おちょやん|第4週17話ネタバレと感想。テルヲまさに『借金大王』!【朝ドラ】

2020年12月22日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の17話が2020年12月22日(火)が放送されましたね!

こちらでは、第17話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

テルヲの企みを知ってしまった視聴者と一平…。
何も知らない千代の笑顔が辛い…。

本当ね…それに…テルヲの奥の手って…絶対にヨシヲよね…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第17話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第17話ネタバレあらすじ

千代(杉咲花)は、突然迎えに来たテルヲ(トータス松本)を見て、愛憎半々…、憎らしいのに、どこか喜んでいる自分がいました。

栗子(宮沢エマ)には逃げられ、ヨシヲと2人で暮らしているというテルヲ。

「悔しい…。」

そうは言いつつも、喜びも隠しきれていませんでした。

ところが…、すっかり大人になり、芸妓と一緒に遊んでいた一平(成田凌)は、テルヲが千代を借金返済のために売り飛ばそうとしていることを聞いてしまいます。

そんなこととは露知らず、千代は仕事の合間にテルヲに呼び止められるのでした。

借金とりに、奥の手があると言っていたテルヲ。

それは…。

「ヨシヲの具合があんまりよくないねん。」

ヨシヲの体の具合が良くなく、家で面倒見ながら働いてほしい…そういうのです。

千代は、ヨシヲが心配で心配でたまりません。

テルヲは、畳みかけるようにお茶子の代わりならいくらでもいるだろういい…。

「お父ちゃんとヨシヲには…、おまんしか…おらん。」

そんな2人の姿を、千之助(星田英利)徳利(大塚宣幸)、一平が偶然見ていました。

千之助は、昨日泣かせた男だと、すぐに気が付きます。

徳利も千代の知人だったのかと、びっくりしています。

そして、一平は…、昨日良からぬ人間と良からぬ相談をしていた男だと気づきました。

あの男は、娘を売り飛ばす算段をしていました。

普通に考えたら…、その娘は千代に間違いありません。

一平は、そこでは、声をかけることはしませんでした。

さて、その夜のことです。

初日の興行を終えた天海天海一座。

客入りは…、まぁ、ぼちぼちだったようです。

須我廼家万太郎(板尾創路)の方は、満員御礼の札止め…、比較にもなりません。

年々、客足が遠のいている事実。

やはり、初代・天海天海の離脱の影響は大きかったのかもしれません。

『満員御礼』の札をびりっと力任せに剥がして、歩き出す千之助。

そのすぐ後に万太郎が出てきました。

千之助を一瞥して、何も言わず立ち去る万太郎の背中を睨みつける千之助。

この二人に、一体どんな因縁があるのか…。

それは、もう少し先の話です。

裏口で、1人物思いにふける千代。

そこへ、またも夜遊びに出かけようとする一平と出くわしました。

今日は、特に見張っていたわけではないのですが、それでも毎日夜遊びばかりの一平に、千代は呆れ顔を浮かべます。

しかし、こんなに悩んでいる年頃の娘に、どうしたのか聞こうともしない一平に腹を立てます。

「どないしたんやぁ?」

千代のお怒りに、ちゃらけて返す一平、更に千代の怒りに油を注ぎました。

そして、千代もわかっていました。

一平に相談したところで、何か解決するわけでもないことを。

一平は、自分が見聞きしたことを千代に告げることなく、芸妓のもとへとチャラチャラと向かいました。

部屋に戻ると、玉(古谷ちさ)がお風呂へ行こうと声をかけます。

どこか、思い詰めている千代の姿に気づいていたのかもしれません。

そこへ、新しいおちょやんの里子(奥野此美)がお座布を片付けながら中を覗きました。

「あれ?行かへんかったんですか?」

「え?」

何も知らなそうな千代を見て、里子は自分が余計なことを言ったかもしれない…そう思いました。

里子の話を聞いた千代は、飛び出しました。

そして、その頃、酔いつぶれるテルヲの前に一人の男が立っていたのです。

卓袱台を挟んで、座ったのは…、芸妓の所に遊びに行ったはずの一平でした。

そして、テルヲに話をしたのです。

『このまま、黙っていなくなってほしい。』と。

もちろん、それを、へぇへぇと聞くようなテルヲではありません。

「それなら、あんたが昨日、ここで借金取りと話してたことを、千代にぜ~んぶ言うまでや。」

「おまえ、千代のなんやねん。」

「ただの知り合いや。」

テルヲは、そんなはずないだろうと、絡みます。

そんなテルヲに、一平はきっぱりと言いました。

「あんたみたいな、あふぉ~な親見てたら、我慢でけへん。それだけや!」

テルヲは関係ない奴は引っ込んでいろと、全く引くつもりはありません。

「おいでやす!」

そのとき、居酒屋の扉が開きました。

立っていたのは千代でした。

一平は、すぐに気が付きました。

テルヲは、背を向けていたため、千代には気づいていません。

そして、ペラペラと千代に聞かれたくなかったあれこれを一平にべらべらと話しました。

栗子もヨシヲも…誰もいなくなったこと。

自分には千代しかいないこと。

借金取りのことをばらしたらただではおかないと。

そこまで聞けば、千代もわかります。

テルヲの言った事は、全部嘘だということが。

後ろから掴みかかり、テルヲを問いただす千代。

ヨシヲの病気は『嘘』でした。

ヨシヲは、テルヲとの生活に嫌気がさしたのでしょう。

数年前に家を出たきりだといいます。

そして、千代を料理屋に奉公させれば借金を半分にしてやると言われ、千代の前に現れたのです。

一平にはわかっていました、どうせろくでもない料理屋だと。

一平は、ちょっぴり喜んでいた千代を、傷つけたくないと思い、わざと何も言わずに、テルヲに千代の前から消えてほしいとお願いに来たのです。

突然、いなくなるだけの方が傷は浅いと思ったのです。

でも、全て聞かれてしまいました。

千代は、笑いだしました。

必死なテルヲを見て、笑いがこぼれてしょうがありませんでした。

千代は思い出したのです。

8年前もそうだったことを。

いえ、むしろ8年前の方が、まだマシだったとさえ思いました。

あの時の気持ちを、千代は改めて思い出しました。

『自分一人で生きていく。』

そう決めたことを。

「二度と…二度とうちの前に…現れんといて。」

そういい捨て、千代は帰っていきました。

一平は、慌てて千代の後を追います。

その背後からは、『どうなっても知らない』…、そんな不穏なテルヲの言葉を残して…。

帰り道、千代は一平に言います。

「アホやなぁ…。」

最初から、本当のことを教えてくれればよかったのにと。

「言えるはずない…やろ?」

きょとんとする千代。

「お前の…せいや。」

一平は、それ以上、何も言いませんでした。

「おおきに。」

翌朝のことです。

何やら怪しげなお客が岡安を予約していました。

そして、中に入るや、お茶子たちに狼藉を働きます。

それを覗いた一平はすぐに気が付きました。

テルヲの借金取りだと。

そんなガラの悪いお客に、常連客も逃げてしまいます。

そこへ、千代が追加のお酒を持って、座敷に入りました。

心配する富士子(土井志央梨)節子(仁村紗和)に頷き、お酌をしてあげます。

お酒を一口飲むと、輩は吹き出しました。

「あらぁ…お酒は辛めがお好きやって。」

千代は、かめ(楠見薫)と結託し、熱燗に唐辛子を仕込んでいたのでした。

よいこは、真似しちゃ、ダメ!絶対!

朝ドラ『おちょやん』第17話の感想

て~る~を!
やっぱり嘘か!
このあかんたれが~!

夫人に関西なまりがうつってる!

しかし…一平ったら、芸妓遊びに行ったのかと思ったら…
男ねぇ♪

それは確かに♪

でもまぁ、率直に言って、一平、あんたのお父ちゃんよりあかんたれだす~って思うわよね~。
テルヲ…というか、まともじゃない料理屋って…何?

あ~あれね…
最近よく聞く、『接待を伴う飲食店』ってことじゃないかな(汗)

あぁ…なるほど~…。

借金取りに娘を売るといえば…まぁそういうことだよね…。

しかし、最後借金取りが押しかけてたけど、あれはテルヲが逃げたということかしら…。

その可能性はあるかもね…。

とりあえず、ヨシヲが逃げていたという点は、ちょっとだけ安心してもいいのかなぁ。
逃げたところで、無事かどうかはわからないけど、テルヲに飼い殺されてて…いつまでも千代がテルヲの言うことを聞かなければっていう心残りにならないことが分かったからね。

栗子とヨシヲの逃げ出しタイミングは明かされてないけど、もし栗子の方が後なら、ヨシヲを逃がした可能性もありそうだね。

今回の件で、もう出てこなくてもいいのに…テルヲ。

そう視聴者に思わせるトータス松本さんすごい!って思うことにしよう!

朝ドラ『おちょやん』第17話を見た人の反応は?

テルヲへの怒りが沸々

いくら、ウルフルズが「借金大王」って曲があるからって、テルヲ…

テルヲを見た後だと…、『スカーレット』の常治なんて、まだまだいいお父ちゃんだったわ…。
ただひたすら意地っ張りの見栄っ張りというだけで…。

常治も出てきたとき、こんなん朝ドラ史上最低の父ちゃんだって言われてたしね…。

一平、今日は男前やったぞ!

一平の千代をほっとけない具合がいいじゃん♪

ほんにほんに。
みつえちゃんがかわいそうなくらい、この2人の絆というか腐れ縁というか…。
今のところ、三角関係にもなってないもんね…。

いわゆる蚊帳の外(汗)
本当は、もう少し描かれる予定だったのかしらね~…。

ちょっとした癒し

唐辛子入れてるときの顔最高だったよ(笑)

旦さんとしても難しいわよね。
一応、お客さんとして予約してきた人だし…。

本日の気になるイラストさんたち

今日もたくさんの素敵なイラストがありました!
後で見返すと、その日のお話…思い出すのよね~。

朝ドラ送り・受けまとめ

残念…ヨシヲは出なかった…。
でも、誰かが、ヨシヲに矢部太郎さんをキャスティングしてはっていうのを見て、いいかもって思ったよ!

ちょっと待って、さすがに杉咲花ちゃんの弟に矢部太郎さんは…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第18話の予告あらすじ

千代(杉咲花)には内緒で、テルヲ(トータス松本)を問いただそうする一平(成田凌)。

しかし千代自身も結局は、テルヲが借金返済のために千代を別の店へ身売りしようとしていた事実を知ってしまう。

そんなテルヲのたくらみを、千代はきっぱりと断る。

すると今度は、借金の取り立て屋が大勢、岡安に押し掛け、嫌がらせを始める。

女将のシズ(篠原涼子)をはじめ、岡安の仲間や客に迷惑を掛けることが居たたまれない千代だった。

出典:Yahoo!テレビ

まとめ

いやはや…これは、せっかく千代にとっての居場所になった岡安なのに…
これは出て行かざるを得ないフラグになってしまうんじゃ…。

でも、これが次のステップへの始まりなのかもしれないわね…。
この後…一座に入るか、京都のカフェーに行くのか…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告