鎌倉殿の13人|工藤祐経役は我が家の坪倉由幸!伊東祐親を恨む武士!

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』
黒猫軍曹
黒猫参謀

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が、
2022年1月9日から放送されるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

伊東祐親を恨む伊豆の武士・工藤祐経を演じるのは誰なのかしら?
ちょっと調べてみましょう♪

オリジナルキャラクターではない場合、Wikipediaなどを参考に史実上の話をすることがあります!

それが結果的に、ドラマのネタバレになることもありますので、苦手な人はご注意ください!

スポンサーリンク

『鎌倉殿の13人』伊東祐親を恨む伊豆の武士・工藤祐経役は?

工藤祐経/坪倉由幸(我が家)

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で伊東祐親を恨む伊豆の武士の工藤祐経役を務めるのは、お笑いタレント・俳優の坪倉由幸(我が家)さんです!

伊東祐親を怨む伊豆の武士。

伊東家の嫡男であったが、後見人であった祐親に裏切られる。

妻と離縁させられ土地も奪われたふびんな男。

出典:https://twitter.com/nhk_kamakura13/status/1468070266244849668

工藤祐経ってどんな人?

工藤祐経

平安時代末期から鎌倉時代初期のにかけての武士・御家人でした。

幼い頃に、父を亡くしたため、伊東祐親(浅野和之)が後見人となります。

元服した後、祐親の娘を妻に娶り、平重盛に仕えていました。

ところが、祐経が京都に行っている間に、継いでいた伊東の土地も妻も祐親に強奪され、祐親の養子に相続させてしまいました。

その事を不服に思った祐経は、都で訴訟を起こしますが、祐親の根回しのせいで失敗してしまいます。

この1件を恨んでいた祐経は、1176年に祐親の殺害を図りますが、祐親は討ち漏らします。

しかし、長男の祐泰の射殺に成功します。残された息子2人は後に『蘇我兄弟』として名を馳せることになります。

1180年に、頼朝(大泉洋)が挙兵した際に、敵対した祐親が、捕らえられた後に自害したことを聞いて、頼朝に仕えることを決めます。

戦いでは、それほどの功績を残していませんが、都に仕えていた経験と能力が重宝されていたようです。

1193年、頼朝の巻狩りに同行した夜、遊女らと宿舎で休んでいたところを、先述の蘇我兄弟に父の敵として討たれました。

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

復讐は、憎しみしか生まないテンプレートのような人生だね。
まぁ…言ってみれば、祐親が悪いんだけどさ…。

その復讐に失敗して、長男の方を討ってしまったのが…後に復讐される側になってしまった原因だもんね…。

黒猫夫人
黒猫夫人

本当よね…。
でも、何となく…そんな踏んだり蹴ったりな人生を…坪倉さんが演じるということで…何だかところどころコミカルに描かれそうな予感が…

ちょっとだけ期待しちゃうわ(笑)

坪倉由幸(我が家)さんのプロフィールや出演歴を紹介!

坪倉由幸(我が家)さんのプロフィール

名前坪倉由幸(我が家)
生年月日1977年9月9日(44歳)
出身地神奈川県
血液型A型
職業お笑いタレント・俳優
所属事務所株式会社ワタナベエンターテインメント
公式サイト坪倉由幸(我が家) 公式サイト

広告

坪倉由幸(我が家)さんの過去の出演歴は? 

ドラマ

  • 天皇の料理番(2015年:TBS) – 奥村 役
  • トットてれび(2016年:NHK総合) – 植木等 役
  • 勤番グルメ ブシメシ!(2017年:NHK総合) – 京一 役
  • 下町ロケット(2018年:TBS) – 蔵田慎二 役
  • 名探偵・明智小五郎(2019年:テレビ朝日) – 畑柳房夫 役
  • あなたの番です(2019年:日本テレビ) – 児嶋俊明 役
  • わたし、定時で帰ります。 第2話 – 最終話(2019年:TBS) – 丸山陽介 役
  • 神様のカルテ(2021年:テレビ東京) – 居酒屋「九兵衛」マスター 役
  • 死との約束(2021年:フジテレビ) – 十文字幸太 役
  • 着飾る恋には理由があって 最終話(2021年:TBS) – 桜庭 役
にゃんドラマニわん♪的おすすめ作品

わたし、定時で帰ります。Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 吉高由里子 ]

価格:23,232円
(2021/12/27 13:19時点)
感想(2件)

黒猫夫人
黒猫夫人

今回、ご紹介させていただきますのは、こちら!
『わたし、定時で帰ります。』です!

本作での坪倉由幸さんは、主演の吉高由里子さんの先輩・上司を演じた内田有紀さんのご主人役で出演しています!

奥さんと交代で育休を取得し、双子をおんぶと抱っこで奮闘する姿は、かっこいいなーと思いました♪

もちろん、ドラマですから、全部がうまくいくはずもなく、悩んだりもしますが、現代って感じでよかったです♪

映画

  • 騙し絵の牙(2021年) – 柴崎真一 役
  • あなたの番です 劇場版(2021年) – 児島俊明 役

舞台

  • Dステ14th「十二夜」(2013年) – マルヴォーリオ 役
  • 「家族の基礎〜大道寺家の人々〜」(2016年)
  • 舞台「十二夜」(2020年) – マルヴォーリオ役
  • KERACROSS第三弾舞台「カメレオンズ・リップ」(2021年) – ルドルフ・ハッケンブッシュ大佐 役
  • ワタナベエンターテインメント Diverse Theater「物理学者たち」(2021年) – リヒャルト・フォス警部 役

出典:Wikipedia/坪倉由幸(我が家)

坪倉由幸(我が家)さんの公式SNSは?

坪倉由幸(我が家)さんは以下の公式SNSをお持ちです。

広告

坪倉由幸(我が家)さんの世間の反応まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

お笑い芸人さんがドラマで活躍というのも珍しい話ではないけれど、たしかに坪倉さんは、その中でもすごく自然にその世界観にいる感じがするよね!

黒猫夫人
黒猫夫人

コントの時も、ちょっとそんな感じがあるわよね!

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の工藤祐経役・坪倉由幸(我が家)さんを紹介しました。

黒猫夫人
黒猫夫人

蘇我兄弟から見れば敵の役…でも、元をただせば蘇我兄弟のおじいちゃんが、あんなことしなかったら、そんなことにもならなかったのにという複雑な復讐劇!

三谷幸喜コック長は、坪倉さんという食材をどう調理するのか、楽しみですね!

NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」THE BOOK (TVガイドMOOK)

価格:1,210円
(2021/12/27 15:25時点)
感想(0件)

スポンサーリンク