おかえりモネ|2週7話ネタバレと感想。法度汁(はっとじる)で飯テロ注意!【朝ドラ】

2021年5月25日

2021年前期朝ドラ『おかえりモネ』

朝ドラ『おかえりモネ』の7話が2021年5月25日(火)に放送されましたね!!

こちらでは、7話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

突然やってきた耕治!
百音は連れて帰らちゃうのかな??

いやいや、さすがにそれはないわよ!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

朝ドラ『おかえりモネ』7話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おかえりモネ』7話ネタバレあらすじ

父、帰る

百音(清原果耶)の事が心配で、登米まで様子を見に来た父・耕治(内野聖陽)

本音は、島に連れて帰りたいようですが、生き生きとしている百音にな~んにも言えないみたいです。

今日も、日曜なのに林間学校の子ども達が来るからと元気に出かけて行ってしまいました。

しょんぼりする耕治に、サヤカ(夏木マリ)は、職場見学を提案しました。

翔洋(浜野謙太)は、子ども達をほぼ木でできた校舎を案内したり、林業についての説明を行ったりしていきます。

一部分は、百音に説明を任せ、たどたどしいながらも、一生懸命説明をする百音。

そんな百音の姿を耕治は、サヤカと別室からこっそり覗いていました。

「家族に見せる顔とは違うでしょう?」

そんなサヤカの言葉に、耕治は頷き、食い入るように見つめていました。

小学生位が一番可愛いという耕治でしたが、サヤカには20近い娘だって耕治が可愛いと思っていることくらいお見通しです。

「他人の子どもだって、あんなに可愛いんですから。自分の娘なら、どれだけって思いますよ。でもね、どんなに可愛くても、ずっと手元に置いておきたいっていうのは、違うと思いますよ。

耕治にだって、そんなことはわかっていました、でも2か月前、急に百音が島を離れたいと言った時の顔を思い出してしまったのだと言います。

大学受験に失敗した百音。

亜哉子(鈴木京香)は、1年浪人してもいいと思っていましたし、その事を告げました。

でも、百音は頑なに島を離れたいと言いました。

家が嫌なわけではない

やりたいことがあるわけではない

「とにかく島を離れたい。」

百音は、それしか言いませんでした。

その時の顔を思い出しては、あの時、手を離してはいけなかったのではと後悔していました。

でも、今の百音の顔を見て、自分の後悔は違ったのかもしれないと思い始めていました。

耕治は、百音が子ども達に説明している、木で何かを作ってみたいと駆け出しました。

あ!百音が説明していたのは、『組手什』といって何でもできる魔法の棒!

接着剤も釘も使わないで、組立ができるパーツのようなものなんですよ

これを百音は、一生懸命小学生に説明していたんですね!

その頃、亀島では、本当に登米まで出かけて行った耕治に苦笑いを浮かべる亜哉子と龍己(藤竜也)がいました。

どうせ、サヤカに追い返されるとさほど心配してはいませんでしたが。

亜哉子は、ずっと心配していたことを龍己に尋ねました。

本当は、百音の就職に反対だったのではないかと。

しかし、龍己は言います。

「笑ってたから大丈夫だ。」

亜哉子は驚きます。

実は、龍己が先日サヤカに電話を掛けた時、受話器の向こう側で元気に笑う百音の声が聞こえたのだと言います。

亜哉子は、少しだけ拗ねたように言いました。

「もう…早く言ってくださいよ!」

さて、登米の林間学校はお昼ご飯の時分です。

ご近所さんが大張り切りで地元の田舎料理でおもてなしです!

メインは、『法度汁(はっとじる)』です!

江戸時代に、あまりの美味しさに贅沢だとご法度(禁止)になったことが由来の料理です!

また一説では、『ほうとう』がなまったものとという説もあるようですから、野菜がたっぷり入った団子汁のようなものを思い浮かべてもらえたらいいかもしれませんね♪

子ども達の昼ご飯の間に、少し片づけを進めておく百音は、東京から帰ってきた光太朗(坂口健太郎)と遭遇します。

1週間は早いと漏らす光太朗を見て、百音は言います。

「先生。来たくなかったって、顔に出てます。」

「すいません。正直者なんで。」

何だか賑やかな森林組合に驚いていると、林間学校の生徒が来ていると説明します。

すると、耕治を指さして、先生かと尋ねます。

「あれは…私の父です。」

それを聞いた光太朗は、挨拶は苦手だと逃げていくのでした。

子ども達に何気なく混ざっている耕治にため息をついて、声をかけます。

耕治は、木で作った笛を渡し、亀島へ帰ると言いました。

「電話したら、出てくれよ。メールでもいいから。こっちは心配してんだからね。」

そういって森林組合を後にしようとする耕治を、百音は呼び止めました。

百音は、自分も耕治のように『自分はこれだ!』というものを見つけたいから、島には帰らないことを謝りました。

「おばあちゃんの初盆には帰って来いよ!」

耕治も、百音が登米で働くことを認めてくれたようなのでした。

広告

朝ドラ『おかえりモネ』7話の感想

今日は、ひとまず百音の登米就職を耕治が認める回だったのね♪

何となく印象的に時間がゆっくり過ぎてるよね!

そうね~何だろう、『おちょやん』や『エール』とか…いわゆるモデルとなる人がいて、その人の一代記みたいなものは、やっぱり子ども時代から結婚したり、母になったりと長い時間を描くから、トントンと描かれるのかしらね。

今回は、特定のモデルがいる人じゃないようだし、子ども時代もないから、割とゆっくり数年の出来事を描くのかもしれないわね!

『ひよっこ』スタイルだね!

そうね!その場合、続編とかも作りやすいかもなんて…ちょっと期待しちゃうんだけど♪

そうだね~!って、まだ始まったばっかりだよ(笑)
もう続編?(笑)

やだ!本当ね(笑)
しかし、百音パパったら笛を吹いて自分を思い出せだなんて…。

あさイチの大吉さんじゃないけど、『半分、青い』よね~(笑)

そういう話があったんだね!

そうなのよ!それが、幼馴染の鈴愛と律を結ぶ絆って感じだったのよね♪

とはいえ、その辺百音はリアリストそうだから、飾ってはおくかもしれないけど吹かなそうだよね(笑)

確かに(汗)

広告

朝ドラ『おかえりモネ』7話を見た人の反応は?

それは、すっごく思うわね!
テルヲ(トータス松本:おちょやん)や三郎(唐沢寿明:エール)、常治(北村一輝:スカーレット)、中々良くも悪くも強烈なお父ちゃんが続いたものね…。

でも、剛男(藤木直人:なつぞら)や宇太郎(滝藤賢一:半分、青い)…すこし前なら竹蔵(西島秀俊:とと姉ちゃん)というのもあるから、強烈なお父ちゃんだけでは…ないのよ~(笑)
(敬称略)

何となく『ひよっこ』を思い出す雰囲気!
みんないい人って感じがね♪

そういうドラマも、このちょっとしんどい時期には、心が穏やかになっていいなぁ!

あの『モテない』発言からの永瀬廉くん登場は秀逸だったわね!

広告

2021年度前期・連続テレビ小説「おかえりモネ」の見逃した場合の対応をご紹介!

連続テレビ小説「おかえりモネ」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜…8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜…12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~土曜…7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~金曜…23:00~23:15

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

朝ドラ『おかえりモネ』8話の予告あらすじ

耕治(内野聖陽)は、昔なじみの田中(塚本晋也)と登米でばったり再会する。お互いの若いころの思い出や近況を語らう2人。一方、百音(清原果耶)は林間学校の小学生たちとともに、山歩きと植林体験をしに山へ来ていた。天気もよく順調に山を歩く百音たちだったが、次第に空模様が怪しくなる。そんな中、一行の中でも特に元気のいい小学生・圭輔(阿久津慶人)が、飛ばした木とんぼを追って、ハイキングコースを外れてしまう。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/86109422

まとめ

さ~明日は水曜日!
事件が起きるね!

そうね~…ちょっと心配だけど、天気予報が助けてくれるのかしら??
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告