おちょやん|第4週16話ネタバレと感想。テルヲのせいでトータス松本風評被害【朝ドラ】

2020年12月21日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の16話が2020年12月21日(月)が放送されましたね!

こちらでは、第16話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

年季明けを迎え、岡安頑張っていこうと決めた矢先のトラブルメーカー・テルヲの登場!

あ~…何か苦しくなってきたわ…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第16話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第16話ネタバレあらすじ

千代(杉咲花)が晴れて年季明けとなりました。

岡安に残って、一人前のお茶子になることを決意した日、けたたましい音で岡安の扉を叩く男が現れました。

それは…。

「竹井いうもんやけど!」

自分を捨てた父・テルヲ(トータス松本)でした。

実に8年ぶりの再会です。

「なんや!嬉しすぎて、言葉もでんか(笑)」

「このアホンダラ!」

千代は、夜逃げしくさった父に、借金は返したのか、ヨシヲはどうしているのか、栗子(宮沢エマ)の赤ちゃんは男だったのか、女だったのか…山ほどの聞きたいことを詰め寄ります。

その千代の取り乱しぶりは、思わず富士子(土居志央梨)が止めに入るほどでした。

ひとまず、店先では迷惑になるからと、中に通されたテルヲ。

シズ(篠原涼子)立ち合いのもと話が始まります。

一体、何をしにきたのかと思えば、栗子は子ども連れて出て行ったから、また前と同じように一緒に暮らそうと言うのです。

シズは、岡安としての建前としては、18になれば年季明け、それは千代が決めることだと思っていますから、テルヲには過不足なく伝えます。

もちろん、千代は帰る気などさらさらありません。

テルヲは、へらへらと昔のことをまだ恨んでいるのかと尋ねます。

そんなテルヲに、千代は食い気味にはっきりと言いました。

「恨んでる。一生許したらん。」

千代にきっぱりと突っぱねられたテルヲはブツブツと文句を言いながら、道頓堀の道をよそみしながら歩いていると、人にぶつかって転んでしまいました。

当たり屋もびっくりな態度で、ぶつかってきた相手に怒鳴りつけるテルヲ

「なんやて~死ぬまで笑かしたろか?」

何とぶつかった相手は、須我廼家千之助(星田英利)です!

千之助が、この道頓堀の道を歩いているということは…。

「道頓堀の皆さまぁ!帰ってきましたでぇ~!」

覚えていますでしょうか、こちらは、天海天海一座!

ここ道頓堀で2年ぶりに公演をするために、巡業から帰ってきたのです。

「千さんは、顔が不気味なんですよ。」

「なんやと?」

「喜劇役者が怖がらせたらあかんでしょう?」

そういって現れたのは…、千代の本にフリガナを振ってくれた…あの一平(成田凌)です!

大きくなりましたね。

皆が宣伝している横で、一平は賑わう須我廼家万太郎(板尾創路)の公演を睨みつけます。

万太郎は、大笑いの旋風を巻き起こしていました。

さて、一平たちは、岡安にやってきました。

巡業で道頓堀に来るたびに岡安に居候している一平です。

千代は一平を見つめ笑っていると、みつえ(東野絢香)が飛んできて、一平にキャッキャウフフ…こちらの一平贔屓も相変わらずのようです。

夜、天海天海一座が宴会をしていると、何やらブスっとした千之助。

ついて早々、鶴亀の大山社長(中村鴈治郎)に言われてしまったのです。

正確には、大山のメッセンジャー・熊田(西川忠治)に。

万太郎の一座は、毎日満員御礼・札止めだから、そっちも頑張れと…。

そして、客入りよっては、途中で打ち切るからね!てへぺろなお言葉を頂戴したのです。

もちろん、こんな言い方ではありません。

今、イラっとした皆様方…千之助は、こんな思いだったと思われます。

「芝居は俺の方が上じゃ…。」

「あかん…。」

漆原要二郎(大川良太郎)はつぶやきました。

そのつぶやきを合図に、天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)をはじめとする一座の面々がちゃぶ台を下げました。

「どないしたんだす?」

「おい!おちゃやん!」

皆が、千之助の視界から外れたため、今日は千代にロックオン!

お前に喜劇の何が分かるのかと絡み始めたのです!

もちろん、すぐさま水を持って徳利が間に入ってくれたので、事なきを得ましたが、一平の不甲斐なさにもイライラを募らせている千之助は、ほこ先を一平に向かわせかけたので、一平はそっと部屋を逃げ出しました。

「だいぶ荒れてますなぁ。」

そんな一平を引き留めたのは、お家さんのハナ(宮田圭子)です。

千之助は、どこに行っても万太郎の方が面白いと言われ、ずっとあの調子なのだといいます。

「あんたも、ええ加減性根を入れ替えないと、一生!2代目天海天海なんかなられしまへんで。」

一平には、そんなハナの心配は耳に届かないのでした。

こっそり岡安を抜け出そうとする一平を見つけた千代は、はっきりと声をかけます。

「まぁ~た芸妓遊びかいなぁ?」

「うわぁ!千代か…驚かすなよ…。」

「ご寮人さんから、あんたのこと見張っとけいわれてるさけ。

そんな千代に、一平は芸妓が待っているからと出かけようとしてしまいます。

しかし、明日から興行、酔いつぶれられては困るのです。

一平は、そんな周りの心配もどこ吹く風で、自分たちが万太郎に勝てるわけなどないと思っていました。

「ところで、お前、お父ちゃん迎えに来たらしいなぁ?だから、なんや嬉しそうなんか?」

一平は、話題のほこ先を自分がそれるよう話を持ち掛けました。

テルヲが迎えに来たことを知っていた一平。

何という節穴な目を…

「悔しいな…。」

驚きでした。

千代は、あんなに恨んでいたはずで、やっと忘れて、岡安に身を埋めようと思っていた矢先、突然へらへらとやってきたテルヲに、また一緒に暮らそうと言われて嬉しかったのです。

「こないに悔しいことあれへん。」

千代は、チップがたまったら、一度ヨシヲに会いに里帰りしようかと考えていました。

そして、それを一平も同意します。

自分の所に、父親が迎えに来るのは、あの世に行くときだと笑いながら。

一平の父・初代天海天海(茂山宗彦)は、33歳の若さで亡くなりました。

次に、息子の一平と会えるのは…、死ぬときです。

「せやから…今のうちにやりたいことやらんとなっ!」

殊勝な顔もどこへやら…都合のいい解釈で、にやりと笑うと夜の街に飛び出して行ってしまうのでした。

さて、その頃のテルヲはというと、8年ぶりに会った千代が器量よしになっていたとにんまりしています。

娘自慢を聞かされている、酒のみ相手は…。

「その娘から、家帰らん言われたんやろ?」

「その自慢の娘を売らんと、お前の借金なんかどうにもなれへんぞ?」

何やらきな臭い話。

テルヲ…借金は返したのではないでしょうか。

「どうにか話付けて、身売りさせるんで。」

テルヲの性根は、やはり腐ったままでした。

千代を別の店に身売りしようと考えていたのです。

そして、その話を、偶然同じ店にいて偶然聞いてしまったのは…。

芸妓と遊ぶ一平なのでした。

翌朝、皆でご飯を食べていると、富士子も節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)里(奥野此美)も見な、神妙な面持ちで言います。

「あんたが辞めたら、寂しいやんか!」

そんなことを言いだしたのです。

「え?」

「え?」

きょとんとした顔をする千代に、全員がきょとん顔。

「あれ?」

割烹着で涙をぬぐっていたかめ(楠見薫)も振り返ります。

テルヲが迎えに来たことを聞いた、かめの早合点でした。

そして、思いの他、その早合点は道頓堀中に広まっていました。

とはいえ、千代は岡安のみんなが何だかんだ、自分の事を好きでいてくれたという事実が、なんだか嬉しくもありくすぐったくもありました。

そんなルンルン気分で岡安に荷物を取りにいくため、外に出ると…。

突然、テルヲに呼び止められるのでした。

朝ドラ『おちょやん』第16話の感想

て~る~を~!
何なのあいつ!
何なのあいつ!
いてもたろか!

落ち着こう!
でも、この先、商店街でロケがあった時のトータス松本さんが心配になっちゃうよ!

それこそ、大阪の商店街なんか歩いてたら、最恐の大阪のおばちゃんたちにどつかれるんじゃないかと心配になっちゃうわね(笑)

一緒に暮らそうとか言って、売り飛ばしかねないよ…。
ヨシヲと2人も嘘なんじゃないかと…。

それはね…私も思ったのよ…。

大きくなったヨシヲの登場を願う身としては…心配になるよ。

そうね…
それにしても、これはSNSに『#テルヲに願いを』爆誕の予感じゃないかしら…。

ちょ!なにそれ(笑)

起源は2作ほど前の『まんぷく』なんだけど、桐谷健太さん演じる世良という金にがめついけどどこか憎めない男がいたのよ!

まぁ。この子はいいとこもあるけど、悪いことも一杯してるわけ。
特に、福ちゃんや萬平さん、そしてその仲間たちが一生懸命作ったお塩を正規のルートに半分出して、相場を確認してから、残り半分を闇市に高値で売ったの!

正規のルートで出してるから、その日の相場の価格はわかってるでしょ?
正規のルートで全部売った場合、ぴったりの金額を渡して、残りの売り上げをちょろまかしたのよ!

頭の良さを悪用するタイプか…

他にも、危なくなると逃げるのよ!

ん?いい所は?

不法逮捕された萬平さんを助けるために尽力したり、販売ルートを見出してくれたり…最終的には憎めない奴だったんだけどね…。

あ…話がそれたわ…。
で、その悪いことしたときに、『#世良に願いを』っていう、ハッシュタグで、罰が当たりますようにって言うのがささやかに流行ったのよ(笑)

これも、朝ドラが好きで、ヒロインを応援したいという愛がなせる技だったんだね(汗)

そうともいえるかな(笑)
とはいえ、世良はいいとこもあったから、「世良ちゃんのタコ焼きにはタコがときどき入っていませんように。」とか、「地味に足の指をドアに挟まれますように」とかね(笑)

小さな不幸が降りかかりますように的な奴か。。

しかも、実際に指を挟んでしまったり桐谷健太さんに会ったみたいで、バラエティ番組でネタにしてたわ(汗)
このタグのいい所は、いいことしたときは、小さな幸せが訪れますようになるところね!

いいことした日は、「今日飲むお茶全部に茶柱が経ちますように」とかもあったから!

そうなんだ!
でも、今回のテルヲはどうだろ?

ちょっと、今のところいいとこが、ないのよね。
一生懸命好意的に見ようと努力してるんだけど…。
難しい(笑)

とはいえ、1点良かったことといえば、岡安の皆さんが、千代が辞めるって早合点して泣いちゃったところかな♪

確かに!
岡安の皆さんに、愛されてるってわかったことは、千代の自己肯定感をあげたかもしれないわね!

それにしても、一平が大きくなったね!

確かに!
でも、ちょっといけ好かないわねぇ~…。
まだ、芝居に全然本気になってない感じがするわ!

どこで一平が花開くのかは見どころではあるね!

天海天海一座の皆さんもお元気そうで何よりだわ~!

千之助さんのトラブルメーカーぶりは、まだそこまで片りんを見せてないけど、酒癖は悪そうだから、心配だね…。

今週もまだ始まったばかり、ひとまず撒かれたフラグとしては…。

・千代の進退問題
・客入り次第で中日で千秋楽通告された天海天海一座の行く末…。

この辺りを描いていくのかしらね…。

千代には、岡安にいさせてあげたいけど…。
そうなると女優になるっていう物語が、始まらない!
今回の一件で、シズさんが知り合いの一座を紹介してあげて、テルヲから逃がしてあげるのかな…。

あ!そういうことも考えられるかもしれないわね!

朝ドラ『おちょやん』第16話を見た人の反応は?

#テルヲに願いを

そうそこは大事!
悪いのはテルヲ!
最早、テルヲという存在がトータス松本さんの風評被害につながりかねない!

そのくらいの熱演で、物語を盛り上げてくれていることは間違いない!
でも、テルヲ~!
悪いのはテルヲ、悪いのはテルヲ…。

栗子は逃げた?

テルヲの毒親っぷりに、栗子の株がちょっと上がってる?

そこまでは考えてなさそうな気もするけど、結果千代にとっては甲を奏したのは間違いないわね…。
ますますヨシヲが心配…。

岡安の結束で何とか癒される…。

本日最高の癒しシーンだったよね!

辛いだけじゃないのが最高かよって思っちゃうわね♪

本日の気になるイラストさんたち

あ~…本当、これも朝ドラの楽しみの一つだわ~♪
朝ドラへの愛…ひしひしと受け止めております♪

朝ドラ送り・受けまとめ

高瀬アナは、先週のステッキ叔父さんをフューチャー!
ステッキを貸してくれたすてきなおじさまだね!
…ごめんなさい。気温8℃(by東京9時代)の時に…

あさイチでも、トータス松本さんへの風評被害を心配に!
ドラマはドラマ…テルヲはドラマ…
言い聞かせましょう(笑)

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第17話の予告あらすじ

道頓堀での一番の人気は、須賀廼家万太郎(板尾創路)が率いる万太郎一座で、劇場は連日満員だった。

一方、千代(杉咲花)と久々に再会した一平(成田凌)は、芸子遊びばかりで、芝居に真剣に取り組んでいるようには見えなかった。

そんな一平は飲み屋で偶然、千代の父・テルヲが借金の返済のために、千代を別の店に身売りしようとしていることを知る。

借金取りから逃げられないと悟ったテルヲは、奥の手を使い、千代を説得する。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/80311919/

まとめ

困ったね~…。
テルヲの奥の手ってさ、絶対にヨシヲだよね。

ヨシヲの具合が悪いとか、何とか…嫌だわ…そんなの…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告