おちょやん|第7週35話ネタバレと感想。小暮と千代の恋の終わりが切ない!【朝ドラ】

2021年1月22日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の35話が2021年1月22日(金)が放送されましたね!

こちらでは、第35話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

急に大役に大抜擢すぎる千代!
自由過ぎる高城百合子の置き土産は大胆すぎる!!

千代は、無事に撮影を終えることができるのかしら…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第35話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第35話ネタバレあらすじ

【カフェー・キネマ】

突然、大役に大抜擢されてしまった千代(杉咲花)

それは、突然、相手役の俳優と駆け落ちをして撮影現場から姿を消してしまった高城百合子(井川遥)の置き土産でした。

失踪する直前、監督のジョージ本田(川島潤哉)に、相当売り込んでくれたというのです。

「うちの実力やない。」

大喜びしてくれる、真理(吉川愛)京子(めがね)純子(朝見心)洋子(阿部純子)とは裏腹に千代は沈んでいます。

それもそのはず…。

高城百合子の後ろ盾はあって、抜擢とはいえ、はっきり言って、何の実績もないし、まだ活動写真での演技というものが、さっぱりわかっていません。

千代の強み、セリフは忘れないも、活動写真の撮影には全く役に立ちません。

洋子はそれでも、高城百合子のいない今、この役を頑張ることは今後につながるし、小暮(若葉竜也)の思い人である百合子が駆け落ちしたのなら、彼の心を手に入れることに関してもチャンスだと励まします。

「どんな役か、言うてみ?」

千代の演じる役は、夫に愛する人が出来て、捨てられてしまう妻の役です。

やり直せば、やり直すだけ芝居が悪くなっていくと言われた千代に、ジョージ本田に『本気の恋』をしたことがあるのかと怒鳴りつけられた千代はきっぱりと言ったのです。

『あります。』と。

その場は、ミカ(ファーストサマーウイカ)の『待ちくたびれた』という一言で、撮影は延期となりました。

もちろん『明日できなければ、他の役者にする』という最終通告付きで…。

【一平の作業部屋】

千代が、芝居に思い悩んでいた頃、一平(成田凌)ももがいていました。

仕上げた芝居の脚本を、社長の大山(中村鴈治郎)に見てもらうと…。

「おもろいか、おもろないか以前の問題やな。」

大山は、父である初代・天海(茂山宗彦)とは、違うものを書こうとしていることしか伝わってこないと、中々に厳しいお言葉です。

「親父を超えたいなら、まずは、親父をよく知ることだ。」

【休憩所】

上手く演じることのできず、落ち込んでいる千代の背後に…熊!?

いえ、小道具部屋で熊の顔をした小道具を見つけた一平でした。

驚いた千代でしたが、いつものようには対応できません。

「落ち込んでるから、からかおう思うてな。」

「うちのこと心配してくれたん?」

「ううん。落ち込んでんのは、俺や。お前、からこうて、元気だそうおもたのに。期待外れや。」

一平のほげたに千代は、げんなりします。

「おれから、お父ちゃん、どうしてんの?」

「ここにいることもしらんわ。」」

一平は、ふ~んという顔で、立ち去ろうとします。

「何で落ち込んでんの?」

「そんなこと言うてへんわ。」

そういって、のらりくらりと戻っていく一平を見て、千代は鼻息荒く、また突っ伏しました。

すると、また肩を叩かれます。

千代は、一平がまた熊の顔でからかいに来たと勢いよくたちあがります。

「まだ、何か用かいな!」

しかし、そこに立っていたのは、小暮でした。

「ごめん…。出直すよ。」

「あ!すんまんへん!人違いだす。どないしはったんですか?」

「いや…また、励ましてもらおうかなって。」

【芝居小屋→レストラン】

そういって、微笑んだ小暮は千代を芝居小屋に連れて行きました。

今日は、喜劇を見に来たようです。

面白い舞台に大笑いをする小暮を見て、千代は複雑な気持ちになりました。

その後の食事で、千代は言います。

「おおきに。」

千代にはわかっていました。

小暮は自分が励まされたいではなく、自分を励まそうとしてくれていたことを。

もちろん、小暮はそこで、それを肯定するほど無粋ではありません。

あくまでも『自分が千代に励まされている』という姿勢を崩しませんでした。

スプーンを置いた小暮は、言いました。

  • 自分は高城百合子が好きだったこと。
  • 百合子の芝居には、いつも一点の曇りもなかったこと。
  • 自由でまっすぐだったこと。
  • 大監督にも屈しない姿勢が憧れだったこと。

「だから、千代ちゃんが、『高城百合子』みたいな女優になりたいって言ってくれたこと…、本当に嬉しかった。」

はっきりと、小暮の口から『百合子が好き』という言葉を聞いた千代の心には、小さな針がチクンと刺さったような気持ちでした。

「このままでよろしの?」

「あの人は、僕なんかに振り向いたりはしない。それでも…好きでいたかったんだ。

千代は、どんなに頑張っても、小暮が自分に振り向くことはないということを痛感しました。

「好きになれてよかった。」

小暮のまっすぐな百合子への思いが、千代の心に突き刺さりました。

その夜、千代はサエ(三戸なつめ)の写真に呟きました。

「苦しいなぁ…お母ちゃん。」

【鶴亀撮影所】

翌朝、撮影は再会されました。

ジョージ本田は、千代に改めて言いました。

「ラストチャンスだ!」

撮影の準備が進み、千代の前に助監督として、カチンコを持った小暮が立ちます。

その顔を見つめ、千代は本番に入りました。

「うちのお父ちゃんはな、どうしようもない男でな。お母ちゃんが死んで、新しい女をとっかえひっかえ…。うちは、家を追い出されましたんや。」

カメラに…いえ、カメラの真横にいる小暮に向かって、千代は語り掛けるように呟きました。

「あいつ、また勝手にセリフを。」

もう一人の助監督・池内(F.ジャパン)の言葉を、千代の表情を見たジョージ本田が制止しました。

小暮も、まっすぐに千代を見つめています。

「そやさかい、うちは、誰も好きになんてなれへんって、好きになんかなれなくてええと思た。けど、そうやないてあなたが教えてくれた。おおきにありがとう。」

千代は、昨日の小暮と同じ言葉を使いました。

「あなたを好きになれてよかった。」

一瞬の静寂の後、ジョージ本田の声が響きました。

「カ~ット!!」

ジョージ本田は、千代に歩み寄ります。

「セリフは、フィルムの無駄だと言ったろ?だが…。」

にやりと笑って言います。

「いい芝居だった。コングラチュレーション。」

そういって、拍手をするジョージ本田にあおられ、現場は拍手に包みこまれました。

やっぱり、どこか心配していたのか、物陰で一平もそれを見守っていました。

【休憩所】

「本当にいい芝居だったよ。」

小暮はニコニコ笑いながら言います。

「僕も負けてられないな!頑張って、監督になる!それで、いつか自分の作品を撮る!」

「…、うちも、高城さんみたいな女優になります。そやから…その時は、小暮さんの映画にうちを出しとくなはれ!」

「もちろん!」

小暮は爽やかに手を差し出しました。

「これからもよろしく!」

「…はい!」

千代は、その手を取りました。

これは、夢を追う者同士の握手、千代の初恋は終わったのです。

【モノローグ】

こうして、千代の初めての名前の付いた役で活動写真に出ることができました。

立て看板にも、ちゃんと名前が載っています。

宮元(西村和彦)は、1人ハンカチをかみしめながら、千代のシーンをボロボロ泣きながら見ています。

気づけば、一平は、いつのまにか黙っていなくなっていました。

ゴミ箱に捨てられた原稿を見て、千代は『本当にしょうもないなぁ。』と笑みがこぼれます。

こんな風に、自分自身と戦い続け、気づけば3年の月日が流れていました。

千代は、中堅どころの女優として、どうにかこうにか頑張っています。

名前も出してもらえるようになっていた千代。

そんな千代を、あの男が見つけ出さぬわけはないのです。

鶴亀撮影所の前で、高笑いをするのは…、あのテルヲ(トータス松本)なのでした。

広告

朝ドラ『おちょやん』第35話の感想

ひとまず、先に叫ばして…
でてくんなよ~!!
テルヲ~!
邪魔すんじゃな~い!

おぉ。
テルヲアレルギーを発症してる…。

ふぅ。
週末のラストにテルヲはダメよ!
楽しい週末が過ごせなくなるわ!

どうせろくな事しないんだから!!

ろくな事しないのは、間違いないだろうけどね。
渋谷天外さん演じる守屋さん、絶対に中にはいれないでね。

とはいえ、出てくるところを待ち伏せるんだろうけど…。
また、千代の邪魔するんでしょ…どうせ。
来週は、テルヲへの怒りの噴火が日本各地で起こりそうね!

トータス松本さんへの風評被害が心配(笑)

そういえば、ジョージ本田も、ただの面白監督ってわけじゃなかったんだね(笑)

ミカ本田もね。
ちゃんと、お芝居が好きな人だったんだなぁと。
それに、迷惑はかけられたけど、高城百合子のお芝居はかってたのかな?

まぁ、じゃないと失踪女優のいうことなんて、聞かないよね。

1個疑問があるんだけど、小暮は、千代の気持ちに気づいてたのかな?

私は、何となく肝心なところは、気づいていない気がするんだよね。

やっぱり?
そう思う?
何というか、あの握手をした時に、千代は自分の恋心を自分の引き出しにしまったって感じたのよね。

小暮も百合子への恋心をしまったんだなぁとは思ったね。

あのカメラ前の『あなたを好きになれてよかった』は、自分に向けられてるって…なんとなく気づいてなさそうだもんね。

想いを伝えることのないまま失恋して、同じ場所にいるのに恋心封印って…。
どんな無理ゲー!?
辛島美登里さんの『サイレント・イヴ』を思い出しそうになったわ。

いや、友達ではないけど(汗)

まぁ、多分、2人の思いは同じじゃないかな?
「今は、恋とかしてる場合じゃない。」

そこか!

というか、一平よ!
どこいったの??

大山社長の言いつけで来たのは、本当だろうけど。
本音は千代の事を心配して見に来たんだろうね。

千代が役者としての1歩を踏み出したのを見て、自分を磨きにどっか行った的なことかしらね。

多分、初代天海天海を知る旅に出たんじゃないかな?

それはあるか。
大嫌いで大好きな親父をしるってことは、一平にとっては難しいミッションだと思うし、そこを乗り越えるのは大事よね。

次は、どこで登場するのかしら…。

結婚するんだから、必ずでては来るんだろうから、再登場に期待だね!

テルヲが登場したんだから、その場には、やっぱり一平がいると思うわ!

テルヲを退治しなくっちゃね!

広告

朝ドラ『おちょやん』第35話を見た人の反応は?

切ない初恋の終わり

小暮が千代の気持ちに気づいていたかいないか、やっぱり意見は割れるよね!
正直、どっちだろうな?って思ったもん。

これは、いい『その真相は視聴者の皆様に』じゃない?
どっちだろうって考えてて楽しいから。
どちらにしても、この恋が『自分も人を好きになっていい』って千代に思わせたのなら、それだけで収穫よね!

テルヲに噴火

今のところ、朝ドラ史上最悪の父親の名をほしいままにしているテルヲ!
今度は、何をやらかすんだろうか。

今から噴火に備えて、投げやすいものは手元に置いておかないようにしておこう。
うっかり、壁に穴なんてあけたくないもの。

いじらしい一平

一平はどこに行ったんだろうね…。
多分、この3年の間は、音信不通でしょ?

でも、2人は腐れ縁だから!
BK作品の『腐れ縁』は温かいのよ♪

本田夫妻、ちょっと誤解してたごめん。

ごめんね。
もっと変な監督かと思ってたし、ミカさんももっと嫌がらせとかしてくるかと思ってたよ。

思ってたより、いい人で良かったわね!

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第8週の予告あらすじ

千代(杉咲花)が撮影所に来て3年。父テルヲ(トータス松本)が突然、訪ねて来る。テルヲは相変わらず調子のいいことを言い、撮影現場にまでやってきた。しかし、結局お金が目当てだということがわかり、千代はすべての持ち金をテルヲに渡し、二度と会いに来るなと言い放つ。落ち込む千代に小暮(若葉竜也)がプロポーズするが、千代は自分の気持ちの整理をつけることができない。そんな千代の前に、天海一平(成田凌)が現れる。

出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/08/

朝ドラ『おちょやん』第36話の予告あらすじ

千代(杉咲花)が撮影所に来て3年。時代は大正から昭和に移り金融恐慌の煽(あお)りを受け、映画界は不景気だった。鶴亀撮影所の女優たちも次々と辞めていく中で、千代は中堅女優としてどうにか頑張っていた。同じく小暮(若葉竜也)も映画監督の夢を諦められず仕事を続けていた。ある日、ヨシヲと名乗る男が訪ねてきたと知らせを受けた千代。撮影現場から急いで戻った千代が目にしたのは、父・テルヲ(トータス松本)の姿だった

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/81638050/

まとめ

え?なんて??
テルヲのこととかぶっ飛びそうな予告なんだけど!

またヨシヲの名前を使って…と思いながら読み進めててたら…。
『ま!』ってなったわ…。
え?本当に、どうなっちゃうの?

テルヲの出番とかいらんから、小暮とのことを多めで!
来週も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告