おちょやん|17週85話ネタバレ感想。千之助、百久利の好きな酒にデコピン【朝ドラ】

2021年4月2日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第85話が2021年4月2日(金)に放送されましたね!

こちらでは、第85話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

一平が出ていってしまったよ!
でも、どっちの気持ちもわかるから、辛い。

何というか、本当に千代と『スカーレット』の貴美子が穴窯パートが…。
あの時も、家族がそばにいてくれたけど、一番いてほしい人だったはずの八郎は出て行ってしまったし…。・

千代も、一平はいないみたいな展開が待っているのかしら…。
というくらいには、頭が朝ドラ脳なわけだけど…。

でも、スカーレットと違うのは、他の家族は陶芸の事よくわかんないけど、そんなにやりたいなら手伝うで!だったのに対して…。

家庭劇の面々は、みんな芝居バカだから、またちょっと違う展開よね…。
一平は、千代を女性としても好きだろうけど、女優・千代も大好きすぎる芝居バカだし…。

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第85話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第85話ネタバレあらすじ

【新生家庭劇誕生!】

千代(杉咲花)は、自分一人でも家庭劇を続けると一平(成田凌)に啖呵を切りました。

頑なな千代に、呆れた一平は家を出て行ってしまいました。

大家さんと交渉し、稽古場は千代が借り直すことにしました。

そして、看板を外すと『鶴亀家庭劇』の文字の『鶴亀』に大きなバツを書き入れます。

「そないなことして、大山社長が怒るで!」

そんな千代に声をかけたのは寛治(前田旺志郎)でした。

寛治は、当たり前のように掃除を手伝い始めました。

自分が使う稽古場を掃除するのは当たり前だと。

寛治が仲間になりました。

千代は、寛治と2人、昔の演目『手違い噺』で稽古をしてみます。

男性の役は寛治が、女性の役は千代がやってみます。

最初は、ずっと男性パートなので、その姿はさながら落語というところでした。

やっとやってきた女性パートは、ご寮人さんと千代のシーンです。

千代は、かつての自分のセリフを言ったあと、ご寮人さんのセリフを…言おうとした時でした。

響いたのは、あの芝居の時と同じ声。

そこには、ルリ子(明日海りお)が立っていました。

「私の役を勝手に取らないでくれる?」

今日も素晴らしい、ルリ子さまのカメラ目線…いただきました。

田舎に暮らす父親の元に帰るつもりでいたルリ子でしたが、なぜか田舎に帰ると連絡した電話で大ケンカになり、そのまま勘当されたというのです。

更に、稽古場にけったいな音が響きました。

ほら貝の音です…、とういうことは…。

徳利(大塚宣幸)が入ってきました。

家にいる徳利に子ども達が、次の芝居はいつかとせっついて来てくれて、やはり自分には芝居しかないと思った言います。

ルリ子と徳利が仲間になりました。

あっという間に4人になった『新生家庭劇』。

すると、突然にわか雨が窓の外で音を奏で始めました。

雨が降れば、あの人の登場です。

「雨降って地固まる。」

「まだ、俺の席ある?」

天晴(渋谷天笑)漆原(大川良太郎)も仲間になりました。

にわか雨も上がった頃、あの素直じゃない男も稽古場の前に姿を現しました。

「力…貸したるで。」

「わぁ!!!!」

そんな千之助(星田英利)の背後から、先ほど仲間になった面々に小山田(曾我廼家貫太郎)香里(松本妃代)も加わった面々が現れ、千之助は心臓が止まりそうなほど驚きました。

結局、半日もしないうちに一平を除いたほぼ全員が『新生家庭劇』の仲間になりました。

RPGなら、とんでもないゲームスピードです。

姿を現さない一平に、千代は腹を立てたままでしたが、ひとまずこれからのやることを考えていきます。

まずは、何よりも芝居小屋を探さなくてはいけません。

登場の遅れた天晴と漆原は、合流する前に小屋を探しに行ってくれていました。

でも、近隣の小屋は軒並み鶴亀の息がかかっていて断られてしまったというのです。

「何や…結局、みんな戻ってきたんかいな。あほやな…って、俺もやな(笑)

稽古場の入口に一平が立っていました。

千代は、一平を睨みつけますが、実は一平も昨日の夜からずっと芝居小屋を探していたのです。

京都にある『朱雀劇場』を1日だけだが抑えたといいます。

こうして、ほぼ全員がそろった『新生家庭劇』、千之助は祝杯を上げようと一升瓶を取り出します。

「これはな…アホの百久利が好きやった酒や。」

千之助は、今は戦地で戦っている百久利(坂口涼太郎)も仲間にいれるべく、代わりに一升瓶を連れてきたのでした。

一平は、千代に乾杯の音頭を促します。

千代は、1人で掃除をしていて寂しかったことを、寛治から始まって、みんなが次々に戻ってきてくれて嬉しかったことを話し、こんな状況だけどと前置いて、言いました。

「うちは、今、幸せだす。」

千之助は、話が長いと勝手に乾杯してしまいまいした。

【悲劇の始まり】

昭和20年3月10日未明。

東京を大空襲が襲いました。

次は、大阪だと世間は噂しています。

菊(いしのようこ)は、シズ(篠原涼子)の元を訪れました。

そして…。

「ええか…死んだらしまいや。まだ諦めてへんのやったら、どないしても生き延び。」

ここまで、ずっと疎開を拒むシズに遠回しな疎開のススメをして、菊は帰っていきました。

シズは、カメ(楠見薫)に、すぐ疎開するように言いました。

その真剣な表情に、本当に危ないと感じたカメは『へぇ』と答え深く頭を下げました。

そして、昭和20年3月14日。

『新生家庭劇』は、公演のために京都に来ていました。

何だか、そわそわして眠れなかったという千代と一平は、朝も早くから支度部屋におりました。

千代は、芝居ができる喜びと…、1つの迷いの間を右往左往していました。

「一平、いまからうちが言うことに『ええで』って答えてな。…本当にこれでよかったんやろか。」

「ええで。お前のしたことは間違ってへん。」

一平と千代は、お互いの顔をみつめ、微笑みました。

しかし…、そんな穏やかな朝は、終わりを迎えました。

青い顔をした寛治が支度部屋に飛び込んできました。

そして、昨晩から今朝にかけて、大阪で大空襲があり、道頓堀にも被害が出ていると聞いたのです。

『大阪大空襲』

昭和20年3月13日深夜から14日未明にかけて、大阪市を中心とした無差別爆撃が行われたのでした。

朝ドラ『おちょやん』第85話の感想

なんか、すごい今日は家庭劇の面々のあれこれを思い出す…っていうか、何か再集結して、またバラバラフラグになりそうなスローモーション感だったんだけど!!

朝ドラでスローモーションは、別れのフラグと言われているのに…。
ちょっと…辞めてよ~…。

そういえば、予告を見て誰が千代の所に最初に来るかクイズをしたわけだけど…
おお外しだったね。

そうね…。
しかも、2人とも中途半端に面白くないくらいのタイミングで登場…。

私は、千さん。

私は、漆原さん。

答えは…

寛治(汗)

すごい中途半端だった(笑)

結果、全員来たんだか…OKよ!
百久利も一升瓶参戦ということで!
もう…早く帰っておいで!

しかし、天晴さんが来るときはにわか雨が降るっていう演出、結構好きなのよね♪
特に『雨降って地固まる』って言いながら、水も滴るいい男感で登場した後、『俺の席、まだある』でガチな水も滴るいい男・漆原登場が(笑)

いや、渋谷天笑さんも、素敵な男性だけど、この物語において、漆原さんのいい男感を考えると、絶対そういう天晴残念演出よね(笑)

しかし、3月10日をしれっと迎えて(大阪の話だから、当然と言えば当然。)、あっという間に14日の朝を迎えるとは…。

芝居をしようって時に…。
多分、この大空襲を機に、本当に終戦までは散り散りになってしまうんじゃないかと思うんだよね。

わろてんかでも、終戦まではそんな感じだったと思うわ…。
さすがに疎開するんじゃないかと思うんだけど…

道頓堀にいた皆さん、大丈夫かしら…。
みつえたちはもう疎開自体はしてるんだよね?

ご寮人さんもだけど、熊田さんとか、小次郎さんたちとか…心配な人が多すぎる…。

なんか、来週怖いよ…。

持ち上げて、落とされそうよね…。

はぁ…千さんが百久利の好きな酒にデコピン(千さんは好きな人にデコピンする)でちょっと…癒されたのに…。

広告

朝ドラ『おちょやん』第85話を見た人の反応は?

幸せだったのに~…

もうさ…あまり多くを語れないね。
みんなが帰ってきてくれてよかったのに、「これでよかったのか」「ええで」からの空襲の知らせ…。

演出がえぐすぎる…。

とにかく…みんな無事でいて…。

本日の気になるイラストさんたち

みつえ役の東野絢香さんがご自身のSNSでいってたんだけど、この時食いしばりすぎて、奥歯が欠けちゃったんだって(汗)

でも、その時はアドレナリンで、「奥歯なんていらん!」って思ったみたいなんだけども、後に冷静になってやっぱりいるなって思って、歯医者に行ったそうだよ!

よかった本当に歯医者に行ってくれて!

またタイミングが…。
一座のすごい盛り上がりの時…よね…。
また、こんな風に…みんなで板に…。

鶴亀座とか…燃えてしまったんだろうか…。

朝ドラ送り・受けまとめ

私も、そろそろ喜劇で大笑いしたいだす。

大阪が心配だす。

今日は賀来賢人さんがプレミアムトークことだから、さらっとしてたわね…。
でもどうせなら、今再放送してるし、花子とアンについて冒頭ふれてくれてもよかったのになぁ♪

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第18週の予告あらすじ

昭和20年3月13日深夜、大阪の街が大空襲に見舞われた。公演のため京都に来ていた千代(杉咲花)と一平(成田凌)は、そのことを聞き、急ぎ道頓堀に戻ってくる。そこで、福富の菊(いしのようこ)と夫の福松(岡嶋秀昭)が亡くなったことがわかる。千代と一平たちは、みつえ(東野絢香)たちと一緒に暮らすことにする。そんなとき、寛治(前田旺志郎)が突然、家庭劇を辞めて満州への慰問団に志願したいと言い出す。

出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/18/

朝ドラ『おちょやん』第86話の予告あらすじ

昭和20年3月13日深夜、大阪の街が大空襲に見舞われた。公演のため京都に来ていた千代(杉咲花)と一平(成田凌)は、そのことを聞き、急ぎ道頓堀に戻ってくるのだった。千代の目には壮絶な光景が広がる。福富楽器店は焼かれて跡形もなくなり、かつての岡安の店前もひどいありさまだった。シズ(篠原涼子)を含め、道頓堀の人々が無事かどうか、気がかりでならない千代。近所の人々は言葉少なげに遺体安置所を指さすのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/84289870

まとめ

予告見ちゃったよ…。
いや、見ないのも無理だったけど…。

まじか…。

これが戦争よね…さすがにヒロイン亡くなったら、物語が終わっちゃうから、それはないけど…でも、よほど、たまたまいい所に疎開してたとかない限り、誰も被害がない展開はまれよね…。

来週は、終戦も迎えそうだし…色々覚悟しておきましょう…。

 

広告