おかえりモネ|3週14話ネタバレと感想。時計が2011年3月11日14:46に…【朝ドラ】

2021年6月3日

2021年前期朝ドラ『おかえりモネ』

朝ドラ『おかえりモネ』の14話が2021年6月3日(木)に放送されましたね!

こちらでは、14話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さて、『親の後を継がなかったパイオニア』耕治を味方につけて、幼馴染たちがみんなで永浦家にお泊り!
今日は、ガールズトークが聞けそうな予感だね!

そうね!
でも、ボーイズトークも聞きたいなぁ…時間差いてくれるかなぁ?

そして、突然朝ドラらしからぬ大人な雰囲気を醸し出した浅野忠信さんも気になる…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

  

広告

朝ドラ『おかえりモネ』14話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おかえりモネ』14話ネタバレあらすじ

百音と明日美のガールズトーク】

明日美(恒松祐里)は、そ~っと男子部屋の襖をあけ、男子チームが眠ったことを確認しました。

百音(清原果耶)が、妹の未知(蒔田彩珠)を覗くと、こちらも気持ちよさそうな寝息を立てていました。

「高校入ってから、みんなで集まることなかったし、おばあちゃんも喜んでるよ。」

そんなお盆らしい話から、ガールズトークが始まりました。

明日美は、仙台の大学に行ってから、亮(永瀬廉)への気持ちを封印していたようですが、久方ぶりに会った亮の駄々洩れる色気にすっかり当てられてしまったようです。

実は、姉たちの久方ぶりのおしゃべりを邪魔しないように狸寝入りだった未知は、こっそり頷いていました。

しかし、明日美は亮への思いはどうなるものでもないと思っていたようです。

島は好きでも、仙台の大学を出て、戻ってくることは、恐らく無いだろうと感じていました。

大学デビューみたいなことになってしまった三生(前田航基)を見てもわかる通り、都会の便利さに触れてしまうと、中々島に戻ってこようとは…なれないのかもしれません。

明日美は、みんなが聞きたくて、中々開けることのできなかった百音のパンドラの箱に触れてみました。

「ねぇ…百音は…何で音楽辞めちゃったの?」

百音は、何も答えられません。

百音と音楽の歩み

初めての音楽の記憶は、生まれたばかりの未知を歌で一生懸命あやしたことです。

幼稚園に通い始めた頃、庭でトランペットの練習をする耕治(内野聖陽)に、自分も吹きたいとせがみました。

耕治は、音楽に興味を持った百音に喜び、小2に頃には、ジュニアジャズオーケストラの見学に連れて行きました。

そして、小学校高学年の頃には、自分も入団して、アルトサックスを吹いていました。

中学に入ると、部員が誰もいなくなった吹奏楽部の楽器を発掘します。

そして、幼馴染たちにお願いをして、吹奏楽部を再開させました。

でも、初めてのコンクールはボロボロでした。

落ち込む百音を見かねて、亜哉子(鈴木京香)はひらめきました。

ある日、学校の音楽室には、ノリノリでトランペットを吹く耕治の姿がありました。

学校にお願いして、吹奏楽部の指導者に名乗りを上げてくれたのです。

5人は、少しずつ上手になって、夏休みの練習は百音の家の庭で行いました。

それを縁側で聞いていた雅代(竹下景子)も嬉しそうです。

中学3年になると、中1に妹の未知も入学。

クラリネットがいないからと何度もお願いして、入部してもらいました。

部員も13人に増えていました。

百音の受験と2011年3月11日

高校受験を考える頃、百音は仙台にある音楽コースのある高校の受験を勧められ、挑戦してみることに。

そして、あれよあれよと受験本番を迎え、亜哉子と未知は神社で合格を祈願します。

送り迎えをしてくれた耕治もギリギリまで百音を励ましてくれました。

そして、迎えたのは2011年3月10日。

明日は、仙台へ合格発表を見に行きます。

3月12日(土)には、吹奏楽部の卒業コンサートがありますから、練習のために午後には帰ると約束して仙台に向かいます。

2011年3月11日(金)。

耕治と一緒に合格発表を見に行った百音は、受験番号『2037』を探しましたが…。

2036…2039。

ありませんでした。

練習もたまには遅れて行こうと、落ち込む百音を連れて、耕治は学生の頃に通っていたジャズクラブにお昼を食べに行きました。

楽器が準備されていくのを見て、14時半から生演奏があることを知ります。

でも、それを聞いて行ってしまうと、さすがに遅くなりすぎてしまうと諦めることにしたのですが…。

帰り支度は整えたものの、演奏が始まると…百音はステージの上のアルトサックス奏者に目を奪われてしまいました。

「…見て行っていい??」

ようやく笑顔の戻った百音の表情を見て、耕治は頷きました。

ステージに釘付けの百音。

演奏が始まって約15分…。

時計は、2011年3月11日(金)の14:46を指しました。

広告

朝ドラ『おかえりモネ』14話の感想

いや…この演出…辛い。

しかも、時が14:46で続くとか…。

そうか…百音が特別にジャズを聴かせてもらった…
そんな時に、地震が起きたのね…。

あぁ…
これは、トラウマになるかも。
練習があるのに、ちょっと特別に楽しいことしてる時でしょ?

ちゃんと帰ってれば…とか思っても…しょうがない展開ではあるかも…。

明日が、地震の描写をどの程度描くのかわからないけど…。

初回からずっと流れている、朝焼けか夕焼けの中、島を高台から見つめる百音の姿。

あれは、朝焼けなのかな…。
仙台だって、ひどい被害だったわけだから、気仙沼の島の近くまで戻るにも、時間がかかっただろうからね…。

いや…その日は仙台から動けなくて、翌日明るくなってから、気仙沼の島が見えるところまで向かったとしたら…
夕焼けの可能性も…。

いずれにしても…きついね…。

そうね…。

しかし、りょーちんは、昔からナチュラルに優しいんだね。

確かに(笑)
吹奏楽部に誘われて、NO悩みで、『バレーボールと掛け持ちでいい?』だもんね(笑)

そして、未知を誘うときもナチュラルに褒める!
明日美の『色気が駄々洩れ』も言いたいことはわかるよ。

漁師の仕事をして、多分より体が引き締まっているだろうし、仕事をしての日焼けは色気になるかも…

人工的な日焼けは、あまり好きではないんだけど、仕事でとか部活でとか、頑張ったというフィルターが入ることで日焼けは色気になるのかもね!

それはあるかもしれないわね!
ほんと、無自覚光源氏って言うのは、言い得て妙だわぁ…。

そのうち、イケメンすぎる漁師とかで特集されないことを祈るよ…
変な過激なファンがついたら、怖いからね(汗)

広告

朝ドラ『おかえりモネ』14話を見た人の反応は?

これは、すっごく思うわね!
しかも、この耕治の行動が、自分の娘にだけじゃないなぁって思ったのよ。
実家から逃げ回る三生に対しても、色々言うけど、最終的なところは、三生に意思を確認してくれたもんね!

この流れは、中学生の心に影を落とすには十分すぎるね…。
1話から、ここまでの時々見せる影のある表情に、説得力が増してきたよ。

りょーちん…罪な男ね…。
とはいえ、百音のお相手候補・本命だったんだけど…。
今の所、全然そんなことがなさ過ぎて…個人的に俄然、光太朗が本命になりかけています(笑)

鈴木アナの一言が…見てる方と同じでホッとしました。
そして、ゲストがお祖母ちゃんで、ものすご~くホッとしました♪

広告

2021年度前期・連続テレビ小説「おかえりモネ」の見逃した場合の対応をご紹介!

連続テレビ小説「おかえりモネ」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜…8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜…12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~土曜…7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】月曜~金曜…23:00~23:15

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

各見逃し視聴サイトの登録方法・利用方法については、それぞれのサイト内を必ず確認の上、ご利用ください!

朝ドラ『おかえりモネ』15話の予告あらすじ

久しぶりの実家で、眠りについた百音(清原果耶)は、3年前のあの日のあと、幼なじみと再会した時のことを思い出した。一夜が明け、百音や亮(永瀬廉)たちは、早朝、そろって足しげく通った浜辺を訪れる。そして百音をはじめ、亮、三生(前田航基)、明日美(恒松祐里)、悠人(髙田彪我)、未知(蒔田彩珠)の6人は、海からのぼる朝日を見ながら、あの日のことや将来について語り合う。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/86528122

まとめ

さぁ、明日は…ちょっと辛い雰囲気かもしれないね…。
でも、この時代のあの地方を描くなら、避けては通れぬ…。

昭和初期からの朝ドラで戦争を避けては通れないようにね…

そうね…。
でも、ちゃんと見届けます!
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告