おちょやん|第16週76話ネタバレと感想。新顔・松島寛治(前田旺志郎)登場!【朝ドラ】

2021年3月22日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の76話が2021年3月22日(月)に放送されましたね!

こちらでは、第76話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、あれから少し時間が経つみたいだけど…どのくらいたったのかな?
千代もいくつくらいになるんだろう?

あんまり盛大にスキップすると…戦争がねぇ…
何となく笑顔になってきたのに、また辛いターンの始まりじゃない?

ちょっと不安だわ…。
今週も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第76話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第76話ネタバレあらすじ

【先週末から5年】

昭和12年の年の瀬。

テルヲ(トータス松本)の死から5年という月日が流れ、千代(杉咲花)も、30歳になっていました。

この頃の日本は、当時支那事変と呼ばれた…今でいうところの日中戦争の勝利に、国中が勝った勝ったの大騒ぎでした。

千代と一平(成田凌)夫妻は、子どもには恵まれぬものの、相変わらずの生活を送っています。

さて、今日の千代は、岡安へとやってきました。

国中が戦争を鼓舞している時代、子ども達も『お国のため』と教えられ、遊びも戦争ごっこが流行っていました。

随分大きくなった一福も店先で宗助(名倉潤)と戦争ごっこをしていました。

千代は、シズ(篠原涼子)を訪ねました。

やっと、ずっと昔にテルヲの借金を用立ててもらったお金を返すことができたのです。

シズは、自分が勝手にしたことなのだから、よかったのにと微笑みます。

それでも、千代はお世話になったシズや、この道頓堀という町のためにきっちり返すことを決めていました。

そして、今日が、その一区切りとなったわけです。

このお金は受け取らなければ、千代の気が済まないとシズはわかっていましたから、きちんと受領します。

でも、一時はすっかりお客さんの減っていた岡安でしたが、鶴亀家庭劇で現在公演中の『頑張れ、集配婆さん!』が、とてつもない人気を博し、ぽつぽつではありましたが、岡安にお客さんが来ていることを感謝していました。

『頑張れ、集配婆さん』は、お国のために戦争に行った孫の代わりに郵便配達をするおばあさんの話で、愛国心溢れる内容の芝居は、人々の胸を打ったのでした。

とはいえ、シズは、お金よりも千代と一平の生活の方が気になります。

千代は、劇団員が手のかかる子どものようなものだと笑います。

その千代の姿は、さながら『劇団のおかん』でした。

【新キャラ・松島寛治】

さて、そんな『頑張れ、集配婆さん』の公演も千秋楽を迎え、楽屋に戻った千代の目に飛び込んできたのは、楽屋を漁る少年の姿が!!

「ど…泥棒!!!!!????」

千代の叫び声に、少年も慌てふためき、劇団員たちも飛び込んできて、責め立てます。

そんな声を聞きつけてやってきたのは、熊田(西川忠志)でした。

泥棒少年を見るや、熊田は呆れた声を出します。

「なんや、寛治やないか。ちゃんと挨拶せい!」

この泥棒少年は、熊田が連れてきた少年でした。

父親のやっていた新派の劇団で雑用をこなしていた松島寛治(前田旺志郎)は、散らかった楽屋を見過ごせず片付けようとしていたのでした。

で、なぜここにいるのかというと…実は、寛治は座長の父を亡くし、身寄りもなく困っていました。

年明けには、遠縁の親戚が迎えに来るというのですが、それまで預かってほしいというのです。

皆、難色を示しますが、熊田の伝家の宝刀が飛び出しました。

「大山社長のお言葉や。」

それを出されては、誰も何も言い返せませんでした。

というわけで、寛治は千代と一平の家に厄介になることに。

一平は、ブスっとしていますが、千代は言います。

一応、他の座員たちにもあたってみたんですよ?でも…。

  • 天晴(渋谷天笑)は一人やもめ
  • 徳利(大塚宣幸)は嫁に子ども5人という大所帯
  • ルリ子(明日海りお)は間借り生活
  • 香里(松本妃代)は彼氏がくるから
  • 漆原(大川良太郎)は両親の面倒を見ている
  • 千之助(星田英利)百久利(坂口涼太郎)の所では悪い遊びを覚えそう
  • 小山田(曾我廼家貫太郎)の所は…ちょっと不安

こうなっては、座長である一平と千代の家以外に選択肢は、ほぼなかったと言って過言ではありませんでした。

それに、若くして身寄りがない寛治に、千代は昔の自分たちを重ね合わせていました。

「ここの台本、全部座長さんが書いてるんでっか?読んでもええ?」

早速、家の中から何か見つけ出した寛治を、一平は注意しようとしますが、あまりにキラキラした目で言うので、結局絆されてしまいました。

その夜は、育ち盛りの寛治のために、ごちそうを作る千代。

翌日も家事を教える千代…。

何だか、やたらと張り切ってるのを、一平は感じていました。

そして、千代自身も、子どもがいたら、こんな生活だったのだろうかと思いを馳せるのでした。

朝ドラ『おちょやん』第76話の感想

5年のスキップで、昭和12年か…。
千代も30歳になったのね~。

昭和12年か…真珠湾攻撃まであと4年…そこから太平洋戦争が4年…。
まだまだ戦争のターンが長いね…。

そうね…。
あれ?…あとちょうど2月くらいなんだけどね…4月の2週目くらいまで戦争のターンかしら…。

可能性としては、十分に考えられるね…。

朝ドラで、戦争といっても、ヒロインの周囲の人がバタバタ亡くなるような展開はあまり描かれないんだけど…すごく影響を与えた人が亡くなることも多いし…

エールでは、今までにないような戦争のシーンが描かれたという前例ができてしまったし…
色々不安だわ…。

そうだね…。
それに、今、お客さんがたくさん来てくれているのは愛国心を描いたお芝居でしょ?

そうなると…戦後が心配だよね…。

周囲のバッシングもそうだけど、戦争を賛美してしまったと本人たちの気持ち心配よね…。

それにさ、百久利や一平あたりは、召集令状が来たっておかしくないよね…年齢的にさ。

一平は、召集じゃなくって、一座として慰問に行くよう指示が入るかもしれないしね…。

何とか無事に戦争を乗り切ってほしいんだけどな…。

離脱なしは…さすがに難しいかしら…うううう。

まぁ、ひとまずは、新キャラ・松島寛治の動きに注目だね。
本格的な戦争のターンは、もう少し…あとだよね?

そうね。
しかし、松島寛治役の前田旺志郎くんは、『わろてんか』でキースの子役をやってたから、吉本からのスパイ?何て思っちゃうわね~(汗)

千代がお母ちゃんとして張り切ってる感じが、ちょっと切ないよね…。

ほしいと願い過ぎる人の所にほど…授からないところあるわよね…。
ほんと、この世はままならない。

でも、この子も、何だかにおうって…華丸さんは言ってたねぇ…。
ほんと、新派のスパイじゃないことを祈ろう…。

可愛い顔して、無邪気に振る舞っている姿が…ちょっと違和感なのよね…今週をかき回すのは、彼なのかしら…

でも、予告に高城百合子の姿もあったよね!

これは、色々気になるわ…。

広告

朝ドラ『おちょやん』第76話を見た人の反応は?

新キャラ・松島寛治

この松島寛治というキャラは、どんなキャラなんだろう…
笑顔という仮面をかぶっているように見えるよね…。

ちなみに松島寛治のモデルは、、藤山寛美さんという喜劇役者だそうよ!

娘さんは、朝ドラ『芋たこなんきん』でヒロインを努めた藤山直美さんです。
2021年3月22日現在で、単独ヒロインとしては、最年長のヒロインです♪

お孫さんはこのあと『おちょやん』にも登場し、『まんぷく』の缶詰男・野呂缶として一世を風靡した藤山扇治郎さんなんですよ!

思いがけぬご飯論争

全然気にしてなかったけど、こんなご飯論争が…。

単純に洗ってざるにあげてあったから、翌日に雑炊にでもするんだと思い込んでいたわ。

そのまんま食べるんじゃ、ちょっと衛生的に…思う人もいるかもしれないしね。
洗って雑炊にするなら、もう一度火も通すし!

そしたら、公式さんでもご飯の行方、ちゃんとお知らせしてたわね!

本日の気になるイラストさんたち

このシーンね…美しくも恐ろしいシーンだったよね…。
しかも、ヨシヲ思い出してないし…。
千代がチビ千代を抱っこしているというところだけを抜き取ると、可愛いと思うんだけどね(汗)

ヨシヲ…お線香あげにという口実で、千代のお家においで…。
って、今でも改めての再会を希望してしまう…。

でも、お線香つけようとしたら、千さんが現れてろうそくの火を吹き消されるかも何て…おもってしまった(汗)

朝ドラ送り・受けまとめ

時を戻そう…って言いたかっただけっていう、的確な大吉先生(笑)
私は、前田旺志郎くんを『きれいなオードリー若林』って言ったのが、相当ツボだったけどね(笑)

華丸さんは、次のコーナーへのキラーパスを一生懸命考えてるのかしらね♪
今日も素晴らしいパスでした!

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第77週の予告あらすじ

鶴亀株式会社の熊田に頼まれ、父親を亡くし、身寄りのない松島寬治(前田旺志郎)を一か月ほど預かることになった千代(杉咲花)と一平(成田凌)。一見すると天真らんまんな寛治の振る舞いにどことなく違和感をおぼえる千代。それでも身の上を思いお母ちゃんのように振る舞おうとする。ある日、福富楽器店で寛治は、戦争ごっこ好きの息子とかみ合わない福助から、吹いてみたいとトランペットを拝借する。しかし手を滑らせてしまい。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83717197

まとめ

笑顔の寛治が、何かトラブルを呼び込みそうで、色々心配だね…。
あんまり、何事もないといいんだけど…。

本当ね…高城百合子も出てくるし…今週も色々盛りだくさんな予感ね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告