ちむどんどん|あらすじ・キャストまとめ【黒島結菜主演:NHK朝ドラ】

2022前期朝ドラ『ちむどんどん』

黒島結菜さんが主演する2022年前期NHK朝ドラ『ちむどんどん』

少し先ではありますが2022年春からの放送が決定しました!

こちらの記事では、朝ドラ『ちむどんどん』
簡単なあらすじやキャストを紹介しちゃうよ!

どんなお話なのか…誰が出演するのか…
とっても気になっちゃう!
放送開始前に、一緒に予習をしていきましょう♪

広告

朝ドラ『ちむどんどん』:ドラマ情報

主な放送日時NHK 朝8:00~8:15 
放送開始日2022年・春~(予定)
主演黒島結菜
語りジョン・カビラ
出演者仲間由紀恵,大森南朋,竜星涼,川口春奈,上白石萌歌,宮沢氷魚,山田裕貴,前田公輝,山路和弘,片桐はいり,石丸謙二郎,渡辺大知,きゃんひとみ,あめくみちこ,川田広樹,戸次重幸
公式HP『ちむどんどん』公式サイト(公開前)
公式SNS『ちむどんどん』公式Twitter(公開前)
『ちむどんどん』公式Instagram(公開前)

朝ドラ『ちむどんどん』:あらすじ情報

1960年代。まだ沖縄はアメリカ軍の統治下にありました。沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれ、豊かな自然や山林の多い地域。その「やんばる」の、とある ひなびた村に、サトウキビなどの農家を営む比嘉(ひが)家が暮らしていました。

父と母はふたりで一生懸命働き、家計を支えています。長男、長女、次女、三女の四人の子供たちは、それぞれに個性豊か。けんかしなが らも仲良く育っています。

ヒロインは 次女の暢子(のぶこ)。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。野に山に海に、小学生の暢子にとって「遊ぶ」といえば、「何かを採って食べること」。

そして、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をしたときに、暢子は生まれて初めての西洋料理にこころ奪われました。

やがて一家をつらい運命が襲います。優しい父が急逝。残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子供たちを育てます。働く母を支えるために子供たちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。

月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は、「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。

折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は家族や兄妹のサポートを得て東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で修行をはじめます。

職場は東京ですが、下宿先は神奈川県横浜市の鶴見。京浜工業地帯が近い鶴見は、戦前から、働くために海を渡ってきた多くの沖縄出身者が移り住んだ町でした。

暢子は厨房で厳しい修業の歳月を送り、兄妹たちもそれぞれの道を歩み出します。気持ちがすれ違うこともありますが、昔から共に食べてきたふるさとの料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、互いに支え合いながら大人になっていきます。

そして暢子はさまざまな人とふれあい、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じ始める…。

※https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/444194.html 

今度の舞台は沖縄か!
料理人を目指すヒロイン、これは朝から飯テロの予感?

朝ドラでは『マッサン』の脚本を手掛けられた羽原さん!
北海道の次は沖縄とは…

黒島結菜さんとも何作品かタッグを組んでいるようだし、これは面白そう!

タイトルの『ちむどんどん』は、沖縄の言葉『チム』=『肝(心臓・心)が胸の高鳴りを表す言葉だそうです!

つまり、『わくわくどきどき』といった感じですね♪
放送開始を待つ私たちの気持ちも『ちむどんどん』ですね!

朝ドラ『ちむどんどん』:製作スタッフ情報

脚本/羽原大介

朝ドラ『ちむどんどん』は、脚本担当・羽原大介さんのオリジナル作品です!

主な担当ドラマ作品
  • 銀狼怪奇ファイル(1996年:日本テレビ)
  • 聖龍伝説(1996年:日本テレビ)
  • ダブルフェイス 潜入捜査編、偽装警察編(2012年:TBS・WOWOW共同制作)
  • マッサン(2014年 – 2015年:NHK「連続テレビ小説」)
  • 昭和元禄落語心中(2018年:NHK総合)

※Wikipedia

主題歌/未定『未定』

朝ドラ『ちむどんどん』の主題歌は、発表後追記します!

主なタイアップ作品

※Wikipedia

広告

朝ドラ『ちむどんどん』:キャスト情報

ヒロイン

比嘉暢子/黒島結菜

沖縄本島北部、「やんばる地方」のひなびた村の農家に生まれ育つ。

四人兄妹の次女で、兄、姉、妹がいる。

幼い頃からのんきでマイペースだが、いさぎよくまっすぐで喜怒哀楽のはっきりした性格。運動が大の得意。

食べること、おいしいものをこよなく愛している。

小学生の頃に父を亡くし、働く母を支えるために一家の「料理担当」に。

一度だけ食べた西洋料理のきらびやかな魅力にとりつかれ、やがて料理人を目指して東京へと旅立っていく。

主なドラマ出演作品
  • マッサン (2015年:NHK) – 中村秀子 役
  • 花燃ゆ (2015年:NHK) – 高杉雅 役
  • アシガール(2017年:NHK) – 主演・速川唯 / 唯之助 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜 (2019年:NHK) – 村田富江 役
  • スカーレット (2020年:NHK) – 松永三津 役

出典:Wikipedia

こうしてみると、NHKのドラマにたっくさん出てるね!
それに、今回の脚本家・羽原さんのドラマにも出てるし、選ばれるべくして選ばれたと言えるかもしれないね!

発表のあったあさイチで、華丸さんも言っていたけど、『スカーレット』での記憶新しい黒島さん!

そうか…あのあと沖縄にわたっていたのね!
なんて、思っちゃうわよね(笑)

暢子の家族

比嘉優子/仲間由紀恵

沖縄本島北部やんばる地方のとある村で、夫とともにサトウキビ農家として働きながら四兄妹を育てる。

子どもの頃は定食屋の娘として育ち、料理も得意。

大らかで明るく、困った人を見ると放ってはおけない性格。

主なドラマ出演作品
  • TRICKシリーズ(2000年 – :テレビ朝日) – 主演・山田奈緒子 役
  • 功名が辻(2006年:NHK) – 主演・山内千代(見性院) 役
  • ごくせんシリーズ(2002年 – 2009年:日本テレビ) – 主演・山口久美子(ヤンクミ) 役
  • サキ(2013年:関西テレビ) – 主演・網浜サキ 役
  • 花子とアン(2014年:NHK) – 葉山蓮子 役

出典:Wikipedia

現在(2021年6月1日現在)、絶賛再放送中の『花子とアン』の蓮様でもおなじみの仲間由紀恵さんが、ヒロインのお母さん役で朝ドラに凱旋だよ♪

『花子とアン』では、アンニュイな感じだったけど、今回は大らかで明るい母ってことだから、また違った表情が見られそうで楽しみね!

それに、黒島結菜さんと髪の雰囲気がいい塩梅って感じがするのよ!
麗しい黒髪!
親子って言われても、納得しちゃうわね♪

比嘉賢三/大森南朋

生まれ故郷の村でサトウキビ農家を営む。

若い頃に、大工や飲食業などさまざまな仕事をしてきた。

今も農閑期には家族をささえるために出稼ぎ仕事に行くことも。

料理も得意で時折家族のために腕をふるう。

唄三線をこよなく愛している。

主なドラマ出演作品
  • 龍馬伝(2010年:NHK) – 武市半平太 役
  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係(2014年-:テレビ朝日) – 安藤周夫 役
  • コウノドリ(2015年-:TBS) – 今橋貴之 役
  • サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(2019年:テレビ朝日) – 主演・柚木貴志 役
  • 私の家政夫ナギサさん(2020年:TBS) – 鴫野ナギサ 役

出典:Wikipedia

大森南朋さんは、朝ドラは初出演かな?

そうかも!
NHKドラマという観点では、『龍馬伝』での武市半平太の印象が強いかしら!

最近では、多部未華子さんとの『家政夫のナギサさん』があるわね!
そして、やっぱり、沖縄のお父さんは三線を弾くのね♪
穏やかでのんびりしたお父さん!

楽しみだわ!

比嘉賢秀/竜星涼

比嘉家の長男、暢子の兄。

自由奔放、腕力だけは人一倍。

勉強は苦手、素行も悪いが心優しい家族思い。

常に「比嘉家の長男」を自負し、家族のためさまざまな挑戦をするが、かえって迷惑をかけることが多い。

子どもの頃、比嘉家では豚を飼っており、以来こよなく豚を愛する男となる。

主なドラマ出演作品
  • 獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年:テレビ朝日) – 主演・桐生ダイゴ / キョウリュウレッド、岩泉猛志ノ介 役
  • ひよっこ(2017年:NHK) – 綿引正義 役
  • アンナチュラル(2018年:TBS) – 木林南雲 役
  • 同期のサクラ(2019年:日本テレビ) – 清水菊夫 役
  • レンアイ漫画家(2021年:フジテレビ) – 早瀬剛 役

出典:Wikipedia

おお~ダイゴじゃないか!!
…朝ドラも2回目何だね!

そうなの!
『ひよっこ』で、すっごい人情たっぷりなおまわりさん役を好演してたの!

からの、トラブルメーカーなニーニーとは…。
同じ沖縄を舞台にした朝ドラ『ちゅらさん』でもガレッジセールのゴリさんが演じるニーニーがトラブルメーカーだったのよね…。

朝ドラにおける沖縄のニーニーはトラブルメーカーと相場が決まっているのかしら…。

比嘉良子/川口春奈

比嘉家四兄妹の長女。

暢子の姉。

抜群に勉強ができて、性格も優等生。

正反対の性格の兄・賢秀とたびたび喧嘩になる。

料理は苦手である。人一倍の努力の末、子どもの頃からの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立つ。

主なドラマ出演作品
  • 桜蘭高校ホスト部(2011年:TBS) – 藤岡ハルヒ 役
  • 金田一少年の事件簿(2013年~:日本テレビ) – ヒロイン・七瀬美雪 役
  • 麒麟がくる(2020年:NHK) – 帰蝶(濃姫) 役
  • 極主夫道(2020年:日本テレビ) – 黒田美久 役
  • 着飾る恋には理由があって(2021年:TBS) – 真柴くるみ 役

出典:Wikipedia

川口春奈さんは、初めての朝ドラ出演みたいだね!
大河ドラマ『麒麟が来る』での帰蝶役は見ごたえがあったよね。

そうそう!
いつだったか、ヒロインになることを目標にしていた川口春奈さん!
今回、ひとまずヒロインの姉というポジションをゲットしたのね♪

姉妹からヒロインもあるもの、1歩近づいたともいえるかもしれないわね♪

比嘉歌子/上白石萌歌

比嘉家の末娘。

暢子の妹。

幼いころから病気がちで、強烈にシャイな性格。

歌をこよなく愛して、父から唄三線の手ほどきを受けるが、恥ずかしいので家族以外の前ではなかなか歌えない。

大人しい一方、兄妹でいちばん謙虚な性格で、家族みんなの癒しにもなっている。

主なドラマ出演作品
  • 義母と娘のブルース(2018年:TBS) – 語り(第1話 – 第5話) / 宮本みゆき(第6話 – 最終話)
  • 3年A組-今から皆さんは、人質です-(2019年:日本テレビ) – 景山澪奈 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 前畑秀子
  • 僕はどこから(2020年:テレビ東京) – ヒロイン・藤原千佳 役
  • ファーストラヴ(2020年:NHK BSプレミアム) – 聖山環菜 役

出典:Wikipedia

おお!
この1個前の『カムカムエヴリバディ』ではヒロインの一人を務める上白石萌音さんに次いで、妹の萌歌さんも朝ドラに出演なんだね!

『おちょやん』の前田旺志郎くんから『おかえりモネ』の前田航基くんへの兄弟でのバトンみたいで、何だか楽しいね!

私がしゃべりすぎたせいか、朝ドラに詳しくなってる…(笑)
しかし…仲間由紀恵さんと大森南朋さんの間の子ども達とはいえ…美男美女な兄妹ねぇ!

これは、画面が華やかだわ♪

※暢子の家族のキャラ設定出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/449774.html

沖縄の人びと

青柳和彦/宮沢氷魚

父親の仕事の都合で、子どもの頃に暢子たちの暮らす村に滞在。

やや繊細なところもあり、当初は沖縄になじめない気持ちで暮らすが、やがて比嘉家の友人となる。

暢子に再会を約束して、東京に帰っていくが、その後、海外留学を経て新聞記者となり、暢子と東京で再会する。

主なドラマ出演作品
  • コウノドリ 第2シリーズ(2017年:TBS) – 赤西吾郎 役
  • トドメの接吻(2018年:日本テレビ) – 布袋道成 役
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ(2019年:テレビ朝日) – 鈴谷昂 役
  • 賭ケグルイ Season2(2019年:TBS) – 村雨天音 役
  • エール(2020年:NHK) – 霧島アキラ 役

出典:Wikipedia

家族の友人?
普通に考えるとにーにーのお友達なのかな?

新聞記者かぁ暢子とはどういう関わりがあるのかしらね?
『エール』では、主人公の娘の結婚相手という役どころだったけど…。
にーにーの友人だと、彼もトラブルメーカーな可能性があるわね(笑)

【ドラマトピックスを見て】
どうやら、改めて発表された人物像を見ると…
もしかしたら、暢子の恋のお相手なのかしらって思っちゃいます♪

石川博夫/山田裕貴

暢子の姉・良子(川口春奈)の学生時代からの友人。

比嘉家の暮らす村からバスで30分ほどの町で、良子と同じく教員をしている。

父も祖父も教員だった。

勉強熱心で生真面目な性格で、学生時代に勉強会を催して良子たちと交流していた。

良子とどこか男女としてもお互いを意識している関係。

主なドラマ出演作品
  • 海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年:テレビ朝日) – ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー 役
  • 3人のパパ(2017年:TBS) – 羽野恭平 役
  • 特捜9 (2018年-:テレビ朝日) – 新藤亮 役
  • なつぞら(2019年:NHK) – 小畑雪次郎 役
  • ここは今から倫理です。(2021年:NHK) – 主演・高柳 役

出典:Wikipedia

おお~雪次郎!!
北海道から、今度は沖縄とは!(笑)

朝ドラ日本縦断ね(笑)
今回は、どんな性格なのかしら??
良子とは、どんな関係性なのかしら♪

色々気になるわ~♪

【ドラマトピックスを見て】
いいわね~
これは、完全に良子とは友達以上恋人未満って感じ♪
展開が楽しみだわ!

砂川智/前田公輝

暢子たちの暮らす村の豆腐店の息子。

四兄妹の幼なじみ。

小さな家業を継ぎながらも、いつか自分でもっと大きな商売をしたい、という野望を抱いている。

暢子に想いを寄せるが、なかなか気づいてももらえない。

主なドラマ出演作品
  • 花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011(2011年:フジテレビ系) – 北花田剛 役
  • 探偵が早すぎる (2018年:読売テレビ・日本テレビ系) – 大陀羅貴人 役
  • 江戸前の旬 (2018年:BSテレビ東京) – 磯村慎治 役
  • 貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-(2019年:日本テレビ) – 歩夢 役
  • 江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜(2021年:読売テレビ・日本テレビ) – 鳥居直樹 役

出典:Wikipedia

兄妹の幼馴染なのかぁ~!
誰と一番年齢が近いんだろうなぁ?

村のお豆腐屋さんっていうポジションもいいわねぇ!
大きくない村の幼馴染なら、暢子たち姉妹の中の誰かに恋してるかも??
何かワクワクするわね♪

【ドラマトピックスを見て】
暢子に片思いボーイだ♪
でも、幼なじみの恋は…実らないことも多いのよね…朝ドラの場合。
ううう…今から切ないかも…。

前田善一/山路和弘

暢子たちが暮らす村の、ただ一軒の商店である「共同売店」を取り仕切る。

地域の役員も兼ねており、比嘉家の両親の良き友人でもある。

長きに渡って比嘉家を見守っていく。

主なドラマ出演作品
  • 眠れる森(1998年:フジテレビ) – 玉置和良 役
  • 仮面ライダー剣(2004年:テレビ朝日) – 烏丸啓 役
  • 軍師官兵衛(2014年:NHK) – 安国寺恵瓊 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 村山龍平 役
  • 麒麟がくる(2020年:NHK) – 三好長慶 役

出典:Wikipedia

何となくイメージは『ちびまる子ちゃん』のみまつやの親父的なポジションかなぁって思うんだけど、どう思う?

なんかわかるわ(笑)
きっと、暢子たちの事も見守ってくれてるおじちゃんって感じよね♪

【ドラマトピックスを見て】

もう、完全にいいおじいって感じだわ!
ヒロイン一家を見守ってくれるのね!ありがたいわ!

下地響子/片桐はいり

暢子たちの高校の音楽教師。

音楽を強烈に、こよなく愛している。

暢子の妹・歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見抜いて、シャイな歌子を強引に指導しようとする。

主なドラマ出演作品
  • すいか(2003年:日本テレビ) – 生沢冴子
  • あまちゃん(2013年:NHK) – 安部小百合 役
  • 東京バンドワゴン〜下町大家族物語(2013年:日本テレビ) – 甲真奈美
  • とと姉ちゃん(2016年:NHK) – 東堂チヨ 役
  • この声をきみに(2017年:NHK) – 磯崎和代 役

出典:Wikipedia

何だろう…すご~くアグレッシブに音楽を語ってくれそうな予感しかしないんだけど…。

すごくパッション溢れてそうよね!
絶対、登場シーンが面白く素敵に違いないという期待しかないわ(笑)

主な絡みは歌子ってことになるんだろうけど、暢子ともあるといいなぁ♪

すごくパッション溢れてそうよね!
絶対、登場シーンが面白く素敵に違いないという期待しかないわ(笑)

主な絡みは歌子ってことになるんだろうけど、暢子ともあるといいなぁ♪

【ドラマトピックスを見て】

これは中々のパッション溢れる先生ね!
暢子にとっても高校の先生だから、授業シーンとか見られたらいいなぁ!

比嘉賢吉/石丸謙二郎

暢子たちの親戚であり、同じ村で暮らすサトウキビ農家。

頑固な性格で、暢子たち家族の経済的な心配を常にしている。

主なドラマ出演作品
  • 澪つくし(1985年:NHK) – 河原畑仁
  • はね駒(1986年)- 北村
  • 武田信玄(1988年:NHK) – 御宿友綱
  • 翔ぶが如く(1990年:NHK) – 大隈重信
  • 徳川慶喜(1998年:NHK) – 徳川茂徳

出典:Wikipedia

大叔父ってことは、おじいちゃんの兄弟っていうポジションだね!
面倒を見るってことは、ちょっと厳しめの人なのかな?

石丸謙二郎さんって思うと、まだお父さんな年齢のような気もするけど…黒島結菜ちゃんから見たら、十分お祖父ちゃんくらいの年齢感か…。

【ドラマトピックスを見て】

…経済的に心配している?
ってことは、やっぱり大森南朋さん演じるお父さんは、ちょっとのんきな感じなのかしら…。

喜納金吾/渡辺大知

暢子たちの村の製糖工場の息子。

村では有数の裕福な家の跡取りである。

暢子の姉・良子(川口春奈)に熱く片思いをしており、ノーガードな求愛を繰り広げる。

主なドラマ出演作品
  • カーネーション 第2週 – 第16週(2011年:NHK) – 松坂勇 役
  • まれ 第2週 – 最終週(2015年:NHK) – 二木高志 役
  • 毒島ゆり子のせきらら日記(2016年:TBS) – 幅美登里 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 森繁久彌 役
  • 桜の塔(2021年:テレビ朝日) – 馳道忠 役

出典:Wikipedia

熱く片思い!
情熱的なお坊ちゃんてことかな(笑)

朝ドラとしては、『まれ』の高志の役が印象に残っているんだけど、そちらはちょっと人付き合いが苦手な感じな役だったから、何か真逆って感じね♪

朝ドラとしては、『まれ』の高志の役が印象に残っているんだけど、そちらはちょっと人付き合いが苦手な感じな役だったから、何か真逆って感じね♪

【ドラマトピックスを見て】

ああぁ…これは、当て馬感が…(笑)
何となく良子は山田裕貴くん演じる博夫とのほうがありそうだもの…。
でも熱烈なアプローチ楽しみにしてます(笑)

新垣のおばぁ/きゃんひとみ

暢子たちの村のおばぁ。

母の優子を筆頭に比嘉家みんなと親しくしている。

主なドラマ出演作品
  • 金曜エンタテイメント「浅見光彦シリーズ19 ユタが愛した探偵」(フジテレビ)
  • ドラマ8・「Q.E.D. 証明終了」 第8回(NHK、2009年2月26日)
  • コタキ兄弟と四苦八苦(2020年) ‐ 渡辺手鞠の母

ラジオパーソナリティ

  • きゃんひとみと里崎智也の The BAY☆LINE(ベイエフエム) – 月曜パーソナリティ
  • きゃんひとみの琉球夜遊び→きゃんひとみの琉球花物語(RBCiラジオ)

出典:Wikipedia

新垣のおばぁ!
すごい役名だ!

あれ?
きゃんさん!

ベイエフエムの夕方帯番組でお馴染み『The BAY☆LINE』の月曜パーソナリティのきゃんさんだぁ!

というか…そうかきゃんさんって…漢字で書くと『喜屋武さん』…沖縄の方だったのね!

安室のおばぁ/あめくみちこ

暢子たちの村のおばぁ。

母の優子を筆頭に比嘉家みんなと親しくしている。

主なドラマ出演作品

出典:Wikipedia

なんか、先ほどのきゃんひとみさんの新垣のおばぁといい、あめくみちこさんの安室のおばぁといい、近所のいいご婦人方に見守られてるんだろうなぁって思うとほっこりするね!

ほんとほんと!
でも、その子ども達か孫たちかも、暢子と幼なじみだったりしないのかしらねぇ?

サンセットバーガーのマスター/川田広樹

暢子たちの村からバスで30分くらいの町の、若者たちが集うハンバーガーショップのマスター。

兄妹たちそれぞれの青春模様を見守る。

主なドラマ出演作品
  • ちゅらさんシリーズ(2001年-2007年:NHK) – 島袋正一 役
  • 鬼嫁日記(2005年:フジテレビ)友情出演
  • チェケラッチョ!! in TOKYO(2006年:フジテレビ) – 喜屋武茂雄 役
  • 山おんな壁おんな(2007年:フジテレビ) – 松原徹人 役
  • 美ら海からの年賀状(2007年:フジテレビ) – 小原吾朗 役

出典:Wikipedia

青春時代の寄り道といえば、ハンバーガー屋さんだよねぇ~♪

沖縄が舞台の朝ドラだし、登場はあるかもって思ってたわ!
『ちゅらさん』では、ヒロインの兄の友人というポジションだったわねぇ~。
今回は、変なキャラクターグッズで借金とか背負わないでくださいね(笑)

青柳史彦/戸次重幸

青柳和彦の父。

暢子たちの村に研究旅行のためやってきた民俗学者であり、東京の大学教授。

知性的で穏やかな性格で、連れてきた息子の和彦ともども、暢子たち一家の友人となる。

主なドラマ出演作品
  • わこんTV(2014年:NHK BSプレミアム) – 高橋準 役
  • 嫌われる勇気(2017年:フジテレビ) - 小宮山正明 役
  • グッド・ドクター(2018年:フジテレビ) – 間宮啓介 役
  • おっさんずラブ-in the sky-(2019年:テレビ朝日) – 四宮要 役
  • なつぞら(2019年:NHK) – 山田正治 役

出典:Wikipedia

おぉ~戸次さん!
こちらも、『なつぞら』に出てたから、北海道から沖縄と特大ジャンプだねぇ(笑)

青柳性ということは、宮沢氷魚さん演じる青柳和彦のお父さんとかかしら…
詳細が知りたいわね♪

【ドラマトピックスを見て】

やっぱり和彦のパパなのね!
後に東京に戻るんだろうけど、暢子と和彦の再開後は、しばしば比嘉家に顔を出してくれるといいなぁ!

※暢子が沖縄で出会う人々のキャラ設定出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/450306.html

東京や鶴見の人びと

大城房子/原田美枝子

暢子が勤める、東京のイタリアンレストランのオーナー。

戦前からのたたき上げの料理人。

料理、食文化などについての圧倒的な知識と人間力で、店に独裁的に君臨し、暢子の前に立ちはだかる。

実は暢子の家族とは、深い因縁も秘めている。

主なドラマ出演作品
  • 太平記(1991年:NHK) – 阿野廉子 役
  • 北条時宗(2001年:NHK) – 桔梗 役
  • ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年:フジテレビ) – 石神妙子 役
  • 透明なゆりかご(2018年:NHK総合) – 榊実江 役
  • 俺の話は長い(2019年:日本テレビ) – 岸辺房枝 役

出典:Wikipedia

プリオールってCMしてるイメージが強いんだけど、レストランのオーナーって何か雰囲気ピッタリだね!

でも『透明なゆりかご』は、朝ドラのヒロインも務めている清原果耶ちゃんがアルバイトしている産婦人科の婦長さんで、厳しくも優しい看護師さんも演じているのよ!

今回は、ひたすら厳しいってことかしら?
それはなさそうな気もするんだけど…。

二ツ橋光二/高嶋政伸

暢子の勤めるイタリアンレストランの料理長。

厳格なオーナー・房子を敬い、しもべのように仕える一方で、優しい性格と確かな技術で厨房をけん引する。

店のピンチ、房子の危機には誰よりも勇敢に立ち上がる男。

主なドラマ出演作品
  • 純ちゃんの応援歌(1988年:NHK) – 牛山金太郎 役
  • あぐり(1997年、NHK) – 林晃 役
  • サキ(2013年1月 – 3月、フジテレビ) – 須藤繁之 役
  • 真田丸(2016年:NHK) – 北条氏政 役
  • レッドアイズ 監視捜査班(2021年1月23日 – 3月27日、日本テレビ) – 鳥羽和樹 役

出典:Wikipedia

料理長かぁ~!
さぁ、今回の高嶋さんはオーナーに言いなりのシェフなのか…

それとも、厳しいけれど愛があるシェフなのか!

高嶋さんだもんねぇ…。
すっごい笑顔で、すっごい悪い人の事もあるからなぁ…

さすがに朝ドラで、『サキ』や『レッドアイズ』で見せたようなキャラってことはないと思うんだけど…

暢子との関係性は気になるわね!
ご本人によると、ちょっと頼りないけど、根は優しいのかぁ…。

となると、オーナーに頭は上がらないけど、一生懸命指導してくれるって感じかなぁ…。

猪野清恵/佐津川愛美

暢子の兄・賢秀(竜星涼)が放浪する中で出会う、関東郊外の養豚場の娘。

天衣無縫でルーズな賢秀と、丁々発止の口げんかを繰り広げる。

養豚を愛して誰よりも勤勉で、家業を継ぐ覚悟を固めている。

主なドラマ出演作品
  • 最後から二番目の恋(2012年:フジテレビ) – 大橋(長倉)知美 役
  • 梅ちゃん先生 (2012年:NHK) – 宮田咲江 役
  • スカーレット(2019年:NHK) – 泉田あき子 役
  • プリティが多すぎる(2018年:日本テレビ) – 佐藤利緒 役
  • おっさんずラブ-in the sky-(2019年:テレビ朝日) – 橘緋夏 役

出典:Wikipedia

暢子の兄と丁々発止…これはケンカップル爆誕と見たんだけど!

何となく佐津川愛美さんって、ただラブラブより、ちょっとケンカとかしながらのカップルな方が長続きしそうよね(笑)

『最後から2番目の恋』とか『プリティが多すぎる』とかを見てるからかなぁ(笑)

ちなみに、朝ドラでは『スカーレット』で、貴美子の初恋の相手を奪った(つもりはないけど)な人物を好演してました!

つれてたチャウチャウ犬のゴンが可愛かったのよねぇ~♪

猪野寛大/中原丈雄

暢子の兄・賢秀が働く養豚場の経営者。

清恵の父。

男手ひとつで愛娘を育て上げ、型破りな賢秀の数々の失敗非礼にも怒ることがほとんどない寛容な男。

養豚、そして豚への理解と愛情に満ち、沖縄との意外な縁も秘めている。

父娘ともども、やがて暢子の人生にも深く関わることに。

主なドラマ出演作品
  • こころ(2003年:NHK)- 島田寅男 役
  • どんど晴れ(2007年:NHK)- 山室英喜 役
  • おひさま(2011年:NHK)- 神蔵正太郎 役
  • 花子とアン(2014年:NHK)- 村岡平祐 役
  • なつぞら(2019年:NHK) ‐ 阿川弥市郎

出典:Wikipedia

あれ?
今、再放送中の『花子とアン』に出演している?

あら!
よくわかったわね!
『花子とアン』で、ミスタードミンゴこと英治と郁弥のパパ・平祐役で出演されているのよ!

今回は養豚場経営をしているのね!
竜星涼くんは、この養豚場で働いているの?

それに、今回は東京と鶴見で出会う人たちなのよね…。
にーにーは東京で働いてるってことなのかしら…。

【ドラマトピックスを見て】

関東近郊の養豚場だそうよ!
トラブルメーカーなニーニーが放浪中に働くことになるのねなるのね!

田良島甚内/山中崇

暢子の幼なじみである青柳和彦(宮沢氷魚)の勤める新聞社の上司。

暢子が勤めるレストランの常連。

一筋縄ではいかない皮肉屋でもある一方で、若者たちには目配りと愛情を忘れず、強い正義感と知見を誇るジャーナリスト。

主なドラマ出演作品
  • 電車男(2005年:フジテレビ) – 嫌味冬彦 役
  • 深夜食堂シリーズ (2009年-:TBS)- 林ゲン 役
  • ごちそうさん(2013年:NHK総合) – 室井幸斎 役
  • 半分、青い。 (2018年:NHK総合) – 浅葱洋二 役
  • エール(2020年:NHK総合) – 天野弘 役

出典:Wikipedia

また、濃そうなキャラクターが(笑)
名前もキャラ設定も濃い目だねぇ(笑)

そうね…皮肉な新聞記って。
宮沢氷魚くん演じる和彦の上司になるみたいよ!

今回は、ちょっと癖がありそうねぇ~。

私の中では、『半分、青い』の清野菜名さんの旦那さん役や『ごちそうさん』での三文文士って感じの役が印象に残っているわ!

平良多江/長野里美

暢子が暮らす横浜市鶴見の沖縄県人会会長の妻。

沖縄から本土に働きに来た親を持つ、「沖縄二世」。

沖縄出身者、沖縄二世の多い鶴見で、夫と県人会を内助の功で支え、暢子のことも面倒を見る。

実は夫との間に、とある過去の事情があり、やがて暢子もそこに関わっていくことに。

主なドラマ出演作品
  • 真田丸(2016年:NHK) – こう
  • FINAL CUT(2018年:フジテレビ) – 小河原夏美
  • あなたの番です(2019年:日本テレビ) – 田宮君子
  • G線上のあなたと私(2019年:NHK) – 加瀬敏美
  • にじいろカルテ(2021年) ‐ 紅野一海

出典:Wikipedia

鶴見と沖縄って何か関係あるのかなぁって、ちょっと調べてみたんだけどさ!

かつて沖縄から鶴見へ移住したっていう歴史があるみたいで。沖縄タウンなんてところもあるみたいだね!

だから、沖縄から上京してきた人たちが集まりやすい何かがあるのかもしれないわね!

暢子にとって、東京の母みたいな感じなのかしら!

矢作知洋/井之脇海

暢子が勤めるレストランの厨房の先輩。

料理人としての野心と確かな才能を秘めながら、新人の暢子には厳しくかつちょっと意地悪にも当たる、ひねくれた部分もある。

物語の中で紆余曲折を経て、暢子の重要な仲間になっていくことに。

主なドラマ出演作品
  • おんな城主 直虎(2017年:NHK) – 小野万福 役
  • ひよっこ(2017年:NHK) – 高島雄大 役
  • 義母と娘のブルース 第6話 – 最終話(2018年:TBS) – 黒田大樹 役
  • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(2020年:フジテレビ) – 羽倉龍之介 役
  • ハルとアオのお弁当箱(2020年:BSテレ東) – 主演・アオ(佐藤蒼)役 ※吉谷彩子とW主演

出典:Wikipedia

え?
いびっちゃうの!?
いい人な雰囲気なのに…。

本当よ…。
朝ドラ『ひよっこ』では、音楽バカだけど、気のいい歌の先生で…

大河ドラマでは、暴走しがちな菅田将暉くんを宥めるいい子で…。

『ハルとアオのお弁当箱』では、お弁当作りの上手で…

嫌な人はいやぁ~!って思っちゃうんだけど…。

大野愛/飯豊まりえ

暢子の幼なじみ・青柳和彦(宮沢氷魚)の同僚であり恋人。

当時はまだ多くなかった女性の新聞記者。

和彦を通して暢子とも知り合い、大切な友人となっていく。

やや控えめな性格ながら、働く女性として社会意識は高い。

ファッションについての記事を担当したい、という思いを持っている。

暢子と和彦との仲の良さが徐々に気になっていく…。

主なドラマ出演作品
  • 獣電戦隊キョウリュウジャー 第21話 – 最終話(2013年:テレビ朝日) – 弥生ウルシェード / キョウリュウバイオレット 役
  • サイン -法医学者 柚木貴志の事件-(2019年:テレビ朝日系) – 中園景 役
  • 家政夫のミタゾノ 第4シリーズ(2020年:テレビ朝日) – ヒロイン・霧島舞 役
  • 岸辺露伴は動かない(2020年:NHK総合) – ヒロイン・泉京香 役
  • 君と世界が終わる日に(2021年:日本テレビ) – 柊木佳奈恵 役

出典:Wikipedia

あれ?

あれ?
和彦の恋人!?
しかも、暢子の大切な友人だと…。

これは、ちゅらさんパターンかしら…。
完全に和彦が恋のお相手だと思ってたけど…。

それに、獣電戦隊キョウリュウジャーで好きになった竜星涼くんとも再共演ということで、色々楽しみだわ~!

金城順次/志ぃさー(藤木勇人)

沖縄出身。

働きに来た横浜市鶴見に居ついて、沖縄出身者たちが憩う居酒屋を娘と営みながら、店の二階を貸間にしており、暢子を住まわせる。

沖縄を愛して沖縄出身者たちに常に寄り添う。

沖縄料理を作り続けるが、実は味音痴である。

本人もちょっと気にしていて、指摘されると傷つく。

主なドラマ出演作品
  • ちゅらさん(2001年:NHK) – 沖縄ことば指導、ゆがふ店長役
  • テンペスト(2011年:NHK BSプレミアム) – 多嘉良善蔵役
  • 本日も晴れ。異状なし(2009年:TBS) – 農家島民役
  • つるかめ助産院〜南の島から〜(2012年:NHK) – 田上真一役
  • コタキ兄弟と四苦八苦(2020年:テレビ東京) ‐ 渡辺手鞠の父

出典:Wikipedia

沖縄居酒屋の主人が大家さん!
暢子自身も料理をするからあれだけど、ホームシックになった時、すぐに沖縄の味があって、いいねって思うよ!

朝ドラ名物、みんなが集まるお店かもしれないわね!
……ってあれ?

『ちゅらさん』の『ゆがふ』の店長じゃないの!!
もしかして…支店?

あの時の役名は…兼城 昌秀(かねしろまさひで)さん。
今回は、金城順次さん(かねしろじゅんじ)さん。
読みは一緒だけど、漢字が違う…。

『ゆがふ』と何か関係があってほしいわ!

平良三郎/片岡鶴太郎

故郷を出て途方に暮れていた暢子を救う、鶴見の沖縄県人会会長。

妻の多江ともども、沖縄から働きに来た親の元で、鶴見で生まれた「沖縄二世」。

いくつかの会社を持つ地域の顔でもあり、時に強面なボスの一面も見せる。

その人間力と面倒見で沖縄出身者、二世たちに強い支持を受け、暢子のことも常に見守り導き、働き口のレストランも世話をする。

実はその店のオーナー・房子との間に秘めた過去が…。

主なドラマ出演作品
  • 毛利元就(1997年) – 井上元兼
  • 元禄繚乱(1999年) – 英一蝶
  • 篤姫(2008年) – 岩倉具視
  • 軍師官兵衛(2014年) – 小寺政職
  • 麒麟がくる(2020年) – 摂津晴門

出典:Wikipedia

暢子から見たら、頼れる…おじい?

片岡鶴太郎さんって思うとそんな感じね~
奥様役の長野里美さんは、どちらかというと、東京の母感があるんだけどね!

※暢子が東京や鶴見で出会う人々のキャラ設定出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/450738.html

語り

ジョン・カビラ

主な出演作品
  • きかんしゃトーマス(ナレーション:第14期 – 第21期)
  • 美女と男子(語り手:2015年)
  • 4時も!シブ5時(MC:2017年)
  • さんまの天国と地獄(司会・実況)
  • THE MANZAI(ナビゲーター)

出典:Wikipedia

あの、「いいんです!」でお馴染み川平慈英さんのお兄さんだね!

いい声なのは間違いない!
沖縄のご出身だし、方言とかも聞けちゃうのかしら?楽しみね!

まとめ

2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』のあらすじやキャストを紹介いたしました!

いやはや、これからもあさイチで発表みたいのは面白いかもしれないね!
続報が楽しみだなぁ!

家族の絆を描くということで、早くに亡くなってしまうお父さん、女手一つで4人兄妹を育てるお母さん、それに暢子から見て、兄・姉・妹のキャストが今から楽しみ!

私は、お父さんは語りの『ジョン・カビラ』さんじゃないかと予想!
姉妹のどちらかに『上白石萌歌』さん辺りが来るんじゃないかと予想しちゃうわ!(2021年3月3日現在)

続報が発表され次第、順次お知らせしていきますね♪

広告