ブギウギ|あらすじ・主演まとめ【NHK朝ドラ】

2023年後期朝ドラ『ブギウギ』
黒猫軍曹
黒猫参謀

趣里さんが主演する2023年後期NHK朝ドラ『ブギウギ』

こちらの記事では、朝ドラ『ブギウギ』
簡単なあらすじやキャストを紹介しちゃうよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

どんなお話なのか…誰が出演するのか…
とっても気になっちゃう!
放送開始前に、一緒に予習をしていきましょう♪

スポンサーリンク

朝ドラ『ブギウギ』:ドラマ情報

放送日時NHK 朝8:00~8:15 
放送開始日2023年秋~(予定)
主演趣里
出演者※発表次第追記します。
公式HP・SNSHP Twitter Instagram

朝ドラ『ブギウギ』:あらすじ情報

大正の終わりごろ、大阪の下町の小さな銭湯の看板娘・花田鈴子は、歌って踊るのが大好きな天真爛漫(てんしんらんまん)な女の子です。やがて、小学校を卒業した鈴子は「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と思うようになり、道頓堀に新しくできた歌劇団に入ります。必死に稽古にはげんだ鈴子は、メキメキと成長、抜群の歌唱力で頭角を現していきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、ある人気作曲家と出会い、大きく運命が変わります。鈴子は、作曲家の指導を受け、“スウィングの女王”と呼ばれ人気ものになっていきます。

しかし、戦争が始まると、鈴子が置かれた状況は一変します。鈴子の歌っていた歌は「敵性音楽」となり、鈴子は歌や踊りが厳しく制限されてしまいます。さらに、鈴子の弟は出征。また、ちょうどその頃、鈴子の母も病気で亡くなってしまいます。

不幸が重なり悩んでいた鈴子は、ある青年と恋に落ち、結婚を誓いあいます。しかし、青年の家族は大反対、結婚はなかなか実現しません。やがて戦争が終わり、鈴子は青年の子を身ごもります。ところが、青年は病にかかってしまいます。会えない日々が続き、そして、臨月の鈴子のもとに届いたのは青年の訃報でした。死に目に会えず、結婚もできないままの別れ。数日後、鈴子はひとりで娘を出産しました。

鈴子は、ひとりで娘を育てながら舞台で歌います。そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」です。明るく、飾らず、全身で歌う、鈴子の真骨頂。戦後の傷ついた日本に、その歌声が響き渡ります。鈴子の歌声に合わせて、笑顔で歌い踊る人たちが日本中にあふれていきました。鈴子は“ブギの女王”と呼ばれるようになり、大スター歌手への階段を一気に駆け上がっていきます――

出典:https://www.nhk.jp/g/blog/io1_n7ke1cb/ 

黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年後期は、歌手の『笠置シヅ子』さんをモデルとしたヒロインの物語なんだね!
タイトルの『ブギウギ』は、代表曲ともいえる『東京ブギウギ』からとられてると思うんだけど…なんかこの曲…最近もよく聞いてるような…。

どこで聞いてるんだっけ??

黒猫夫人
黒猫夫人

アサヒビールの『クリアアサヒ』のCMで歌詞を変えたCMソングが流れてるからじゃない?
何か、心がウキウキして、冷えてるビールを取りに冷蔵庫に行きたくなる曲調よね!

でも、それを歌っていた笠置シヅ子さんの人生は、かなり波乱万丈のようねぇ…。

歌手としての活動の合間に戦争も入ってくるから、本当に目まぐるしく変わる時世の中で、歌い続けるであろう姿を追いかける物語になりそうですね!

現状、登場するであろう人物としては…笠置シヅ子さんをモデルとしたヒロイン・鈴子を筆頭に…。

・ヒロインの子役
・鈴子の母
・鈴子の弟
・人気作曲家
・恋に落ちる青年
・鈴子の娘(子役&青年期?)

この辺りのキャストにも注目が集まりそうです!

また、順番的にはBK作品ということになると思うのですが…BK作品で東京が描かれるのも中々珍しいような気がします…。

ざっと思い出すだけでも…一番最近で、ヒロインの出身が東京だった2013年の『ごちそうさん』以来ではないかと思います!

【スポンサーリンク】

朝ドラ『ブギウギ』:製作スタッフ情報

脚本

朝ドラ『ブギウギ』の脚本担当には、足立紳さんが発表されました!

主な担当ドラマ作品

佐知とマユ(2015年:NHK)
いつかティファニーで朝食を(2015年:日本テレビ)
連続ドラマW 盗まれた顔〜ミアタリ捜査班〜(2019年:WOWOWプライム)
ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!(2019年:BSプレミアム)
拾われた男 Lost Man Found(2022年:NHK BSプレミアム)

出典:Wikipedia

主題歌

朝ドラ『ブギウギ』の主題歌は、発表後追記します!

主な担当ドラマ作品

出典:Wikipedia

【スポンサーリンク】

朝ドラ『ブギウギ』:キャスト情報

ヒロイン

花田鈴子/趣里

1914(大正3)年生まれ。大阪の銭湯の看板娘で、おしゃべりで歌って踊ることが大好き。母親譲りのおせっかいで世話好きな性格だが、人助けが裏目にでることも・・・。憧れの歌劇団に入団した後は、努力を重ね、歌と踊りと愛嬌を武器に大スターへの階段を駆け上がっていく。

出典:https://www.nhk.jp/g/blog/gafqmifu4zc/ 

主なドラマ出演作品

この声をきみに(2017年:NHK) – 熊川絵里 役
トットちゃん!(2017年:テレビ朝日) – 井川咲子 役
レッドアイズ 監視捜査班(2021年:日本テレビ) – 長篠文香 役
DCU〜手錠を持ったダイバー〜(2022年:TBS) – 神田瑠璃 役
サワコ 〜それは、果てなき復讐(2022年:BS-TBS) – 主演・深井サワコ 役

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

いやはや、こりゃ、鈴子のキャラクター設定を見る限り、趣里さんにぴったりすぎるね!
なんという神キャスティング!

コミカルな部分もシリアスな部分も…想像するだけで面白そう!
生まれた時代とかを思うと…多分、暗い時代も通ると思うんだよね…。

それでもめげないヒロインという雰囲気がビシバシ感じるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

本当よねぇ♪
趣里さんって、小柄な印象があるけど、踊って歌ってる姿は、きっと画面いっぱいにキラキラを振りまいてくれそう…って、ついつい妄想に走ってしまいます!

PCに強い理系女子風な時もあれば、ちょっぴり偏屈風なキャラ…、思い出すだけでも色んな役やってるのよねぇ~…。

あとは、ダスキンのCMの印象が強いかな♪
風間俊介さんとご夫婦で、またあの子役の築地まさたか君が可愛い♪

あのCMも長いですよねぇ~子役ちゃんの成長に目を細めつつ、すっかり風間くんと趣里さんとまさたか君で親子にしか見えなくなってます♪

何が言いたいかと言いますと、趣里さんヒロインの朝ドラ…『推せる!』ということです(笑)

まとめ

2023年後期連続テレビ小説『ブギウギ』の情報や主演俳優さんを紹介いたしました!

黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年度後期の朝ドラということで、ちょうど1年後くらいからの放送かぁ…
まだちょっと遠いね(汗)

黒猫夫人
黒猫夫人

でも、これからまだまだたくさんの情報が解禁されていくでしょうから、都度ご紹介していきたいと思います♪

鈴子に妹がいればなぁ…私は断然、エールで主人公夫婦の娘を演じた古川琴音ちゃんを推すんだけどねぇ♪
でも、娘を出産するみたいだし…娘の大人キャストにワンチャンあるかしら~♪

いや~も~追加キャストの発表も待ちきれないですね♪

笠置シヅ子全曲集 東京ブギウギ [ 笠置シヅ子 ]

価格:2,065円
(2022/6/27 11:31時点)
感想(0件)

スポンサーリンク