おちょやん|最終週114話ネタバレと感想。熊田の千代への推し愛が熱い【朝ドラ】

2021年5月13日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第114話が2021年5月13日(木)に放送されましたね!

こちらでは、第114話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さ~過去を乗り越えた千代は、鶴亀新喜劇の舞台に立つ事を決意したよ!
早く見たい!

あと2回とか…ほんと…信じられない!
もう…見たいけど…見たら終わっちゃう…
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第114話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第114話ネタバレあらすじ

お母ちゃんとお家はんの2足のわらじ

千代(杉咲花)は鶴亀新喜劇の舞台に立つ事を決意しました。

岡福に帰った千代は、春子(毎田暖乃)に報告しました。

それを聞いて、シズ(篠原涼子)宗助(名倉潤)みつえ(東野絢香)も泣いて喜び、一福(木村風太)もニコニコ笑顔で喜びました。

そうと決まれば、千代は大忙しです。

何せ『お父さんはお人好し』のお母ちゃんと『お家はんと直どん』のお家はんの2足のわらじなのですから…。

千代が道頓堀の舞台に立つとあって、NHKでは読み合わせの時間なども配慮してもらいました。

当郎(塚地武雅)は、不満気にふくれっ面…。

子ども達まで巻き込んで、『いかんといて~!』と叫びます。

「いかんといて!」

ナレーションの林田(野田晋市)も混ざる茶目っ気っぷりです。

もちろん、子ども達は、お母ちゃんの味方ですから、迎えの車が到着したとわかるとすぐに『いってらっしゃい!』と送り出してくれました。

子ども達の裏切り(笑)に、当郎は、最後まで…。

「捨てとんいて~!」

でも、実は長澤(生瀬勝久)も、舞台に千代を取られたような気持ちで、モヤモヤしていました。

「よし!『お父さんはお人好し』も舞台化するぞ!」

そんな一言から、『お父さんはお人好し』は舞台化…それだけにとどまらず映画化もされ、ますます人気となっていきます。

でも、それは、まだもう少し先のお話です。

久しぶりの稽古場

千代の決断に熊田(西川忠志)は涙をこぼして喜びました。

そして、千代は稽古場の扉の前に立ちました。

深呼吸を一つ、その扉を開けました。

懐かしい稽古場、懐かしい仲間たちの前に立ち、千代は挨拶をします。

さぁ、稽古は5日間しかありませんから、早速スタートです。

千之助(星田英利)に、しつこく意味を聞いていた『ドタヌキ』のシーンの稽古では、先代社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)も見守っていました。

おや…何だか、ちょっとタヌキに似ているような…。

その日の稽古終わり、千代はセリフを足したいと言いました。

一平が、どんなセリフを足したいのかと尋ねます。

「もし、私ら、一緒にいてたらどないな人生だったんやろか。」

皆、帰り支度の手を止め、2人を見守ります。

「もし、私ら、一緒にいてたらどないな人生だったんやろか。」

「そないなこと考えてもしゃあないやろ。」

「そうだすな。今ある人生、それがすべてだすな。」

まさに今の2人にピッタリなセリフでした。

皆、している2人を見て、安心したように帰っていきました。

千代、2年ぶりの道頓堀の舞台へ

稽古明け、岡福に帰ってきた千代は、さすがにヘトヘトのようでした。

そんな千代に、春子は前回失敗してしまった葛湯を出しました。

今回は、一福が手伝ってくれたので、大成功です!

千代は、嬉しそうに春子に言いました。

「今度はお母ちゃんが、魔法を見せる番だす!」

ついに迎えた舞台本番の日。

会場には、岡福のみんな、それに福助(井上拓哉)ハナ(宮田圭子)や千之助・百久利(坂口涼太郎)たちが写った写真も見守っています。

更に、シズから連絡を貰ったという元・お茶子さんたちの富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)、それにもう号泣しているカメ(楠見薫)の姿も!

『お父さんはお人好し』チームも、首をそろえて見に来てくれました。

子ども達は、春子の姿をみつけると、揃って声をかけます。

静子(藤川心優)は、一度会ったことあるので、率先して声をかけます。

米太郎(久保山知洋)は、ほげたの達者ぶりがお母ちゃんにそっくりだと笑います。

「うちらも兄弟やね♪」

京子(大橋梓)は笑いました。

春子、ここにきて家族が増産中ですね。

シズは、今の千代の仲間たち、それに客席にいるお客さんたちを見て、その成長に目を細めました。

さぁ、もうすぐ本番です。

役者たちは、気合を入れ、順番に舞台袖に向かいます。

千代は、最後まで残り、熊田に今日の舞台を用意してくれたことに感謝しました。

「千代ちゃんには、ここがよう似合うてるわ。いきまひょ!」

熊田に背中を押され、舞台袖に向かい…大きくなる拍手と柝の音に包まれて…。

千代、2年ぶりに、道頓堀の舞台の上に立ちます。

朝ドラ『おちょやん』第114話の感想

明日で終わらない魔法…。
本当かけてほしいかも。

1回の時間も違うとは言え、通常のドラマが週1回10話程度なのに対して、朝ドラは週5回100話以上かけて物語が紡がれるから、終わる時の寂しさが抜けるのに10倍くらい時間がかかるイメージだよね。

本当に、明日終わるのか…。
ラストシーンは、舞台が終わって春子とお家に帰るシーンとかかな…。

最初の半分弱くらいで、舞台の2人のシーンが描かれて、お疲れ様しつつ、懐かしい顔とも再会して…。

そうね…。
あ~…見たいのに、見たくない。
いや、私が見なかったからって、終わってしまうのに変わりはないんだけど…。

もう、あとは見守るのみだね。

いやはや、しかし、今日のセリフを足すシーンの座員たちの絶妙な緊張感…。

帰っていいと言われても帰りにくいよね。
しかも、足したいセリフが、絶妙に気になるし。

ほんとほんと(笑)

でも、昨日のやり取りを見てるから、過去はどうあれ、芝居には手を抜くつもりがないっていうのわかってるし、こちらとしては安心して見られたけどね(笑)

ちょっと話はずれるけど、千代が稽古場にはいってさ、挨拶した時に基本的にみんな『よろしく』って頭を下げて挨拶してたじゃない?

でも、兄さんたちは『おかえり、千代ちゃん』みたいなニッとした笑いで出迎えてるみたいな感じだったでしょ。

うんうん、それに座長の一平はどっかり座ってたわね。

なんか、四天王って感じだったね。

確かに(笑)

あと、当郎が『いかんといて~!』の叫びに子ども達を巻き込んで、『い』『か』『ん』『と』『い』『て~』って言ったラストに『お父さんはお人好し』のナレーションの林田さんまで『いかんといて!』って言ったのが、本日最高のツボ!(笑)

リズムは完全に『おもてなし』だったよね。

そのための子ども達だったのね…。

それにしても、行き来が始まったら、割とナチュラルに大阪京都間を行き来してるね(汗)

京都のどのあたりに住んでるのかわからないけど、交通費結構大変そうよね。

京都駅周辺であれば、2時間弱ってとこなのかなぁ…。

まぁ…今の通勤を考えたら、通えなくもないかって思ってしまう所が怖いわね。

まぁ、もう電車も随分発達してるだろうしね。

そうか…『花子とアン』の甲府・東京間よりも自然かもしれない(笑)

いや、しかし、熊田さんの西川きよし師匠のDNAがすごい(笑)

今日の『いきまひょ!』は、お父さんかと思ったわ…。
でも、本当、千代推し愛が…ちょっとウルってくるわ…。

だって、『千代ちゃんにはここが似合う』っていう言葉。
あれは女優としてだけじゃなかったと思うの。

おちょやん時代の千代から知っている熊田さんが言うから、しみるのよ。

そうだね。
そこも全部ひっくるめて『ここ』=道頓堀が似合うってことだったんだろうね。

さ~明日は、ついに千秋楽!

見守りましょう!
見届けましょう!

広告

朝ドラ『おちょやん』第114話を見た人の反応は?

『もうどこにも行くところがない』といって涙をこぼした千代にこんなに家族という仲間が増えたと思うと、ぐっとくるわよね…。

人生に『タラレバ』はないってことか…。
深い…。

熊田さん…本当、下の名前知りたい!

最初から、最後まで、こんな重要なキャラだとは…。
社長の伝書鳩だと思ってて、本当ごめんなさい!

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』最終回115話の予告あらすじ

女優・竹井千代(杉咲花)が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃)や岡福うどんのシズ(篠原涼子)たち家族はもちろんのこと、岡安のかめやお茶子たち。さらには、長澤(生瀬勝久)や当郎(塚地武雅)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつけたのだった。舞台「お家はんと直どん」は、始終笑いに包まれながら、千代と一平(成田凌)の二人の場面に突入するのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/85700066

まとめ

言いたくないけど…言うよ!
ついに、明日は千秋楽!

さっきも言ったけど、もう1回言うよ!

見守りましょう!
見届けましょう!

どんな結末を迎えるのかしら…迎えるおちょやん千秋楽!
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告