おちょやん|第14週67話ネタバレと感想。世話やき千代ちゃんの憂鬱【朝ドラ】

2021年3月9日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の67話が2021年3月9日(火)に放送されましたね!

こちらでは、第67話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

暴走機関車・千之助…
これは、止めるのが大変!

いやはや、雨降って地固まってたはずなのに…。
また、土砂崩れ警報??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第67話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第67話ネタバレあらすじ

【千之助VS女優】

チャップリンに見せる公演をめぐって、万太郎(板尾創路)一座との一騎打ちが決まった『鶴亀家庭劇』。

中でも、万太郎に対して積年の恨みを持つ千之助(星田英利)の目の色がぎょろりと変わりました。

そして、台本も自分が書く、主役も自分がやると、頭に血が上っています。

そんなに気張らなくても、今まで通りで勝てるのではないかと、のんきなことを言う香里(松本妃代)を千之助の鋭い眼光がロックオン!

「3年経っても、まともな芝居もできないやつが知った風な口を叩くな!」

香里も、そんな無礼なことを言われては、黙っていられません。

千代(杉咲花)は、何とか間を取り持って宥めようとしますが、今の暴走機関車・千之助がその程度で止まるはずもありません。

「お前らがチヤホヤされてんのは、珍しいだけじゃ!」

千之助は、その物珍しさで客が増えたこと自体には感謝していると、到底そう思っているとは思えない態度で、その上で女優がおらずとも不動の人気を誇る万太郎一座と同じ土俵で勝たなくてはいけないと頑ななです。

そして、今回は、女優は使わない・客引きでもしていろと言い放ったのです。

さすがの一平(成田凌)も、この言葉には、黙っていられません。

女優を使うと決めたのは、座長である一平の考えだからです。

千之助は、そんな一平に対してでさえも、万太郎の事を一番知っているのは、自分だと豪語し、押し切ろうとするのでした。

そんな千之助について行くと言い出したのは、どうしてもチャップリンに会いたい小山田(曾我廼家貫太郎)と元々千之助の腰巾着・百久利(坂口涼太郎)です。

「ほなら、わしが台本書きあげるまで、万太郎の出方見とけ。」

さすがの一平も、今回ばかりは千之助の好きなようにはさせられないといいます。

一平は、天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)に、走り書きの台本を見てほしいとお願いし、本日は解散することに…。

千代は、すぐに女優たちのフォローをすべく、ルリ子(明日海りお)と香里を呼び止めます。

ルリ子は、女優は邪魔なようだから、しばらく休むと言い出します。

香里は、自分たちをなだめるような千代の態度にもイライラしています。

座長夫人の千代は、自分が特別だと思っていると…。

しかし、そんな香里をルリ子も窘めます。

香里は、見た目ばかり気にして、中身が伴っていないと。

そんなことを言われて、更に怒りを深くした香里は、ぷりぷりと帰ってしまいました。

ルリ子は、頭に血の上っている香里の事は、しばらく放っておけといいます。

「あなたも女優でしょ?あなたもバカにされたのよ。うちの男どもに媚びを売るような態度は改めた方がいいと思うわ。」

冷静にそう告げ、帰ってしまうのでした。

【千之助の過去とは…?】

自宅に集まった天晴たちに、酒や食事を用意する千代。

冷やしていたビールを持ち上げ思いました。

これが、ルリ子や香里からしてみると、一座の男たちに媚びているように見えるのかと…。

そこで、思い切って天晴たちに、ビールくらい自分たちでやれと言ってみます。

しかし、そこは、小さい頃から、千代と接してきている男たち。

「うちは、あんさんらに媚びなんか売ってまへん!」

「そらそやがな!だ~れもそないなこと思ってへんよ?」

「むしろ、いっつも押しかけちゃって、悪いなぁとは思うてるんだよ?堪忍な。」

そんなことを言われては、千代は世話をせずにはいられません。

千代は、媚びを売るというより、元々根っからの世話好きなんですね…損な性格です。

さて、一平の書いた台本はどれも悪くはないけど、万太郎に勝つには物足りない…そんな評価でした。

ひとまず、千之助の出方を見てから考えてみようという結論と相成りました。

相談させてくれればいいのですが…。

千代は、ふと疑問に思いました。

なぜ、千之助は、万太郎のこととなると、あんなにも頑なな態度になってしまうのかと。

売れない歌舞伎役者だった万太郎と千之助が一座を組み、『喜劇』というものを始めました。

これが、なんと大当たり!

それを聞いて、千代はもっとわかりません。

そんな苦楽を共にした2人が袂を分かつことになるほどの何があったのだろうかと…。

すると、みんなは口々に自分の知っている話が飛び出してきます。

  • 千之助は万太郎に弟や妹のために貯めていたお金を盗られた
  • 千之助は万太郎に婚約者を寝取られた
  • 千之助のお父さんがやっていた一座を万太郎に乗っ取られ、お父さんが自殺してしまった

「え?…千さんのお父さん、まだ生きてはるって言うてましたよ。」

「それ言ったら、弟や妹なんて聞いたことあらへんで。」

「いや、婚約者が一番ないやろ。」

そんな男どもの話を聞いて、千代は一刀両断。

「つまり、誰も知らへんいうことだすな。」

しかし、みんなの意見はこうです。

万太郎と千之助の、芝居の力は互角。

でも、万太郎がすごいのは、一座のためにならぬと思えば、容赦なく役者を切り、今の万太郎一座の不動の人気を築き上げたということでした。

つまり、千之助は万太郎から『不要』ということで切られたと…こういうわけです。

その頃、行きつけの居酒屋に千之助が向かうと、そこには万太郎の姿が…。

不遜な万太郎の態度に、千之助の闘志は、更にめらめらと燃え上がることになってしまうのでした。

【千さんの暴走】

それから、3日後、千之助は台本を書きあげてきました。

『嫁取相撲』というその喜劇、全員が台本を読んで息をのみました。

そんなとんでもない傑作だったのでしょうか…。

い~え、みんなの心の中をどうぞ…。

『いっこも面白くない。』

それは、千之助が書いたとは思えないような駄作でした。

しかも、ほとんど真っ白な台本は、客の反応を見て、アドリブだと言い出す始末。

問題はまだあります。

香里やルリ子が来るかもわからないのに設けられた女性の役。

千之助は、漆原に女形に戻れと、これまた大暴言。

一平も、この千之助の暴走に止めに入ります。

「なら、お前の台本で、万太郎一座に勝てるのか。」

「あんたの台本よりはマシです。こんな台本じゃ、万太郎一座に勝つどころか、『鶴亀家庭劇』の名を汚します。」

きっぱりと言ってのけた一平に、千之助は『辞めろ』と怒鳴ります。

自分が何役だってこなしてみせるし、その方が面白いかもしれないと…。

その言い草に、天晴や徳利も反論します。

「それやったら、お前らも辞めや!」

その言い草に、ついに天晴、徳利、一平も出ていく始末。

その場に残されたのは、千代・漆原・百久利だけになってしまうのでした。

【小山田、捕獲!?】

「そないなつもりやあれへん!」

その頃、そんな叫び声をあげていたのは、小山田です。

血気盛んな男たちに囲まれた小山田は、一体どこにいるというのでしょうか。

同じ頃、一座の危機に、思わず千代の足は岡安に向かっていました。

そこで、節子(仁村紗和)に声を掛けられました。

話を聞いて、千代はあるところへ駆け出します。

それは、万太郎一座でした。

小山田は、万太郎一座に忍び込んだことがバレてしまい、詰問されていたのです。

何とかその場を納めようと尽力する千代でしたが、どうにもこうにも…。

そんな騒ぎを聞きつけて、のれんをくぐってきたのは。

「えらい賑やかやなぁ!」

須我廼家万太郎…、その人が立っていたのでした。

朝ドラ『おちょやん』第67話の感想

あのね、色んな見どころがあると思うんだけど、実は、すっごい気になってるのが百久利なのよ。

最初こそ、北斗の拳の雑魚キャラかみたいな態度ばっかりだったのに、今、すご~く普通な子よね(笑)

割と礼儀正しいし、ちゃんと兄さんらの事は、兄さんって呼ぶし。
小山田翁の話も、ちゃんと聞いてあげるし。

喧嘩っ早い、千之助をちゃんと止めるしね。

なんか、いつもエキセントリックな役のイメージがあったもんだから、ものすごく、いい意味で没個性になってるよね!

そうなのよ!
あ…こういうお芝居もできるのねって(笑)
百久利自身、変わった子ではあると思うんだけどね!

坂口涼太郎さんが出演と聞いて、千さんの腰巾着として、嫌がらせしたりとかなんかそういう一面がとか思ってて。
ほんとうごめんなさい。

本当、ごめんなさい。

しかし、千さんの暴走具合はすごいねぇ~!
「誰よりも万太郎を知ってるの俺」って言ってたけど、20年前の情報からアップデートされてるんだろうか。

知らないからこそ勝てるって場合もあると思うんだけどね。

そうだね。
今日のラストでは、万太郎と対峙した千代。
万太郎といえば、千代に一目置いてるからね…。

何かいい情報がゲットできるかも!
そのあたりは、明日確認しましょう!

そうだね!

しかし、漆原さんって、本当いい人よね…。
いつも、孤立する方に残るの。
今日も、怒って出て行ってしまった天晴・徳利・一平について行かなかったでしょ?

孤立するほうにというより、板挟みになる人がいるところに残るが正解かなって気もするね!

広告

朝ドラ『おちょやん』第67話を見た人の反応は?

世話焼き千代の憂鬱

何というか、この流れ、スカーレットの貴美子を思い出すよね。

ハチさんを支える方向にばく進したのち、自分の夢に猛進した結果…。
ううう。色々怖い!

百久利いいやつじゃん。

百久利ねぇ…本当、大人になったと思うよ!

ほんにほんに。
すごい、何気に潤滑油になってるって感じよね!

ルリ子さんかっこいい!

ルリ子さん、さすがとしか言えないよね!
千之助の言葉も、ちゃんといったんかみ砕けるところに、大人の余裕を感じるよ。

香里っていくつの設定なのかしらね?

漆原さんは気遣いの人

漆原さん、本当になんか気遣いの人だよね…。
千代にとっちゃ、欠かせない人だと思うよ。

いつも一緒に、板挟みになってくれるのよね…。
色男だわぁ!

本日の気になるイラストさんたち

みつえがお母ちゃんになるとは…。
あの様子だと、色んな人に一番好きって言ってそうだよね(笑)

でも、そんな一福が生まれたのは、このエピソードがあってこそ!
リアルタイムなイラストさんの中で、このイラストさんが今につながってるって思うの…エモいわ…。

朝ドラ送り・受けまとめ

なんか、『春だから~お別れですか~♪』って感じだね…。
松岡アナも異動か…しょんぼりだなぁ。

そして、また新しい出会いがあるとはいえ、寂しいわね…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第68話の予告あらすじ

万太郎一座に捕まった鶴亀家庭劇の座員・小山田を助けに来た千代(杉咲花)。小山田は、万太郎(板尾創路)の情報を少しでもつかもうと偵察に忍び込んでいたのだった。万太郎一座の連中に取り囲まれ、絶体絶命の二人。その時、万太郎本人が現れ、意外にもあっさり手の内をすべてさらすのだった。他にも何でも聞いて良いと言う万太郎。千代は思い切って、千之助(星田英利)と過去に何があったのか、二人の因縁を聞き出すのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83285403

まとめ

さぁ、ついに万太郎とちゃんと対峙した千代!
何か新しい情報GETだぜ!とはなるのかな?

でも、これが決まらなくちゃ、問題解決とはならなそう!
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告