おちょやん|第12週57話ネタバレと感想。千代とヨシヲ、ついに再会…でも【朝ドラ】

2021年2月23日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の57話が2021年2月23日(火)が放送されましたね!

こちらでは、第57話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

これは、あまた波乱含みな展開だねぇ…。
この時代の検閲…厳しいもんなぁ…。

千代の『はじめてのチュウ』が~…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第57話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第57話ネタバレあらすじ

【岡安】

弟のヨシヲを想って熱のある芝居を見せた千代(杉咲花)に引っ張られ、思わず接吻をしてしまった一平(成田凌)…。

その芝居を見ていた警官は大激怒!

その日の公演は中止となってしまいました。

千代は、初めての接吻が舞台上で、しかも、相手はあの腐れ縁の一平とあって、落ち込みに落ち込んでいます。

カメ(楠見薫)富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)は、懸命に千代を励まします。

だけど、カメが用意したのは、熱燗。

千代は、それを見て、接吻前に酒を飲む芝居をしたことを思い出します。

「カメさん!」

思わず3人の怒号が飛びます。

でも、そのお酒でもグイっと飲んで、寝て忘れてしまえと、気を取り直して励まします。

「熱いから、唇火傷せんようにな。」

そんなカメの思いやりも…先ほどの接吻を思い出すキーワードに…。

「カメさん!」

ずれてるけど、どこか憎めないカメさんなのでした。

【警察】

警察に連れていかれてしまった一平に、熊田(西川忠志)天晴(渋谷天笑)が付き添いました。

警察は、厳しい態度ではありましたが、初回公演ということで、間違いを認めれば公演中止という処置は取らないと言ってくれました。

熊田と天晴は、ほっとしますが、一平は不服そうな顔。

大慌てで、こちらからよく注意するからと、一平を謝らせようとしますが…

一平は、青臭い演技論を語り、警察を怒らせかけてしまいますが、熊田と天晴に強引に頭を下げさせられ、何とか事なきを得ました。

【鶴亀家庭劇稽古場】

警察から、無事に帰してもらえた一平は、劇団員に頭を下げます。

ひとまず、公演中止という最悪な自体だけは避けることができた『鶴亀家庭劇』 。

劇団員たちは、自分たちは問題ないが…と、千代を気遣います。

千代は、自分は女優なんだから、こんなこと気にしていられないと強がります。

ところが…。

「罪なやっちゃなぁ…千代ちゃんの初めての接吻をさらしもんにしよってなぁ(笑)」

という、千之助(星田英利)の余計な茶々に、また場は千代への同情の目が向きます。

「ああでもせんかったら、笑い…。取れへんかったもんな!」

懸命に否定する千代を横目に、千之助はにやにやと笑って帰っていきました。

その言葉は、一平は唇をかみしめます。

つまりは、面白くなかったということですから。

稽古場からの帰り道、同じところに帰る一平と千代は、どうしても2人に。

一平が千代に謝ると、千代ももう気にしないといいました。

あの行動も、一平が新しい喜劇のためと思っての行動であることは、一応理解していました。

「私の初めての接吻は、芝居に捧げた思うわ。」

「そうだよな!みんな騒ぎすぎやねん!減るもんやなし!」

千代が許す態度をとろうものなら、すぐさまこの調子の一平。

やっぱり許すのを辞めようかと、千代が思った時でした。

一平が吹っ飛んだのです。

慌てて駆け寄る千代、その相手は言いました。

「姉やんを傷物にしやがって!」

千代は目を見開きました。

「ヨシヲか?」

そう呼ばれた、その男は、にっこりと笑いました。

「久しぶりやな!姉やん!」

そこには、夢にまで見たヨシヲ(倉悠貴)が立っていました。

実に、十数年ぶりの姉弟の再会でした。

【岡安】

千代たちが岡安に帰ると、千代の敵を取ろうと一平を待ち構えてお茶子たちがほうきを持って立っていました。

驚く千代たちがそこを退き、一平が入ってくると…。

既に誰かに殴られた顔の一平に、拍子抜けしてしまいます。

「で…こちらは、どなたさん?」

拍子抜けた面々は、千代の連れているイケメンさんに興味が移りました。

「うちの弟のヨシヲだす!」

ずっと、弟の話を聞いていた、みんなは盛大に驚き、そして、たくさん喜んでくれました。

その夜は、岡安に泊まることにしたヨシヲ。

千代と別れてからの日々を話します。

千代が奉公に出た後、結局、テルヲ(トータス松本)が借金をこさえたこと、自分も売り飛ばされそうになって、逃げたこと。

その借金のせいで、千代もまた身売りされかけたことを話します。

「ほんまにクズやな。あの親父。」

でも、逃げた後も、泥水をすするような生活を、しばらくはしていたこと。

ある日、今、お世話になっている社長に拾ってもらえたことを話します。

千代は、ヨシヲも苦労をしてきたのだと、労いました。

映画で、千代の名前を見つけて驚いたことで笑いあい、花かごを送ったのも自分だとテルヲは言います。

その頃、一平は、自室で寝転んび、不穏な表情を浮かべています。

というのも、ヨシヲに殴られた時、少しはだけたヨシヲの胸に、肌色ではない、何かが見えたのでした。

【鶴亀】

さて、一平の件を、社長の大山(中村鴈治郎)に報告に来た熊田。

大山は、いい宣伝になったと笑い、警察には穏便に済ませてくれたお礼に、まんじゅうでも送っておくと笑っています。

ところが、その時、事件は起こりました。

「何!?」

表情の一変した大山。

翌日、芝居の準備をしていた『鶴亀家庭劇』の控室に熊田が飛び込んできました。

「当面、『鶴亀家庭劇』の公演は中止!」

ざわつく座員たちに、熊田は言いました。

鶴亀の会社に、脅迫電話が入ったと。

先日のボヤ騒ぎを仄めかし、次はボヤでは済まないと連絡が入ったというのです。

そのため、犯人が捕まるまでは、お客さんの安全を確保するため、公演中止を決めたのです。

どうすることもできない座員たち。

その頃、ヨシヲは、怪しげな仲間たちと行動を共にしているのでした。

朝ドラ『おちょやん』第57話の感想

よよよヨシヲ~!
よかった~…生きてて…

再会そのものは、本当に良かったよね!
でも、一平は、殴られた時に、ちらりとはだけた胸にあれは…その…彫り物??

ハナさんも、千代の弟だし、男前さんだし、ちょっと眼鏡が曇ったのかしら…。

ヨシヲは、神戸にある土地とか建物を扱う仕事って言ってたわね…。

土地とか建物って濁すあたりが…

やっぱり、そっち系なの?
組対さん呼ばなくちゃいけない感じ??

このタイミングで、ボヤ、脅迫電話、彫り物か…
無関係ってことはなさそうだよね…。

えぇ…。
せっかく、再会できたのに。
というか、この再会も何か裏があるのかしら…。

テルヲが悪いことしてるかもは、千代は信じるかもしれないけど、ヨシヲが悪いことしてるかもは…にわかには受け入れられないだろうな。

だから、一平はあの表情なのよね…。

しかし、役者なのに、顔をよく殴られるね…一平は。

それは、確かに(笑)

一瞬、公演中止ってなって、一平の接吻が原因かと思ったけど、あのボヤから続いていることなら、関係はないということが座員には理解できるだろうから、その点はよかったのかな?

そうとも言えるかもしれないわね。
ボヤは接吻の前だからね。

ヨシヲの不穏な動きは、明日以降に見送ろう。
せっかくの祝日だし。

そうね!
それなら、ここからは、今日の癒しポイントについて…。
私が、個人的にツボだったのはね。

千さんが、千代のファーストキスをからかいがてら、一平の芝居をディスってた後に、本物の接吻しに行くって帰ったシーンで、何気に徳利さんがずっとチューの顔だったの(笑)

そんなシーンが(笑)

私は、やっぱりカメさんかな。
どうにも励ましがずれちゃうカメさんもいいけど、ヨシヲと再会した千代を見て、大号泣するカメさんもよかったじゃない。

カメさん、最高!って思ったわよね。
とはいえ、いまだにカメさんで気になってるのよね。

あの最初の方、突然、千代の頭を結い、仕事を覚えさせたカメさんのスイッチがどこだったのか…。

そういえば、結局わからぬままだね…。
どこまで、岡安との日々が描かれるかわからないけど、岡安をたたむとき、もしくは年齢的にカメさんが隠居する時…くらいに明かされるといいね…。

いや、普通に最終回まで出てほしいとは思うんだけどさ。

ほんにほんに。

広告

朝ドラ『おちょやん』第57話を見た人の反応は?

一緒に喜んでくれる岡安の皆さん…

ハナさんがある程度気づいてくれてれば…
一平は、頼れる道筋があるかな…。

ハナさんは、きっと何か気づいてくれてるわよね…?

一平は…見た…?

このタイミングっていうのが、またね…。
一番、一平の言葉を素直に千代が受け止められなさそうな時っていうのが…いじわるな脚本だよね…。

本当よね…
でも、それがドラマよね…。
(もっとやれ…。)

千さん!?

千さん、いつから『千代ちゃん』って呼んでるの?

そこ、私も注目したんだけど…。
多分、普段は呼んでないんじゃないかな?
というか、人を呼んでるとこを、そもそもあんまり見たことないっていうか。

「おい!」とか「お前」とかって感じで。
元々「おちょやん!」も珍しいくらいだった気が…。

今回の『千代ちゃん』呼びは、何となく千代を子ども扱いして、一平に圧をかけるために、わざわざ言ったのかなって…思ったわ!

本日の気になるイラストさんたち

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第58の予告あらすじ

弟のヨシヲ(倉悠貴)と10年以上ぶりの再会を果たす千代(杉咲花)。ヨシヲは立派な若者になっていて、神戸の会社に勤めていると言う。千代はヨシヲに鶴亀家庭劇の芝居を見せると約束するが、その矢先、鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)から、鶴亀家庭劇の公演が一切中止となったと知らされる。原因は、劇場に火をつけるという脅迫電話だった。一平(成田凌)は、ヨシヲが関係しているのではないかと考え、後を追うのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/82788890

まとめ

ヨシヲは…やっぱり堅気の人じゃないのかなぁ…。
あの彫り物は、中々だよね…。

気づいてしまった一平は、現状心証最悪な千代に、どう伝えるのかしら…。
それとも、テルヲの時みたく、1人で動くのかしら…。

でも、テルヲはただのチンピラだけど、ヨシヲのバックは怖いわね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告