おちょやん|第15週71話ネタバレと感想。テルヲ再び…肝臓に病!?【朝ドラ】

2021年3月15日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の71話が2021年3月15日(月)に放送されましたね!

こちらでは、第71話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

鶴亀家庭劇の地盤がしっかりしたところで…
そろそろ、一平と千代の夫婦な姿もちゃんと見たいなぁ…。

でも、今週もそれどころじゃなさそうよ??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第71話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第71話ネタバレあらすじ

【雨降って地固まったのか…?】

雨降って地固まる…。

万太郎一座との勝負には惜しくも敗れた鶴亀家庭劇でしたが、一座の面々の絆は深まっていました。

今日は、一平(成田凌)千代(杉咲花)の家には一座の女子会ということで、ルリ子(明日海りお)香里(松本妃代)が来ていました。

そして、一平はというと…一座の男子会ということで、いつもの居酒屋・水月で千之助(星田英利)天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)小山田(曾我廼家貫太郎)百久利(坂口涼太郎)と絆を深めておりました。

芸妓が一緒なのは、芸の肥やしということでしょうか…。

「あの2人…いつまでいるつもりやろ…。一平も水月か…。」

仲が良くなったのはいいのですが、その結果、一平と千代はぜ~んぜん夫婦の時間が取れていませんでした。

思わず福富楽器店でみつえ(東野絢香)に愚痴をこぼす千代に、次の公演まで間があるなら、2人で温泉でも行ってきてはどうかと勧めます。

みつえは、千代がいわゆる結婚の楽しみというか、女性の幸せというようなものを掴み損ねいるような気がして、心配だったのです。

ところが、そうは簡単にいかなそうです…。

そんな2人の所へ、福助(井上拓哉)が飛び込んできました。

「たたた!大変や!岡安で…!」

一体、何が起きたというのでしょうか…

【テルヲ…再び】

その頃、岡安の前では、カメ(楠見薫)富士子(土居志央梨)節子(仁村紗和)玉(古谷ちさ)がほうきや麺棒を向けられた男が1人。

「千代はもう、ここにはいてまへん。どうぞ、お引き取りを。」

その男目がけて、シズ(篠原涼子)がきっぱりと言い、そんなシズの傍らには、宗助(名倉潤)がいました。

「ほなら、どこに?ほんま、以前は、迷惑かけました!」

その男は、千代の父・テルヲ(トータス松本)でした。

「あんたに教えるわけないやろ!」

「これまでに、あんたが千代に何したか、わかってんのか!」

「また、千代ちゃんにたかりに来たんやろ!」

「今度こそ、千代は、わてらが守るんや!」

口々にテルヲへの怒りをぶつけるお茶子たちの前に、福助から話を聞いた千代がやってきました。

「千代!」

テルヲは、千代が目の前に現れたことで、笑顔になります。

しかし…。

「どちらさんだす?あんたのことなんぞ知りまへん。みなさん、ご迷惑おかけして、申し訳ありません。」

千代は、びっくりするような冷たい微笑みで言いました。

そして、岡安の面々に笑顔で中に入るよう促し、ぴしゃりと扉を閉めました。

あまりの毅然とした態度に、宗助はさすがに同情しましたが、これまでを思えば、無理もないことでした。

ほとぼりが冷めたころ、千代が自宅に戻りました。

何だか建付けの悪い玄関にため息をついていると…。

「俺が直したろか??」

テルヲがいました。

後をつけてきたのかと、警戒する千代の声を聞きつけて、中から一平が出てきました。

テルヲは、すぐには気づきませんでしたが、相手が以前、借金の形に千代を売り飛ばそうとした際に、物言いをつけてきた男だと、すぐにわかり、役者同士の結婚では幸せになれないと言い出しました。

まさか、千代が男と暮らしているとは思わなかったテルヲは、そう声を荒げますが…。

「あんたに許してもらう筋合いはあれへんし、うちがあんたを許すこともあれへん。」

またもぴしゃりと扉を閉められてしまうのでした。

【テルヲが来た理由】

さて、そんなテルヲの登場を心配した宗助が千代の家を訪ねてきました。

宗助は、ここまでのテルヲの行いが分かっているだけに、全面的に千代の味方ではありましたが、一応同じ娘を持つ父親同士、少しだけテルヲの気持ちに寄り添っていました。

千代は、そんな心配をしてくれる宗助にお礼を言います。

「当たり前や。千代は、うちの娘同然なんやから。」

「旦さんが、ほんまのお父ちゃんやったらええのに♪」

そういって、千代は笑いました。

ちょうど、踊りのお稽古に行かなくてはいけない千代は、宗助と家を出ました。

その道中、乞食の小次郎(蟷螂襲)に遭遇しました。

いつものように明るく挨拶をすると…まさかの小次郎一味にテルヲの姿が。

千代は、顔をしかめますが、小次郎が言うには、どうしても道頓堀を離れたくないというテルヲを受け入れ、自分の下で働かせているのだといいます。

「来るものは拒まず。それが、道頓堀の乞食の流儀や。」

調子に乗ったテルヲは、困ったことがあったら、何でも言えというテルヲをこれでもかと無視しました。

千代は、宗助に挨拶をすると、早々にその場を離れます。

宗助は、テルヲにきっぱりと言いました。

「ほんまに隠し事はあれしまへんのやろな。また、千代を泣かすようなことしたら、わて、許しまへんからな。」

そんな宗助に、テルヲは宗助たちにも一平にも千代は渡さないとすごみます。

その時でした、突然宗助は、腹痛でばったりと倒れてしまいました。

大慌てのテルヲは、先ほどのすごみはどこへやら、宗助を担いで病院まで走りました。

病院へ運ばれた宗助は、『尿路結石』でした。

すぐに呼び出されたシズは、医者の説明を聞いて、ひとまず安心しました。

そして、これまでの事はあるものの、宗助を運んでくれたことに関してはテルヲにお礼を言います。

そして、その上で、改めてきっぱりと言いました。

「テルヲさん。道頓堀から、出て行ってもらわれへんやろか。これ以上、あんさんのせいで千代が苦しむ姿は見とうないんだす。」

しかし、テルヲは道頓堀を離れるつもりはないと言い切り、突然せき込んだテルヲ。

その手には、真っ赤な血が…。

すぐに、診察に回されたテルヲに、医者は告げます。

テルヲの肝臓はボロボロで、すぐにでも入院が必要だと。

しかし、テルヲは入院したところで、自分がもう永くはないとわかっていました。

「お前も藪医者やの!おおけに!」

テルヲは、そう悪態をつくと、診察室を出て行ってしまいます。

心配そうに見つめる、シズにテルヲは言いました。

「このこと、千代には、内緒にしてくれへんやろか。」

「何で?」

「もうすぐ死ぬさけ、しょうがないから今までのことは許したるって…そねなことではあかんのや。頼むさけ…黙っといてな。」

シズが、それ以上を聞く前に、宗助が倒れたと聞いたみつえと千代が病院に駆け込んできました。

ひとまず、宗助の無事を確認した千代の目に、テルヲの姿が。

「あんた、何でここにいるん?」

千代に話しかけてもらったテルヲは、いつもの調子で、自分が宗助を運んだのだと自慢気に言います。

そこへ、宗助が目を覚ましたと看護婦に声をかけられたシズを連れ、千代はテルヲを冷たく無視して、病室へと入っていきました。

「きついのう…。」

千代の態度に、自業自得とはいえ、テルヲは思わずつぶやきました。

その夜の事でした。

寒そうにしているテルヲに小次郎がかぶるといいといって、新聞を渡しました。

その記事には、総理大臣・犬養毅が殺されたという記事が載っていました。

俗にいう『五・一五事件』…武装した海軍の青年将校たちが、クーデターを起こし、時の内閣総理大臣・犬養毅を殺害した事件です。

国のトップが殺される…そんな事件を目の当たりにしたテルヲは、日本は恐ろしい国になったと呟きます。

テルヲにも愛国心があるのかと笑う小次郎たちでしたが…、テルヲの胸中はまもなく死ぬであろう自分ではなく、千代の将来を案じていたのかも…しれません。

朝ドラ『おちょやん』第71話の感想

テルヲ再び…。
何を考えて、現れたのかしら…。

どうやら、余命いくばくもって感じだけどね…。
でも、許されたいってわけじゃなさそうだよね。

だから、よくわかんないのよ…
というか、また借金が無いとも思えないし…。

そこだよね…
またヤクザ者みたいなのが鶴亀家庭劇を襲撃なんてされては、ちょっとね…。

そうなのよ…
でも、またこの事実をシズだけがしっているという状況が、何かのカギになりそうね!

あと、小次郎さんの所にいるのを千代は嫌がっていたけど、ひとまず居場所が分かっている方が、悪事働きにくいかも?
それを狙って、小次郎さんは受け入れたような…気もするのよね…。

トータス松本さんは、1月末に出演されたあさイチの時点でクランクアップされていたみたいだから、恐らくこのあたりで退場っていうのが、濃厚かなぁ…。

そうね…その可能性は、十分考えられるわね。

しかし、千代に無視され続けて、病院で「きついのう」って呟く姿はどうおもった。

ちょっとまだ自業自得やろ!ってなるわよね…。
今週中に、多少見直す出来事なんてあるのかしら…

ちょっとやそっとじゃ難しいよね。

これが、ちょうど1週間くらいの出来事なら…
温泉いけるかなぁ?
千代と一平。

そうそこだよね。

広告

朝ドラ『おちょやん』第71話を見た人の反応は?

テルヲの目的は??

やっぱり、にわかには許せないよね。
一体、何が目的なのかなぁ?

何となく、振る舞いを見てると、憎んでていいから、忘れてほしくないのかなって…。
だから、いつもの調子で千代に話しかけるのかなって思ってるわ。

漆原さん…なぜ?

私は、何となくわかるなぁ…。
多分、芝居の時は男性を強く意識してるから大丈夫なんだと思うんだよ。

でも、女形でいた時間はやっぱり長いから、普段の…特にお酒とか飲んで、少し気が緩んでくると、所作が女性らしいんじゃないかな?

それ、わかるかも。
すごい無意識に、テーブルを拭くとか、おちょこの飲み口拭くとか、その漏れ出る女子力が敬遠させるのかしら…

本日の気になるイラストさんたち

花籠…本当に誰なのかしらね…。
でも、送られてきたのは、京都に行ってからか…。

ヨシヲじゃない(本人が否定)
一平じゃない(結婚後、誰からだろうって一緒に悩んでる)
テルヲじゃない(あんなに小ぎれいな花を買える金はないと思う。)
宗助じゃない(そうだったら、もうちょいアピールしそう)

候補は…。
・守衛さん(渋谷天外さん)
→そしらぬ顔で最初に「何や届いたで~」って持ってきた守衛さんが実は自分で買ったもの?

・熊田(西川忠志さん)
→鶴亀の人だから、千代が撮影所にいることくらいは知ってそうだし、鶴亀家庭劇びいきなのはそういうこと?

・監督(西村和彦さん)
→映画での泣きっぷりを見てるとすっかりファン?千代の寒すぎるギャグにも一人で笑ってた。こっぱずかしくて、言うタイミングを完全に逸脱した?

・小林のおじちゃん(烏川耕一)
→忘れてるかもしれないけど、道頓堀に来る前に住んでた家のお隣さん。千代にテルヲの夜逃げを教えてくれたおじさん。行商の合間に『竹井千代』の名前を見つけて、実はこっそり応援?

この辺を上げておきましょう(笑)

熊田さん…まさに、こんな感じで数えてたんだろうなって思うよ!
お父さん、そっくりだね♪

朝ドラ送り・受けまとめ

ここでヨシヲの再登場となったら、確かにざわつく…
可能性としては、やっぱり借金してたテルヲに取り立てに来るのが、ヨシヲとか…。

いや、それは、きつすぎる再会だなぁ…。

あさイチ、確かに、今週末にきっとテルヲの案件は片が付くでしょうから、そこで金曜日のあさイチドアップでテルヲ登場の方が…よかったかも??

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第72話の予告あらすじ

父親を冷徹に無視し続ける千代(杉咲花)。それにもへこたれず、つきまとうテルヲ(トータス松本)。それは千代が住む天海家、稽古場、福富楽器店にまでおよぶことに…。千代を取り巻く道頓堀の人々は、テルヲの存在に困惑し、警戒しながらも、次第にただならぬ雰囲気を察していく。挙げ句の果てに、居酒屋・水月にまで押し掛けるテルヲは、鶴亀家庭劇の劇団員と飲んだくれる一平(成田凌)に、あることで勝負を挑むのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83483923

まとめ

さぁ、テルヲは一体、何をしでかすのか、毎日ハラハラしちゃいそうだね…。
今なら、ストーカー案件になりかねないね…。

道頓堀の人たち、力づくでは追い出さないのね(汗)
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

広告