おちょやん|17週83話ネタバレと感想。福助出征、岡安閉店…家庭劇解散!?【朝ドラ】

2021年3月31日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第83話が2021年3月31日(水)に放送されましたね!

こちらでは、第83話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

福助のトランペット演奏は、かっこよかったね…。
また帰ってきて、かすれた音から聞かせてよね。

岡安も閉店してしまうし…。
もう、今週はずっと辛い!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう。

広告

朝ドラ『おちょやん』第83話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第83話ネタバレあらすじ

【大好きな人たちが道頓堀を離れる日】

福助(井上拓哉)の出征の日、一平(成田凌)は、福富一家の家族写真を1枚撮りました。

昭和19年の2月、こうして福助は出征していきました。

そして、その数日後、岡安も最後の日を迎えます。

お茶子の富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)も、ここ道頓堀を離れることになります。

神妙な面持ちで座る3人を前に、シズ(篠原涼子)宗助(名倉潤)は、労いの言葉を書けます。

すると…。

「あんたら…老けましたなぁ…。」

突然、そんなことを言い出すシズに、神妙にしていたみんなも、思わず笑いだしてしまいます。

その笑顔を見てから、シズは一人一人に退職金を渡しながら、一言ずつ声をかけます。

  • 富士子は、頼りになるお茶子頭。
  • 節子は、要領よしの仕事熱心。
  • 玉は、後輩ができてからの成長著しかったこと。

3人の成長を心から喜んでいました。

そして、この岡安の暖簾を下げることになったのは、すべて自分の責任だと頭を下げます。

もちろん、みんなそんなことは、つゆほども思っていません。

むしろ、自分たちが支えきれなかったのだと思っていました。

すると、突然、スッキリした顔をしたシズが顔を上げました。

「ほは、みんなのせいいうことでええな?あ~肩の荷が下りました!」

きょとんとするお茶子たちとなぜか、今辞めるわけでもない千代(杉咲花)まで巻き込まれて、店の外に追い出します。

「さぁ、さっさと行っとくれやす!新しい幕が開きますで!長いことお疲れさんでした!ほな!」

カラッとした笑顔で、そう告げると、ぴしゃっと玄関を閉めてしまいました。

「これでええんだす。芝居茶屋に湿っぽいのは似合いまへん。」

そんなシズの気持ちを、みんな理解していました。

「ご寮人さんらしいなぁ。」

これからのみんなの行く先は…。

  • 富士子は、夫の田舎で農家を手伝うことに。
  • 節子は、東京で一人がんばることに。
  • 玉は、しばらくは大阪の実家で祖母の介護をすることに

道頓堀に残る千代に、3人はシズと宗助の事を託して、旅立ちました。

こうして、芝居茶屋『岡安』は、60年余りの歴史に幕を下ろしたのでした。

【鶴亀家庭劇の危機】

その後、戦況は悪化の一途をたどっていきました。

一月後には、全国の大きな劇場が、次々と閉鎖されていきました。

道頓堀のえびす座と鶴亀座も、その例外とはなりません。

そして、とうとう、道頓堀から灯が消えてしまいました。

昭和20年2月には、B29という爆撃機による空襲が、日本各地を襲い始めていました。

そんな中でも、鶴亀家庭劇は、何とか空いている芝居小屋を見つけて、細々と公演を続けていました。

そんなある日、熊田(西川忠志)に呼び出された一平が帰ってきました。

次の芝居小屋が決まったものばかりと思っていましたが、一平はそうではないと言います。

不思議そうにしていると、うたた寝をしてしまっていた香里(松本妃代)が目を覚ましました。

疲れるのも無理はありません。

今までと違い、移動を伴う公演が続いたことや、毎晩のように空襲警報で起こされて、細切れ睡眠になっていたのですから。

「ほんまに日本は大丈夫なんやろか…」

思わず、つぶやく小山田(曾我廼家貫太郎)百久利(坂口涼太郎)が励まします。

そして、千之助(星田英利)も…。

「空襲がなんぼのもんじゃい!鬼畜米英がきてもな、わいが笑い死にさせたるわ!」

と、息まきます。

ところが、その時、空襲警報がけたたましく鳴り響きました。

千之助は、真っ先に稽古小屋を飛び出して行きました。

稽古場の火鉢の火を消していた千代と一平は、みんなとはぐれてしまい、別の防空壕に非難しました。

逃げ込んだ防空壕の中では、少しの私語にもピリついたムードです。

そこへそんな空気に耐え兼ねたのか、赤ちゃんが泣きだしてしまい、泣き止ませろと怒鳴る男と子どもが泣くのはしょうがないだろうという女の間でケンカが始まりかけてしまった時です。

止めに入っていた千代を突然…。

「花子?花子やろ?」

千代を『花子』と呼ぶ男が1人。

「会いたかったでぇ~!」

「いや、花子ちゃいます。人違いだす。」

「いや、花子は人と違う。昔、うちで飼ってた牛や。いや、よう見たらちゃうなぁ…。花子によう似た牛さんや!」

突然、そんな話が始まります。

笑いだした防空壕の人たちを見て、千代もその話に乗っかっていき、その男を『ヒキガエルの次郎似ている』と話を始めました。

最終的に、ヒキガエルの次郎は、牛の花子に踏みつぶされて亡くなったというオチで、防空壕は大笑いの渦に!

何とかケンカを止めることができました。

程なく、空襲警報も解除され、千代と一平は家へと向かいます。

「けったいなおっちゃんやったなぁ…。」

「あん人はな、しゃべくり漫才で有名な『花車当郎』や。」

一平は、その人の事を知っていたようです。

千代も花車当郎(塚地武雅)が漫才師と聞いて、話のうまさに納得しました。

「なぁ…千代。」

一平は、何か言いたげに声をかけます。

しかし、『顔が汚れてる。』と告げ、本当の言葉を飲み込む一平。

一体、何を言いたいのでしょうか…。

それから数日…。

百久利にも赤紙がやってきて、出征していきました。

千之助は、笑顔で挨拶する百久利を無言で、さっさと行けという手振りで送り出しました。

鶴亀家庭劇の面々は、百久利が帰ってきたときのために、守ろうと一致団結しました。

しかし…。

「すまん。あかんのや。『鶴亀家庭劇』は解散する。」

突然の一平の言葉に、みんな驚きの表情を浮かべるばかりなのでした。

朝ドラ『おちょやん』第83話の感想

かかかか解散!?
昨日から、何か言いたげだったのは、このこと??
一体どういうことなのよ

でも、状況としては、しょうがないよね…。
何せ、劇場は閉鎖に次ぐ閉鎖だもんね…
これ以上は、赤字になるという判断かな…。

これ、百久利が帰ってきたときに、泣いちゃうパターンなんじゃ…。
とはいえ、現実的に、今一座のみんなは、どう思ってるのかしら…。
ご両親の面倒を見てるらしい漆原さんとか、子だくさんの徳利さんとか…。

鶴亀座で公演ができてた時は、道頓堀をそんなに離れなくて済んだものの、地方で講演するとなると、ちょっときつかったりしてるのかも…。

その疲れを、今日一手に表現していたのが、香里さんだよね。

そうね…百久利さんが笑顔で辛そうに出征していく姿が…
そういえば、福助出征が昭和19年2月って言って、昭和20年2月に途中でなってたから、さりげなく1年スキップしてたわ…

戦争時代自体はどんどんスキップして、あと半年で終戦か…。
でも、都会は、ここからの半年が、きついよね…。

そうよ…もうすぐ、大阪を襲う大空襲のタイミングだってくるんだから…。

東京の直後が、一番被害が大きかったんだよね・・。

そのはずよ…。
『わろてんか』では、看板を抱きしめて泣く濱田岳の姿が…。
同じ時期の大阪だから、鶴亀の劇場も多大な被害を受けるはずよね…。

みんな早く…疎開して!!って気持ちに、今、ここからだから言ってしまうよね…。

節子が東京に行くのよね…。
心配だわ…。
それに、大阪の実家で介護をする玉も…。

というか、富士子さん結婚してたのね!!
いつのまに…って(汗)
富士子さんのご主人の田舎はどこなのかしら…。

いい感じに、疎開になるといいんだけど…。

そうだね…。

何というか…。
岡安のカラッとした閉店が、救いだったかな…。

老けたなぁはよかったね(笑)

また会えるよね…みんな。

芝居茶屋にしんみりは似合わないよ!
あかるくあかるく!

そうね!
今日は、後に一緒に仕事をすることになる『花車当郎』とも出会ったわけだし!

そうそう!
再会が楽しみだね!

明るく今日を締めておこう!

ほんにほんに!

広告

朝ドラ『おちょやん』第83話を見た人の反応は?

出征する福助と百久利

これね…色々思うこともあるけど、とにかく福助と百久利が帰ってくる日を待つしかないよね…。

そして、昨日のトランペット演奏時にいなかった千之助の事とか、今日の百久利を見送る千之助の演技について、星田英利さんがブログで語られているから、今日の放送を見てから、ぜひ検索してみてください。

敢えてリンクは貼りません。
読んでみたい方は、検索してみてください!

大丈夫、現代人の目から見れば、出征は悲劇だけど、朝ドラ名物『亡くなる前に歩いていく背中がスローもション』に福助と百久利はならなかったもん。

だから、きっと帰ってくる…。
待ちましょう!

岡安お茶子シスターズ…また会おう!

と、思ったら、こっちがちょっとスローモーションだったね…。
いや、きっと大丈夫…大丈夫だよ!

福助と百久利は、あるあるが外れず、お茶子シスターズは外れてください!
早く道頓堀に灯が帰ってきますように…。

花車当郎登場!

今日の当郎さんの登場は、今週の明るいイベントかもしれないね…。

本当、それ…。
今日の漫才…面白かったわ…。

本日の気になるイラストさんたち

今日は、もう昨日のかっこいい福助1択だね!

トランペットのシーン…ずっと続いてほしかったわね…。
本当、またかすれた音を聞かせておくれよ!

朝ドラ送り・受けまとめ

いしのようこさんが憧れの人!
唐突な高瀬アナのカミングアウト!

一昨日が志村けんさんの一周忌だったから、コントの話が始まるのかと思ったよ(笑)
いしのようこさんといえば、私たちの年代は、志村けんさんとのコントのイメージが強いよね(汗)

あさイチは、華丸さんがセーラー服と機関銃(汗)
キッズに優しく(笑)

華丸さんといとうあさこさんの『澪つくし』トークが聞きたかったわ…。

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第84話の予告あらすじ

劇団の百久利までもが招集され、出征していく。意気消沈しかけるも、気丈に振る舞い、芝居を続けようと引っ張る千代(杉咲花)。その矢先、座長の一平(成田凌)が鶴亀家庭劇の解散を宣言する。戦況悪化で採算がとれない鶴亀株式会社の大山社長の経営判断でもあった。納得できないながらも、それぞれに事情を抱える劇団員たちは、渋々飲み込んでいく。しかし千代は、また一つ大切なものを失う現実を受け入れられないのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/84151568

まとめ

明日は、また鶴亀家庭劇内部が暗くなっちゃいそうだね…。
というか、岡安が閉店、福助と百久利が出征、ここから解散話が始まって、あと2話で、今週はどんな着地点を見せるの??

なんだか、きっついところで、また来週になるんじゃないかと、不安でしょうがないわ…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょう。

 

広告