おちょやん|17週84話ネタバレと感想。みつえ、トランペットを死守!【朝ドラ】

2021年4月1日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第84話が2021年4月1日(木)に放送されましたね!

こちらでは、第84話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

つつつ鶴亀家庭劇が、解…散!?

昨日の華丸さんの受けの薬師丸ひろ子さんぽくなってるわよ…。
でも、この状況の中で、解散はいたしかたないようにも思うけど…。

千代は納得しないわよね…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

広告

朝ドラ『おちょやん』第84話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第84話ネタバレあらすじ

一平(成田凌)から、『鶴亀家庭劇』の解散を告げられました。

公演を打てば打つほど赤字の『鶴亀家庭劇』は、ついに見放されてしまったのです。

千代(杉咲花)は、すっくと立ちあがると、鶴蔵(中村鴈治郎)の元に向かおうとしますが、それを一平は制止します。

一平自身も限界を感じていたのです。

昼夜なく空襲警報がなり、寝不足のまま遠くまで公演に行く日々、座員全員が寝不足と過労でボロボロでした。

そして、戦況は悪化していく状況では、生きていくだけで精一杯です。

これ以上、一座にみんなを縛り付けておけないと言います。

千代は、激しく抵抗します。

でも現実は、座員がみんなボロボロでした。

それでも、千代はどうにか劇団を残してほしいと懇願します。

「これ以上、大事なもんがのうなってしまうのはごめんだす。」

しかし、ぽろぽろと皆の苦しい現実がこぼれだします。

千之助(星田英利)は、何もかもが面白くないと。

ルリ子(明日海りお)は、田舎に一人で暮らす父親が心配だから帰りたいと。

徳利(大塚宣幸)も、このまま大阪にいて空襲警報のたびに5人の子どもを連れて嫁と2人で逃げるのは限界だと泣き笑い。

「ここらが潮時かもしれんな…。」

そんな天晴(渋谷天笑)の言葉は、座員みんなの正直な気持ちだったのかもしれません。

千代は、自宅へと戻りながら、先に相談してくれなかった一平に不満をこぼしました。

でも、一平も悩んでいたのです。

千代に先に相談すれば、今日のように怒って鶴蔵の所に乗り込んでいくのは、目に見えていたからです。

そして、そんな千代を見たら、『自分が諦められなくなる』ことが分かっていました。

紆余曲折はありましたが、芝居を愛する一平にとって、それに抗うことは難しかったのです。

でも、座員たちの現状を思えばこそ、座長・2代目天海天海として、心を鬼にしたのでした。

「勝手に決めて悪かったな。」

次の日、福富楽器店へとやってきた千代。

みつえ(東野絢香)たちも、来週には疎開を決めていました。

ところが、シズ(篠原涼子)と宗助(名倉潤)も一緒にと言っているのに、どうしてもシズが言うことをきかないというのです。

千代には、そんなシズの気持ちが何となくわかるような気がしました。

その時です、突然、婦人会の面々が押しかけてきました。

金属の供出を白というのです。

それは、近所の人からの福助(井上拓哉)のトランペットがあるはずという密告によるものでした。

菊(いしのようこ)は、そんなものはないと突っぱねますが、それなら警察を呼んで家を調べると言い出します。

すると、みつえは家に残された包丁と鍋1つ、そしてお金を差し出します。

この家に残された最後の金属とトランペットを質に入れたお金だと。

「わてらが、どないな気持ちで質に入れたかわかりはります?そんなに疑うなら家探しでもなんでもすればいい!けど、うちにも意地があります。そん時は、わてをこの包丁で刺してからにしてんか!」

みつえは、どちらにしても鍋も包丁も出せば、ごはんを食べることさえできなくなるが、それでも非国民だと疑われるくらいなら、福富の名誉とお国のために死んでやる…と、疑う婦人会の面々にみつえは啖呵を切りました。

先陣を切ってやってきた婦人は、みつえの手をそっと降ろしました。

そして、それ以上は、何も言わず帰っていきました。

婦人会の人たちの姿が無くなると、みつえは腰を抜かして座り込みました。

すると、菊もみつえも思わず笑いがこみ上げてきます。

家の奥からは、福松(岡嶋秀昭)が、トランペットを持ってきました。

みつえは、命がけで福助のトランペットを守るため、大芝居を打ったのでした。

ほっとした千代は、その足で岡安にも顔を出しました。

鶴蔵のやり口に納得のいかなかった千代は、愚痴をこぼしに来たのです。

シズは、千代の気持ちを受け止めはするものの、同じ商売人として鶴蔵の気持ちがわからないわけではありませんでした。

憤る千代の気持ちを、そっと諭します。

千代は、鶴亀は身勝手だとぼやきますが、それ以上に、一座を続けたいと願うことが自分の身勝手であることも重々承知していました。

みんながボロボロだということは、わかっていました。

こんなご時世だし、諦めなくてはいけないことも頭では理解していました。

でも、心が追い付かなかったのです。

そんな千代に、シズはいつか『岡安』の暖簾を立てる日を夢見ていました。

そして、富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)を呼び戻すことも考えていました。

どんなに苦しくても思うことはできると、シズは、道頓堀で…岡安で、その時を待つ心づもりです。

だから、疎開を断固として拒否するのでした。

千代が自宅に戻ると一平が、今後について相談しようと待っていました。

一座が解散した以上、疎開するか働き口を探さなくてはいけないからです。

しかし、千代はシズの姿を見て、ひとりでも『鶴亀家庭劇』を続ける気持ちになりました。

一平は、後ろ盾も役者もいないのにどうするつもりなのかと言います。

「あんたがいてる…寛治だって…。それだけでも、芝居はできる。」

千代の脳裏には、防空壕での花車当郎(塚地武雅)との2人芝居がありました。

人がいなくても、お客さんを喜ばせることはできると思っていたのです。

でも、一平は反対します。

悪化の一途をたどる戦況を思えば、みな芝居どころではないからです。

「うちは、1人でもやります。」

そんな千代をみて、一平は勝手にしろとその場を離れてしまうのでした。

朝ドラ『おちょやん』第84話の感想

『すべて戦争のせい』
矢部くん…いいこと言うなぁ…。

そうだね…婦人会の人たちだって、日本が勝つためにという信念はある。
でも、あのそっと包丁降ろしたご婦人、多分何かを察しはしたんだろうけど、わかってくれたのかな??

戦争って、本当に愚かねぇ…。
今、この時代に生きてるから、鍋や包丁程度の金属まで大砲や弾にしなくちゃいけない時点で察しようよって思ってしまうけど。

この時代は、本当にこれで日本は勝てると思ってたんだものね。

とはいえ、この時のお国と現代のお国…。
若干リンクする部分を感じなくはないよね。

そうね…国民置いてけぼり感は、今も戦争中も大差がないようにも感じる部分はあるかもしれないわね。

もちろん、戦争中を実際に体験したわけではない私が単純に比較できるようなものではないけど。

ただ、千代の暴走具合がちょっと心配。
率直に言ったら、周囲が疎開しようっていう中、とどまり続けるのはしんどかった思うよ。

千さんの「おもろない」っていうのも、自分がやりたい芝居でお客さんを笑かせないのは、もうしんどかったんじゃないかな…。

ルリ子さんも田舎のお父さんが心配…。
徳利さんとこの子ども達の年齢感が分からないけど、大人2人で子ども5人連れて逃げるって、結構なことよ。

それも毎晩の警報のたびでしょ…。
奥さんも辛いわよね…。

その点で行くと、千代がちょっとわがままに見えてしまうよね…。
一平は、座長として、みんなが暴走した千代に一時の感情でみんなが乗ってしまわぬよう、本音を漏らせるように、あのやり方を選んだんだろうね…きっと。

若干、千代にテルヲ風味を感じてきてしまって…。
大丈夫かなって思いが…。
だって、寛治のお母ちゃんだったら、寛治を疎開させたいって思わないのかしら…と。

今の千代は、『スカーレット』の貴美子が穴窯をやりたいって、八郎と決定的な溝を作ってしまった時と重なってしまうのよね…。

そうだね…。
ちょっと待って!
今は、待とう?ってやつだよね…。

シズが、岡安をいつか再興させようとしてるのを、ちょっと都合よく解釈しちゃったかな??みたいな感じが…。

シズさんもさ、疎開をしないことが『岡安』を守ることじゃないんじゃないかなって言ってあげたいよね…。

そうよね、『岡安』は場所じゃなくて、ハナさんの気持ちを受け継いだシズがみんなをまとめる。
そんなみんながいることが『岡安』だと思うのよ。

だから、シズさんがしなくちゃいけないのは、自分がこの戦争を生き抜くことだと、誰かメッセンジャープリーズ!

だから、今は生き抜くことが、『鶴亀家庭劇』を守ることだと思うんだけどな…。

まぁ、これも、あと半年で戦争が終わるとわかっている現代を生きる私たちだから言える戯言よね…。

そうだね…。
今、2月の何日くらいなんだろう…。
とにかく、早く大阪から逃げてとしか言えないよ…。

広告

朝ドラ『おちょやん』第84話を見た人の反応は?

今年のエイプリルフール大賞は、福富楽器店からお越しの富川みつえさんです!

今日のみつえの姿には、テルヲの借金取りから千代を追わぬように守った時のシズさんの姿があったね。

そのあと、腰を抜かしちゃうところも含めてさ。
そりゃ、借金取りよりは、婦人会の人たちの腕っぷしは弱いかもしれないけど、そのかわり、あの人たちをこの時代に的に回すことは、直で生活に打撃だからね…。

配給で、ちょっと減らされたりとかさ…。
でも、あんなに笑うのは、もう少し待ってからにして!!とは思ったね(笑)

それはね、思ったかな(笑)
というか、福松さん、持ってこないで!
隠しといてよ~って、思っちゃった(笑)

エイプリルフールにいい嘘だったわ~。

千代に感じるテルヲの影

千代ねぇ…
気持ちはわからないではないけど、『辛くても思うことはできる』はそういうことじゃないかも(汗)

それに、寛治のお母ちゃんを名乗るのなら、寛治を疎開させることも考えてほしいなぁ…。
というか、寛治は今いくつ??

『岡安』や『鶴亀家庭劇』を守るというのは、『場所』を守ることではないとおもうぞ~っていうのは感じるわね…。

『人』を守らねば、再び集まることもできないからね…。
でも、これも戦争の結末をしってるからこそ言える…戯言だけどね。

本日の気になるイラストさんたち

本当に、早く戻ってきてほしいね…
道頓堀に灯が帰ってきて、芝居をまた楽しめるようになった頃、『岡安』は芝居茶屋っていうよりは、芝居観覧に関する色々をやる…。

そうだなぁ…例えばお茶やお弁当を売るとかチケット手配するとか、グッズ企画とかね、そういうイベンターみたいな業態にして、何気にみんな洋装になったりして(笑)

福富ともタッグを組んで、芝居チケットの半券を持っていくとドリンク1杯無料とかね!
戦争が終わったら、きっとそんな日々が戻ってくるわよね…

ついでに、組が空襲で壊滅、散り散りになってしまっていくところが無くなったヨシヲが千代を頼って、帰ってきたりとか…。

疎開してた鶴亀のみんなが、1人また1人帰ってきて…千さんは最後から2番目に帰ってきて、メンツ見てむすってしてたら、百久利が復員してきて、顔真っ赤にしてプルプルして…。

それを見た、徳利さんや天晴さんが冷やかして…みんな笑ってる。
そんな日々が。

朝ドラ送り・受けまとめ

今日の高瀬アナは、朝ドラ送りというわけではなかったけど、新年度を迎える今日らしい話題だったね!

そのあとの千代の『よっしゃ!』は、確かに、気合が入ったね!

あさイチも、朝ドラ受けはなかったんだけど、きれいな桜と菜の花のコラボレーションで、新年度の始まりを彩っていたわ!

おちょやんの世界にも、早く彩りが帰ってきますように…。

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第85話の予告あらすじ

出征した夫・福助のトランペットを婦人会から守り抜いたみつえ(東野絢香)。芝居茶屋・岡安を再興させ、お茶子たちを呼び寄せたいと願うシズ(篠原涼子)。それぞれの、大切なものを守りたいという意地に触れた千代は、自分一人でも家庭劇を続けることを一平(成田凌)に宣言する。突き放されても、千代は今までの稽古場を自分で間借りすることに決め、「鶴亀家庭劇」の掛け軸も勝手に書きかえてしまう。それをある人に見られて…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/84191287

まとめ

1人でも、『鶴亀家庭劇』を続けると決めた千代。
そんな千代を一番最初に見つけるのは、誰だろうか…。

さ~予想合戦だ!
私は…『千さん』

私は…う~ん…。
う~ん…。え~…そこは一平であってほしいけど、やっぱりいつもいてくれる『漆原さん』

明日の予告を見て、皆さんは、誰を想像しますか??
景品はありませんが、暗い戦争パート少しでも楽しみましょう!

明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告