おちょやん|第12週56話ネタバレと感想-一平,衝動的欲動からのキス!?【朝ドラ】

2021年2月22日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の56話が2021年2月22日(月)が放送されましたね!

こちらでは、第56話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、みつえと福助の結婚で、すっかり大団円な雰囲気を醸し出しているわけだけど…。
また、今週もキナ臭そう…。

そうね。
それに、昭和4年か…。

そろそろ戦争の足音が近づいてきてるし…。
お芝居の世界にも激震が走るわよね…。

今週も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第56話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第56話ネタバレあらすじ

【福富楽器店】

みつえ(東野絢香)福助(井上拓哉)が、結婚してひと月が経ちました。

岡安と福富の諍いも落ち着いて、堂々と宗助(名倉潤)も、福富楽器店にコーヒーを飲みに来ています。

でも、千代(杉咲花)も開いた口が塞がらないような新婚さんラブラブモードに宗助は、何となく焼きもちを妬いてしまうのでした。

みつえは、鬱陶しそうに、あまり油を売ってると、シズ(篠原涼子)に怒られると、口をとがらせます。

「ほんで、さっきから、あんたは何でうちらを睨んでるんや?」

みつえは、眉間に皺を寄せて見つめる千代に声をかけます。

「睨んでないわ!真剣な顔や!」

というのも…。

【鶴亀家庭劇稽古場】

『マットン婆さん』の公演を終え、次の演目をという話し合いの段で、座長の一平(成田凌)は、次のトリの演目は千之助(星田英利)に任せる、自分は前座で力を試したいと言い出したのです。

演目は『若旦那のハイキング』というもので、商売敵な家柄の若旦那といとさんが、ハイキングに向かった先で心中しようと計画しますが、それは、いとさんの気持ちを確かめるための芝居だったという話です。

そんな話、つい最近、どこかで聞きましたね。

そう、みつえと福助を見て思いついたのです。

若旦那は一平で、いとさんは千代です。

香里(松本妃代)が、当初立候補して見せますが、熊田(西川忠志)の『キレイどころの女優はトリで使えと言われた』という言葉にご満悦で手を引っ込めました。

千代は、『つまり自分はキレイどころやないんかい。』とちょっぴり渋い顔をするのでした。

【福富楽器店】

「というわけでな、みつえ達見て、参考にしよう思うてな♪」

自分たちがモデルと聞いて、もっとバカップルぶりを発揮です。

そこをびしっと引き締めたのは、もちろんこの方です。

「みつえ!あんた、そろそろ晩の支度せんといかんのとちゃうか?」

お姑様の菊(いしのようこ)です。

福助は、嫁いびりするなとみつえをかばいますが…当の本人であるみつえは…。

「あんた!お義母さんに、そないな口きくもんやないで!」

そういって、菊に『福富の味を教えてください!』と、にっこり笑ってついて行くのでした。

「何で…僕が悪もんに…。」

「福助、それが結婚言うもんや。」

「『結婚』と書いて『忍耐』と読むんや。」

そういって、男たちが固まるのを見て、千代は呆れたように帰ることにしました。

「おちょやん、気ぃつけや?最近、物騒やさかいな。」

珍しくそんな声をかけたのは、椿(丹下真寿美)でした。

実は…、みつえと福助の祝言の日に、『えびす座』でボヤ騒ぎがありました。

幸いすぐに消し止められたのですが犯人はわからず、道頓堀は不穏な空気に包まれていました。

【岡安】

千代が岡安に帰ると、シズは福富に宗助がいたのかと尋ねます。

そして、そのついでと言わんばかりの顔で、みつえの様子を尋ねます。

千代が、元気に菊とも仲良くやっていると答えると、尋ねた割には知ったこっちゃないといった風な顔です。

そんなシズを見て、全員にやにや顔。

本当は、心配で心配でたまらないのに、嫁ぎ先が『福富』なもので、そうやすやすと様子を見に行けないというわけです。

そこにやってきたのは、一平です。

千代を部屋に呼ぶと、一平はセリフが変わったからと台本を渡しました。

「また千之助さん?」

「ちゃう。検閲や。」

この頃の日本では、映画やお芝居をやる際に、あらかじめ台本を警察に提出し、チェックを受け、上映の許可をもらわなくてはいけませんでした。

博打や暴力、男女の破廉恥な逢引きなど、警察が『不適当』と判断したものは禁じられていたのです。

ちなみに、今回の『若旦那のハイキング』というお芝居をもう少し詳しく説明すると…。

昔から、いがみ合っていたお店同士の若旦那・礼一郎【一平】といとさん・若子【千代】が、互いに惚れあって、結婚の約束をします。

しかし、いがみ合ってきた家同士で結婚しても、すぐに離縁するのがオチだと、親兄弟から反対されてしまいます。

礼一郎は、若子の気持ちを確かめようと、ハイキングに誘い、そこで心中しようと持ち掛けるのです。

稽古をしてみるものの、どうにもしっくりきません。

トリの稽古の邪魔だとどかされてしまった千代と一平は、岡安の勝手口でも練習し始めます。

千代は、正直な気持ちを、一平に伝えました。

『好きな人となら一緒に死ねる』という気持ちが、自分にはよく理解できないと。

みつえと福助を見ていても、幸せそうだとか羨ましいとは思っても、自分がああなることはないのではと、どこか一歩引いてみてしまう自分がいました。

そんなことを、色々考えているうちに、同じくらい大事なものを見つけたのだといいます。

「弟のヨシヲや…。もし、ヨシヲに一緒に死んでくれ言われたら…うちは死ねる。」

千代は、そういう気持ちで、この若子を演じると決めたのでした。

【芝居小屋】

そんなこんなで、公演初日を迎えました。

一平の向こうにヨシヲ見つめた演技…。

鶴亀の面々も、心配そうに舞台袖から覗いています。

その迫真の演技に、気持ちが乗ってしまったのでしょうか…。

抱きしめあうシーンを削られ、手を取り合うだけになっていたはずのラストシーン…。

一平は、思わず千代に接吻をします。

ざわめく舞台袖と客席!!

鶴亀家庭劇の運命やいかに!?

朝ドラ『おちょやん』第56話の感想

わわわわわわ!
いや予告を見ていたから、この展開はわかってはいたけど…。
月曜でしたか!というのが、率直な感想!

予告の大部分、今日流れちゃったんじゃ…。

だって、これ、明日か遅くても明後日には「傷物にしやがって」がくるパターンよね…。

衝動的欲動は、しちゃった後のいいわけかと思ってたよ。
そうじゃなくてよかったとしようかな。

それにしても、ちゃんとみつえと福助のトランペットの練習が、今日のラストシーンの伏線だったわけでしょ(笑)

そうだねぇ~。
いや、みつえは、たくましいね!
福助とラブラブなものの、ちゃんと菊を立てて、聡いお嫁さんじゃない?

旦さんズの一員に福助も入って、男同士も仲良くていいじゃない♪

それに、今日意外だったのは、丹下真寿美さん演じる椿が千代に「物騒だから気を付けて帰れ」っていうシーンだね!

おしゃべりだけど、悪い人じゃないのね(笑)

しかしボヤは怖いねー…

本当ね…。
あの祝言のシーンの後に、そんなことが起きていた何て…。

あの千代がぶつかった人ってさ…。

多分…。
そうよね…。

しかも、千代が岡安に帰るときの視線…
あれも…。

多分そうよね…。

やっぱり、明日には登場かな!?
楽しみにしておこう!

広告

朝ドラ『おちょやん』第56話を見た人の反応は?

一平、衝動的欲動!?

いやいや、月曜日から、照れちゃうね(汗)
でも、日本最初のキスシーンを検索してくれた方の反応を見たら、あの客席のどよめきにすごく納得がいったよ。

そりゃ、どよめくよね。
予告で、一平が「傷者にしやがって」って、殴られるよね(汗)

本当に、校閲を超えてきたのものね…。
あれ、警察とか見てるのかしら…。
心配だわ…。

ルリ子『リビドーとタナトス』

久々のルリ子さんのカメラ目線と、思わず検索したくなっちゃう言葉『リビドーとタナトス』ね!

ブドウとナスではないよ(笑)

生きる本能と性本能で精神エネルギーのリビドーと死に対する本能であるタナトス…つまり、衝動的欲動ってことか。

なんか、エビデンスと根拠みたいな関係ね。

何というか、これはカメラ目線でるルリ子に言わせたいという演出だったんだろうなって感じ(笑)

椿さんが地味に千代と仲良くなってるのが良き

椿が、千代の帰路を心配するだけでも、びっくりだよね!

あのシーン、すごいびっくりしちゃったわよ!

本日の気になるイラストさんたち

先週末から今日までにかけてのイラストさんは、やっぱりみつえと福助おめでとうなイラストさんが多かったね!!

でも、そんな中でも、「自分で注げ」は、やっぱり注目しちゃったんだよね(笑)

あの二人、どっちかが先にお嫁にでも行ってしまったら、すっごい泣きそうな感じがするね!

ああ~!
ルリ子様メインのイラストさんがぁ!
絶対、美しいと思っていたのよ♪

この次か次くらいには、優しくほほ笑むルリ子さまも来るに違いないと更に楽しみにしている次第です♪

朝ドラ送り・受けまとめ

今日は、残念ながら朝ドラ受けなし!
確かに、今日の近江ちゃんの反応見たかったね(笑)

本当ね~…(笑)
絶対、可愛い反応をしてくれたと思うのに~(笑)

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第57の予告あらすじ

「若旦那のハイキング」の舞台初日。恋人と一緒に死を選ぶ場面。大切な弟のヨシヲを思い、役になりきる千代(杉咲花)。熱の籠もった芝居の千代に引っ張られ、一平(成田凌)は思わず接吻をしてしまう。すると、劇場にいた警官が発見。即刻、芝居は中止に。鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)らが必死に警官に頭を下げ、公演は続けられることになった。とはいえ、千代にとっては初めての接吻。岡安のお茶子たちが必死に慰めるのだが…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/82756043

まとめ

いやはや、そりゃ、検閲で修正かけた芝居の初日なら、警官もいるかぁ…。
熊田らがってことだけど、他に誰が一緒に…いや、これはきっと天晴兄さんだろうな…

千之助さんが一緒に頭下げるわきゃ無いわよね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告