おちょやん|最終週111話ネタバレと感想。熊田、鶴亀人生最後のお願い【朝ドラ】

2021年5月10日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第111話が2021年5月10日(月)に放送されましたね!

こちらでは、第111話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

千代と春子が親子になって…
ついに最終週!
早く見たいのに…見たくない。

何と言うか…泣き笑いのエピソードだね。

一平と千代もあのままってこともないだろうし…
というか、天晴さんや徳利さん、漆原さんって…今何歳なのかしら…。

最初から、大人キャストだったから、考えてもなかったけど、一平9歳の時点でお酒飲んでたから…60近いのかしら…。
今週も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第111話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第111話ネタバレあらすじ

【熊田との再会】

栗子(宮沢エマ)が亡くなり、春子(毎田暖乃)と、養子縁組をした千代(杉咲花)

2人は、本当の親子になりました。

昭和27年2月、そんな千代たちの家に、懐かしいお客さんがやってきました。

それは、熊田(西川忠志)でした。

熊田は、すっかりお母ちゃんな千代を見て、感慨深そうに目を細めます。

実は、今日は千代にお願いをしにやってきていた熊田は、座布団を外すと姿勢を正しました。

そして、鶴亀新喜劇の舞台に出てほしいと頭を下げたのです。

あんなことがあったのですから、千代が二度と道頓堀の舞台に上がるつもりはないだろうと思ってはいましたが、それでもお願いに来たのです。

「もっぺん、道頓堀の舞台に立つ千代が見たい。竹井千代は舞台女優やって言いたい。鶴亀に入って40年、これをわしの最後の仕事にしたいと思うてる。」

熊田は、退職を前に『一生のお願い』という勢いで、千代にお願いをしました。

お世話になった熊田の頼みではあるものの、千代もとても即答はできません。

もちろん、熊田も、そんな複雑な千代の心はわかっていましたから、今日の所はと帰っていきます。

その帰り際、千代に『桂春団治』という一平(成田凌)の書いた脚本を置いていくのでした。

【一平とのニアミス】

『桂春団治』は、落語一筋の男で、『後家殺し』といわれるほどのモテ男でした。

でも、芸のためなら、女房も娘も愛人も泣かせる無茶な男でした。

女房がいるのに、若い女に手を出して、子どもができてしまったため女房は身を引くなど、どの所々に千代と一平の話をモチーフにしたであろう場面も出てきて、まさに赤裸々。

そして、ラストはその破天荒で芸一筋に生きた人生を終えるという物語でした。

この『桂春団治』は、毎日大入りの大盛況で、鶴亀新喜劇にとって、久方ぶりのヒット作品となりました。

そんなある日の事、NHK大阪のスタッフ一同は、ピリついていました。

ラジオ番組に一平が出演することになったのです。

生放送のその番組がある日は、困ったことに『お父さんはお人好し』の読み合わせも…。

何とか千代と一平が鉢合わせしないよう、細心の注意を払って対応する職員たち。

そんなこととは知らぬ千代は、いつも通り長澤(生瀬勝久)当郎(塚地武雅)と台本を読み合わせていきます。

ハラハラする中、何とかラジオのブースにいる間に千代を局から出せそう…そう思った時でした。

何も知らない当郎は、悪気なくニュースを聞こうとラジオをつけました。

今、ラジオで流れているのは、一平のインタビュー番組。

千代は、突然、聞こえてきた一平の声に、一瞬動揺したような表情を浮かべました。

でも、その話を聞き、熊田からの願いを思い出した千代は、少しだけ心が揺れるようなのでした。

そんな折、春子の様子がおかしいことに千代は気づきました。

朝、宿題を入れたのか尋ねると、全部は出来なかったが、持ってはいるといいます。

宿題は全部やらないといけないと注意する千代でしたが、春子は…。

「どうせ…でけへんもん。」

そんな投げやりな態度が気にかかる千代なのでした。

朝ドラ『おちょやん』第111話の感想

熊田さん…おじいちゃんになったわね…。
この最後のお願い、きっと千代は聞くことになるわよね。

何だかんだ、一番最初に千代と舞台を結び付けた人だよね。
色んな相談を、ついついしちゃう支配人とお茶子から、社長と女優になって…。

そうね…。

しかし、NHK職員の人たちも手ぬるいなぁ…。
鉢合わせさせないようにしたいなら、当郎と長澤先生くらいには、事情話しておいた方がいいよね(汗)

とはいえ、結果的には、これで正解だったのかもしれないけどね。
一平が逃げずに、過去と向き合うことにしたからこそ、千代は道頓堀に向かう背中を押すことになるような気がするし。

そういえば、春子はどうした?
何か諦めの境地みたいな感じになってるけど。

ヒロインの娘の様子がおかしいは、朝ドラあるあるだけど…。
でも、何となくわかるかも。

多分、春子は大人気のお母ちゃんの事で、何か学校で嫌なこと言われたんじゃないかしら。

やっぱり、そういう感じなのかな。

多分だけどね…。
『どうせでけへんもん。』っていう言葉から、何かやりたいって思ったことを否定されたのかなぁ…。

まだまだ女の人が何かをしたいと願って、すぐにできる時代でもないか…。

そういう風に思ってる男性は多かっただろうし、そう言われてる男の子がはやし立てるくらいはするんじゃないかしら。

それでなくとも、千代と春子の関係は難しい所でもあるもんね。

そうそう、タダの伯母と姪とはいえ、とりあえず産みの親と子じゃないというだけで、色眼鏡で見られることもあるだろうしね。

いやはや…一平問題と春子問題…最終週なのに、気が休まらないね!

広告

朝ドラ『おちょやん』第111話を見た人の反応は?

熊田さんの千代推し…尊いわ…。

まぁ、そうじゃなきゃ、いなくなった時も、いくら頼まれたからって、あんなに探さないし…大体、当郎の記事に小さく書かれた竹井千代って名前に気づかないわよね。

でも、あの熊田さんが、あんなに探しても見つからなかった千代を見つけた桜庭…改めて…すごいわ…。

そうか…春子の残した宿題がイコール千代が鶴亀に残してきた宿題ってこと?

トラブルの暗喩ではないのかな?
いや、でも実際、春子にも何かあって、それを励ますための千代の道頓堀行きにつながるのかなぁ…

自分も残した宿題をやるために。

何気に、登場すると四ノ宮役の久保田悠来さんが、朝呟いてるのが何気に尊い(笑)

もっと、このNHKでのバタバタも見たかったなぁ…っていうのが、正直な感想だわ(汗)
あれ?今週で終わるの??

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』112話の予告あらすじ

一平(成田凌)が書き上げた新作「初代桂春団治」は大変な人気を呼び、東京公演も決まり、新聞やラジオのインタビューも増える。そんな折、放送局で取材を受ける一平と本読みに来た千代(杉咲花)が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。予期せず、一平の肉声を聞き、熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いを馳せ、浮かない表情の千代。心配した春子が、あるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされて…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/85605566

まとめ

最終週っていう響きがしんどいね…。
私は、ちゃんと朝ドラを腰を据えてみたのは初めてだったんだけど、すっごい重厚な時間を過ごした気がするよ。

私は、毎回このタイミングで、迫りくるロス感に恐れおののくんだけど、余韻に浸る間もなく次が始まって、そっちにもはまっていくからね。

段々、この寂しい気持ちも、次へのワクワクも慣れてきて、楽しくなってくるわよ!

何はともあれ、最終週!
1秒も見逃せません!
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告