【大河】どうする家康|織田信長役は岡田准一・家康がその背中を追い続けた男!

2023大河『どうする家康』
黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年大河ドラマ 『どうする家康』が、
2023年から放送されるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

家康がその背中を追い続けた男・織田信長を演じるのは誰なのかしら?
ちょっと調べてみましょう♪

オリジナルキャラクターではない場合、Wikipediaなどを参考に史実上の話をすることがあります!

それが結果的に、ドラマのネタバレになることもありますので、苦手な人はご注意ください!

スポンサーリンク

『どうする家康』家康がその背中を追い続けた男・織田信長役は?

織田信長/岡田准一

2023年大河ドラマ 『どうする家康』で家康がその背中を追い続けた男の織田信長役を務めるのは、アイドル・俳優の岡田准一さんです!

さまざまな常識をくつがえし、常人離れした思考回路をもち革新的な戦術を生み出していく孤独なカリスマ。

時に優しく、時に恐ろしく、誰もが畏おそれる中、家康は必死に食らいつき、彼の知識を吸収してゆく。

そんな家康に、信長はなぜか異様に目をかける。

出典:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31903

織田信長ってどんな人?

織田信長

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。三英傑の一人。

家督争いを収めた後、桶狭間の戦いで勝利し、勢力を拡大し天下人となった。

しかし、1582年6月21日に家臣の明智光秀に謀反を起こされ、本能寺にて自害した。(本能寺の変)

また、某列車のゲームでは、この本能寺の変を模して、光秀を味方にした一定条件下において、6月の京都に停車していると、総資産の3分の1を奪われて逃げられるという悪夢のようなイベントが発生する場合がある。

鳴かないホトトギスは、待たずに斬り捨てるタイプ。

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

先日、主演の徳川嫌を紹介したけどさ、この織田信長という人も、超絶レジェンド級の偉人だよね。

歴史の教科書に載ってた人、誰でもいいから3人あげよ的なアンケート取ったら、上位に食い込んできそうなレベルのね!

いやはや、織田信長と言えば、その傍若無人ぶりというか…ちょっと中々にアバンギャルドなイメージが強いから、そのあたりを岡田准一さんがどう演じてくれるのか…

楽しみなような怖いような…。

黒猫夫人
黒猫夫人

岡田准一さんは、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めてるけど、その時は江口洋介さんが演じていましたね!

そのあたりと対比させてみるのも、ちょっと面白いかもしれません!

岡田准一さんのプロフィールや出演歴を紹介!

岡田准一さんのプロフィール

名前岡田准一
生年月日1980年11月18日(41歳)
出身地大阪府
血液型B型
職業アイドル・俳優
所属事務所株式会社ジャニーズ事務所
【スポンサーリンク】

岡田准一さんの過去の出演歴は? 

ドラマ

  • PU-PU-PU-(1998年:TBS) – 小峰和哉 役
  • D×D(1997年:日本テレビ) – 木原虎之介 役
  • オヤジぃ。(2000年:TBS) – 神崎正 役
  • 木更津キャッツアイ(2002年:TBS) – ぶっさん(田渕公平) 役
  • 末っ子長男姉三人(2003年:TBS) – 柏倉一郎 役
  • タイガー&ドラゴン(2005年:TBS) – 谷中竜二 役
  • SP 警視庁警備部警護課第四係(2007年:フジテレビ) – 井上薫 役
  • 軍師官兵衛(2014年:NHK) – 黒田官兵衛(如水) 役
  • 図書館戦争 BOOK OF MEMORIES(2015年:TBS) – 堂上篤 役
  • 白い巨塔(2019年:テレビ朝日) – 財前五郎 役
にゃんドラマニわん♪的おすすめ作品

大河ドラマ 軍師官兵衛 総集編 【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]

価格:7,568円
(2022/4/1 17:41時点)
感想(0件)

黒猫夫人
黒猫夫人

今回ご紹介するのは、こちら!
岡田准一さんが主演を務めた大河ドラマ『軍師官兵衛』です!

これもすごく面白かったんですよね~…
再放送の時…見そびれてしまった…

主演の岡田准一さんはもちろんなのですが、それをそそっと支える高橋一生さんに悶絶していたのは、懐かしい記憶です。

それに、濱田岳さんと速水もこみちさんもいい味出してたんですよねぇ♪

濱田岳さんは、後に『麒麟が来る』で、黒田官兵衛の役をやっていた時は驚きました!

こっちでは家臣だったのに、偉い出世だぁ(笑)と♪

映画

  • COSMIC RESCUE(2003年) – 澤田東 役(Coming Century主演)
  • 東京タワー(2005年) – 小島透 役
  • 花よりもなほ(2006年) – 青木宗左衛門 役
  • 陰日向に咲く(2008年) – シンヤ 役
  • 天地明察(2012年) – 安井算哲(渋川春海) 役
  • 永遠の0(2013年) – 宮部久蔵 役
  • 海賊とよばれた男(2016年) – 国岡鐡造 役
  • 関ヶ原(2017年)- 石田三成 役
  • ザ・ファブル(2019年) – 佐藤アキラ(ファブル) 役
  • 燃えよ剣(2021年)- 土方歳三 役

CM

  • 東洋水産「マルちゃん正麺カップ」(2015年)
  • メガネトップ「眼鏡市場」(2015年)
  • 日本特殊陶業(2016年)
  • 久光製薬「フェイタス」(2017年)
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・つながるクルマの保険」(2018年)
  • ソフトバンク 「ギガ国物語」(2019年)
  • セントラル警備保障(2019年)
  • LIXIL「講談師/トイレの噺篇」(2019年)
  • サントリースピリッツ「-196℃ ストロングゼロ」(2020年)
  • あいおいニッセイ同和損保「テレマティクス自動車保険」(2021年)

出典:Wikipedia/岡田准一

【スポンサーリンク】

岡田准一さんの世間の反応まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

色んな願望が入り乱れている感じの反応が多いように感じ、もっとやれって思ってしまいました(笑)

確かに、いわゆる織田信長な感じなのか…そこは気になるかもしれないね!

黒猫夫人
黒猫夫人

そうだねぇ~!
そして、ここは光秀の役も、超重要!

麒麟がくるを思い出すならば、光秀のもてなしにぶちぎれる岡田准一さんとあわあわする松本潤さんが拝めるということでOKですかね(笑)

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

2023年大河ドラマ 『どうする家康』の織田信長役・岡田准一さんを紹介しました。

黒猫夫人
黒猫夫人

若いころからの家康を描くならば、意外と登場も長いのでしょうか?

それとも、中締めじゃないですけど、中間の盛り上がりが本能寺の変なのか…。

そのあたりの展開が気になります!
放送開始が楽しみですね!

スポンサーリンク