【大河】どうする家康|鳥居忠吉役はイッセー尾形・ケチケチ倹約作戦で三河を守り抜く

2023大河『どうする家康』
黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年大河ドラマ 『どうする家康』が、
2023年から放送されるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

ケチケチ倹約作戦で三河を守り抜く・鳥居忠吉を演じるのは誰なのかしら?
ちょっと調べてみましょう♪

オリジナルキャラクターではない場合、Wikipediaなどを参考に史実上の話をすることがあります!

それが結果的に、ドラマのネタバレになることもありますので、苦手な人はご注意ください!

スポンサーリンク

『どうする家康』ケチケチ倹約作戦で三河を守り抜く・鳥居忠吉役は?

鳥居忠吉/イッセー尾形

2023年大河ドラマ 『どうする家康』でケチケチ倹約作戦で三河を守り抜くの鳥居忠吉役を務めるのは、俳優のイッセー尾形さんです!

家康不在の岡崎城の留守を預かり、今川家の目を盗み、質素倹約で金銀食料を貯め込み、松平家再興を支えた長老。老齢のためか、時々、何を言っているのか、よくわからない。元忠の父。

出典:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=33840

松平家の家臣として仕えていた武将。家康(松本潤)の身柄が駿府に預けられ、岡崎城が今川氏の管理下に置かれた際は、今川氏への富の分配が多く、非常に困窮していたと言われています。

そんな中、質素倹約に勤め、家康の将来のために尽くしたと言われています。

元忠(音尾琢真)の父。

過去の大河ドラマでは、以下の俳優さんが演じています。

徳川家康(1983年):宮口精二さん
信長 KING OF ZIPANGU(1992年):滝田裕介さん

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

何か、またお金に絡む役で大河だなぁ~なんて思ってしまったよ!
『青天を衝け』を熱心に見ていたせいかな?

黒猫夫人
黒猫夫人

確かにあの時も、お金を締めるところは、きっちり締めるっていう感じだったよねぇ~…。
もう少し、忠臣という描かれ方なんだとは思うけど…ちょっと三井の感じで…家康を窘めたりもしそうよね~。

でも、時々いい雰囲気を出すとしたら…『スカーレット』のフカ先生的な雰囲気を醸し出してくるのかなぁ♪なんて…三井とフカ先生の合わせ技なキャラを想像しています!

イッセー尾形さんのプロフィールや出演歴を紹介!

イッセー尾形さんのプロフィール

名前イッセー尾形
生年月日1952年2月22日(70歳)
出身地福岡県
血液型A型
公式サイトイッセー尾形 公式サイト
【スポンサーリンク】

イッセー尾形さんの過去の出演歴は? 

ドラマ

まんが道(1986年:NHK) – 西森光男 役
独眼竜政宗(1987年:NHK) – 国分盛重 役
凛凛と(1990年:NHK)
炎立つ(1993年 – 1994年:NHK) – 藤原経輔 役
つばさ(2009年:NHK) – ラジオの男役、ナレーション
ナポレオンの村(2015年:TBS) – 菰田孝三郎 役
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年:NHK) – 永田秀次郎 役
まんぷく(2018年:NHK) – 剛田一隆 役
スカーレット(2019年:NHK) – 深野心仙 役
青天を衝け(2021年:NHK) – 三野村利左衛門 役

にゃんドラマニわん♪的おすすめ作品

連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:54,340円
(2022/9/7 14:48時点)
感想(0件)

黒猫夫人
黒猫夫人

今回、ご紹介するのは、朝ドラ『スカーレット』です!!
本作では、ヒロイン・貴美子の絵付けの先生として登場します!

ここがキッカケで、ヒロインは絵付けを学び、陶芸の道へと進んでいくわけなのですが…。
まぁ~風変わりななんですよね(笑)

その風変わりさが魅力ではあるのですが、とにかく絵付けをする姿が楽しそうで、子どもみたいな表情の浮かべ方が絶品なのです!

貴美子の元を去る直前に、二人で工房で話をするシーンがあるのですが…。
ヒロインが一人で見るイッセー尾形さんの一人芝居を垣間見せてもらっているような感覚は…今でも忘れられません!

あ~!おかわりしたい!

映画

トニー滝谷(2004年) – トニー滝谷/滝谷省三郎 役(二役)
太陽(2005年) – 昭和天皇 役
ホームレス中学生(2008年) – 田村一郎 役
60歳のラブレター(2009年) – 松山正彦 役
「また、必ず会おう」と誰もが言った。(2013年) – 柳下吉治 役
HERO(2015年) – 木下高雄検事 役
沈黙 -サイレンス-(2016年) – 井上筑後守 役
いつまた、君と 何日君再来(2017年) – 芦村忠 役
泣き虫しょったんの奇跡(2018年) - 工藤一男 役
漫画誕生(2019年) – 北沢楽天 役

CM

ニビシ醤油
セガ・ゲームギア
キリンビバレッジ Jive(1991年)
トヨタ・カローラ(7代目)(1993年)
ユニクロ(2006年・2014年)
武田薬品工業 「アリナミン」(2006年)※店頭での販促用DVD 
公共広告機構(現:ACジャパン) 「バレなきゃいい、が見えている」(1994年)
東日本旅客鉄道 (安全啓発のポスターおよび山手線の車内放映用CM 2007年 – )
北海道新聞社 喜怒哀楽編(2007年 – )
日本自動車連盟 心配性の父篇(2013年)

出典:Wikipedia/イッセー尾形

【スポンサーリンク】

イッセー尾形さんの世間の反応まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

去年の大河での三井に、スカーレットでのフカ先生を見てるから、ちょっと裏の怪しい感じも、子どものように笑う感じも知ってて…

今回は、どんなキャラなのかが楽しみなので、多く見られた楽しみという声には、共感しかありませんね!

黒猫夫人
黒猫夫人

家康にとっては、幼馴染な忠元のお父さんということもあって、かわいがられて…というか、いや、まぁ仕えてるという立場だけど、どこか保護者のような存在なのでしょうか?

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年大河ドラマ 『どうする家康』の鳥居忠吉役・イッセー尾形さんを紹介しました。

黒猫夫人
黒猫夫人

音尾さんとは父息子ということで、どんな感じなのか今から楽しみです!
家康とも、仕えてるという立場でありますが、家康にとっては信頼できる大人の一人なのかなぁと考えています。

ケチだケチだという見方だけじゃなく、人物像に触れていきたいですね!

どうする家康 前編 (NHK大河ドラマガイド) [ 古沢 良太 ]

価格:1,320円
(2022/11/2 12:02時点)
感想(0件)

スポンサーリンク