おちょやん|第19週95話ネタバレと感想。千之助去る、愛のデコピンに涙【朝ドラ】

2021年4月16日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第95話が2021年4月16日(金)に放送されましたね!

こちらでは、第95話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

ついに『鶴亀新喜劇』の船出!
そんな、金曜日みたいな終わり方をした昨日なんだけど…
金曜日は今日なんだよね。

また、ちょっと不安になりそうなことしないでほしいわ…。
それに、千さんの様子が心配で心配で…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第95話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第95話ネタバレあらすじ

【千代、主役抜擢!?】

ようやくまとまった『鶴亀新喜劇』の面々は、旗揚げ公演に向けて稽古をしていました。

でも、その稽古に千之助(星田英利)の姿がありません。

実は…旗揚げ公演のトリの演目『お家はんと直どん』の読み合わせをしようとした時に突然…。

「わしはやらん。千代、お前がやれ。お前が主役じゃ。」

そういって、ぷっつり現れなくなってしまったのです。

とは言っても、今の千之助が飲む場所は『岡福』ですから、千代(杉咲花)は台本に躓くたびに千之助を訪れては、セリフの意味を尋ねては邪険にされていました。

千代は、突然の主役…それも新しい劇団の旗揚げ公演のトリの演目の主役。

プレッシャーに押しつぶされそうだったのです。

そのテンパり具合は、家事もままならぬほどです。

食器を倒してしまう千代を見て、一平(成田凌)は自分が片付けると手を出しますが、うろたえていると思われたくないのか、自分がやるともみ合いに。

そこへ帰ってきた寛治(前田旺志郎)は、そんな二人がいちゃついていると思い、とりあえず一旦扉を閉めるのでした。

数秒後、改めて帰ってきた寛治は、熊田(西川忠志)から会社に届いたと預かってきた花籠を持って帰ってきました。

昔から、定期的にやってくる千代宛の名前のないお花です。

それを見た千代は、驚き…喜びました。

これが届くということは、名も知らぬファンの人も、この戦争を生き延びてくれたということですから。

千代の気持ちが落ち着いていくのを見た一平は言います。

昔も、今も、これからも、自分たちはお客さんに喜劇を届けるだけだと。

千代は、微笑んで頷くのでした。

【お家はんと直どん】

そして、ついに、旗揚げ公演の日がやってきました。

ここで簡単に今回のトリの演目『お家はんと直どん』のあらすじを…。

<お家はんと直どん>

とある恋人同士の若者、妙子【灯子(小西はる)】と明夫【寛治】がいました。
2人は、結婚を望んでおり、互いの親も賛成していましたが、突然明夫の母・てる【千代】が反対し始めました。

その理由は、妙子の父親が、かつて駆け落ちまでしようとした恋人・直吉【一平】だとわかったからです。

40年前、お互いがお互いを裏切ったと憎みあっていた2人が再会し、誤解が解けて無事に2人は結婚を許すというお話です。

【千之助の旅立ち】

幕が下りた瞬間、千代の腰は抜けました。

座員のみんなが千代に駆け寄ります。

舞台袖では、大喜びの鶴蔵(中村鴈治郎)と熊田の姿がありました。

「道頓堀の喜劇の…新しい幕開けや!」

そして、千代に主役を託した千之助は、誰もいない板の上で、1人酒を飲んでいました。

おもむろにお猪口を煽り、立ち上がった千之助は舞台に一礼しました。

「どこに行くんですか?」

千代と一平は、千之助が姿を消すつもりであることを薄々感づいていました。

千之助は言います。

「やることは全部やった。もうここにいる意味はない。」

千代は、千之助を何とか引き留めようとしますが、千之助の決意は揺らぎません。

自分は、今回の公演で何もしていない、それでも『鶴亀新喜劇』は立派にやってのけたというのです。

「ええ芝居やった。」

そして、一平に向き直ると、初めて襲名したその名で一平を呼びました。

「天海、お前の父ちゃんへの義理が、やっと果たせた。」

一平は深く頭を下げ、お礼を言いました。

ゆっくり板を降り、出て行こうとする千之助に気が付いた、座員たちも止めようと駆け寄ります。

千之助は、そんな座員たちを止め、全員に向けて手を差し出しました。

そして、千之助にとって、芝居ができる大事な居場所になっていたその人たちに、愛をこめてデコピンをしました。

こうして、千之助は、その長かった役者人生に幕を下ろしたのでした。

千之助さん…おおきに。

朝ドラ『おちょやん』第95話の感想

せせs…千さ~ん…。
潔すぎるでしょ~…。

あのいつも行ってた居酒屋さんがなくなって、岡福で飲むようになった千さんに、台本の事で絡むように押しかける千代のシーンは、何かコミカルで面白いことになってたから、ラストこんな涙の展開とは…。

いや、いなくなる予感もなかったわけではないのよ…。
以前、初代・天海天海が亡くなった後、不甲斐ない一平に愛想をつかして、『一匹の平目』は~って言って、書置きでいなくなったことがあるからね。

今回も置手紙一枚、板の上に残していなくなるんじゃないかって思ったのよ。
でも、あれ見てたら、それさえもしないでいなくなるつもりだったわね…。

何だろう…家で飼ってた高齢の雄猫が姿を見せなくなったみたいなことをしようとしてたのかね…。

でも、それに気づかぬほど、一平と千代も若くはなかったわね。
多分、千代に主役をやれと言ってた時点で、認めたくないけど薄々はそういうつもりがあるって…気づいてたわよね…。

だからこそ、千代もプレッシャー半端なかったんだろうけどね。

そうね…あの千代が、お酒に頼るくらいだもの…
それを止める一平との揉みあいを見た寛治が、一度玄関の戸を閉めるって言うのは、最高に面白かったわ(笑)

あそこで目をふさぎながら入ってきて、お花だけ置いていったら、ちょっと『スカーレット』の武志みたいだったね(笑)

今日は…いや、今日も間違いなく泣くから、あそこが泣き笑いのエピソードの中でも笑いの部分だったのね♪
あと、岡福での『いたいけなじーさん』の件ね(笑)

ほんと、千之助と千代の千千コンビは、なんだかんだ仲良しだったね(笑)

何というか、気圧されない千代が、何かと可愛いってのもあったんでしょうね!

きっと、この後星田英利さんは、ブログをあげてくれると期待しているから、それを読んで、もう1回見てみよ!

そうね、それを見てからのあのデコピンの表情を改めてみたら、更なる爆泣きは必至だと思うから、あらかじめタオルをよういしておこうっと!

広告

朝ドラ『おちょやん』第95話を見た人の反応は?

千さん、愛のデコピン

本当、始まる前はさ、登場人物紹介に『トラブルメーカー』とか書いてあるから、プライベートのテルヲ、仕事の千之助で、千代を困らせる人だと思ってたよ…。
本当、この場をお借りして、須我廼家千之助さんごめんなさい(笑)

本当、ごめんなさい。
今日の、ラストの表情…いい意味での鳥肌が止まりませんでした。

本日のコミカルパート

本当、今日はこのシーンにクスリとさせられたよ!

うんうん!
でも、早おちょであのデコピン見てから、本おちょであのいたいけなじじいのシーン見たら、それさえも愛おしかったわぁ!

本日の気になるイラストさんたち

昨日から今朝にかけてのイラストさんは、やっぱりヨシヲ祭だったね…。

ヨシヲに、姉やんのお芝居見てもらいたかったなぁ…。
本当、それだけが心残りだわ…。

朝ドラ送り・受けまとめ

わわわわわ!
高瀬アナの杉咲花さんへのインタビュー今日だったのか…
うっかり、あぐりをかけてて見逃したぁ!!

しかし、テルヲのどこに『希望』を見出したのかは、確かに気になる。

あああああ!

びっくりした!
千さんの表情に息を吸った瞬間、井上さんの歌声がドーンで思わずむせちゃった(笑)

確かに、今日はこの歌の入りもよかったけど…できればうけてほしかった…。
というか、今日のプレミアムトークは星田英利さんが…

いや、井上芳雄さんのプレミアムトークは普通に面白いけど!

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第20週の予告あらすじ

千代(杉咲花)と一平(成田凌)が中心となった鶴亀新喜劇が道頓堀で旗揚げし、大成功してから1年が経った。昭和25年、鶴亀新喜劇の劇団員たちは1周年の記念興行を行うことになった。しかし、歌劇団出身の灯子(小西はる)が突然、劇団を辞めたいと言い出す。千代は灯子に辞めないように説得するが、灯子は聞く耳を持たない。灯子が辞めようとしていた理由は、実は一平と何かがあり、劇団に居づらくなったからだった。

出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/20/

朝ドラ『おちょやん』第96話の予告あらすじ

復興した道頓堀で千代(杉咲花)と一平(成田凌)が中心となり旗揚げした鶴亀新喜劇の大成功から1年が経った。昭和25年、鶴亀新喜劇では、1周年の記念興行を行うことになり、団員の志気も上がっていた。演目は、一平の発案で、旗上げ公演で人気だった「お家はんと直どん」に決まった。実は新作が書けないのではないか。千代は一平が気がかりだった。そんな折、歌劇団出身の灯子(小西はる)が突然、劇団を辞めると言い出す…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/84757579

まとめ

よ…予告編を見てしまった…。
何で…何でこうなる?
あと4週だよ?

この展開…描くの…本当に?
きっついなぁ…何となく何となくだけど、守衛さんを演じたあの人がモデルの誰かの生誕が要因なのかなぁ…。

それに、それがあってこその、『大阪のお母さん』になっていくのかしら…。
でも、そうすると…他の座員の皆さんにも会えなくなっちゃう…。

いや、ワンチャン…お家はんと直どんエンドも…いや…難しいかしら…。
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょう!

 

広告