おちょやん|第7週34話ネタバレと感想。『私たちは自由なのよ』…自由過ぎ【朝ドラ】

2021年1月21日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の34話が2021年1月21日(木)が放送されましたね!

こちらでは、第34話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さて、小暮への恋心に気が付いてしまった千代だけど…。
この初恋は、どうなっちゃうのかな?

小暮が千代に優しい理由が、元々の気質によるものなのか…、それとも恋心?…それとも…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第34話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第34話ネタバレあらすじ

【昨日までのおさらい】

いまだに、村川(森準人)から『さようなら』のOKがもらえない高城百合子(井川遥)が、怒りを沸々と煮込んでいる頃…。

恋人役を頼んだ助監督の小暮(若葉竜也)を本当に好きになってしまったと自覚した千代(杉咲花)

一平(成田凌)も、なぜかこの撮影所にいる中、一体どうなってしまうのか!

【カフェー・キネマ】

千代の『fall in love』な瞬間を目の当たりにした、洋子(阿部純子)京子(めがね)純子(朝見心)真理(吉川愛)は、またもや、かしましく千代を励まします。

元々、恋心を知るためのお芝居だったわけですから、結果オーライといえば結果オーライなのですが…。

「初恋やね。」

「うん。」

今日も、ガールズトークの蚊帳からは締め出されてしまった宮元(西村和彦)平田(満腹満)は、そんなことをつぶやくのでした。

【鶴亀撮影所】

さて、うっかり恋心を自覚してしまった千代は、なんだか小暮と顔を合わせても、うまく話すことができません。

そんな、千代の恋心など露知らず、小暮は一平の話をします。

「相当苦しんでるみたいだから、相談にのってあげてほしいんだ。」

千代は、驚きました。

一平が苦しんでいる?…、そんな風には全然見えなかったからです。

いえ、自分の初めての感情に戸惑い過ぎて『見えて』なかっただけかもしれません。

小暮の話によると、一平は、『役者』としてではなく、『脚本家』の勉強に、鶴亀の社長・大山(中村鴈治郎)に言われて来たのだといいます。

更に、千代が驚いたのは、すでに『天海天海一座』は解散したというのです。

千代はすぐに一平のもとに駆けつけました。

原稿用紙に向かう一平の姿は、確かに苦しんでいました。

千代は投げ捨てられた原稿用紙を開きます。

悪くはない出来でした。

「何しに来たんや。」

「天海一座…解散したんやてな。どないしたん。」

「なんちゅうことあれへん。千之助兄さんが抜けてから、人気がた落ちや。そっから、1人抜け、2人抜け、だ~れもいてへんようになった。」

千代が舞台に立たされたあの日に、一座を飛びだした千之助(星田英利)

その噂は、どんな電報よりも早く方々に知れ渡り、すっかり人気が無くなってしまったのです。

だから、一平は言ったのです。

「せやから、役者なんてやるもんやない言うたんやね。」

「あないな男にうつつ抜かしてる場合か?お前。」

「小暮さんを、あないな男呼ばわりせんといて!」

「そうかい!ほな、のぼせ上ってろ!」

どうしてか、一平とは言い合いになってしまう千代。

腹を立てながら、一平のいた部屋をあとにしました。

そこで出くわしたのは、撮影現場から逃げ出した百合子でした。

血相を変えて、飛び出してきたスタッフたちに嘘の方角を教えた千代。

千代にはわかっていました。

百合子が理由もなく逃げ出すわけがないと。

「ありがとう!」

百合子は、千代にそういうと立ち去ろうとしますが、ふと記憶の引き出しがカギを回しました。

「あら…前にもこんなことが。」

千代の顔をまじまじと見つめた百合子は言いました。

最終的に引き出しを開けたのは…昔飼っていた九官鳥のレイチェルです。

「千代ちゃん?千代ちゃんね!」

駆け寄る百合子を見て、千代は思いました…いえ、口に出ていました。

「…今ですか?」

しかし、遠くから、百合子を呼ぶ声が聞こえてきたので、再会を喜ぶには、ひとまず場所を移動することにしました。

身を隠した百合子は、千代との再会を喜んでいました。

千代は、百合子が言ってくれた言葉に励まされて、ここまでこれたことを話します。

『人生は、一生一回。本当にやりたいことをやるべきよ。』

「いつか、高城さんみたいに、主役を張れるような女優になります!」

「私が見込んだだけのことはあるわね!覚えてないけど。」

すると、百合子は突然、とんでもないことを言いだします。

「じゃ~良い役をつけてもらえるように、所長に言っておくわ!」

千代は驚きます。

「そないなことしたら、また恨まれたり、妬まれたり…。」

「この世界で生きていきたいなら、遠慮なんてしてはダメよ!使えるものは何でも使いなさい。役者は、ある意味人を騙す仕事かもしれないけど、自分にだけは正直でいなさい。出なければ、いいお芝居なんてできないわよ。」

「いた!」

その時でした。

小暮が、百合子を見つけて駆け上がってきました。

千代を一瞥したものの、小暮の視線は全て百合子に向いていました。

何とか、監督ともう一度、話し合ってみましょうと、説得する小暮に、百合子はため息をついて現場へと戻っていきました。

「またね。」

百合子の言葉に、深々と頭を下げて挨拶をした千代。

百合子のあとをついて、その場を立ち去る小暮の背中を見て、千代は何かに気が付いてしまったようでした。

【カフェー・キネマ】

それからというものの、千代はどうにもこうにも気が散って、集中できていません。

「あぁ…あぁ!!」

眠っていても、色んな思いが頭をよぎってしまいます。

「なんちゃ!地震か?火事け?」

「どないしよう…、こんままやったら、気ぃ散ってなぁ~んも手につかへん!どないしよ!真理ちゃん!」

千代の恋煩いに、真理は眠そうに布団へと倒れこむのでした。

【鶴亀撮影所】

翌朝、千代は相変わらず元気がありません。

大部屋の前にいると、突然カルメンのスタッフたちが血相を変えて、大部屋にまで飛び込んできました。

駅に家と散らばるスタッフたちの中には、小暮もいました。

「どないしたんだすか!?」

「高城さんがいなくなった。」

「また!?」

「いや…前とは違う。相手役の俳優と…駆け落ちした。」

小暮の言葉に千代は、驚きすぎて声も出ません。

『自由過ぎるやろ…。』

この一大事は、社長の大山までもが飛んでくる事態となってしまいました。

村川は、高城百合子の本性を引き出すつもりが、引き出しすぎたと涙をこぼし、自分も責任をとって、監督を降りるといいます。

まぁ…、水が染み込み始めた泥船には乗っていられないということでしょう…本音は。

結局、『太陽の女・カルメン』は、ジョージ本田(川島潤哉)を監督にして、撮り直すことになりました。

スタッフたちは、逃げ出した百合子に対して、大幹部女優だとチヤホヤしていた手のひらをくるっと反して、非難轟々です。

下世話に貶めるような発言を続けるスタッフの言葉に我慢が出来なくなった千代が、言い返そうとした時でした。

「そんな人じゃありません!彼女は、自分に嘘がつけないだけなんです。だから、納得のいかない芝居を押し付けられるのが、我慢できなかっただけなんだ!」

怒りをあらわに、小暮が叫びました。

千代は、そんな小暮から、目が離せません。

もちろん、そんなことを言われて、血の気の多いスタッフが黙っていられるわけもなく、小暮を殴り飛ばします。

その場は、何とかすぐそばにいた先輩・助監督の池内(F.ジャパン)のとりなしでそれ以上の騒ぎにはなりませんでした。

休憩所で落ち込む小暮。

『なんちゅう顔してんねん。』

駆け寄ろうとした千代を止めたのもまた、池内でした。

「そっとしといたり。今回は、ほんまにこたえたんやろな…。高城さんに惚れとったから。」

千代は驚きましたが、何となく感じていた胸のモヤモヤの理由もわかりました。

小暮の百合子を見つめる目は、恋だったのだと。

千代は、小暮に声をかけることもできず、でも、その場を離れることもできぬまま、壁におでこをあて立っていました。

うなだれる小暮と千代を見て、静寂をぶち破ったのは、ジョージ本田でした。

「ニューカルメンの読み合わせをするぞ!」

小暮は慌てて、立ち上がりそのあとについて行きます。

「ユーもだ。カモーン!」

なぜか、千代まで呼び出されました。

仰々しく始まったNEWカルメンの配役は、順当に本田の妻であるミカ(ファーストサマーウイカ)とスタァ俳優の高瀬百々之介(佐藤太一郎)でした。

「ようするにいつもの座組よね。」

「チャンバラやないねんけどな。」

大部屋女優の絹江(和泉)歌子(三原悠里)は、不貞腐れています。

ところが、この後とんでもないことが起きたのです。

「で、ミカがやっていた夫に出て行かれる若い妻の役を…竹井千代にやってもらう。

そこにいる全員が、一斉に千代を見ました。

千代は、自分の名前が呼ばれたことに、全く気が付いていません。

しかし、注がれた視線に気が付いた千代は言います。

「…?今、誰か、うちのこと呼びました?」

「ユー返事は!?」

「え?…あ…はい?」

これは、百合子の置き土産でした。

千代は、わけのわからぬまま返事をするのでした。

朝ドラ『おちょやん』第34話の感想

自由過ぎる…

まぁ、百合子らしいといえば百合子らしいか…

しかも大胆過ぎる。

それもまた百合子らしいね。

まぁ、使えるコネは何でも使えってのは、間違いないことだと私は思うわね。

まずは、土俵に上がるってことは、重要かもしれないね!

百合子って、忘れてたことを誤魔化さないってのも、何かいいなぁって思うのよね(笑)
まぁ、最初から、忘れっぽいことは、示唆されてたから、そんなに気にならないって言うのが、正確かもしれないけど(笑)

でも、彼女は結構脳みその中に、鍵付きの引き出しがたくさんあって、トリガーさえあれば、開けられるって印象よね。
まぁ、それでも、全部は思い出せないみたいだけど(笑)

確かに、そんな感じではあるね(笑)
そういえばさ、百合子を捜してる時のスタッフの皆さんがさ、すごいよね。

女優の大部屋ガラって開けてたけど、悲鳴上げられたり、ものくらい投げられてもおかしくなさそうよね(笑)
コメディマンガなら、色んなもの投げつけられてそうなシーンだったわ。

それに、すごい反省してるように見えて、速攻降りた村川監督の変わり身の早さね。
あれは、完全にこけると思った作品から、おりただけだよね(笑)

何というか、やる作品が全部当てられる監督じゃなくて、当たる作品しかやらない監督だっていうことが、今日で分かったわね(笑)

それに、恋心の方も、中々大変なことになってるねぇ。
一平の『役者になんてなるものじゃない』って言うのは、ただの意地悪ではなかったみたいだし。

でも、天晴さんや徳利さん、それに要二郎さんもどうしているのやら…。
多分最後まで残ってなのは、このあたりだよね。

一平のは、まだ恋心とも言えないかもしれないけどね!
何となく、自分が苦しいときに、キャッキャウフフと恋をしてるっぽい千代に腹が立ってるのか、大好きなおもちゃを取られた子どもっぽいというか…。

あ~そういう感じはしたよね。
それに、小暮さんは百合子さんが好きだったんだねぇ。

千代は、池内に言われるまで、気づいてはいなかったけど、あの小屋で小暮が百合子を見る目が、自分に向けられる視線とは違うことには気が付いていた。

それが、何かわからないから、モヤモヤしてぼや~っとしてたのよね。

自分の気持ちも自覚して、小暮の気持ちも知ってしまって。
そこで与えられたのが、夫に出て行かれてしまう若い妻役!

おあつらえ向きと言えば、おあつらえ向きなんだろうけど…。

『好きになれてよかった』
明日のどこかで、千代は小暮に伝えるんだろうね…。

切ない…。

朝ドラ『おちょやん』第34話を見た人の反応は?

百合子…自由すぎる

きっとこれから、この言葉が結構なキーワードになるだろうに…。
すっかり、面白の方にも響いちゃってるね(笑)

これもよくあることよね(笑)
千代じゃないけど、言いたいわ…。

「自由過ぎる。」

気づいてしまった恋心が切ない

みんな片思いか…。

この恋の経験は、千代の肥やしになるといいわね。

天海一座の解散

まさかのナレ解散とはね…。

優しい天晴さんや徳利さんが、どうしてるのかが気になるわ…
要二郎さん、腰治ったかなぁ…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第35話の予告あらすじ

監督と衝突していた高城百合子(井川遥)が、相手役と失踪する事件が起き、撮影所は大混乱に陥る。千代(杉咲花)は恋心を抱く相手・小暮(若葉竜也)が、百合子のことを本気で好きだったことを知り、胸が苦しくなるのだった。そんな折「太陽の女・カルメン」を新キャストで撮り直すことが決まり、千代が大抜擢される。それは百合子の置き土産だった。千代の役は、他の女性を好きになった夫に捨てられる妻という役柄だった。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/81436606/

まとめ

そういえばさ、千代の初恋は失恋みたいな空気感ではあるけれど…。
百合子への思いが成就したわけじゃない小暮さん相手だし…まだワンチャンあるのかな?

いや、どうだろう?
この恋は、明日でいったんケリがつくだろうし…。
「好きになれてよかった」だからなぁ…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告