おかえりモネ|8週40話ネタバレと感想。『海に恨みはない』亮と新次に幸あれ!

2021年7月9日

2021年前期朝ドラ『おかえりモネ』

朝ドラ『おかえりモネ』の40話が2021年7月9日(金)に放送されましたね!

こちらでは、40話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

昨日は、新次と亮の苦しすぎる心中に、もらい泣きしてしまったよね…。
耕治と亜哉子が、新次の苦しみと向き合う覚悟を決めたシーンもよかった。

今日は、幼なじみたちが集結できるみたい!
というか、百音、勉強できてる??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おかえりモネ』40話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おかえりモネ』40話ネタバレあらすじ

前を向く、そう決めた亮

早朝、縁側に座る百音(清原果耶)がいました。

そこへ、久しぶりの陸で寝て、起きてしまったと亮(永瀬廉)もやってきました。

波の音で起きてしまったという百音を『都会ぶってる』と茶化しながら、自分もまだ海の生活には慣れないし、新次(浅野忠信)も含め漁師はガサツだと苦笑いを浮かべます。

「でも…海は嫌いになれないだよな。海に恨みはないから。」

百音は、そんな亮の言葉にうなずきました。

今日も、勉強する百音の後ろで幼なじみたちが集まって人生ゲームをしていました。

県職員の採用試験に受かった未知(蒔田彩珠)が、水産試験場への配属希望を出していると聞いて、単純に感心しながら…

「海仲間だね♪」

そんな亮の言葉に、にへら~と嬉しそうな未知をちらっとみて、百音はニヤッと笑いました。

そんな亮を見て、明日美(恒松祐里)は、少々ふくれっ面。

「逃した魚はデカいんだからね!」

「スーちゃんには、都会が似合うよ♪」

余裕で交わされた明日美は、やっぱり複雑そうでした。

「俺も、坊さんになる前に、何かでっかいことしてやる!」

三生(前田航基)も宣言しました。

実家を継ごうと思っている気持ちと、今は好きなことをすると決めたようです。

悠人(高田彪我)は、大好きな地元を守るため、卒業後は市役所で働けるよう頑張っていました。

それを聞いていた亮の様子が、少しおかしいことに気が付きます。

すると、涙をこらえるような表情で、言いました。

「俺は、親父とは違うから…過去には縛られない。こっから先の未来まで壊されてたまるか。」

そして、仲間たちを1人1人見つめました。

明日美のように勢いで東京に行ってもいい。

三生のように音楽をやってもいいし、場合によっては家業を捨ててもいい。

悠人のように地元が好きで盛り上げるのだっていい。

未知のようにさっさと好きな仕事についたっていい。

百音のように苦手だった勉強を始めてもいい。

自分達は、自分達の好きなように生きればいい自らに言い聞かせるように言いました。

「俺らが…前を向くしかねぇんだ。」

それは、『立ち直らない』と宣言した、新次への亮なりの答えだったのかもしれません。

亜哉子から、娘たちへのアドバイス

その夜、明日の早朝には登米へと帰る百音は、雅代(竹下景子)の仏壇に挨拶をしていました。

そこへ、亜哉子(鈴木京香)がやってきます。

「好きなことしなさいね。」

亜哉子は、昔の話を百音に聞かせます。

仙台で耕治(内野聖陽))と結婚し、百音が産まれた頃、耕治は単身赴任であっちこっちに転勤していました。

亜哉子は、1人で子育てをするくらいなら、島に行きたいと雅代に話したといいます。

その時、同じことを雅代に言われたのだといいます。

島に来るのは歓迎だけど、先生は続けたらいいと言ってくれたのです。

それを未知も階段で聞いていましたが、もちろん亜哉子は気づいていて、部屋に呼び込みます。

亜哉子は、教師の仕事もカキやホタテの仕事も民宿の手伝いも、全部好きだったといいます。

「私は好きなことしてき生きてきたから、あんたたちも遠慮しないで。」

百音と未知は、頷きました。

「でも、成人式の写真くらいは、いつか撮ってあげてね♪」

そんなかしましいガールズトークを隣の部屋で耕治と龍己(藤竜也)は嬉しそうに聞いていました。

立ち直らないけど、少しだけ前を向いた新次

翌朝、登米への道中にある港のえびす様に百音は合格祈願をしていました。

その橋の先に、新次がいました。

海に落ちかける新次を見て、思わず駆け寄る百音。

新次がお酒を飲んでふらふらしているのかと思ったのです。

でも、実はただ、凍った地面に滑っただけでした。

「船、見に来たの!けあらしがきれいだからさ~!亮の船も出るかなぁって!」

海は、きれいな蒸気霧で溢れていました。

しみじみと海を見つめ、新次は迷惑をかけたと百音にも謝りました。

百音は、思い切って尋ねます。

「海を見て、辛くなったりしないですか?」

「海に恨みはねぇから!」

百音は、亮も同じことを言っていたと話すと、新次は嬉しそうに頷きました。

登米へ帰る百音を見送った新次は、携帯の待ち受け画面の亮と美波の写真を見て微笑み、また海を見つめていました。

登米へ帰ってきた百音は、森林組合の中庭で、縄跳びを飛んでいます。

光太朗(坂口健太郎)は、それを見ているだけで、ちょっと寒そうです。

「先生、私!絶対に合格します!」

そんな百音を、優しいまなざしで、見つめる光太朗なのでした。

試験まであと2日。

頑張って!百音!

広告

朝ドラ『おかえりモネ』40話の感想

まず、けあらしのシーン!間に合うなら、BS4Kで見てほしい!
ちょっと息をのむくらいキレイでした…

まるで、新次とりょーちんの『海に恨みはない』っていう言葉を映像にしたら、こうなるのかなって思ってしまいました!

今日の夜か、土曜の一挙放送!
見られる人はぜひ!

確かに、すごいキレイだったねぇ…。

何か、りょーちんが、幼なじみの前で、泣きそうに言葉を発することができて…よかったと言えるのかな…。

今日のりょーちんの言葉は、『立ち直らない』っていう前日の新次への返答なんだよね。

自分は前を向くっていうね…。
SNSで、気にしている人がいたんだけど、お母さん見つかってるのかなって。

亮が、海で生きていくっていうことを決めたのは、そういう部分もあるのかなぁ…。

推測でしかないけど…もしかしたら…って思うわね。

亮と新次が、いつか一緒に船に乗れたらいいなぁって思うね。

本当ね…。

それにしても、あのこたつのガールズトークよかったねぇ!

うんうん!

成人式の写真は、確かに撮ってあげてほしいね!

この娘への溺愛振り的には、そうしてあげてほしいね!
私、成人式に振袖は着なかった口だから、よくわかってないんだけど、写真撮るだけでも、そんな高いのかしら??

多分だけど、レンタルと撮影だけなら、さほどでもないんだろうけども…。
アルバムにするとか、着付けとメイクとか…印刷代とか…データ代とか…。

そういうオプション的なところがかかるんだろうね(汗)

あ~…
確かに、結婚写真も、そんな感じだったわね…。

商売ってのよくできてるもんだよ(笑)

本当ね~…。

広告

朝ドラ『おかえりモネ』40話を見た人の反応は?

もう今週は、皆さんの言葉を見て、これ以上何もいうことはないね。

もう少し、今週の余韻に浸っていたいわね~…。

広告

2021年度前期・連続テレビ小説「おかえりモネ」の見逃した場合の対応をご紹介!

連続テレビ小説「おかえりモネ」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜…8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜…12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~土曜…7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~金曜…23:00~23:15

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第9週の予告あらすじ

登米の樹齢300年のヒバの伐採の日が近づいていたが、森林組合では伐採後の木材の保管場所について苦心していた。そんな中、百音(清原果耶)の気象予報士試験の合格の通知が来る。大喜びでサヤカ(夏木マリ)に報告しようとする百音だったが、いざサヤカを目の前にすると、なぜか伝えることができない。結局、言い出せないままヒバの伐採の日が迫る。そして、百音は木材の保管場所についてある提案をするが…。

出典:https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_09.html

朝ドラ『おかえりモネ』41話の予告あらすじ

百音(清原果耶)は3度目の気象予報士試験を受ける。今度は以前の2回より手ごたえを感じていたが、気象情報会社に興味を持っていることは、サヤカ(夏木マリ)には話していなかった。そんな中、樹齢300年のヒバの木の伐採が近づいていたが、森林組合では伐採後の木材の保管場所について苦心していた。木材は長期間の乾燥を必要とするが、何十年も先まで使える場所がなかなか見つからないのだ。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/87888667

まとめ

これで、一旦及川家の物語は一区切りなのかな?
来週は、ついに百音に転機がやってくる予感!

そうね…何だろう…またティッシュを抱えておく必要がありそうです!
来週も一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

連続テレビ小説 おかえりモネ Part1【電子書籍】[ 安達奈緒子 ]

価格:1,320円
(2021/6/8 06:47時点)
感想(0件)

広告