一は言います。

「借りたお金で、懐が豊かになることはありません。武士であっても、お金は必要です。」

そして、天狗党の悲劇は、それを怠ったからであることや戦に出れば兵士の腹がへることを説きます。

そして、そのために盗みを働けば、それは、もう盗賊と同じで、義も忠義もあったものではないのだと熱弁をふるいます。

天狗党は、忠義だけではなく懐の方も準備をしなくてはいけなかったのだと。

「義も金も両方必要なのです!私は、一橋家の懐を整えたいと考えております!」

そして、今回の人集めのため、領地を見回ったなかで思いついた、『年貢米の入札制』『播磨の木綿』や『備中の硝石』を計画的に売ることを提案していきます。

そして、栄一は、円四郎に誘われた当初は、あくまでも自分にかわって攘夷してほしいと様子見の腰掛で仕官したことを白状します。

しかし、今の日本をまとめられるのは慶喜しかいないと考え、一橋家を『強く』かつ『懐を豊かに』したいと考え、それをするには自分の長所が役に立つと考えたのです。

慶喜は、斉昭(竹中直人)も同じようなことを言っていたと思い出します。

そして、百姓のことを、必ず『お百姓様』と呼んで敬っていたこと。

それは、攘夷の志士たちが知らない斉昭の姿でした。

栄一は驚き、思わずその心の声が漏れ出してしまいました。

「烈公は『風神』や『雷神』のようなカッチカチの『石頭』だと誤解しておりました!」

そんな不躾な栄一の言葉に、家臣たちが焦って怒る中、慶喜は大笑いしてしまいます。

「はは(笑)。ダメだ…耐え切れぬ…『風神・雷神』の姿をした父上を思い浮かべてしまった。…円四郎め。なんとも不思議な奴を遺していきよった。…よし。ならば、やってみろ。そこまで言うなら、腕を見せてみろ。」

慶喜の命に、栄一は、力強く返事をするのでした。

広告

『青天を衝け』第18話の感想

きゃ~!
ちょっと、ひとまずこれを言っておきたい!

仮面ライダーメテオとタチバナさんだぁ~!

ん?
あ!メテオに色んな指示を出してた、あのおじさまか!

そうそう!
だから、今日歌のところ見てて、山崎一さんの名前を見つけたら、思わず興奮してしまったのよ!

その時点では、まだ共演するかわかんなかったけどね。

そう、だから、同じ画面に出てきたとき、思わず
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
って、顔が(笑)

確かに、この顔になってた(笑)

という、興奮はこのくらいにしておきましょう。

そうだね。
今日も、中々シビアな回だからね。

天狗党があっという間に処刑されるんだもの…。
それを指揮した田沼の役は、スカーレットで後半のヒロイン・貴美子を支えたゴシップ好きの住田さんを演じた田中美央さん…。

あの時は、いいおじさんだったのにぃ~

そうだねぇ…
そして、微妙に喜作と栄一の向かう方向が変わってきたよね。

本当ね…
ずっと同じ道を歩むわけじゃなさそうだから…
このあたりの考え方の違いが…今後に影響を与えそうね。

しかし、栄一がお金の大事さを語った時、竹中直人さん演じる斉昭が『風神』『雷神』みたいだと思ってた~っていう一言に、爆笑する慶喜っていうのが、個人的に今日の一押しだったなぁ!

確かにね!
どんな姿を想像してたのかしら~(笑)

ちょっと思い浮かべたら…
私もわらけてきたよ…(笑)

広告

『青天を衝け』第18話を見た人の反応は?

確かに!
円四郎の死から、初めて声出して笑えたのかもしれないね…
そう思ったら、あのシーンが、またぐっとくるじゃないか…。

武田耕雲斎は、色々そんな役回りだったなぁって…
しみじみ思ってしまうね…。

処刑されるときの、斉昭のそばにって微笑むシーンは筆舌に尽くしがたいよ…。

いやあ…
これほんと…興奮したわ…♪

2021年大河ドラマ「青天を衝け」の見逃した時の対処を紹介!

大河ドラマ「青天を衝け」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!(要登録)

NHK+(プラス)はこちら

1週間を過ぎてしまった場合は、有料登録が必要となりますが、NHKオンデマンドを利用して視聴可能です!

NHKオンデマンドはこちら

また、大河ドラマは、放送回数も充実しているんです。

ライフスタイルに合わせて、お好みの時間で楽しめそうですね♪

地上波放送
  • 【NHK総合】毎週日曜20:00~20:45
  • 【NHK総合】翌週土曜13:05~13:50(再放送)
BS放送
  • 【BSP・BS4K毎週日曜18:00~18:45

放送日時は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

『青天を衝け』第19話の予告あらすじ

篤太夫(吉沢亮)は一橋領の木綿の販売手法を変え商品の価値を高めることに成功、さらに紙幣の流通にも取り組む。その成果が認められ勘定組頭に抜擢(てき)される。一方、薩摩では欧州から帰国した五代才助(ディーン・フジオカ)が大久保一蔵(石丸幹二)と密談を交わしていた。ついに幕府は2度目の長州征伐へ…しかしひそかに薩長同盟を結んだ長州を前に、幕府は大苦戦。そんな中、大坂城で指揮を執る家茂(磯村勇斗)が倒れる

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/87055888

まとめ

来週は、ついにディーン・フジオカさんも本格参戦?
ただ、家茂も心配だねぇ…。

あの方も若くして亡くなる将軍だからねぇ…。
しょうがないとはいえ…わかってるとはいえ…
毎週、誰かの死を悼んでいる気がするわ…。

来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね!

 

広告