おちょやん|16週77話ネタバレと感想-再登場・小暮と高城百合子が結婚!?【朝ドラ】

2021年3月23日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の77話が2021年3月23日(火)に放送されましたね!

こちらでは、第77話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

千代、寛治を預かったことで、すっかり『お母ちゃん』気分って感じだね!
でも、この子…何か笑顔の後ろに隠していることがありそう…。

何ていうのかな…人懐っこい笑顔という鎧を纏っているみたいな…。

千代は、寛治に子どもがいたらみたいな気分もそうだけど…ヨシヲと一緒にいた頃の事も重ねていそうよね…。

お願いだから、千代を裏切らないでよ??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第77話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第77話ネタバレあらすじ

【『お母ちゃん』と呼ばせたい千代】

新派の劇団で座長をしていた父親を亡くし、身寄りをなくした松島寛治(前田旺志郎)という少年を預かった千代(杉咲花)一平(成田凌)

人懐っこい笑顔でいる寛治に、とりわけ千代は『お母ちゃん』気分を楽しんでいました。

それは、おつかいに出して1時間帰ってこないと、ハラハラ心配したり、やっと帰ってきた寛治が小銭入れを落としたと聞いて、本人ではなく自分が探しに行ったりしてしまうほどに。

ある朝、食卓に並べた人参を避ける寛治。

千代は、好き嫌いはダメだといいます。

「何やんねん!急にお母ちゃんみたいなこと言って~。」

そういって笑う寛治を見て、千代は『お母ちゃん気分』を自覚しました。

ふと、寛治のお母ちゃんについて尋ねてみますが、寛治はずっと父と2人で知らないといいます。

それまで、話したこともなければ、聞いたこともなく、生きているのか死んでいるのかもわからないのでした。

「そうか~…そやなぁ!せっかくやし、ここにいる間、うちのことお母ちゃんって呼んでみ?」

さすがに、寛治はお母ちゃんとは呼びにくいようです。

ちょっと無理強いしたら、逃げられてしまいました。

一平は、そんな千代を見て、昨日今日会った人間を『お母ちゃん』と呼ぶのは難しいと窘めるのでした。

それでも、何としても『お母ちゃん』と呼ばれてみたい千代は、寛治を猫かわいがりします。

福富楽器店に連れていき、ホットケーキを食べさせる千代は、優しいお母ちゃんを演出。

でも、寛治はやはり『お母ちゃん』とは呼んでくれません。

それを見ていたみつえ(東野絢香)も、あれは手ごわいと苦笑いです。

「子どもなんてのはな?自分の思うとおりになんてなれへん。一福かて、福助がトランペットやらしてみても、全然乗り気やない…。『戦争ごっこ』のが楽しいいうてな…。」

その横で、福助(井上拓哉)は一福にトランペットを教えていました。

「嫌や!!!なんもおもろない!」

楽器の面白さを知ってほしい、福助は一福を捕まえますが、相当な抵抗を見せる一福。

「うわ~!トランペットや!かっこええな~!」

そういって、間に寛治が入り、トランペットを見せてくれとお願いします。

寛治は、トランペットを手に取ると、うっかり落としかけてしまいます。

「うわわわわ!」

「大事ないか?」

寛治と一応福助のトランペットも心配する千代。

「大事ないけど、大事あるわ!」

大事なトランペットの一大事に大慌ての福助…小さい傷を見つけてしまい、大慌てで修理へと向かいました。

「堪忍な!福助!」

「ほんま…すんません!」

その帰り道、しょんぼりする寛治に千代は言いました。

「もう芝居はええで?」

そう、寛治がトランペットを落としかけたのは、嫌がる一福を助けるためでした。

「バレてたか…。あんなに嫌がってんのに、無理やりやらせたら…好きなもんも、嫌いになってまう。そんなん可哀そうや…。子どもは…大人に勝たれへんさかいな…。大人はみんな勝手や…。

千代の難しい顔をみて、寛治は、思わず取り繕いますが、千代は優しくほほ笑みました。

「あんた…優しいな。」

そうして、今晩は寛治の好きなメニューにすると約束するのでした。

【驚きの珍客】

さて、その頃一平は、鶴亀の社長・鶴蔵(中村鴈治郎)の所に来ていました。

次の公演の準備金を受け取るためです。

寛治の様子も尋ねられると、一平は正直にちょっとうるさくて台本が進んでいないと苦笑い。

公演に支障があるのは困ると、無理はしなくていいと進言しますが、張り切る千代のために、このまま寛治を預かる所存でした。

一平が帰った後、鶴蔵と熊田(西川忠志)は、公演に支障が出るのは困ると難しい顔をしているところに、更に困ったことが起こり、それどころではなくなってしまいました。

警察が、ある人を探して訪ねてきたのです。

「以前、こちらにいた人物なのですが。」

探し人の情報を見た鶴蔵は、思わず目を見開くのでした。

天海家の本日の夕飯は、カレーと相成ったようです。

ニンジンがたっぷり浮かぶカレーを見て、寛治は渋い顔。

「一口でええから食べてみ?美味しかったら、うちのことお母ちゃんって呼ぶんやで?」

そんな戯れを言われながら、目をつむって一口カレーをほおばる寛治。

結果は…。

「まずい…。」

やはり、一筋縄ではいかぬようです。

「そうか…それやったら、カレーのとこだけ食べ?」

あっさりと引き下がった千代を見てにやりと笑った寛治は、ニンジンをよけて大口でほおばります。

「うまい!やっぱり、ニンジンがない方がうまいで!」

そんな寛治を見て、千代はにやりと笑います。

「へぇ~…ニンジン美味しいんやな?そのカレーの中、すりおろしたニンジンがたっぷり入ってんのやで~?

「そんなんずるいわ!」

寛治は、卑怯だと抗議しますが、目先のニンジンに油断した寛治の負けだと鼻高々。

約束は、『ニンジンが入ったカレーを美味しく食べたら「お母ちゃん」と呼ぶこと』ですから、勝ったのは千代なわけです。

千代は、期待した目で寛治を見つめます…ところが、その時、扉をノックする音が聞こえてきました。

残念がる千代でしたが、その来客を見て、驚きました。

なんと、そこに立っていたのは…、千代の初恋の人…小暮(若葉竜也)だったのですから…。

驚く千代は、その同行者をみて、更に腰を抜かしかけます。

「お久しぶりね。」

「高城さん!?」

そこには、千代が女優を目指すきっかけとなった大女優・高城百合子(井川遥)もいたのですから…。

その驚きは、ちょうど帰ってきた一平も同じでした。

ひとまず中に入ってもらった千代と一平は、話を聞いて、より一層驚きます。

何と、小暮と百合子は結婚していました。

千代へのプロポーズも監督への夢にも破れた小暮は、一時東京の実家に帰って病院を継いだはずでしたが、結局『映画』への夢をあきらめきれず、自分が作りたい話を作れる場所を探して転々としていました。

その折に、旅芸人の中にいる百合子と再会したのだといいます。

「私にとっては、それが始まりだった!」

「…つまりは、僕の事は覚えてなかったというわけなんだけど…。」

相変わらずの百合子の様子に千代は苦笑いです。

で、どうして訪ねてきてくれたのかというと、旅の道中に雪で電車が足止めを食ってしまったものの、年の瀬という時節柄、宿が取れず困っていたところ、千代たちの事を思い出したのだといいます。

千代の結婚は、どうやら鶴亀家庭劇の噂を通じて、知っていたようです。

「不躾なお願いで申し訳ないが、列車が動くまで、泊めてもらえないだろうか…。」

千代たちとしては、大歓迎ではありますが、寛治を預かっているという事情で、部屋が少し狭いことだけは、承知してほしいと告げます。

「部屋は広い方がいいのだけど…。我慢するわ♪」

千代は、そんな百合子節も懐かしいものだと感じていました。

「それでね…。ぼくたちがここにいることは、ここだけの話にしてほしいんだ。」

驚く千代に、小暮は、百合子は鶴亀を解雇された身、自分も似たようなものだからと説明します。

千代は戸惑いますが、何かを感じ取った一平は、それを承諾するのでした。

朝ドラ『おちょやん』第77話の感想

えぇ…まずは千代にお伝えします。
苦手なものの『塊』が食べれられることと『すりおろしたもの』が食べられることは別次元の話です。

それはわかる気がする…。

私は、玉ねぎが食べられないんだけど…。

でもすりおろしたものがカレーにとか味の濃いドレッシングにとかなら、食べられるパターンも存在するのよね。

そうだよね。
私は、トマトが苦手だけど、ケチャップやフレッシュ過ぎないトマトソースなら食べられるよ。

あと…私は、しょうがにも同じことが言えて、すりおろしたショウガは平気なんだけど、しょうがをガリガリとは食べられないのよね…。

かじると、『ひょ~』ってゾワゾワってするのよ(汗)

そそういえば、ジンジャーエールとかは、全然平気だもんね。

うん。
好き嫌いはないにこしたことはないけど…『すりおろしたら食べられるんだから、塊もいけるだろ』っていうのは、違うと声を大にして言いたい。

実感がこもってるなぁ(笑)

さてさて…今日は、少しだけ寛治の闇みたいなものが見えた気がするわね。

うん。
やっぱり、あの人懐っこさは、生きていくための術って感じがするよ。

小銭入れを落としたのも、にんじん食べれない~も…何となくだけど、試し行動に見えるのよね…。

心理学で出てくるけど愛着障害ってやつか…。

うん。
どの程度なら、受け入れてくれるか…みたいな。
で、寛治は千代にしかわがままは言わないのよね。

確かに、他の大人には、おべっかみたいなことしか言ってないね。
千代以外には、福富のホットケーキがまずいってくらいじゃない?

あれも、福富のホットケーキがまずいってことより、お母ちゃんって呼べって言われての返しだから、結局は千代向けだしね。

親の愛情みたいなものに飢えている感じかしらね…やっぱり。

でも、そうなってくると…『エール』の主人公の義兄姉夫妻・智彦と吟の所にやってきた戦災孤児のケンちゃんみたいに、ひとつ屋根の下過ごすことになるんじゃないかしらね。

実際に養子にするところまでになるかどうかはわからないけどね。
それよりは、もう少し大きい感じだからさ(笑)

そして、今日のインパクトは…もう小暮と百合子の再登場&結婚よね!

いやはやびっくりしたよ…。

でも…何だかとっても不穏よね…。
2人の登場の前に、鶴亀の社長を訪ねてきた人探し中の警官…。

前にここいたって言ってるし、あの鶴蔵の顔をを見ると…

多分、追われてるわね…。
まぁ、それもわかる気がする…。

小暮も青臭さを持ってるし、百合子も自分の意にそぐわない芝居をするわけがないからね…。

『わろてんか』でも、高橋一生さん演じる栞が革新的なことをやろうとして、どんどん追われていく時代だし…色々不穏だわ…。

広告

朝ドラ『おちょやん』第77話を見た人の反応は?

復活『小暮沼』!百合子との結婚!も…ワケアリあり?

今週は、小暮と百合子の出来事と寛治の2本立てってことか…
多分、2人は治安維持法違反で追われてる身なのかもしれないね…。

そうね…しかし、相変わらず自由な百合子さん…
初恋を成就させた小暮さんが、また『過去は振り返らないの!』って、戦後くらいに一人になってそうな予感が…。

寛治の闇は深い…。

寛治の本性は、ムービングウエンズデーかサーズデーあたりに見られそうだね!

笑顔の仮面がはがれた時…どうなるやら…。
その時、千代が本当にお母ちゃんって呼んでもらえるかの瀬戸際ね♪

本日の気になるイラストさんたち

徳利さん、いつの間にか結婚してる!!
そして、天晴さん、今もおひとり…。
富士子さんとかお嫁さんにどう?(笑)

何だろう、こちらのイラストさんが少し遅れてるってご本人も気にされてたんだけど、その遅れ具合が本編に絶妙にシンクロしてて…。

このシーンと今日の寛治を可愛がる千代が…。
絶対、寛治にヨシヲ重ねてもいるよなぁって…。

朝ドラ送り・受けまとめ

尺不足は、本当に心配だよね…。
だって、あと2か月弱で、戦後まで行くんだもんね…。
まだ、昭和12年だし…。

これは今週のあと、また大幅にスキップするくらいのことは起きそうね…。
余談だけど、BSPで再放送中の『澪つくし』も、あと1週間半分ってとこだけど、まだ戦争終わってないし…バタバタの予感だわ…。

あさイチは、何だか、とってもたのしそうだったけど♪
私もハイボールと唐揚げ食べたい(笑)

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第78話の予告あらすじ

身寄りのない寬治(前田旺志郎)を預かる千代(杉咲花)と一平(成田凌)の家に突然、高城百合子(井川遥)と小暮真治(若葉竜也)が訪ねてきた。驚くことに二人はすでに結婚していて、芝居をできる場所を探しながら、全国を回っていた。列車が雪で足止めをくらい、千代のもとを頼ったのだった。久々の再会に、楽しい夜を過ごす四人だったが、百合子と小暮はある秘密を抱えていた。一方、二階で聞き耳を立てる寛治に笑顔は無い…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83746548

まとめ

さぁ…小暮と百合子の闇も、寛治の闇も気になる…。
これは、一体全体、どうなってしまうのやら…。

きっと、特高警察は、嗅ぎ付けて千代たちの家にもやってくるわよね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告