朝ドラ『おちょやん』あらすじ・感想まとめ【連続テレビ小説】

2021年5月14日

W2020年後期朝朝ドラ『おちょやん』

こちらの記事では、当サイト『にゃんドラマニわん♪』で紹介している連続テレビ小説『おちょやん』の記事を一覧で紹介し、各話の物語に皆さまをご案内させていただきます!

 

黒猫夫人
黒猫夫人

今日まで見逃してしまったという方
・ちょっとした身支度の隙に見逃してしまったという方

一緒にここまでの流れをおさらいしてみませんか?

黒猫軍曹
黒猫参謀

あらすじや人物紹介などの情報には、
ネタバレを含みますので、閲覧の際には、ご注意ください!

黒猫夫人
黒猫夫人

それでは、連続テレビ小説『作品名』の世界を
どうぞごゆるりとお過ごしくださいませ!

 

スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』について

物語

明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン、竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。
そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。
彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。

そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。
そこで、喜劇界のプリンス、天海一平と出会い、結婚。
喜劇女優として少しずつ成長していく。
千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、
戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。

戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。
彼女は芝居の世界から去ってしまう。

しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。
そのラジオドラマで、12人の子どもを抱える母親役を演じた。
大家族をめぐる泣き笑いのドラマは大きな反響を呼び、
10年にわたる人気番組となった。

そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、
名実ともに上方を代表する女優となっていく。

引用:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/about/

主な登場人物

主人公・ヒロイン

竹井千代(たけい ちよ)→天海千代(あまみ ちよ)→竹井千代 演 – 杉咲花(幼少期:毎田暖乃)…ヒロイン

千代の家族

〇千代の家族

竹井テルヲ(たけい てるを) 演 – トータス松本…千代の父
竹井サエ(たけい さえ) 演 – 三戸なつめ…千代の実母
竹井ヨシヲ(たけい よしを) 演 – 倉悠貴(幼少期:荒田陽向・少年期:栗田倫太郎)…千代の弟
竹井栗子(たけい くりこ)→上田栗子(うえだ くりこ) 演 – 宮澤エマ…テルヲの再婚相手・千代とヨシヲの継母。
水野さくら(みずの さくら)…春子の実母・千代の異母妹
水野春子(みずの はるこ)→竹井春子(たけい はるこ) 演 – 毎田暖乃(二役)…千代の姪

〇千代の道頓堀で出会う人々

岡田シズ(おかだ シズ) 演 – 篠原涼子…芝居茶屋「岡安」の二代目女将
岡田宗助(おかだ そうすけ) 演 – 名倉潤…芝居茶屋「岡安」の主人
岡田みつえ(おかだ みつえ)→富川みつえ(とみかわ みつえ) 演 – 東野絢香(幼少期:岸田結光)…芝居茶屋「岡安」の一人娘
岡田ハナ(おかだ ハナ) 演 – 宮田圭子…芝居茶屋「岡安」初代女将(シズの母)
かめ 演 – 楠見薫…芝居茶屋「岡安」の女中頭
富士子(ふじこ) 演 – 土居志央梨…芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩
節子(せつこ) 演 – 仁村紗和…芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩
玉(たま)演 – 古谷ちさ…芝居茶屋「岡安」のお茶子で千代の先輩
里子(さとこ) 演 – 奥野此美…岡安の女中見習いの少女
富川菊(とみかわ きく) 演 – いしのようこ…老舗芝居茶屋「福富」の女将
富川福松(とみかわ ふくまつ) 演 – 岡嶋秀昭…老舗芝居茶屋「福富」の主人
富川福助(とみかわ ふくすけ)演 – 井上拓哉(幼少期:松本和真)…老舗芝居茶屋「福富」の一人息子
富川一福(とみかわ いっぷく) 演 – 竹林遼 → 西村竜直(昭和12年) → 歳内王太(昭和19年) → 木村風太(昭和23年)…福助とみつえの息子
椿(つばき) 演 – 丹下真寿美…芝居茶屋「福富」のお茶子
ぼたん 演 – 沢暉蓮 芝居茶屋「福富」のお茶子
あやめ 演 – 藤本くるみ 芝居茶屋「福富」のお茶子
小次郎 演 – 蟷螂襲…道頓堀界隈を根城にしている乞食たちのリーダー

演劇界の人々

天海一平(あまみ いっぺい) 演 – 成田凌(幼少期:中須翔真)…喜劇一座の座長である天海天海の息子。役者。後に千代の夫になる。
須賀廼家千之助(すがのや せんのすけ) 演 – 星田英利…天海天海とともに喜劇一座を率いる喜劇役者
須賀廼家天晴(すがのや あっぱれ) 演 – 渋谷天笑…初代天海天海の時代からの座員で、雨男
須賀廼家徳利(すがのや とっくり) 演 – 大塚宣幸…初代天海天海の時代から座員で、名前とは相反してビール党
漆原要二郎(うるしばら ようじろう) 演 – 大川良太郎…初代天海天海の時代からの座員で、元女形
須賀廼家百久利(すがのや ひゃっくり) 演 – 坂口涼太郎…須賀廼家徳利の弟分
高峰ルリ子(たかみね るりこ) 演 – 明日海りお…東京新派劇の名門「花菱団」の元トップ女優
石田香里(いしだ かおり) 演 – 松本妃代…「鶴亀歌劇団」出身の女優
小山田正憲(おやまだ まさのり) 演 – 曽我廼家寛太郎…歌舞伎出身の俳優
松島寛治(まつしま かんじ) 演 – 前田旺志郎…「鶴亀家庭劇」に新しく入団した劇団員 モデルは藤山寛美
朝日奈灯子(あさひな とうこ)→天海灯子(あまみ とうこ) 演 – 小西はる…「鶴亀新喜劇」の新しい座員
須賀廼家万歳(すがのや ばんざい) 演 – 藤山扇治郎…「須賀廼家万太郎一座」の座員→「鶴亀新喜劇」
須賀廼家千兵衛(すがのや せんべえ) 演 – 竹本真之…「須賀廼家万太郎一座」の座員→「鶴亀新喜劇」
須賀廼家万太郎(すがのや まんたろう)演 – 板尾創路…「須賀廼家万太郎一座」を率いる喜劇王。
須賀廼家一二九(すがのや いちじく)演 – 華井二等兵「須賀廼家万太郎一座」の座員
初代 天海天海(あまみ てんかい)演 – 茂山宗彦…一平の父。須賀廼家千之助と「天海天海一座」を率いる。
大山鶴蔵(おおやま つるぞう)演 – 中村鴈治郎…「鶴亀株式会社」社長
熊田(くまだ)演 – 西川忠志…劇場の支配人を務める「鶴亀株式会社」の社員
高城百合子(たかしろ ゆりこ)演 – 井川遥…千代の憧れの女優
早川延四郎(はやかわ えんしろう)演 – 片岡松十郎…歌舞伎役者
夕(ゆう)演-板谷由夏…一平の母

京都で出会う人たち

宮元潔(みやもと きよし)演 – 西村和彦[…千代が働くカフェー 「キネマ」の店主
宇野真理(うの まり)演 – 吉川愛…「キネマ」女給。住み込み部屋で千代と同室となる
若崎洋子(わかさき ようこ)演 – 阿部純子…「キネマ」の一番人気の女給
純子(じゅんこ)演 – 朝見心…「キネマ」女給
京子(きょうこ)演 – めがね…「キネマ」女給
平田六郎(ひらた ろくろう)演 – 満腹満…「キネマ」のボーイ
山村千鳥(やまむら ちどり)演 – 若村麻由美…京都の劇団「山村千鳥一座」の女座長
薮内清子(やぶうち きよこ)演 – 映美くらら…千鳥とは10年来の付き合いがある座員
小暮真治(こぐれ しんじ)演 – 若葉竜也…「鶴亀撮影所」の助監督で、千代の初恋の人
片金平八(かたがね へいはち)演 – 六角精児…「鶴亀撮影所」の所長
守衛・守屋(もりや)演 – 渋谷天外…「鶴亀撮影所」の守衛
ジョージ本田(ジョージほんだ)演 – 川島潤哉…「鶴亀撮影所」のアメリカ・ハリウッド帰りの映画監督
ミカ本田(ミカほんだ)演 – ファーストサマーウイカ…ハリウッド帰りの女優。ジョージの妻
高瀬百々之助(たかせもものすけ)演 – 佐藤太一郎…「鶴亀撮影所」の俳優
遠山弥生(とおやまやよい)演 – 木月あかり…大部屋女優
川奈絹江(かわなきぬえ)演 – 和泉…大部屋女優
小柳歌子(こやなぎうたこ)演 – 三原悠里…大部屋女優
樋口仙一(ひぐちせんいち)演 – 上杉祥三…映画監督
村川茂(むらかわしげる)演 – 森準人…映画監督
池内助監督(いけうち)演 – F.ジャパン…小暮の先輩助監督

後半戦を彩る人々

花車当郎(はなぐるま あたろう)演 – 塚地武雅…しゃべくり漫才で名を馳せる漫才師
長澤誠(ながさわ まこと)演 – 生瀬勝久…脚本家
四ノ宮一雄 演 – 久保田悠来… NHK大阪中央放送局編成部
酒井光一 演 – 曽我廼家八十吉…NHK大阪中央放送局放送部文芸課の課長
桜庭三郎 演 – 野村尚平…NHK大阪中央放送局放送部文芸課
長女・京子役(中村律子)演 – 大橋梓
次女・乙子役(根岸恵子)演 – 辻凪子
長男・米太郎役(坂本浩二)演 – 久保山知洋
次男・清二役(高森久作)演 – 細田龍之介
三女・熱子役(永井美子)演 – 淵上真如
四女・豊子役(水野和子)演 – 三宅唯真
三男・浜三役(大月正雄)演 – 久保田直樹
五女・静子役(島田祥子)演 – 藤川心優
四男・沼吉役(松村和也)演 – 新井元輝
五男・横之助 演 – 有村春澄
六女・品子 演 – 平田莉渚
七女・新子 演 – 松岡亜美
乙子の息子・一郎 演 – 髙田幸季
岸野為雄役 演 – 三好大貴
スミ子役 演 – 西村こころ
林田伸太郎 演 – 野田晋市

語り

黒衣(くろご)演 – 桂吉弥…本作のナレーション兼解説兼ツッコミ役

朝ドラ『おちょやん』あらすじネタバレ

こちらでは、毎日の物語を紹介している記事にご案内いたします!(朝の放送終了後、順次公開いたします。)

放送回数や放送日については、随時変更の可能性がありますので、ご了承ください。

第1週『うちは、かわいそやない』

第1話(2020年11月30日):過去作オマージュたっぷりなのが良き!

第2話(2020年12月1日):勝次!そこに愛は、あるんか?…あったな♪

第3話(2020年12月2日):お母ちゃんのビー玉がつないだ縁にホロリ…(涙)

第4話(2020年12月3日):ヨシヲにとっては、初めてのお母ちゃん。

第5話(2020年12月4日):かぐや姫は旅立ちました。

第2週『道頓堀、ええとこや〜』

第6話(2020年12月7日):ほんに、ほんに、おかめさん!

第7話(2020年12月8日):そーこーぬけにカワイイチビ武志!

第8話(2020年12月9日):天海の急死!?テルヲ夜逃げ!?

第9話(2020年12月10日):千代がクビ!?どこへ行く。

第10話(2020年12月11日):名探偵ハナさん!

第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』

第11話(2020年12月14日):千代、高城百合子との再会

第12話(2020年12月15日):シズ、早川延四郎との再会

第13話(2020年12月16日):シズが不義密通~!?

第14話(2020年12月17日):シズと延四郎再会大作戦!

第15話(2020年12月18日):延四郎の訃報への涙も引っ込むテルヲの登場

第4週『どこにも行きとうない』

第16話(2020年12月21日):トータス松本さん、テルヲのせいで風評被害!

第17話(2020年12月22日):テルヲ、まさに『借金大王』!

第18話(2020年12月23日):巻き添えトランペットは、ヒロインの証?

第19話(2020年12月24日):千代の本音炸裂、ドキドキ初舞台!

第20話(2020年12月25日):みつえの『友達』宣言に全私が泣いた!

第5週『女優になります』

第21話(2021年1月4日):新年、京都編スタートどすえ♪

第22話(2021年1月5日):竹林での決意破れ…涙…。

第23話(2021年1月6日):守衛と千代の攻防戦に泣き笑い

第24話(2021年1月7日):千鳥は、黒猫がお嫌い?

第25話(2021年1月8日):『ババア』は大事なことなので2回言いました

第6週『楽しい冒険つづけよう!』

第26話(2021年1月11日):洋子の息子はチビチビ武志♪

第27話(2021年1月12日):進太郎…ええお芝居やったよ…(涙)

第28話(2021年1月13日):千代の成長を魅せる杉咲花…恐ろしい子…。

第29話(2021年1月14日):ツンデレ千鳥の叱咤激励!

第30話(2021年1月15日):新たな『沼』発声?助監督・小暮がさわやかイケメンすぎ!

第7週『好きになれてよかった』

第31話(2021年1月18日):ファーストサマーウイカ朝ドラデビュー!

第32話(2021年1月19日):髪結いの千代に転身?

第33話(2021年1月20日):小暮に、『惚れてまうやろ~!』

第34話(2021年1月21日):百合子…自由すぎるの巻

第35話(2021年1月22日):切ない初恋の終わりをぶち壊す、テルヲの登場!

第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』

第36話(2021年1月25日):千代は、テルヲが育てたわけと違う!

第37話(2021年1月26日):千代、テルヲに絆されてはいけません!

第38話(2021年1月27日):全然『働いテルヲ』と違う!

第39話(2021年1月28日):結局、悪事を『働いテルヲ』…。

第40話(2021年1月29日):ビールに込めた、小暮の想いが切ない!

第9週『絶対笑かしたる』

第41話(2021年2月1日):ルリ子様の絶対カメラ目線に痺れる!

第42話(2021年2月2日):大山社長のご飯粒…なんで?

第43話(2021年2月3日):徳利の好物にお腹が鳴る

第44話(2021年2月4日):千之助の天海への想いにもらい泣き

第45話(2021年2月5日):2枚目すぎる漆原の男装に鼻血ブー!

第10週『役者辞めたらあかん!』

第46話(2021年2月8日):今日もルリ子様は、カメラ目線

第47話(2021年2月9日):千代の紫のバラの人は…一体だれなの?

第48話(2021年2月10日):ルリ子の過去、視聴者(われら)も受け止めます!

第49話(2021年2月11日):救世主・山村千鳥、見参!?

第50話(2021年2月12日):千代、万太郎に一目置かれる?

【スポンサーリンク】

第11週『親は子の幸せを願うもんやろ?』

第51話(2021年2月15日):みつえと福助が恋仲に!?

第52話(2021年2月16日):恋の始まりはトランペット

第53話(2021年2月17日):恐怖で体固まる、シズと菊の啖呵

第54話(2021年2月18日):みつえと福助が駆け落ち!?

第55話(2021年2月19日):道頓堀のロミジュリの結末は?

第12週『たった一人の弟なんや』

第56話(2021年2月22日):衝動的欲動からの接吻!?

第57話(2021年2月23日):千代とヨシヲの再会

第58話(2021年2月24日):ヨシヲ…悪い奴なのか?

第59話(2021年2月25日):ヨシヲに届け、千代の想い

第60話(2021年2月26日):ビー玉の約束、いつか帰れよ!

第13週『一人やあらへん』

第61話(2021年3月1日):急展開、一平がプロポーズ!

第62話(2021年3月2日):2代目襲名?だが、断る!

第63話(2021年3月3日):お母ちゃんとの最悪な再会

第64話(2021年3月4日):父・天海の想いは、一平に届くのか?

第65話(2021年3月5日):一平と千代の結婚。近江ちゃんも涙!

第14週『兄弟喧嘩』

第66話(2021年3月8日):ハナさん、逝去に涙。

第67話(2021年3月9日):世話焼き千代ちゃんの憂鬱

第68話(2021年3月10日):千之助に物申す百久利が男前!

第69話(2021年3月11日):鶴蔵の万太郎の当て馬発言に怒り!

第70話(2021年3月12日):千之助のデコピンに愛が溢れる。

第15週『うちは幸せになんで』

第71話(2021年3月15日):テルヲ再び!…え?吐血!?

第72話(2021年3月16日):テルヲよ、視聴者は許してないぞ!

第73話(2021年3月17日):テルヲの登場は、やはり借金のため?

第74話(2021年3月18日):しきり1枚隔てての千代とテルヲの応酬

第75話(2021年3月19日):千代の涙に、あさイチの勘九郎号泣!

第16週『お母ちゃんて呼んでみ』

第76話(2021年3月22日):家庭劇に新顔・松島寛治(前田旺史郎)登場!

第77話(2021年3月23日):衝撃スクープ!小暮と百合子が結婚!?

第78話(2021年3月24日):小暮と百合子の目的は、ソ連に亡命!?

第79話(2021年3月25日):百合子メーテルと小暮鉄郎の旅立ち

第80話(2021年3月26日):寛治、家族になろうよ!

第17週『うちの守りたかった家庭劇』

第81話(2021年3月29日):福助に赤紙…岡安閉店…。

第82話(2021年3月30日):福助のトランペットに涙!絶対に帰れよ!

第83話(2021年3月31日):福助出征・岡安閉店…家庭劇解散!?

第84話(2021年4月1日):みつえ、トランペット死守大作戦!

第85話(2021年4月2日):百久利の好きな酒に、千之助…愛のデコピン

第18週『うちの原点だす』

第86話(2021年4月5日):一変した道頓堀の街…福松と菊が…。

第87話(2021年4月6日):寛治が博打にハマっテルヲ?

第88話(2021年4月7日):福助と百久利…散る。

第89話(2021年4月8日):一平が送った祝電とは?

第90話(2021年4月9日):青空に鳴り響く一福のトランペット

第19週『その名も、鶴亀新喜劇や』

第91話(2021年4月12日):万太郎を襲った喉のがん

第92話(2021年4月13日):『須我廼家兄弟』40年ぶり、最期の芝居

第93話(2021年4月14日):新キャラ・灯子の登場にざわつく水曜日

第94話(2021年4月15日):千代とヨシヲと寛治をつないだビー玉のリレー

第95話(2021年4月16日):千之助、去る。愛のデコピンに涙

第20週『何でうちやあれへんの?』

第96話(2021年4月19日):天晴兄さんのあちゃー顔がに癒されよう!

第97話(2021年4月20日):灯子のお腹に、一平のやや子

第98話(2021年4月21日):千代、一平に涙の離婚届

第99話(2021年4月22日):千代、寛治に思いがぽろぽろ

第100話(2021年4月23日):果たされなかった座布団の約束

【スポンサーリンク】

第21週『竹井千代と申します』

第101話(2021年4月26日):天海祐希さん、サプライズ登場に驚愕!

第102話(2021年4月27日):千代と栗子、悪口で和解?

第103話(2021年4月28日):花車当郎からの突撃プロポーズ!?

第104話(2021年4月29日):ノクターンの調べに乗せて、千代は何を思う?

第105話(2021年4月30日):紫のバラの人の正体発覚!!

第22週『うちの大切な家族だす』

第106話(2021年5月3日):千代も一平も新たな一歩。

第107話(2021年5月4日):千代は復活、一平は暗雲?

第108話(2021年5月5日):四ノ宮の華麗なる掌返し!?

第109話(2021年5月6日):四ノ宮お手柄も…栗子に死亡フラグ?

第110話(2021年5月7日):千代と春子は本当の親子に

第23週『今日もええ天気や』

第111話(2021年5月10日):熊田、鶴亀人生最後のお願い

第112話(2021年5月11日):千代、道頓堀に帰る

第113話(2021年5月12日):千代と一平の再会。

第114話(2021年5月13日):熊田の千代への推し愛がたまらない

第115話(2021年5月14日):まさに泣き笑いのエピソード!

【スポンサーリンク】

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15
黒猫軍曹
黒猫参謀

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているんだね!

黒猫夫人
黒猫夫人

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめですよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!
黒猫軍曹
黒猫参謀

1週間過ぎちゃったよ~!何ていう時は…
有料配信のNHKオンデマンドにGO! だね!

登録方法や料金などの詳細は、必ず公式HPで確認してね!

黒猫夫人
黒猫夫人

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間・配信情報は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。最新情報は公式ホームページをご確認の上、ご利用ください。

※本情報は、放送当時の物となります。

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

こちらの記事では、2020年後期連続テレビ小説『おちょやん』について色々、ご紹介させていただきました!

ちょっと乗り遅れちゃった人、すこ~し見逃してしまった人の
お役に少しでも立てていれば嬉しいです!

黒猫夫人
黒猫夫人

朝ドラは、半年をかけて1人のヒロインとその周囲の人たちのことをじっくりと見守れるのがいいのよね♪
そんな素敵な世界、これからも一緒に楽しみたいですね!

連続テレビ小説 おちょやん 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:50,160円
(2022/2/8 19:32時点)
感想(0件)

スポンサーリンク