おかえりモネ|1週1話ネタバレと感想。祖母の竹下景子が転生したら牡蠣だった件

2021年5月17日

2021年前期朝ドラ『おかえりモネ』

朝ドラ『おかえりモネ』の1話が2021年5月17日(月)に放送されましたね!

こちらでは、第1話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、まだ『おちょやん』の余韻も引きずりつつ、新しい朝ドラの開幕だよ!
私、主題歌を歌う『BUMP OF CHICKEN』さん大好きなんだよね~!

『おちょやん』ロスは感じつつも、清原果耶さんと安達奈緒子さんという『透明なゆりかご』タッグということで、楽しみすぎるのよね♪

さ~これから半年間一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

朝ドラ『おかえりモネ』1話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おかえりモネ』1話ネタバレあらすじ

【1995年、台風が直撃する中、産まれたヒロイン・永浦百音】

1995年9月。

台風12号が接近する、気仙沼市の亀島には、産気づいた妊婦・永浦亜哉子(鈴木京香)が。

「亜哉子~!!!」

本土で仕事をしているその夫・永浦耕治(内野聖陽)は、親友の及川新次(浅野忠信)に必死に電話をかけます。

『妻を助けてくれ』と。

そこへ、母・永浦雅代(竹下景子)も飛び込んできます。

亜哉子の状況は良くなく、島の設備では、子どもが死んでしまうと。

今の海の状況は大時化…本当なら、とても船が出せる状態ではありませんでした。

「…船、出してやる。救急車呼んどけ!」

新次のおかげで、何とか本土の病院に運んでもらうことができた亜哉子は、無事に出産することができました。

昔も今も、人は天候に左右されながらも、どうにか、こうにか生きています。

そして、『おかえりモネ』のヒロインは、この時に生まれた女の子・永浦百音(清原果耶)なのです。

【海の島から山の中へ】

2014年5月。

百音は、高校卒業と同時に就職して、生まれ育った海の島・亀島を離れ、登米という山が多い地域に移ってきました。

爽やかなで晴れやかな天気の中、洗濯物を干し終えた百音の耳には、絶望的なニュースが。

テレビの中の気象キャスター・朝岡覚(西島秀俊)が、午後から雨・部屋干しを推奨していたのです!

「今、干したばっかりなのに!!!」

大急ぎで洗濯物を中に移動させた百音は、下宿先の主・新田サヤカ(夏木マリ)とルーティーンをこなし、朝食を食べます。

この人は、百音の祖父・永浦龍己(藤竜也)の知り合いで、山主です。

ちなみに、伊達家家老の子孫と噂され、あだ名は『姫』だそうです。

百音がやってきた登米というところは、生まれ育った気仙沼・亀島から内陸に60キロ!

北上川の恵みを受けて、農業・林業・畜産の業績も上々!

一言でいえばとにかく『豊かな土地』でありました。

かの有名な『伊達政宗公』とゆかりの深い街でもあり、武家文化が花開いた由緒ある場所でもありました。

さて、百音が就職したのは、『森林組合』というところです!

どんなところかと思えば、診療所やカフェまである、老若男女問わずwelcome!な場所でした。

そんな場所を立てたのは、サヤカで森林組合のボスなのです。

主に、持ち主から依頼された山林の管理や木材の加工などを仕事としています。

百音のスマートフォンには、父・耕治からの心配コールが何度もかかってきていますが、これでも忙しい百音は、中々出ることができません。

同じ職場で働く登米能推しの課長・佐々木翔洋(浜野謙太)や地元の名士・仮面ライダーで有名な石ノ森章太郎先生推しの参事・川久保博史(でんでん)に囲まれて、一生懸命仕事をしていたのですから。

残念ながら、百音はどっちもあまりわからないようですが…。

耕治は、中々電話に出てくれない百音にしびれを切らしてサヤカに電話!

本音は百音に戻ってきてほしい耕治は、使えなかったらすぐに戻してほしいとサヤカにお願いしました。

それを速やかに亜哉子に密告するサヤカ。

亜哉子と龍己は、百音が自分で決めたことならばと、どんと構えていました。

ちなみに、龍己はカキの養殖業をしており、亜哉子はそれを手伝っていました。

そして、この物語を語るのは祖母の雅代(竹下景子)です。

少し前に、病気で亡くなり、今は牡蠣に転生しています♪

「ビシビシ鍛えてやってください!」

しょんぼりする耕治に、百音の妹・未知(蒔田彩珠)はドライな対応でした。

そんな父のうなだれを知らぬ百音は、朝の天気予報通り曇ってきた空に驚いていました。

そこへ、サヤカがやってきて百音を呼びました。

「木のことを教える!」

そういって、山の中に連れ出しました。

ちょっと足場の悪い道を一生懸命サヤカについて行く百音は滑って転ぶと、ふと脳裏に昨年末、故郷を離れたいと言った自分を思い出しました。

でも、ふと空を見上げるときれいな虹色の雲が。

「サヤカさん!見て!」

「あ~『彩雲』って言うんだよ。あれを見るといいことがある。」

「いいこと…。」

それは、いったい何なのかしら…百音は笑顔でそんなことを思うのでした。

広告

朝ドラ『おかえりモネ』1話の感想

清原果耶ちゃん、可愛い!
もう、これぞ朝ドラヒロインって感じがする!

今日の段階では、2014年だから、まだ平成ってことだね!
百音が、スマートフォン使ってたけど、もしかして朝ドラでは初??

私もそう思ったんだけど、直後のあさイチでも華丸さんがおんなじこといってたわ(笑)

そして、すぐに視聴者から『あまちゃん』で、とあるキャラが超初期のスマホを使っていた気がするって言われてたわ!

すごいね!
気にするところが同じってのも楽しいし、すぐに答えてくれる人がいるってのが(笑)

そして、令和には確実に行きそうな感じね!
これは、きっとあると思う!

そうだね!もう平成26年ってことだから、令和には確実に足を踏み入れるだろうね!

しかし、あの『彩雲』っていうの?
キレイだったわね!!

『彩雲』っていうのは、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象のことを言うんだよね!

水分を多く含んだ雲だと、その水滴によって光が乱反射するみたいな感覚なのかなって認識してるよ!

テレビ越しでもいいことあるかな?

あるといいよね!

しっかし、おばあちゃんが亡くなって語りにっていうのは、前情報でわかってたんだけど…まさか…牡蠣に転生していたとは…。

まさに、転生したら牡蠣だった件…っていうね。

亡くなっても旦那様のそばにいたいとか…ちょっとキュンだけどね(笑)

それに百音の働く森林組合の浜野謙太さんとでんでんさんがいい味を出している!

仮面ライダーが一杯だったわね(笑)
でも、百音はいまいちわかんないってのが…残念(笑)

これからの絡みも楽しみだね!

それに、今日はちょっとだったけど、坂口健太郎さんも登場して…
いや~色々楽しみだわ!

そうだね!

一応、子役ちゃんも発表されてるんだけど、少し時代をさかのぼるタイミングもあるのかしらね…

1995年生まれってことは、東日本大震災の時は高校生か…。

そうなのよね…いきなり故郷を出ちゃってるパターンは、あんまりない印象だから…。
途中で時代が戻るのかもしれないわね。

明日以降も楽しみだね!

広告

朝ドラ『おかえりモネ』1話を見た人の反応は?

毎回、このバトンタッチのイラストさん、すっごい楽しみにしてるのよね♪

ぬか床!?、そんな時もあったのか…。

そうそう!あったのよ!『ごちそうさん』だったわね(笑)
牡蠣に転生は、中々インパクトあったわね(笑)

うんうん!
オープニング映像のキラキラ感、すっごい好き!
俄然楽しみだわ!

広告

2021年度前期・連続テレビ小説「おかえりモネ」の見逃した場合の対応をご紹介!

連続テレビ小説「おかえりモネ」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜…8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜…12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~土曜…7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~金曜…23:00~23:15

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

朝ドラ『おかえりモネ』2話の予告あらすじ

百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)の山の樹齢300年のヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられる。森林組合の課長の翔洋(浜野謙太)は週末に登米の伝統の能の定例会を控えて、そわそわしていた。百音は、能舞台を見学に行き、サヤカと川久保(でんでん)が、ヒバの伐採について話し合っているのを目撃する。その夜、百音の妹・未知(蒔田彩珠)の水産高校での取り組みのニュースを見て、百音は妹をまぶしく感じる。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/85826548

まとめ

確かに、楽しみと言わざるを得ないね!

うん!
がっつり心を掴まれた1話でした!
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告