おちょやん|第20週96話ネタバレと感想。天晴さんのあちゃー顔で癒されよう!【朝ドラ】

2021年4月19日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第96話が2021年4月19日(月)に放送されましたね!

こちらでは、第96話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

千さんが去った『鶴亀新喜劇』だけど、その後どうなったんだろうね…。

愛のデコピンを受けた一座のみんなだもの…。
もちろん、色んな面白い芝居をしたわよ!

多分、そこは描かないわよ(汗)
ああいう週末を迎えたら、少し時間がスキップするのは、朝ドラの常套手段!
きっと、またハラハラが待ち構えてるのよ…

今週も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第96話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第96話ネタバレあらすじ

【一平のスランプ】

『鶴亀新喜劇』の旗揚げ公演大成功をおさめ、千之助(星田英利)が去ってから、1年が経ちました。

一平(成田凌)は、ひどいスランプに陥り、本が全く書けないのです。

千代(杉咲花)は、心配そうに真っ白な原稿用紙一言書かれた『モウ書ケヌ』を見つめていました。

結局、新作が書けなかった一平は、1周年記念公演のトリは、いまだ根強い人気の『お家はんと直どん』にしようと提案します。

新作じゃないのか…という空気も流れましたが、1年前の自分の芝居と比較して、成長を見ることもできるし、お客さんにも人気な作品だったから見たいという人もいるだろうと前向きな意見も見られ、決定しました。

ところが…突然、灯子(小西はる)が劇団を辞めると言い出しました。

千代と香里(松本妃代)は、引き留めますが、灯子は何も言わず、でも辞めるという意志だけは頑なです。

稽古場を飛び出した灯子を、一平が追いかけます。

千代は、岡福で食事をしていた熊田(西川忠志)に相談しましたが、具合の悪い鶴蔵社長(中村鴈治郎)の代わりに、社長業をこなしているようで、何だか大忙しです。

そして、何とか灯子を引き留めるようにと告げると、さっさと帰ってしまいました。

宗助(名倉潤)は、『自分が必要とされていない』と思ってしまったのではとアドバイスしてくれました。

千代は、解決の糸口の見えぬまま、自宅に戻ると、いつも届く花籠を見つめて、どこかへ向かいました。

【何やら不穏な空気?】

その頃、灯子を追いかけた一平は、灯子に謝っています。

そんな一平に、自分も同じ立場だと謝ります。

その会話の端々から聞こえてくるのは…。

『こないなことになってしまって…。』とか『忘れようと思ったけど無理』とか…何だか朝ドラには似つかわしくない、昼ドラめいたセリフのオンパレード…。

一平は、全てを話して千代に謝るからと引き留めますが、灯子はそれを激しく拒否します。

「それは、罪悪感に負けて、全部話してしまいたいだけです。私が言える立場ではありませんが…私は、千代さんを悲しませたくないんです。私がいなくなればいいだけの話ですから。」 

一平を振り切るように、灯子が自宅に戻ると、そこには千代が待っていました。

「一平のせいやろ?」

千代の言葉にどきりとした顔の灯子でしたが、それは今、一平が無神経なことでも言ったのではないかとフォローにきたようでした。

千代は、灯子を引き留めるべく、いつも届く花籠を持って話に来たのです。

そして、自分も芝居を辞めたくなったことがあったが、この花籠の人がいつも見てくれていると思って頑張っていることや、灯子にもそういう人がきっといると、懸命に引き留めます。

しかし、罪悪感に押しつぶされそうな灯子は、千代の顔を見たくないと追い返してしまいます。

千代は、ショックを受けた顔で、ふらふらと戻ってきます。

そして、一平に謝りました。

自分が灯子に嫌われてしまったから、灯子が辞めるのだと…。

もちろん、一平はそうではないことが分かっています。

そこへ、ケガをした寛治(前田旺志郎)天晴(渋谷天笑)に連れられて帰ってきました。

千兵衛(竹本真之)とケンカをしたというのです。

驚く千代に抱えられて、部屋に入りますが天晴は、多くを語ろうとはしません。

どうやら原因は、あまり千代には聞かせたくない内容のようですが、千代がそれを聞かないはずもありません。

寛治は怒りをにじませて…千兵衛とのケンカの原因を話します。

実は…千兵衛が灯子の家から一平が出てくるのを見た、あの二人はデキているからいづらくなって辞めるのではと下世話なことを言い出し、千代と一平夫妻に恩義のある寛治は、カッと頭に血が上り殴り掛かってしまったのです…。

そんなことあるわけがないと笑い飛ばす千代は、一平の方を向きます。

しかし、そこには、顔面蒼白の一平の姿が。

そして、ちゃぶ台をどけ土下座する一平が一言言いました。

「堪忍!」

呆れた顔の天晴と、驚き過ぎて表情のない寛治…そして、千代の驚きと怒りの声が響き渡るのでした。

朝ドラ『おちょやん』第96話の感想

一平…それはアカンやろ!
夫としても、座長としても!

そうだね…。
いや、まだワンチャン、一緒にいただけ…いや…灯子の思いつめ具合を考えたら、それはないか…。

灯子がね…また…もっと嫌な感じだったら…
自分が罪悪感に負けて話してしまいたいだけって、一平に言う所…ずっと大人だわね…。

そうだね…。
まぁ、やっぱり、この展開は避けて通れなかったってことなんだね…。
というか、灯子って、いくつ設定なんだろう…

う~ん。
千代のモデルである浪花千栄子さんと一平のモデルである2代目渋谷天外さんは1907年と1906年生まれ…劇中は同い年設定だけど、モデルのお二人もほぼほぼ同い年と言って差し支えないかな。

で、灯子のモデルと言われている九重京子さんは、1921年生まれだから15歳年下…ということは…

昭和19年福助の赤紙が来た時がだいたい35歳。(35歳のおっさんに赤紙は来ないでしょって言ってたから)
終戦時が36歳として、そこから3年の地方巡業の時が39歳。
旗揚げ公演から1年だから、今、40歳というところね!

そこから15歳ひくと…25歳かぁ…。

まぁ…ないこともないか…
でも、多分、寛治もそのくらいでしょ?

息子同然の子と同年代の若い座員に…
もう!一平!
まぁ、千代の強さがきついタイミングだったんだろうけども…。

とはいえ…あかんよね…。
心を救われたんちゃうんかい!ってなるじゃん。

頭を下げた一平の背中越しに、呆れた表情を浮かべる天晴さんの顔した渋谷天笑さんがまた…。
複雑な役どころよね…。

渋谷天笑さんの師匠は3代目渋谷天外さん…。
つまり2代目渋谷天外さんの息子なわけで…その母は浪花千栄子さんではなく…九重京子さんなんだから…。

何?その複雑な話…
リアルとフィクション混ぜるな危険だよ!

まぁ…それいうたら、3代目渋谷天外さんがそもそも守衛さんの役で出演してるんだから、今更よね(汗)

うまいこと史実とフィクションを織り交ぜて、千代の居場所を奪わないでほしいけど…。
難しいのかしらね…。

しんどいね…。
週の頭から。

ここまで来たら、地獄の果てまでついて行くわよ…こちとら。

すごい…朝ドラ愛だね…。

広告

朝ドラ『おちょやん』第96話を見た人の反応は?

一平…昼ドラを持ち込まなくてよろし!

こうなってくると、もう今週のサブタイトルが痛い…
心に突き刺さる…。

千代から…家族が奪われるかもは…本当にきつい…
せめて、芸者にしとけ…一平…っていうのも、何か違うか…。
相手が若い座員ってのが…しんどい…。

天晴さん…逃げれなかった

今日はね、ほんとこの天晴さんの表情が、全てを物語っている。
このあちゃー顔…。

この顔だけ、3回くらい見返しました。
もう、この表情が秀逸過ぎました。

いい兄貴分の顔で、私には大好物!
シリアスシーンだけど、この天晴兄さんの顔大好きです!
しんどい1話でしたが、ここに癒されました(笑)

視聴者もみんな同じ顔してる…。

本日の気になるイラストさんたち

本当、願いはこれだけなのにね…。

もう少し、ここに浸っていたかったよ…。
週開けて、展開えぐいなぁ…。

朝ドラ送り・受けまとめ

高瀬アナ!
千さんいきなりドアップでしたよ(笑)

大吉先生の叫びが…
でも、苦しくなってた心が、ちょっとすっきりしましたよ!
ありがとう!大吉先生!

そして、そのあとの本日のゲストが松岡修造さんということで、更にスカッとでした(笑)

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第97話の予告あらすじ

千代(杉咲花)が劇団を辞めないように説得するも、聞く耳を持たない灯子(小西はる)。夜、寬治が顔に痣をつくって、家に帰ってくる。灯子が劇団を辞めるのは、一平(成田凌)と何かがあり、居づらくなったからだと言い張る劇団員とのけんかが原因だった。千代は、そんなことはあるはずがないと信じなかったが、一平の様子が何やらおかしい。しまいには寛治が聞いたことは事実だと認める始末。千代は冷静さを失い、修羅場と化す…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/84793263

まとめ

明日は、修羅場だね。
間違いない。

これは、ちょっと覚悟しておきましょう。
明日も、物語を追いかけていきます!

 

広告