青天を衝け|22話ネタバレと感想。CGのパリに負けない吉沢亮の顔面に魅了!【大河】

2021年7月11日

2021年大河ドラマ『青天を衝け』

『青天を衝け』の第22話が2021年7月11日(日)に放送されましたね!

こちらでは、第22話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

ついにパリへと旅立った栄一!
初めての異国で、栄一の胸の中はグルグルおかしろいことになってるんじゃないかな?

でも、きっとパリでもいろんな事が起きるのよねぇ…
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

『青天を衝け』第22話あらすじネタバレと感想は?

『青天を衝け』第22話ネタバレあらすじ

栄一、パリに到着

年明けに横浜を出発した栄一たちは、上海→サイゴン(ベトナム)→セイロン(インド)→エジプトへと進みました。

船の中での生活は、知らないことばかりでした。

仲良くしてくれる杉浦(志尊淳)に色々教えてもらいながらの日々です。

初めての船酔い。

初めての洋食。

そして、3月…ようやっとパリに到着しました。

初めての異国の地に、栄一は思わず息をのみました。

それから、すぐに栄一は、宿泊先の手続きやフランスとの手続きを進めつつ、水戸藩士が暴れぬよう監視する日々を送っていました。

初めての異国…栄一はたくさんの発達した文明に驚きます。

「この国では、船も鉄道もこの『蒸気』ってやつで動いてんのかい…。」

すでに始まっているパリ万博を見学し、そこでも数多の国から出品された展示物を見て、栄一は興味津々です。

でもそれらの品々を見定めることもできず、話を聞こうにも言葉が通じず…栄一は、『まいったぁ~』と口では言いながらも、どこか楽しげでもありました。

やっとの事で日本のブースに到着した栄一、たくさんのも品が出品されているのを見て、喜んだのも束の間、とんでもない事実に気が付きました。

品物のほとんどが薩摩の品物なうえ、薩摩の旗が掲げられていたのです。

それは、まるで日本と薩摩は同等の国家であるが如くでした。

そこへやってきたのは、モンブラン伯爵というフランス人で、薩摩に近しい要注意人物でした。

ところが、これらはすべてモンブラン伯爵が手配したことだといい、そのモンブラン伯爵は、幕府に協力を拒否されたからだということを話します。

幕府としては、これは由々しき問題と、田辺太一(山中聡)が抗議します。

そして、そこを薩摩藩の五代友厚(ディーン・フジオカ)が託してくれたのだと、全く悪びれた様子はありません。

田辺は、とにかく『薩摩の旗を外す』こと『出品者を「大君(将軍の事)」に変更すること』を命じました。

モンブランは、『旗を外すこと』は承諾し、出品者については『薩摩太守』としてはどうかと提案します。

田辺は、『将軍』と『太守』なら、当然どちらが上かわかるだろうと、了承してしまいます。

ところが、これがとんでもない問題に発展してしまいます。

薩摩の罠

この1件で、フランスの新聞に『日本は連邦国』という記事が載ってしまったのです。

つまり、幕府と薩摩は同等であるとみられてしまったのです。

もちろん、モンブランと薩摩は、最初からこうなることを読んでいました。

幕府は、嵌められてしまったのです。

しかも、そんな様子を、通訳を務めるシーボルトがイギリスの外務省に文を送っていました。

実は、この人も味方ではなく、薩摩と交易をしていたイギリスが利用し、幕府の動きを探っていたのです。

それを知らない向山(岡森諦)は、うっかり重宝してしまっていたのでした。

幕府としてはこれ以上、薩摩に舐められては行けないと、昭武(板垣李光人)とナポレオン三世との謁見の際に力を見せつけるべく、力が入っていました。

昭武は、その期待に応えるべく、慶喜(草彅剛)の代理として、立派に国書を読み上げました。

お金がない!?

その頃、日本の慶喜は、フランスのロッシュという人物と親交を深め、その支援を受けながら改革を進めていました。

そして、ロッシュのアドバイスから、外国行使を大阪城に招いたのです。

これまでの将軍とは違う対応に、イギリスのパークスも一目置いていました。

それをよく思わない薩摩の島津久光(池田成志)は、かつての朝与参議たちを集め、何とか政権の要を取り返そうと画策しますが、慶喜はさらりさらりと受け流し、写真を撮ろうとうまくはぐらかしてしまいました。

薩摩はより一層、幕府を潰すべく動き始めることなります。

その頃、血洗島村では、平九郎(岡田健史)に、栄一の見立て養子となることが告げられていました。

平九郎は、尾高の家を心配しますが、栄一の養子となることで、御直参になれると聞くと、思わず心が弾んでしまいます。

千代(橋本愛)も栄一がようやく、自分の進むべき道を見つけたが、娘しかいないこの状況では、跡を継げないからと、頭を下げます。

そして、同じく市郎右衛門(小林薫)も、栄一の思いを汲んで頭を下げるのでした。

さて、フランスでは慶喜が、会計に頭を抱えていました。

とにかく金が足りないのです。

それなのに、見栄から水戸藩士たちが、やっと栄一が見つけてきたアパートにもケチをつけたりするので、それを懸命に窘めていました。

そんな節約の日々なのに、幕府から約束のお金が送られてこないのです。

栄一たちは、徐々に焦り始めていました。

薩摩では、五代が大久保(石丸幹二)に幕府への借款が破棄されれば、幕府の力はもたないだろうと、にやりと笑い、あとは大久保と西郷(博多華丸)に任せると長崎へ帰っていきました。

その目論見通り、江戸の面々も焦っていました。

先日のフランスの新聞で『日本は連邦国』と報道されたことで、慶喜は『大名の一人』という扱いにされてしまい、将軍というポジションだからこその『600万ドルの借款』が破棄されてしまうと不安を募らせていました。

そして、その不安は的中します。

借款は破棄されたのです。

その知らせは、すぐにパリの栄一にも伝わり、言葉を失うのでした。

『青天を衝け』第22話の感想

何か…本当に、もう色んな思惑が、色んな所で発生し過ぎてて…言葉が通じないっていうことの恐怖を覚えたわ…。

本当だね…。
シーボルトも味方じゃないし、モンブランも味方じゃないし…

水戸藩士も面倒くさいしね…。

まぁ…部下としては…しょうがない所もあるけどね…。

まぁ…わからないではないんだけどね…。

それにしても、CGすぎるパリの感じも、あれはあれで味わい深いものがあったよね。

そうね…
でも、むしろ…あのCGのなかにいて、負けないくらいCG感のある吉沢亮くんのご尊顔にもびっくりよ。

確かにね(汗)

普通にCGの中の人かなぁって思ったわよ。
これ、4Kでみてよかったって心の底から思ってるもの(笑)

確かに、すごいきれいな横顔だったねぇ…。

うんうん。
ちょっとあれに気を取られ過ぎて、お話の記憶が飛び飛びなのよ(笑)

なんと!
結構色んなこと起きてたよ?
慶喜が外国の方々とお食事をしたり。

大名たちを写真ではぐらかしたり。
五代さんが、困ったことに悪い人に見えたり(汗)

あ~あったあった!(笑)
でも、本当どの目線から、そのキャラを見るかって言うのは大事なんだなぁって思うわね。

あ~五代さん?

うん。
だって、『あさが来た』の時は、ヒロイン側のいい人ポジだったわけよ。

うん。

だけど、本作では、今のところは主人公の栄一から見ると、敵側の暗躍する人でしょ?

うんうん。

それをね

・同じ五代才助という人物
・同じディーン・フジオカさんという役者
・同じ大森美香さんという脚本家

で作ってるって言うのが、すごいなぁって思うのよ!

大事なことだから、何度でも言うね夫人(笑)

うん…同じ話、先週位した気がする(笑)
さぁ…まもなく栄一のちょんまげ姿も見納めになりそうだし…

来週も見逃せないわね!

オリンピック休止に入る前も、大きな転機がありそうだよ!

広告

『青天を衝け』第22話を見た人の反応は?

本当、すごいCGだったよ…
われらの受信料が有効活用されているは、何かすごい共感したよ(笑)

今日は…顔にすごく目を持っていかれたわね~!

朝ドラとは違う大河の五代さまの悪人面に、顔面CG過ぎる吉沢亮くんとパリ…

来週、ちょんまげ落としてのパリ映像も楽しだわ♪

2021年大河ドラマ「青天を衝け」の見逃した時の対処を紹介!

大河ドラマ「青天を衝け」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!(要登録)

NHK+(プラス)はこちら

1週間を過ぎてしまった場合は、有料登録が必要となりますが、NHKオンデマンドを利用して視聴可能です!

NHKオンデマンドはこちら

また、大河ドラマは、放送回数も充実しているんです。

ライフスタイルに合わせて、お好みの時間で楽しめそうですね♪

地上波放送
  • 【NHK総合】毎週日曜20:00~20:45
  • 【NHK総合】翌週土曜13:05~13:50(再放送)
BS放送
  • 【BSP・BS4K毎週日曜18:00~18:45

放送日時は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

『青天を衝け』第23話の予告あらすじ

フランスからの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢亮)が当面の資金繰りに奔走し、昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。昭武の家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。同じ頃、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが慶喜(草彅剛)は先手を打って“政権を帝(みかど)に返上する”大政奉還を宣言する。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/88087608/

まとめ

いやはや、ほんとう、きづけばあっという間に来週は大政奉還なのか…。

…あれ?
来週の後、少し休止に入る??

そうなのよ…来週がどこで終わるかによって、とんでもないお預けを食うことになるかもしれないわよ…。

来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全ガイドブック【電子書籍】[ 東京ニュース通信社 ]

価格:1,210円
(2021/7/4 10:59時点)
感想(0件)

広告