おちょやん|最終週112話ネタバレと感想。千代、ついに道頓堀に帰る【朝ドラ】

2021年5月11日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の第112話が2021年5月11日(火)に放送されましたね!

こちらでは、第112話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

熊田さんから鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいと頼まれた千代はどうするのかな?
春子の態度も気にかかるし…。

もう、今日はきっと、道頓堀よね?
そうよね?
じゃないと…時間が足らん!

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第112話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第112話ネタバレあらすじ

【迷う千代】

千代(杉咲花)は迷っていました。

退職を控えた熊田(西川忠志)から、もう一度だけでいいから、鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいとお願いされたからです。

そんなお願いを千代にしたと、熊田は一平(成田凌)にも報告します。

千代が受けてくれるわけがないと、一平の立場からすれば当然の返答です。

「もし…そないなことがあったら…それは…喜劇やな。」

一平は、熊田から聞いた話を『家庭劇』時代からのメンバーにも話します。

「千代ちゃんと一緒に芝居したいなぁ…。」

思わずつぶやいた漆原(大川良太郎)の言葉は、その場にいた天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)香里(松本妃代)も、同じ気持ちでした。

その話を横で聞いていたシズ(篠原涼子)宗助(名倉潤)も、大胆な熊田の行動に驚きつつも、そうしたいと願った気持ちは、痛いほどよくわかりました。

その夜の『お父さんはお人好し』では、一瞬、千代はセリフを飛ばしかけるほど…悩んでいました。

ラジオを聞いていた春子(毎田暖乃)は、そんな千代を心配して、葛湯を作って待っていました。

千代は、そんな優しい春子の心遣いに感謝しつつ、看護婦さんだったという春子のお母さん…つまり千代の妹・さくら()の話を聞きました。

そんな話をしながら、千代はあることを決意するのでした。

【千代、ついに道頓堀に帰還…】

ある朝、岡福ではいつものようにみつえ(東野絢香)一福(木村風太)と仕込みをしていました。

そんな店の前の道を歩く母娘の姿がありました。

でも、岡福の前までやってきて足が止まる母を娘は心配そうに見ています。

そこへ、暖簾をかけにみつえが出てきて、その母娘と目があいます。

懐かしいその顔にみつえは言いました。

「おかえり!」

「ただいま!」

その母・千代は駆け寄り、抱き着くのでした。

一福に呼ばれて、シズと宗助もバタバタと2階から降りてきました。

宗助は優しく出迎え、シズは叱り、まさに飴と鞭の夫婦です。

ひとしきり叱ったシズはボロボロと涙をこぼし、宗助ももらい泣きして、久しぶりの再会を喜びました。

さて、喜び過ぎた宗助は、千代がこの店で働いていたことを自慢していた常連さんたちを連れてきて、千代に会わせると鼻高々。

握手会になりかかっていたところに、普通に岡福のお客さんとして、お昼を食べに来たのか徳利がやってきました。

「何や、賑やかやなぁ!お~千代ちゃん!おはようさん!

手を挙げて、自分があまりに普通に挨拶をしたことを徳利が一番驚きました。

「って…えぇ~!!!!千代ちゃん!!!!!」

みつえから念入りに釘を刺された徳利は、新喜劇のメンバー…一平には内緒で岡福集合を呼びかけるのでした。

さて、その頃、岡福では一福が、すっかり上手になったトランペットを聞かせました。

それも、千代のおかげなのだと笑う一福は、ラッパの吹ける料理人になっていました。

そんな流れで、シズは春子に『夢』を尋ねます。

春子は『看護師』になりたいと思っていましたが、自分は頭が悪いからなれるわけがないと諦めモード。

そんな春子の態度が、千代には気がかりでした。

稽古を終えた新喜劇メンバーは、『岡福』での食事に誘われますが、あわあわと岡福は休みだの、予定があるだのバレバレの芝居で散っていく座員を見て、一平は何かを感じ取りました。

でも、寛治(前田旺志郎)は黙っていられませんでした。

一平は、おおよそ気配で察知していたのか、驚く素振りも見せません。

「お前もはよ行き。千代…喜ぶやろ。」

寛治が岡福に駆け付けると、本当に千代がそこにいました。

「おかえりなさい。千代さん!」

千代は、寛治に突然いなくなったことを謝りました。

あの後も、寛治は一人あの家に住んでいました。

今の所、独身のようです。

千代は、娘として春子を紹介すると寛治は微笑みます。

自分にとっても、千代はお母さんと一緒だから、春子は妹だと。

「すごいわ…新しいおじいちゃんにおばあちゃん…それにお兄ちゃんもでけて…。何や…『お父さんはお人好し』みたいやなぁ!」

そんな言葉に、宗助はまた泣いてしまいました。

その夜は、楽しい食事、みんな千代が帰ってくるのを待っていたのですから、それは、それは大盛り上がりです。

懐かしい空気の中、千代は思いました。

『春子…。うちら2人だけやない。みんなうちらにとって大事な家族やな。』

千代の中で、また何か一つ心が決まった瞬間なのかもしれません。

朝ドラ『おちょやん』第112話の感想

あぁ~…。
千代が~。

帰ってきた~。
道頓堀~。

おかえりって…
ただいまって…

夫人!夫人!
感極まりすぎて、語彙旅行がおかしくなってる!

いや、もう今日は、無理よ。
すごい幸せ空間かってくらい…。

春子は、急に家族が増えて嬉しそうにけらけら笑うのが可愛かったねぇ!
あのシーンを描きたくなった矢部太郎さんの気持ちが分かりすぎる!

矢部くんの描いた春子も可愛過ぎか!

本当にね…。

それに、今日はしれっといい見どころがたっくさん。

漆原さんのぼそっと「千代と芝居したい」っていう言い方もたまらんし…。
徳利さんが、当たり前みたいに千代に挨拶して、驚くとことか。

みつえがカメさんのつぼに入ったおかき差し出すところとか、多分福助よりうまいんじゃないかっていう一福のトランペット。

旦さんとシズさんの飴と鞭も素敵だし…。
千代を自慢したい旦さんの愛らしさ…。

千代が来てるのバレるだろみたいな、天晴兄さんや香里んたちのあたふたした芝居も…、あんたら役者やろってくらいあわあわしてたのが愛おしいわ…。

それに、寛治が駆けつけた時の嬉しすぎる表情から、憎まれ口叩く顔とか…。

夫人、夫人。
頭から、全部言ってる。

見どころじゃないところがない!

それは、間違いない!

そんな幸せな雰囲気の中、春子の『どうせなれへんし』っていうのが気になる。

どうも何かあったに違いないけど…。

おそらくこの問題については、千代が過去と向き合って鶴亀新喜劇の舞台に立つ姿を見せることで解決するのかなぁ…。

そうだね…。
でも、『桂春団治』に出るのかな?

いや…千代が残してきた宿題は『お家はんと直どん』だし、1回だけの特別公演だから、それをやるんじゃないかな…記念公演だし。

あ!なるほど…
あ~…あと3回で…終わるの?本当?

広告

朝ドラ『おちょやん』第112話を見た人の反応は?

わかる!
本当に良い間だった!

見てる方の涙がこみあげてきて、流れるまでのいい間だった!

あのシーンはね、本当、あの下手くそ具合が愛おしかったよね!

あのわざとらしらがあったからこそ、そのあとの真面目に真剣に一平に千代の事を告げる寛治が引き立つってもんじゃあないかと感心してしまったよ!

春子が笑っていることが、本当、過去の千代をも救う気がして…。
何か…感慨深いわ…。

配役に無駄がない…本当よね。
この人、出す意味あった?って人が、いないのよ!

この女優さん・俳優さんこれだけ?っていう無駄遣いというか贅沢遣いはあったけどね(笑)

広告

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』113話の予告あらすじ

春子(毎田暖乃)を連れ、2年ぶりに道頓堀に帰ってきた千代(杉咲花)。シズ(篠原涼子)やみつえたちと再会を果たす。聞きつけた鶴亀新喜劇の団員も岡福うどんに押し寄せる。新しい家族ができたと喜ぶ春子の笑顔に千代も救われるのだった。夜、看護婦になりたいという春子の夢を応援しようと切り出す千代だったが、勉強が苦手な春子の「無理な夢は最初から諦めるべき」という態度が気にかかる。夜も更け、千代はある台本を開く…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/85636558

まとめ

さ~気がかりな春子の態度は…明日には解決してくれるかな??

というか…本当、どうな風に終わるのかしら…。
あと3回…つまり、あと45分…終わるの?本当に?

結末が想像つかないわ…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告