おちょやん|あらすじ・キャストまとめ・千代と家族編【NHK朝ドラ】

2021年2月13日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

杉咲花さんが主演する2020年後期NHK朝ドラ『おちょやん』

色々な出来事を経て放送開始が遅れていましたが、待望の初回放送が2020年11月30日(月)に決定しました!

こちらの記事では、朝ドラ『おちょやん』
簡単なあらすじやキャストを紹介しちゃうよ!

どんなお話なのか…誰が出演するのか…
とっても気になっちゃう!
放送開始前に、一緒に予習をしていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』:ドラマ情報

放送日時NHK 朝8:00~8:15 
※その他の放送時間については、記事後半の見逃し配信の紹介に記述します。
放送開始日2020年11月30日(月)~(予定)
主演杉咲花
出演者トータス松本,宮澤エマ,篠原涼子,名倉潤,いしのようこ,成田凌,星田英利,中村鴈治郎,井川遥,若村麻由美,桂吉弥,東野絢香,井上拓哉,宮田圭子,板尾創路,茂山宗彦,西川忠志,西村和彦,吉川愛,阿部純子,映美くらら,若葉竜也,六角精児,渋谷天外,明日海りお,曾我廼家貫太郎,渋谷天笑,大塚宣幸,大川良太郎,松本妃代,坂口涼太郎,楠見薫,土居志央梨,仁村紗和,古谷ちさ,倉悠貴,板谷由夏,塚地武雅,前田旺志郎,藤山扇治郎,生瀬勝久
公式サイトhttps://www.nhk.or.jp/ochoyan/" target="_blank" rel="noreferrer noopener">『おちょやん』公式サイト
公式SNShttps://twitter.com/asadora_bk_nhk" target="_blank" rel="noreferrer noopener">『おちょやん』公式Twitter

    

朝ドラ『おちょやん』:あらすじ情報

明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン、竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。
そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。
彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。

そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。
そこで、喜劇界のプリンス、天海一平と出会い、結婚。
喜劇女優として少しずつ成長していく。
千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、
戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。

戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。
彼女は芝居の世界から去ってしまう。

しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。
そのラジオドラマで、12人の子どもを抱える母親役を演じた。
大家族をめぐる泣き笑いのドラマは大きな反響を呼び、
10年にわたる人気番組となった。

そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、
名実ともに上方を代表する女優となっていく。

引用:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/about/

タイトル「おちょやん」は、“おちょぼさん”がなまった大阪ことばで、
茶屋や料亭などで働く、小さい女中さんを意味するんだよ!

女中奉公していた8年間はヒロインの原点となるんですって!
この辺りが、最初の山場となりそうね♪

朝ドラ『おちょやん」:製作スタッフ情報

脚本/八津弘幸

朝ドラ『おちょやん』に原作はなく、脚本担当の八津弘幸さんのオリジナル作品です!

主な担当ドラマ作品
  • 半沢直樹(TBS 2013年7月 – 9月)
  • 下町ロケット(TBS 2015年10月 – 12月)
  • 家政夫のミタゾノ(テレビ朝日 2016年10月 – 12月)
  • 陸王(TBS 2017年10月 – 12月)
  • ドラマ10 ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜(NHK 2019年10月 – 12月)

出典:Wikipedia/八津弘幸

主題歌/秦基博『泣き笑いのエピソード』

朝ドラ『おちょやん』の主題歌は、秦基博さんの『泣き笑いのエピソード』が発表されました!

主なタイアップ作品
  • 透明だった世界:テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ
  • アルタイル:フジテレビ系アニメ“ノイタミナ”『坂道のアポロン』エンディングテーマ
  • Girl:日本テレビ系木曜ドラマ『恋がヘタでも生きてます』主題歌
  • 言ノ葉:東宝系アニメーション映画『言の葉の庭』イメージソング
  • ひまわりの約束:東宝系3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌

出典:Wikipedia/秦基博

朝ドラ『おちょやん』:キャスト情報

ヒロイン

武井千代/杉咲花

大阪の南河内の貧しい家に生まれ、幼い頃に母を亡くした。

父と弟の三人暮らしで、小学校にも満足に通えなかったが、口が達者で機転がきく少女だった。

9歳のとき、女中奉公に出された道頓堀で、芝居の世界に出会い、いっぺんにその魅力にとりつかれる。

「女優さんになりたい!」

そんな思いは日に日に増すばかりだった。

千代はついに奉公先を飛び出して京都へ向かい、女優の道へ飛び込んでいく。

   

主なドラマ出演作品
  • 学校のカイダン(2015年1月10日 – 3月14日、日本テレビ) – 香田美森 役
  • 『とと姉ちゃん』(2016年6月3日- 10月1日) – 小橋(南)美子 役
  • 花のち晴れ〜花男 Next Season〜(2018年4月17日 – 6月26日、TBS) – 主演・江戸川音 役
  • 「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(2019年、NHK) -(増野)シマ/ 増野りく 役
  • ハケン占い師アタル(2019年1月17日 – 3月14日、テレビ朝日) – 主演・的場中 役

出典:Wikipedia/杉咲花

杉咲花さんは、2016年上期の朝ドラ『とと姉ちゃん』で
ヒロインの妹・美子を演じていたね!

このくらいから、妹役を演じた女優さんが後のヒロインにという流れが
増えた気がするわ!

今回の千代という役は、とっても波乱万丈な人生を、
持ち前の明るさで乗り切ってくれそうな予感がするわね♪

千代の家族

竹井テルヲ/トータス松本

養鶏で生計を立てているが、鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりの駄目な父親。

見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。

しかし、口は達者で女性にはモテる。

千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。
    

主なドラマ出演作品
  • 涙をふいて(2000年、フジテレビ) – 手塚真太朗 役
  • ギンザの恋(2002年、読売テレビ) – 松田一太 役
  • 龍馬伝(2010年) – ジョン万次郎 役
  • 家族のうた(2012年、フジテレビ) – 水島明良 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)- 河西三省 役

出典:Wikipedia/トータス松本

朝ドラのお父ちゃんといえば、トラブルメーカーではありがちだけど…。

そうね…。
「まれ」の大泉洋さん
「スカーレット」の北村一輝さん
「エール」の唐沢寿明さんも中々だったわね…。

全員いいお父ちゃんの面も、もちろんあるんだけどね(笑)

一応、憎めないと表記もあるから、いいお父ちゃんな面もあると信じているわ!

竹井栗子/宮澤エマ

父、テルヲが連れてきた、千代の新しい母親。

料理屋の仲居をしていた栗子をテルヲが口説き落としたらしい。

美人で粋な女性だが、テルヲ以上に朝寝坊で、家事もしない。

千代とは次第に対立していく。

主なドラマ出演作品
  • いつかこの雨がやむ日まで(2018年:東海テレビ) – 天竺芽衣 役

出典:Wikipedia/ 宮沢エマ

ヒロインにとっては、継母ってことになるんだね!

継母との対立って言うのは、朝ドラあるあるでもあるわね!
大体、対立していってしまった場合は、追い出されちゃうのが常套だけど…。

道頓堀の人々

岡田シズ/篠原涼子

千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将。

仕事には大変厳しいが、芝居の街「道頓堀」を深く愛している。

千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう一人の母親といえる存在となっていく。

主なドラマ出演作品
  • アンフェア(2006年~:関西テレビ/フジテレビ) – 主演・雪平夏見 役
  • ハケンの品格 (2007年~:日本テレビ) – 主演・大前春子 役
  • 黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-(2010年:日本テレビ) – 主演・堤芯子 役
  • ラスト♡シンデレラ(2013年:フジテレビ) – 主演・遠山桜 役
  • 民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜(2017年:フジテレビ) – 主演・佐藤智子 役

出典:Wikipedia/ 篠原涼子

女中奉公とは、下ばたらきをする女中として店や他家に住み込んでつとめることをいうんだよ! 

すでに語られていることだけど、この女中奉公時代の8年間はヒロイン・千代にとっての原点になるってことだから、この女将の存在は千代にとって、とっても大きなものになりそうね!
義理のお母さんとはうまくいかなそうだし、折に触れて、千代を導いてほしいわ!

岡田宗助/名倉潤

芝居茶屋「岡安」の主人。

シズに一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がらない。

温和でやさしい性格で、シズや千代を後ろから優しく支えている。

主なドラマ出演作品
  • もっとあぶない刑事 第22話(日本テレビ:1989年) – エキストラ出演
  • リモート(日本テレビ:2002年) – 太田黒祐介 役
  • ABC創立60周年記念スペシャルドラマ・境遇(朝日放送:2011年) – 下田俊幸 役
  • べっぴんさん(2016年:NHK) – 野上正蔵 役

出典:Wikipedia/ 名倉潤

奥さんを大事にする素敵な旦那さんのイメージにぴったりだね!
でも、奥さんに一目惚れってことは、娘にもデレデレしてそうだね♪

名倉潤さんと朝ドラといえば、『べっぴん』さんで高良健吾さんの役のお父さんだったのよね!
ヒロインのお父さんの右腕のような存在だったんだけど、残念ながら戦争で亡くなってしまうのよね…。

富川菊/いしのようこ

老舗の芝居茶屋「福富」の女将。

芝居茶屋「岡安」は「福富」からのれん分けした店である。

そのため、この二つの芝居茶屋はライバル関係にあり、シズと菊はことあるごとに張り合っている。

主なドラマ出演作品
  • てるてる家族(2003年:NHK)- 稲本栄子 役
  • 冬の輪舞(2005年:東海テレビ) – 水島静子 役
  • 赤い糸の女(2012年:東海テレビ) – 赤木豊子 役
  • べっぴんさん(2016年:NHK)- 村田琴子 役
  • トットちゃん!(2017年:テレビ朝日) ‐ 佐々木八重 役

出典:Wikipedia/ いしのようこ

ヒロインのライバル的存在って言うのも見どころの一つだけど、このお母さん世代のライバルって言うのも、結構面白いよね!

そうなの!
そして、本当に困ったときに、何気に手助けしてくれたりするのよ…。
朝ドラは、たくさんのキャストが出るからこその水面下のバトルとか因縁とかを妄想するのも楽しいのよ!!

岡田みつえ/東野絢香

芝居茶屋「岡安」の女将・シズと主人・宗助の一人娘で、大事に育てられてきた“嬢さん”。

千代とは同い年だが、あくまでお嬢さんと奉公人という関係である。

天海一平とも幼なじみであり、一平への好意を隠さない。

主なドラマ出演作品
  • 猪又進と8人の喪女〜私の初めてもらってください〜 第3話(2019年:関西テレビ) – 神宮寺紫音 役

出典:Wikipedia/ 東野絢香

同い年だけど、お嬢様と奉公人…ここが仲がいいのか悪いのか…。
これは、大きな違いだよね!

でもね、最初は仲が悪くても、後に無二の親友みたくなるパターンもあるのよ?
「おしん」での、おしんと女中奉公に行った先のお嬢様であるおかよ様も、最初は仲良くなかったのよ!

富川福助/井上拓哉

老舗の芝居茶屋「福富」の一人息子。

「岡安」と「福富」はライバル関係にあるが、みつえとの仲はいい。

「福富」の跡継ぎにもかかわらず、芝居茶屋の仕事には興味がなく、トランペットに夢中である。

主なドラマ出演作品
  • あさが来た(2015年:NHK) – 村田清二 役
  • べっぴんさん(2016年:NHK) – 中山照之 役
  • わろてんか(2017年:NHK) – 豆蔵 役
  • まんぷく(2018年:NHK)- 香田重之 役
  • 大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 藤縄忠 役

出典:Wikipedia/井上拓哉

おや…これは…もしかすると…みつえともしかする?
でも、さすがにのれん分けしたとはいえ、ライバルの芝居茶屋の跡取り同士だから…、難しいのかなぁ。

でも、そういう、ロミジュリ的展開も、朝ドラにはあるある過ぎる展開よねぇ…。
みつえは、最初、千代と結婚予定の一平のことが好きみたいだから、恋敗れて…からの展開に期待ね♪

岡田ハナ/宮田圭子

※左

「岡安」の先代の女将でシズの母。

道頓堀のことは何でも知っている。

千代や一平のことを気にかけ、時に優しく、時に厳しく助言しながら見守っている。

主なドラマ出演作品
  • 火の国に(1976年:NHK)
  • 春よ、来い(1994年:NHK)
  • 芋たこなんきん(2006年:NHK) – 花岡イト(祖母)
  • だんだん(2008年:NHK) – 松本正子 役
  • べっぴんさん(2016年:NHK) – 佐藤喜代 役

出典:Wikipedia/ 宮田圭子

素敵なおばあちゃんのテンプレートみたい方だね!

朝ドラでは「べっぴんさん」で、ずっとヒロインのお付きの人として、助けてきてくれたキヨさんを演じていたのよね~!
今回も物語に穏やかで温かい空気を運んでくれそうね!

かめ/楠見薫

芝居茶屋「岡安」の女中頭。

奉公に来た千代に、掃除・洗濯など「岡安」での仕事を厳しくたたきこむ。

千代の成長を温かく見守っている。

顔に似合わず、少しおっちょこちょい。

主なドラマ出演作品
  • ごちそうさん(2014年:NHK) – 諸岡キヨ 役
  • マッサン(2015年:NHK) – 斉藤先生 役
  • あさが来た(2015年:NHK) – かの 役
  • わろてんか(2017年:NHK) – 女中頭・スミ 役
  • スカーレット(2020年:NHK) – 日高れい子 役

出典:Wikipedia/ 楠見薫

朝ドラ常連女優さんだね!
そして、何かこの時代の格好が、またよく似合う!

わ~い!
「ほんに、ほんに!」さんだ~♪

え…え?
ほんに、ほんに?
なんだって??

あ…ついね♪
たくさんの朝ドラに出演されてるんだけど、個人的には「あさが来た」で、ヒロインのあさが嫁いだ先の女中頭のかのさんを演じていた時に、大奥様の風吹ジュンさんが、何かを言うと「ほんに、ほんに。」って、頷くのがお決まりだったの♪
だから、つい、お見掛けするとそういっちゃうのよね~(照)

富士子/土居志央梨

芝居茶屋「岡安」で働く千代の先輩のお茶子。

お茶子の仕事に誇りを持ち、お茶子頭として強い責任感を持っている。

怒ると少しこわい。

主なドラマ出演作品
  • 大杉探偵事務所〜美しき標的編(2015年:TBS)
  • 欠点だらけの刑事(2018年:テレビ朝日) – 武山沙織 役
  • 死役所 (2019年:テレビ東京) – 林理花 役
  • 小さな神たちの祭り(2019年:TBC東北放送)
  • 太陽の子(2020年:NHK)

出典:Wikipedia/土居志央梨

怒ると少し怖い。
でも、それは強い責任感によるものなんだろうね!

その怒りは、ありがたいものとして、受け止めてほしいわね!
でも、今のところ、みんな厳しくも優しそうで、千代はいい所に女中奉公に行くんだなぁっていう印象ね!

節子/仁村紗和

芝居茶屋「岡安」で働く千代の先輩のお茶子。

意外に、負けん気が強い。

富士子とは年が近いこともあり、言い合いになることが多い。

主なドラマ出演作品
  • 明日もきっと君に恋をする(2016年:フジテレビ) – 主演・ゆき 役
  • BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜(2017年:テレビ朝日) – 福地景子 役
  • 声ガール!(2018年:朝日放送) – 鶴岡優 役
  • よつば銀行 原島浩美がモノ申す!(2019年:テレビ東京)
  • ヤヌスの鏡(2019年:フジテレビ) – 東涼子 役

出典:Wikipedia/ 仁村紗和

ライバル的な感じなのかぁ!
何となく、富士子が千代を注意する。
その通りにしてると節子が来て、それは違うと千代を注意する。
それを見た富士子が怒って、言い合いに見たいな図が…

その間でちょっとオロオロしつつも、笑顔は絶やさない千代みたいな構図も思い浮かぶわね!

玉/古谷ちさ

芝居茶屋「岡安」で働く千代の先輩のお茶子。

千代とは、一番年が近く、仲が良い。

心配性でおっとりとしているが、言うべきことは言う。

主なドラマ出演作品

2012年   空晴入団。
2012年12月 第9回公演「32年生の8時間目」で初舞台。
ドラマは初出演となる。

出典:公式HP/古谷ちさ

なんかつまみ食いとかしちゃいそうな雰囲気を感じるんだけど(笑)

仲良しって言う言葉が嬉しいわ♪
ライバルと同じくらい、仲良しは大事よね♪

語り

語り・黒衣/桂吉弥

※右

黒衣とは、観客からは見えないという約束事のもとに舞台上に現れ、芝居の手助けをする人のこと。

この物語の解説役であり、登場人物にも遠慮なくツッコミを入れてくる語り手である。

神出鬼没。

主なドラマ出演作品
  • ちりとてちん(2007年:NHK) – 徒然亭草原(原田優夫)役
  • ウェルかめ(2009年:NHK)- お寺のひと(薬王寺のお坊さん)役
  • てっぱん(2011年:NHK) – 落語の声役
  • ごちそうさん(2014年:NHK ) – 沢田武夫役
  • まんぷく(2019年:NHK) – 渡辺一馬 役

出典:Wikipedia/桂吉弥

語りなのに、役名がある?
しかも、進出気没?

語りでも名前があることはあったし、全然違う役で中の人が登場するなんてことはあったけど…。
これは、時々出てきて解説とかしてくれちゃう展開かしらね♪
何となく、難しい言葉とか多そうだもの!

まとめ

2020年後期連続テレビ小説『おちょやん』のあらすじやキャストを紹介いたしました!

豪華な顔ぶれだね!
実際の喜劇役者さんも出演されてるから、若い俳優さんたちも学びがたくさんありそうだね!
そういう場って、なんだか羨ましいなぁ!

半年間という長丁場、体調に気を付けて走り抜けてほしいですね!
連続テレビ小説『おちょやん』は、2020年11月30日(月)から放送スタート!
見逃せないですね!

広告