おちょやん|75話ネタバレと感想。テルヲと千代にあさイチで勘九郎号泣!【朝ドラ】

2021年3月19日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の75話が2021年3月19日(金)に放送されましたね!

こちらでは、第75話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ…千代はテルヲに対して、どう決着をつけるのか…。
いや…もう…色々苦しい1週間だったけど、スッキリさせてほしいなぁ!

そうね…もう、早く見ましょう!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第75話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第75話ネタバレあらすじ

【千代とテルヲの対峙】

テルヲ(トータス松本)は、千代(杉咲花)を奉公に出した日の背中を、ずっと後悔していました。

ボロボロと涙をこぼすテルヲ見て、千代はどうしていいのかわかりませんでした。

『お母ちゃん…うち、どないしたらええ?』

千代は、何度も何度も心の中の母・サエ(三戸なつめ)に問いかけました。

必死の思いで、懐からあるものを取りだしました。

それは、奉公に向かう日の朝、テルヲが千代に渡したサエの写真です。

「お母ちゃんにも謝り…。うちは、どうしたかて、あんたの事は許されへん!でも、お母ちゃんだけは、あんたの事許してくれるかもわかれへん。」

そして、たった一つ、千代はテルヲに感謝していました。

「あの日、写真渡してくれたことだけは感謝してる。辛いとき、この写真をみて頑張ってこれたさけ…。ほんま…どうしようもない…、悔しいけど…あんたは『お父ちゃん』なんや。

テルヲは、千代の言葉に、更にボロボロと泣き出します。

いつ死んでもいいと思っていたテルヲは、そんなこと言わないでほしいと…。

「この世に未練ができてしまうやないか。」

「あんたの取り柄はしぶといことだけや。病気になんか負けんと…もう一度笑って、『お父ちゃん』って呼ばせてみ。

テルヲは、力を振り絞って立ち上がると、いつもの表情で千代に言いました。

「上等や!やったろうやないけ。病気なんて、ちゃちゃっと直して、芝居に見に行ってやるさけ、一番ええ席用意して待っとけ!

「今までに見たこともないようなおもろい芝居見せたるから、楽しみにしとき!」

そういってほほ笑むと、すっくと立ちあがり、背中を向けました。

そんな愛娘の背中にテルヲは言います。

「おまん…ほんまにお月さんみたいやな…。」

「…なんやそれ?」

千代は、一度だけ振り返ってそう言うと、面会室を後にしました。

「お前、身内いたんやな。」

「あほ。わいの自慢の娘やど。」

千代は、複雑な思いを抱えたまま、家まで帰ってきました。

隣の家の家族が千代をみて、『おかえり』と声をかけます。

お父さんにちょっかいを出す弟とお母さんの手伝いをする姉。

テルヲがいて、サエがいて、ヨシヲがいる。

自分もこんな風に生活していたかもしれない『if』の世界を見つめ、悲し気に微笑みます。

そして、それが千代とテルヲの…最期の会話となりました。

【テルヲ、死す】

その夜、テルヲは留置所の小さな窓から、月を見上げていました。

『お父ちゃん!』

ふと目の前には、小さい頃の千代(毎田暖乃)と今の千代が座っていました。

あの頃のように、笑って自分を呼ぶ娘の姿を思い浮かべ、テルヲは静かに息を引き取りました。

千代は、遺骨を引き取り、一平(成田凌)が撮影した写真が、そのまま遺影となりました。

ヨシヲ(倉悠貴)にも知らせようと試みましたが、連絡を取ることはできませんでした。

「ごめんやす!」

その時でした、家の前にはシズ(篠原涼子)宗助(名倉潤)が弔問に!

驚く千代でしたが、宗助はテルヲに助けてもらったのに、お礼が言えなかったからと笑います。

そして、やってきたのは2人だけではありません。

みつえ(東野絢香)福助(井上拓哉)一福(竹林遼)に、菊(いしのようこ)福松(岡嶋秀昭)

カメ(楠見薫)富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)

千之助(星田英利)天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)百久利(坂口涼太郎)小山田(曾我廼家貫太郎)ルリ子(明日海りお)香里(松本妃代)

つまりは、道頓堀で千代と関わる色んな人が大集結と相成りました。

「あの!!皆さん…どうして。」

迷惑をかけまくったテルヲの弔問に、千代の仲間たちがみんな来てくれるとはつゆほども思っていなかった千代は、困惑していました。

「あんたのこと、『よろしゅう頼みます!』って言われてしもたさかいな!」

みつえの言葉を皮切りに、皆、ここ数日のテルヲの行動を千代に話して聞かせます。

道頓堀の方々で『千代を頼む』と頭を下げまわっていたテルヲ。

みつえ達は、ひどい奴だったけど、一応親なんだなと思ったと。

ルリ子や小山田は、稽古を覗いている顔が嬉しそうだったと言います。

千之助は、居酒屋で泣かれたと話して聞かせます。

「ちょっとこいつのこと褒めたら、おいおい泣いてなぁ!」

この話は、むしろ千之助の言葉に、皆が驚きます。

千之助が、他の役者を褒めたという言葉は、あまりの衝撃だったわけです。

驚く一座の面々の顔を見て、バツが悪くなった千之助…。

「…という夢を見た。」

そういって、誤魔化しました。

そんなみんなを見て、千代は思わず涙があふれてきます。

「最期に…芝居見せて、思い切り笑かしたる言うたのに…ほんま口先だけやったわ…。」

一平は、遺影を見せました。

「もう笑てるやないか。」

あまりに能天気な笑顔を浮かべるテルヲの写真を見て、みんな笑いがこみ上げてきました。

「よっしゃ!弔い酒じゃ!!地獄のテルヲは~ん!乾杯!」

そんな、一見不謹慎にも聞こえかねない千之助の一声で、酒盛りがスタート!

とても通夜とは思えぬほど、賑やかな声が溢れました。

でも、それはテルヲの通夜らしいといえば…そうだったのかもしれません。

【千代、幸せになる宣言】

弔問客が帰っていき、久しぶりに、ゆっくり二人きりの一平と千代。

千代は、改めて一平に話をしました。

みつえから問われた『千代にとっての幸せ』についてです。

このまま、芝居のことばかりでいいのかと、千代は、色々考えていました。

そして、答えは出ていました。

「うちは、あんたと一緒になれてよかった。けど、やっぱり、芝居も役者も辞めたない。それでもええ?」

「当たり前や。」

「おおきに。」

一平の返事に、千代は嬉しそうに腕を絡めました。

そんな千代を、一平は温泉に行こうと誘います。

千代は、それを快諾します。

いい雰囲気の2人の顔が近づいていくと…。

『あか~ん!!!!!』

ふいに、テルヲの声が聞こえたような気がしました。

空耳かと、改めて千代は一平にキスをしました。

その後ろでも、テルヲはバタバタと娘を取られた父親のように叫び続けますが、千代は気にしないことにしました。

『お父ちゃん、うちは、幸せになんで』

心の中で、千代はテルヲに宣言するのでした。

朝ドラ『おちょやん』第75話の感想

これが、一番すっきりといえば…スッキリなのかもしれないわね。
テルヲを許さないと決めた千代。

でもちゃんと、遺骨は引き取ったし、少なくとも私は、周囲が許してあげろとは言わない雰囲気に感じたかな。

みんなのテルヲの話は、あくまでも事実を伝えたってこと?

うん。
何となく、次に会えたら、『何父親ぶってんだ!』って文句を言わせてあげるためかなって。

だからこそ、あえてしんみりはさせなかったって感じか…

『地獄のテルヲはん、乾杯!』だからね(笑)

まぁ、ある意味、ずっと会話が成立してなかったテルヲと千代だったし、最期にちゃんと、千代がテルヲに言葉をぶつけられたことは、よかったととらえるべきかもしれないね。

許すも許さないも、お母ちゃんに託したのは、千代がお母ちゃんにちゃんと甘えた瞬間ともいえるかもしれないわね。

それを解放したことで、一平にも何となく甘えられた本日のラストシーンだったのかな?

そういう見方もできるかも??
テルヲの天の声が邪魔だったけど、最終的には無視していい雰囲気だったものね♪

全然夫婦感が無かったから、イチャイチャしてて、けしからん!もっとやれって感じだったね(笑)

ほんとほんと!ちゃんと温泉も行きなさいよね!一平!

全くだ。

広告

朝ドラ『おちょやん』第75話を見た人の反応は?

テルヲへの弔い

何となく、とにかく、色んな思いがあるとは思うけど。
ひとまず、これでテルヲ問題は決着がついたんだって思えるね。

そうね…千代は矛は納めたっていう意見がすごく納得がいったなぁ。
私たちも、テルヲへの矛は、故人に免じて納めましょう。

千之助は泣かれた話、ぽろって言っちゃったのね(笑)
みんな、テルヲは天国に行ってないって思ってるところで、ちょっと笑ってしまったから、もう負けだわ(笑)

お話の手のひらでゴロゴロすることにします(笑)

やっと夫婦らしい??

あのシーン、一平は知らなかったんだね!
いい顔してたもんね♪

来週1人増えてるかもは確かに思うね!

うんうん!
でも、すごく千代がラストシーンでイチャイチャしてみた感じを紐解いてくれた意見は、すごく納得してしまったわ!

本日の気になるイラストさんたち

確かに、あの接見室のセット、『まんぷく』で福ちゃんと萬平さんが幸を見せてあげた時に似てるね!

ほんのちょっと前の話なのに、ヨシヲが遠いわね…。
ヨシヲ…テルヲ亡くなったで…。
連絡がつかないって…どこにいったの…。

朝ドラ送り・受けまとめ

ヨシヲは結局見つからなかったようですよ…高瀬アナ…。
もう出てこないのかな…。

勘九郎さんが号泣されてて、先日の坂下千里子さんも思い出してしまったけど…。
わかる…ええ作品は、我慢できない!
もし有働さんが受けてたら、またつけまが落ちてたでしょうね…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第16週の予告あらすじ

昭和12年の夏に始まった日中戦争で日本軍は勝ち続け、日本中が沸いていた。鶴亀家庭劇でも戦争を題材とした愛国ものの芝居が人気となっていた。そんなとき、千代(杉咲花)と一平(成田凌)は新派出身の子役、松島寬治をしばらく預かることになる。寬治に母はおらず、父を亡くしたばかりだった。そんなとき、突然、高城百合子(井川遥)と小暮真治(若葉竜也)が訪ねてくる。驚くことに、二人は結婚しているという。

出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/16/

朝ドラ『おちょやん』第76話の予告あらすじ

父のテルヲ(トータス松本)が亡くなって5年、千代(杉咲花)は30歳になった。昭和12年、夏に始まった日中戦争で日本軍は勝ち続け、日本中が沸いていた。鶴亀家庭劇でも戦争を題材とした愛国ものの芝居「頑張れ!集配婆さん」が人気となっていた。千代は一平と相変わらずの二人暮らしだが、鶴亀家庭劇の団員たちを世話し、舞台に出れば大盛況の毎日は、それなりに充実していた。千秋楽、楽屋に戻ると男が部屋を物色していて…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83685022

まとめ

ちょ…ま!!!
えぇぇぇ!
何?この予告!

まさかの展開過ぎるわ…。
2人の間に、お子さんはいないようだけど…男の子を預かることになるみたいね…

千代、お母ちゃんにもなりたいは、なりたいのね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告