らんまん|あらすじ・キャストまとめ【神木隆之介主演:NHK朝ドラ】

2023年前期朝ドラ『らんまん』

神木隆之介さんが主演する2023年前期NHK朝ドラ『らんまん』の制作が決定しました!

黒猫軍曹
黒猫参謀

こちらの記事では、朝ドラ『らんまん』
簡単なあらすじやキャストを紹介しちゃうよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

どんなお話なのか…誰が出演するのか…
とっても気になっちゃう!
放送開始前に、一緒に予習をしていきましょう♪

スポンサーリンク

朝ドラ『らんまん』:ドラマ情報

放送日時NHK 朝8:00~8:15 
放送開始日2023年春(予定)
主演神木隆之介
語り宮﨑あおい
出演者浜辺美波
HP・SNS 等HP Twitter Instagram

朝ドラ『らんまん』:あらすじ情報

江戸時代末期の1862年(文久2)3月、全国で尊王攘夷(そんのうじょうい)の機運が高まるなか、坂本龍馬が土佐藩を脱藩―― そのわずか1か月後、同じ土佐の地で酒造業を営む裕福な商家に待望の男の子が誕生する。

のちの天才植物学者・槙野万太郎(まきの・まんたろう)である。

万太郎は、明るい性質だが、虚弱な子ども。

なぜだか植物のことが好きで、集中すると周りのことも目に入らなくなってしまう。

大人たちは不思議な子どもだと思っているが、母親の房子は、そんな万太郎に穏やかな愛情を注いでいた。

しかし、万太郎が6歳の時、房子が病気で死去。

父親も早くに亡くしていた万太郎は、祖母タキの手で育てられることになる。

タキは、名家の跡取りとして立派な男子に育てようと、万太郎を藩校に入れる。最初は学校生活になじめなかった万太郎だが、植物の名前と挿絵の載った本を見つけ、「その本が読みたい」という思いから、熱心に勉強するようになる。

その後、万太郎は学業の面でメキメキと頭角を現し、英語・地理・物理・天文など西洋の学問を次々と吸収していく。

やがて明治新政府のもと新たな学校制度が始まり、万太郎も小学校に通い始めるが、その教育レベルの低さに物足りなさを感じて自主退学。

その後は家業の手伝いもそこそこに、大好きな植物採集に明け暮れる生活を送るようになる。

東京上野で開催される「内国勧業博覧会」をきっかけに万太郎は初めて上京。

その旅のなかで憧れの博物学者たちと出会い、日本各地の貴重な植物や海外から来た珍しい植物を目の当たりにする。

「いつか必ず日本の植物のすべてを明らかにしたい!」

―万太郎の植物学への情熱に火が付いた。

万太郎は、東京帝国大学植物学教室の門をたたき、助手として働くことになる。

水を得た魚のように研究に没頭し、新種を次々と発見、学名をつけていく万太郎。

しかし、その活躍に嫉妬する教授陣から嫌がらせを受けたり、学歴がないことを理由に十分な給金をもらえないなど、理不尽な目にも多く合う。

それでも、愛する植物のため、「日本独自の植物図鑑を編纂(へんさん)する」という夢のため、万太郎は情熱を失うことなく一途に突き進んでいく―。

出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/460323.html 

黒猫軍曹
黒猫参謀

おお~今回は男性主人公なんだね!
植物学を極めていく青年の一代記か~!

『日本植物学の父』とも呼ばれている牧野富太郎さんというモデルはいるものの、物語はフィクション!

登場人物名や団体名も一部改称して、描くそうだよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

物語のスタートは高知県で、それから上京してくるみたいね!
時代は、明治維新からスタートということなので…

朝ドラでは、あまり描かれたことのない時代ね!
過去作でもパッと思いつくのは、『あさが来た』くらいかしら?

そこから、戦後まで描くということだから、時代の移り変わりも楽しめそうです!

【スポンサーリンク】

朝ドラ『らんまん』:製作スタッフ情報

脚本

朝ドラ『らんまん』の脚本担当には、長田育恵さんが発表されました!

主な担当ドラマ作品
  • マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束〜(2019年:NHK総合) – 脚本
  • すぐ死ぬんだから(2020年:NHK BSプレミアム) – 脚本
  • 流行感冒(2021年:NHK BS4K)- 脚本、原作:志賀直哉
  • 群青領域(2021年:NHK)- 脚本
  • 旅屋おかえり(2022年:NHK BSプレミアム)- 脚本

出典:Wikipedia

主題歌

朝ドラ『らんまん』の主題歌は、あいみょんさんに決定しました!タイトルは発表後追記します。

主なドラマタイアップ作品

生きていたんだよな:『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(テレビ東京)主題歌
今夜このまま:『獣になれない私たち』(日本テレビ系)主題歌
裸の心:『私の家政夫ナギサさん』(TBS)主題歌
愛を知るまでは:『コントが始まる』(日本テレビ)主題歌
初恋が泣いている:『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ)主題歌

出典:Wikipedia

【スポンサーリンク】

朝ドラ『らんまん』:キャスト情報

主人公

槙野万太郎/神木隆之介

高知で酒造業を営む裕福な商家の一人息子として生まれる。

体が弱くいじめられがちな少年だったが、植物の魅力にとりつかれ、その秘めた才能を発揮する。

草木をたずねて毎日のように野山を歩き回ったおかげで健康で丈夫な体を持つことに。

小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ東京帝国大学植物学教室の門をたたく。のちに「日本の植物学の父」と称される。

出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/460323.html 

主なドラマ出演作品

涙をふいて(2000年:フジテレビ) – 淵上良太 役
どんど晴れ(2007年:NHK) – 浅倉智也 役
平清盛(2012年:NHK) – 源義経 役
学校のカイダン(2015年:日本テレビ) – 雫井彗(伊勢崎トオル) 役
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 五りん 役

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

小学校中退という学歴から、『植物学の父』と称されるようになるなんて…すごい努力家で勤勉家なんだろうなぁ!

黒猫夫人
黒猫夫人

植物学を何て聞くと…ついつい『とと姉ちゃん』の時の坂口健太郎さんを思い出してしまうわ!

新たな『葉っぱのあんちゃん』になりそう!
いや…逆に本家本元みたいなものかしら?

キャラビジュとしては、サスペンダーに白シャツ…丸眼鏡なんかいいなぁ♪。

万太郎の家族

槙野寿恵子/浜辺美波

東京の下町で母と菓子屋を営んでいたが、万太郎と運命的な出会いを果たし、後に結婚。

植物研究に金をつぎ込む夫のために、あの手この手で苦しい家計をやりくりし、最終的にはあっと驚く方法で家族を救う。

万太郎や子どもたちと、貧しくも楽しく明るい家庭を築く。

主なドラマ出演作品

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2015年:フジテレビ) – 本間芽衣子(めんま) 役
賭ケグルイ(2018年-:毎日放送) – 主演・蛇喰夢子 役
崖っぷちホテル!(2018年:日本テレビ) – 鳳来ハル 役
私たちはどうかしている(2020年:日本テレビ) – 主演・花岡七桜 役
ドクターホワイト(2022年:関西テレビ・フジテレビ系) – 主演・雪村白夜 役 / 沢木朝絵 役

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

なんとな~く、『まんぷく』の萬平さんと福ちゃんを思わせる夫婦な感じがするなぁ!
このやりくり…なんだかためになりそうで楽しみじゃない??

黒猫夫人
黒猫夫人

確かにそんな感じ!
いずれ、朝ドラのメインが来るとは思ってたけど…
楽しみだわ~!!

主人公のモデルである牧野富太郎さんの奥様・壽衛さんがモデルではあるんだけど…大胆に再構成ということで、どんな風に描かれるのか、今から楽しみです!

まとめ

2023年前期連続テレビ小説『らんまん』の情報やキャストを紹介いたしました!

黒猫軍曹
黒猫参謀

2022年2月2日現在で、次の次の次の朝ドラだよね!
ちょっと気の長い話ではあるけど、面白そうだなぁって思っているよ!

黒猫夫人
黒猫夫人

最初に発表されるのは、ご両親やお祖母さまあたりかしら?
また随時、追加キャストなど情報が分かり次第、ご紹介させていただきますね!

【2022年5月10日 追記】
ヒロインである万太郎の奥様が発表されました!
なんという美男美女の夫婦!

今から、放送が楽しみです!

スポンサーリンク