おちょやん|21週102話ネタバレと感想。千代と栗子、憎まれ口の和解?【朝ドラ】

2021年4月27日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第102話が2021年4月27日(火)に放送されましたね!

こちらでは、第102話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

え?
栗子?栗子って、あの栗子?

そうよ!あのテルヲの後妻!
奉公に出して追い出したあの栗子よ!

まぁ、結果論で言えば、あそこにいるよりも、『岡安』にいられたことが、千代にとってはラッキーだったといえるけど。

とはいえ、どうして一緒に暮らしているの?
千代と同じ顔…じゃなかった…瓜二つの少女と笑顔な千代…どういうこと??

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第102話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第102話ネタバレあらすじ

【千代を見つけた桜庭・酒井】

名探偵・桜庭(野村尚平)の頑張りによって、京都にいることが分かった千代(杉咲花)

酒井(曾我廼家八十吉)は、桜庭を連れて千代に会いに来ました。

少女の見送りに出てきた千代を見て、声をかける酒井と桜庭でしたが、人違いだと即否定されてしまいます。

ぴしゃりと閉められた扉を見て、がっかりする酒井でしたが、名探偵・桜庭は聞き逃していませんでした。

「でも、あの子、千代おばちゃんって…。」

酒井は、とにかく話だけでもと玄関を激しくたたくのでした。

具合の悪い栗子(宮沢エマ)に障ると思い、しょうがなしに家にあげた千代。

一通り話を聞いた千代でしたが、即断りました。

「うちは、金輪際芝居をやるつもりはありません。」

今は、旅館で仲居の仕事をしていると千代の話を聞いて、早々に帰されてしまった酒井と桜庭。

桜庭は、酒井がこれで渡りに船だと思っていることを指摘しました。

もちろん、プロデューサーとしては、箕輪悦子(天海祐希)がいいに決まっています。

千代を見つけて、実際に会って、断られたとなれば、当郎(塚地武雅)だって納得せざるを得ないでしょう。

「でもな…。ちょっと残念や思ってしまったわ。」

千代の柔らかい声や言葉遣いを聞いて、その芝居を見てみたくなってしまったのでしょうか。

酒井は、そんなことを呟くのでした。

【そもそも栗子って誰?】

酒井と桜庭を帰した千代は、栗子の看病に戻ります。

栗子は、念のため断ってもよいのかと確認しますが、千代はこれでいいのだと返します。

さて、念のため、ここでおさらいしておきましょう!

そもそも、『栗子』とは誰なのか。

栗子は、千代が9つの時に、父・テルヲ(トータス松本)が連れてきた後妻さん。

つまり、千代にとっては、継母といえる存在です。

テルヲが再婚した時には、お腹の中に子どもがいて、千代は追い出されるような形で、『岡安』へ奉公に出された相手。

言ってみれば、家族を奪った女性とも言えます。

でも…。

一緒に住んでいるのは春子(毎田暖乃)という千代の幼い頃と瓜二つの少女。

仲睦まじく一緒に食事をとり、軽口でケンカをしながら、なんだかんだ仲良しに過ごしています。

本人たちは認めませんが、春子はそう思っていました。

どうして、今、こんな風に一緒に暮らしていられるのでしょうか…。

【1年前、千代が家を出た日】

『鶴亀新喜劇』の1周年記念公演の千秋楽、千代は舞台の上で『千代』に戻ってしまい、涙をボロボロこぼしてしまいました。

そして、その夜、そのまま姿を眩ませたわけです。

降り出した雨に、かつて『岡安』から飛び出した時にも雨宿りした門の下で雨宿りをしていました。

あの時は、ハナ(宮田圭子)が見つけてくれました。

でも、この時やってきたのは、まさかの栗子。

栗子は千代を探していたのです。

迎えに来るなんて微塵にも思っていないような人の登場…いや、何なら顔も見たくないような相手です。

それでも、行くところもない千代は、ひとまず栗子に連れられて、栗子の家にやってきました。

そこにいたのは、自分の幼い頃にそっくりな水野春子という少女。

この少女は、千代にとって姪…つまり、あの時お腹にいた子の娘だといいます。

ひとまず春子を寝かせた栗子は、千代に昔のことを謝りました。

もちろん、そんな言葉一つで、すぐに許せるような確執ではありません。

それでも、栗子は春子の面倒を見てほしいとお願いしたのです。

春子は、戦争で両親を失い、身寄りは祖母である自分だけ。

そんな栗子も年を取り、体調も芳しくなく、春子のこれからの人生を思えば、とても頼りない存在だと思っていました。

千代は、春子の境遇に同情できないわけではありません。

でも、同じ境遇の灯子(小西はる)一平(成田凌)をとられてしまった傷を抉られ、思わず涙と恨みがボロボロこぼれてきてしまいました。

だって、自分は戦争でもないのに、もっと昔から1人で生きることを強いられて来て、やっとできた家族も…奪われてしまったのですから。

「身寄りがないなら、奉公にでも出せばよろし!うちの時みたいにな!」

心にもない言葉が、思わず口からこぼれてしまった千代。

春子は、すべての話を聞いてしまっていて、襖の向こうで泣き声が…。

栗子は春子を抱きしめて、慰めます。

千代も、何も悪くない春子を傷つけるつもりはなかったのに…、涙をこぼして謝ったのでした。

朝ドラ『おちょやん』第102話の感想

すっごい昔の話に戻るけれど、栗子にややこってわかった時にも、お腹の子は、実はテルヲの子どもじゃないんじゃないか疑惑ってあったと思うのよね。

でも、ここまでテルヲを見てきて…思ったわね。
テルヲは自分の子どもであるっていう身に覚えがなければ、あんな風に連れてこないなって。

そして何十話も経て、あの時のお腹の子は、テルヲの子だったって、確信できるほどの春子と千代の同じ顔具合(笑)
いや、同じ子役なんだから、顔が一緒は当たり前なんだけども…(笑)

何か、答え合わせみたいだったわ…。

そうだね…。
朝ドラは、よく子役がI’ll be backするよね…。

そうね、過去にも色んな例があったわよ!
名演技をしてくれた子役ちゃんたちを、ちょっとだけっていうのももったいないっていう気持ちもあると思うし…。

あとは、ヒロインとそっくりであるというところで、視聴者に対して、わかりやすく血縁を示唆できるものね!

なるほど…
わかりやすく血縁をか…それはすごく納得ができるね!

実際、あんなに顔が似るってことは考えにくいけどね(笑)
そこは、ドラマのデフォルメってことで!

いやはやしかし、春子の境遇が灯子と一緒っていうのが、演出としてえぐいよね。

そうね…大阪から離れて京都に行ったことで、せき止めてたものが、思わず全部こぼれたって感じかしら…。

それが意図せず春子を傷つけてしまったことが、また千代の心を苦しめてしまったのが、胸にいたかったわ。

春子はなんも悪くないのに、傷つけてしまったっていうのは、千代的にはしんどいよね。

結果として、春子が可愛いっていう気持ちがわいてきて、一緒に暮らそうっていう気持ちになったのかな。
行くところもないわけだしね。

なんか、『テルヲへの悪口』がつないだ絆って感じだよね。

そうね…。
ここに来て、唯一テルヲがしたいいことって感じ。

血縁の家族が残っていたっていう点でね。

ほんとほんと。
結果的に、それでこの1年、救われてるわけだからね。

だからといって、テルヲはテルヲだけど(笑)

それは間違いない!
ひとまず、春子を泣かせてしまったところで、終わった今日だけど。

そこから、一緒に暮らすという展開が明日のアバンくらいで語られて…今に至ります見たいな流れかなぁ…。

そうだね。
このあたりで、栗子との話は終わっておかないと、塚地さんと生瀬さんの活躍の場面が減っちゃうかも?(笑)

広告

朝ドラ『おちょやん』第102話を見た人の反応は?

『子に罪はない』っていう言葉、ここですごい生きてくるっていうのがすごいよね…。

最終的に、千代にも家族がって思うと…、やっぱりちょっと嬉しい気がするのよね。
というか、あと3週間もきったし、栗子、もっと謝らなくちゃいけないんだから、最後まで頑張ってほしいような気さえしてきたわ。

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第103話の予告あらすじ

1年前、道頓堀を飛び出し、雨の中で行き場を無くした千代(杉咲花)を家に連れて帰った栗子(宮澤エマ)。身寄りのない孫・春子の身を案じ、育ててほしいと千代に切り出す。しかし家族を失った原因でもある栗子に対し、灯子への感情も重なり、憤る千代。意図せず春子を傷つけてしまうが、千代は春子からあることをお願いされる…。そして今…千代の引退を知った当郎(塚地武雅)と長澤(生瀬勝久)の姿がNHK局内で見当たらず…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/85175644

まとめ

さ~明日は塚地さんと生瀬さんの大活躍で、女優・竹井千代の復活なるか??

酒井さんも個人的には竹井千代に一票みたいになってきたし、これは楽しみ!!!
というか…やっと…明るい気分になってきたわね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告