おちょやん|第10週47話ネタバレと感想。千代の紫のバラの人が気になる【朝ドラ】

2021年2月9日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の47話が2021年2月9日(火)が放送されましたね!

こちらでは、第47話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

問題は千さんやっていう一平…
確かに、何か企んでいる顔はしてるよね。

でも、新人3人のわがままくらいはどうにかなるって言えるようになった一平の成長は感じられたかしら??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第47話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第47話ネタバレあらすじ

【芝居小屋】

「問題は千さんや。」

どうにも、歯車がかみ合わない鶴亀家庭劇…これからどうなってしまうのでしょうか。

そんな中、ついに初興行の初日を迎えました。

この頃の公演は、大体1日4~5本の演目を行うのが普通でした。

大体、初めに短めの演目を行い、そのあとメインとなる長めの喜劇を行うのです。

まずは、メインから外れた天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)百久利(坂口涼太郎)で場を温めます。

出番を待つ、一平(成田凌)のもとに熊田(西川忠志)が来ました。

鶴亀の社長・大山(中村鴈治郎)が到着したというのです。

ぐっと、顔が強張る一平を、千代(杉咲花)は、見つめていました。

「失敗は許されへん。」

千代は、昨日の一平の言葉を思い出していました。

『問題は千さんや。』

ついに、トリの演目『手違い噺』が始まりました。

しかし、せっかく前座で温めた客席が飽き始めています。

すると、突然、千之助(星田英利)が引っ込んだすきにどこかへ走り去りました。

話はクライマックス。

手が入れ替わっているという設定の一平の手を引くことで、千之助が飛び出してくるはずの襖から、出てこないのです。

戸惑う役者たちの中、千代はご寮人さん役を演じるルリ子(明日海りお)に、もう一度呼んでみてはどうかとフォローします。

ルリ子の呼ぶ声に、今度は千之助が出てきました。

本来出てくるはずの襖からではなく、舞台の反対側にある井戸から飛び出してきたのです。

しかも、自分は呉服屋の旦那・加兵衛ではなく、いつぞや助けてもらった蛇だぁとアドリブ満載で…。

でも、客席は大笑いになりました。

戸惑うルリ子に小声でアドバイスをする一平に従い、もういちど一平の手を引くと…今度は襖を破って千之助が飛び出してきます。

ここでも、どっかんどっかん、お客は大笑い。

そして、そこから、一平はやや強引にではあるものの話の筋をもとに戻しました。

それを袖で見ていた天晴と徳利も息を巻いていました。

こうして、初日の舞台は、はた目から見れば大成功…のように見えました。

大喜びのお客さんの中、大山とハナ(宮田圭子)は、渋い顔を見せるのでした。

【芝居小屋控室】

初日の公演を終え、千代はしみじみと千之助のすごさをしみじみ感じていました。

「でも…俺がやりたいのは…これやない。」

そこへ怒り心頭で入ってきたのは、新顔の3人…小山田(曾我廼家貫太郎)香里(松本妃代)・ルリ子です。

稽古で決めた段取りもセリフもめちゃくちゃな千之助の芝居に怒っていたのです。

天海一座の面々としては、あの千之助が普通だと窘めます。

「あの人、芝居をなんやと思うてるの?」

「ほな、教えてもらおうか!」

そんな新人たちに、千之助が入ってきます。

「喜劇は、お客さんを笑かしてなんぼじゃ。お前らが一個も面白くないから、わしが体張って笑かしたんや。感謝せぇ!」

その千之助の言い草に、香里が食って掛かります。

芝居が面白くないのは、台本を書いた千之助の責任だと。

「台本は、芝居の見取り図や。台本が無けりゃ、芝居ができないなんて言うような役者は三流…いや、五流じゃ。」

ルリ子は、あまりの言われように、怒って立ち上がってしまいます。

千代は、必死にルリ子を止めますが、ルリ子は怒鳴ります。

誰にでもいい顔をする千代が、一番嫌いだと吐き捨て、手を振り切ると帰ってしまいました。

【福富楽器店】

その夜、千之助と百久利とルリ子を除いた鶴亀家庭劇の面々は福富楽器店で食事をしていました。

一平はビールを煽ると、千之助を入れればこうなることはわかっていたはずだと、少々荒れ気味です。

でも、今日の公演でお客さんが喜んでくれたのは、間違いなく千之助の功績です。

それでも、千之助の言い草はあんまりだと、怒る香里や小山田に、今度は徳利が口を挟みます。

実際問題、新顔の3人が『喜劇』を『新派の芝居』や『歌舞伎』や『歌劇団』と比べて、格下…自分たちがいるべき場所ではないというように振る舞っていたのは事実です。

でも、そのお得意の武器が、今日、一個もお客さんを笑かすことはできなかったのです。

「生半可な気持ちで来たんやったら、元の居場所に帰ればええやろ!」

そんな徳利の言葉に、2人は次の言葉が出てきません。

千代も納得しかけますが、でもそれではダメなのです!

大山の鶴の一声で集められた人員が1人かけても、大山を納得させることは難しいはずです。

千代は、菊(いしのようこ)にルリ子に戻ってきてほしいとお願いしてもらえないかと言いました。

ルリ子は、昔、芝居茶屋・福富のおなじみさんだったのです。

だから、今日の食事は、福富楽器店にしたのでした。

もちろん、菊がそんなこと引き受ける義理もありません。

「本当にルリ子さんが必要なんやったら、自分らでお願いに行くのが筋やろ?」

至極真っ当に返されてしまいました。

一平は、明日の公演の前にルリ子を説得しに行ってくるといいます。

天晴は、千代にも同行するように言いますが、理由はわかりませんが、とんでもなく嫌われているのに逆効果ではないかといいます。

それでも、とりあえず謝ってこいという天晴や漆原。

でも、千代には何が悪いのかわからないのに謝るのは、それこそ筋違いだと思っていました。

しかし、謝らなければ芝居を続けられないかもしれないと思うと、千代の心は揺れます。

「行くべきか行かざるべきか…それが問題…って、これ、高峰さんやんか!」

千代が、ブツブツ独り言を言いながら、岡安の前につくと、シズ(篠原涼子)が立っていました。

「何、1人で言うてますのや?眉間に皺が寄ってますで。」

シズが立っていたのは、千代宛にお花が届いたと鶴亀の人が持ってきてくれたのを渡すためでした。

どこの誰かはわからぬが、初舞台のお祝いということでしょう。

「相手に笑ってほしかったら、まずは自分が笑いなさい。」

シズは優しく千代を励ますのでした。

朝ドラ『おちょやん』第47話の感想

さてさて、あっという間に初日公演の日を迎えたわけだけど…
不安しかないわねぇ…。

個人的には、手違い噺は見たいけど、どっちかっていうと漆原や天晴・徳利の先にやってた芝居も見たかったなぁ(笑)

漆原の男役、ちらりだったけど、いい感じだったよね!

本当ね、私もどちらかというとそれが見たかった(笑)

いやはや、しかし千之助の独り相撲のようだったね。
一平は、あの千之助になれてるから、周りのフォローでアップアップしてたし。

そうなのよね…。
こういうのがやりたいって言う一平のビジョンが、まだちゃんとはわからないから…どうなることやら…。

まだ、一平の書いた演目のちゃんとした内容はわかってないから何とも言えないけどさ…。

でも新しい喜劇をという気持ちはわからないではないけど、初公演ではどうかな?
って、千之助が思ったとしても、おかしくはないんだよね。

最初は、ぐっと笑いでお客を掴んでおいて、ギャップ萌えみたいな方が映えるということもあるじゃない?

そうね…現代だって、アイドルグループのデビュー曲がバラードだったり、ちょっと暗い感じだと、「珍しい!」とか言われるものね。

何にしても、新顔3人が『喜劇』とはを知っていくターンになるのかな?
その上で、千代自身も『喜劇』を学び直していくんだろうね。

そうね…
でも、何で悪いのかもわからないのに、謝っておけは、個人的に共感できなかったかなぁ…。

まぁ、それはね…。
お前が嫌いだって切れたもん勝ちになっちゃうからね(汗)

千代があっちにもこっちにもいい顔する八方美人に見えてるんだろうけど。
同じ板の上に立つのに、仲たがいしてる方がバカらしいじゃない。

…まぁ、千代がみんなをまとめようと奮闘している姿に、何か過去のルリ子に引っかかるものがあるんだろうね。

自分も同じ立場にいて、裏切られたとかそういう感じかしらね…。

何となくね。
そのあたりも明日以降触れていくよね!

そうね!
いや、しかし、あの紫のバラの人は…本当に誰なのかしら…。

そうなんだよね…。
千代が初舞台とか知ってる辺り、中々のファンだよね(笑)

そうなのよ!
でも、そうなってくると、今日こっそり寄合だって言って出かけて行った旦さんじゃないか疑惑が(笑)

あれ、こっそり千代の芝居を見に行ったのかと思ったけど…
どうもそうじゃなさそうだよね。

まさか…いや、旦さんはないな。
岡安の営業??
それとも…シズにばれたくない…何かかぁ…

むむむむ…
シズにばれたくなくて、浮気じゃないなら、福富絡みじゃない??

やっぱりそう思う?

う~ん。

朝ドラ『おちょやん』第47話を見た人の反応は?

紫のバラの人

どうしても、どんな花でも、ついつい紫のバラの人って言っちゃうよね(笑)

女優の卵には、『紫のバラの人』よ。
これは、もう植え付けられてるわよね(笑)

「ガラスの仮面」…恐ろしい子。

個人的には、こっちが見たい。

いや、あの前座は気になるよね(笑)
せっかくの初の漆原・男役だったしなぁ(笑)

そうなのよね…。
ちゃんと見たかったわぁ。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第48話 の予告あらすじ

旗揚げ公演の初日。「手違い話」は序盤、観客の反応が薄かったが、主役の千之助(星田英利)が台本に無いアドリブを連発。何とか笑いに繋げたのだった。千代(杉咲花)は千之助の力に感心するも、喜劇未経験の役者たちは戸惑い、反発するばかり。特に、新派出身でプライドの高い、高峰ルリ子(明日海りお)は喜劇なんてやるんじゃなかったと出て行ってしまう。千代はルリ子に嫌われていたが、戻るよう説得するために会いにいく…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/82195723

まとめ

さぁ、明日はルリ子さんの過去にスポットライトが当たるってかんじかなぁ?
千代との関係もどうなるか…。

とはいえ、2月も中盤、恐らくサクサクっと手を取り合ってくれるわよね!
というか…千代と一平に甘酸っぱさが全然出てこないんだけど…そろそろ結婚の話とか…出てきても…。

明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告