おちょやん|第11週53話ネタバレと感想。菊とシズの啖呵の迫力がすごい【朝ドラ】

2021年2月17日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の53話が2021年2月17日(水)が放送されましたね!

こちらでは、第53話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さて、みつえと福助の恋仲が、両方のご寮人さんに知れるところになったわけだけど…。
道頓堀中に噂も広まっちゃうしねぇ…。

この恋の行方は…どうなっちゃうのかしらねぇ…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第53話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第53話ネタバレあらすじ

【岡安】

昔から、人の口に戸は立てられぬといいますが、面白い話は瞬く間に道頓堀中に広まってしまいました。

もちろん、両ご寮人さんであるシズ(篠原涼子)菊(いしのようこ)の耳に入り、どちらも大反対!

福助(井上拓哉)も、すぐに別れるようにと怒られ、何も言い返せませんでした。

この根性無しめ…。

福松(岡嶋秀昭)は、菊にみつえと福助の仲を認めてもいいのではないかと進言しますが…。

「岡安から、うちに来てうまくいくことあれへんやろ!100歩譲って、わてが許したかて、シズが絶対に許さへんやろ。

この2人…一体何があったというのか…。

【鶴亀芝居稽古小屋】

そんな状況でも、芝居の稽古は待ってくれません。

座長の一平(成田凌)が次の芝居についての演目を決め、配役を言おうとしたところで、またもや千之助(星田英利)が割って入ります。

投げ渡されたのは、トリの演目である『母に捧ぐる記』に真っ赤に修正された台本でした。

タイトルまで赤字で修正されています。

「『しょうもないとこ』直しただけや。」

しかも、主役は母からおばあさんに変更されています。

一平は、描きたかった『母親の無償の愛』から大幅に変更されてしまった台本に憤慨しますが…。

「お前に『親の愛』の何がわかんねん。」

でも、この中で、おばあさん役を演じられる人はいません。

すると…。

「わしがそのばあさんをやる。」

もう公演まで時間がありません。

痛い所を突かれた一平は、その後何も言えなくなってしまい、しょうがなく、トリの演目は『母に捧ぐる記』から『マットン婆さん』やることになってしまいました。

【岡安→福富楽器店】

その日の夕方、久方ぶりに大口のお客さんがやってきました。

しかも、初めて依頼してくれたお客さんです。

岡安に、芝居を見てきたお客さんたちの楽しい声が響き、穏やかな1日が過ぎていきます。

その一方で、稽古からの道中、みつえ(東野絢香)と会った千代(杉咲花)は、今日の出来事をこぼします。

みつえは、一平も大変だと同意すると、千代は言います。

「ほんま、一平と千之助さんは、『水と油』やわ…。」

その言葉を聞いて、みつえは顔を曇らせます。

「うちのお母ちゃんと菊さんみたいやな。『水と油』が仲良くなるなんて…無理なんやろか…。」

通りすがりの『福富楽器店』を覗き、菊を見つめるみつえ。

千代は、お客さんが帰ったら、また一緒にシズの所に行こうと励まします。

「なんで福助なんか好きになってしまったんやろ。こないなことになるて…わかってたはずやのに…。」

ところが…、岡安からお客さんが帰ろうとした時でした…。

お客さんにご挨拶するさなか、お客さんは大変ご満悦で…お酒も入っていい気分。

だから、口を滑らせてしまったのでしょう。

「さすが…福富さんから…しもた…」

実は、今日のお客さんは、元々福富を贔屓にしていたお客さんでした。

しかし、福富が商売替えをしてしまったために困っていたら、菊が岡安を紹介してくれたというのです。

お客さんの前では、笑顔を崩さないシズでしたが…。

そのあと、すぐに福富楽器店へと突撃です。

最初は、恭しく大口の客を紹介してくれたことの礼を言います。

それは、もちろん、ここからの話の前座でしかありません。

「お菊姐さん…ほんまに大きなお世話だす!」

すごい形相で福富楽器店に入ってくのを見つけてしまった千代とみつえも福富楽器店に飛び込んできました。

菊は、こうなることが分かっていたから、黙っていてほしいとお願いしていたのですが…。

あくまでも、本家の福富から分家の岡安にお客を回しただけで、深い意味はないといい、感謝されこそすれ、恨まれる覚えはないと突っぱねます。

しかし、シズは福富からの施しなど受けないと…これまた真っ向から反発しています。

菊には、岡安の台所事情くらい、あらかた想像がついていました。

でも、それさえも大きなお世話だといわんばかりのシズ。

「わては、がっかりしました。福富と競い合うてきたから、今の岡安がある思うています。せやから、姐さんには、芝居茶屋を辞めてほしなかった。」

思いがけないシズの言葉でしたが、そのあとの言葉が、この状況という火に油を注ぎます。

「こないな店に、うちのみつえは嫁がせまへん!」

「こっちから、願い下げや!」

完全に決裂してしまった『岡安』と『福富』…。

菊は、動けずにいたみつえにも、きっぱり言います。

「あんた、これ以上、福助をそそのかさんといて。…人には、それぞれ相応しい居場所というもんがある。あんたは、うちに相応しくない。

【岡安】

家に帰ってきたみつえは、まだ呆然としたままでした。

心配する千代は、どうしても不思議でした。

どうして、菊とシズは、お互いを目の敵にしているのか、皆目見当がつきませんでした。

それは、みつえにもわかりません。

みつえが生まれた時から、ずっとあの調子なのですから。

「それは、わてのせいだす。」

そこに、入ってきたのはお家さんのハナ(宮田圭子)でした。

ハナは、菊とシズの仲違いは、それこそシズが生まれた時から、自分と福富のお家さん…つまり菊のお母さんとの仲違いを見てきたせいだといいます。

元々、福富のお茶子だったハナがのれん分けしてもらい、岡安を作った際に、福富のご贔屓さんを何人か引き抜いてしまう形になってしまい、気づけば福富とは犬猿の仲になってしまったというのです。

シズも菊も、それを見て育ったので、仲が悪くなって当然だといいます。

「堪忍やで。わてがそうさせてしもたんや…。」

みつえは、頭をさげるハナを止めます。

でも、顔を上げたハナの表情は笑顔でした。

「びっくりしたわ…。福富の息子と岡安の娘が惹かれあうやなんて…。これも時代やろか…。みつえ、ここだけの話や。おばあちゃんは、あんたの味方や。幸せになり!」

ハナは、みつえの手を取り、そう約束するのでした。

朝ドラ『おちょやん』第53話の感想

今、この矢部くんのレコメンド見て…すっごい納得してしまった…。

・福富から独立して
・みつえの幸せを願い
・千代の演技の才能を見出す

「ハナさんが一番最先端かも」っていうの…。

言われてみると、確かにそうだね!
今でも、時々その片鱗が見えるけど、昔は結構…その…シズなんか目じゃないくらい怖かったんじゃないかと…。

それはありそうね…
その下地があって、隠居したところから、丸みも兼ね備えて、最恐で最強のお祖母ちゃんの出来上がりって感じかなぁ??

とはいえ、ハナが話をするのは、みつえというより、菊やシズのような気もするんだけど…。

ついでに、千之助にもお灸を据えてくれないかしらね。
一平が未熟なのは間違いないけど、いちいち波風立て過ぎだもの…。

千さんもハナさんには、頭が上がらなさそうだもんね(汗)
まぁ、あの状況も…千之助が万太郎の鼻をあかしたい気持ちと一平に初代・天海天海を求める気持ちのよじれあいだよね…。

そうね…。
しかし、今日は、そんな千さんなんか…ほぼ記憶に残らないくらい、ご寮人さんたちの啖呵のぶつけあいが…。

でも、どうもライオン(菊)とチワワ(シズ)の喧嘩って感じで…。
ちょっとつっけんどんだけど、普通に千代と話をしてくれる菊を見てるから、何となく菊の方が度量がでかそうなイメージなのよね。

視野が広いというか…。

まぁ、何というか幼い頃の兄弟喧嘩ってこういう感じだよね。

まぁ、姐さんだしね。

というか、まだ水曜日なんだよね…。
ここから、何が起こるのか…心配だよ。

このままいくと、福助とみつえ、駆け落ちくらいしそうよね。

広告

朝ドラ『おちょやん』第53話を見た人の反応は?

この2人が仲直りまではいかなくても、歩み寄る『スイッチ』は…どこにあるんだろうな…。

そうなのよね…。
ハナさんが1枚噛むのは、当然としてそれだけじゃ足りない気がするのよね…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第54話 の予告あらすじ

犬猿の間柄である母親たちから付き合うことを猛反対されたみつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)は、駆け落ちを決意。みつえが居なくなった岡安は、大混乱に陥る。居間で幼き日のみつえの着物を抱え、放心状態のシズ。千代(杉咲花)は娘の思い出を語るシズの母親の心に触れる。そんな中、鶴亀家庭劇の新作「マットン婆さん」が始まった。予想通り、千之助の容赦の無いアドリブ芝居がさく裂。しかし千代は、あることを教えられる…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/82471703

まとめ

やっぱり、ここは駆け落ちになっちゃうの!?
いやいや、ここで退場はないよね??

う~ん。
今日の明日でしょ?
この駆け落ち、ハナさんがいっちょ噛みしてるんじゃないかしらね?

だから、見つかりにくいけど、比較的近くに潜んでるんじゃないかしら…。
で、ハナさんは、稽古で毎日出かける千代にはこっそり居場所を教えて、必要なものを届けさせたりするんじゃないか…なんて予測!

明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告