おちょやん|第8週36話ネタバレと感想。千代を育てたのはテルヲと違う!【朝ドラ】

2021年1月25日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の36話が2021年1月25日(月)が放送されましたね!

こちらでは、第36話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

…先週末は、見たくもない顔のアップで終わったんだよね…。
嫌な予感しかしないよ…本当に。

また、千代が居場所を失うんじゃないかと気が気じゃないわ…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第36話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第36話ネタバレあらすじ

【鶴亀撮影所】

千代(杉咲花)の初恋が、儚く散ってから3年の月日が流れました。

時代は、大正が終わり、激動の昭和へと移り変わっていました。

千代の女優生活はというと、主演を張れるような幹部女優どころか、準幹部女優さえ、手が届きません。

とはいえ、大部屋の中堅女優として、まぁ、ぼちぼち役を貰い、ぼちぼちセリフを言って、ぼちぼち仕事をしていました。

そんな黒衣(桂吉弥)の『ぼちぼち』攻撃を思わず怒鳴りつける千代。

隣に座っていた弥生(木月あかり)は、そんな千代に驚き、仕事のし過ぎかと笑って言います。

「まぁ…役がもらえるだけましや思うわ。また3人辞めさせられたで?」

時代は昭和恐慌真っただ中。

その不景気のあおりを受けて、大部屋女優の数も随分と減らされていました。

最初は、随分といけずを言っていた絹江(和泉)歌子(三原悠里)も鶴亀撮影所を去っていました。

中々、ヒット作に恵まれない鶴亀撮影所の目下の悩みは、父親の強力なコネで入ってきた滝野川恵(籠谷さくら)という、さほどうまくもないけど幹部女優な人です。

この人が、厄介で一度へそを曲げると、何時間でも立てこもる、典型的なお嬢様でした。

監督のジョージ本田(川島潤哉)も、この女優に頭を抱えていました。

今日のへそ曲がり案件は、どうやらジョージの妻・ミカ(ファーストサマーウイカ)の態度が気に食わないから謝れということのようです。

もちろん、ミカがそんなことをするはずもなく、撮影再会は、まだまだかかりそうです。

そんな中、人知れず散った千代の初恋の相手・小暮(若葉竜也)との関係は、『恋』を自覚する前と変わっていませんでした。

小暮は、自分の脚本で、千代を主役にと懸命にお話を考えていましたが、『お前の話は金にならん』と、ことごとく却下されていました。

「今度は、どんなお話やったんだす?」

「生き別れた兄妹が、長い時間をかけて再会するお話。」

「…地味出すなぁ。そら当たらんわ。」

「言わなきゃよかった…。」

落ち込む小暮に、千代は言います。

「でも、うちは好きだす!いつか、見たいなぁ!」

そういって笑いあっていると、守衛の守屋(渋谷天外)がやってきました。

「千代ちゃん!あんたに、お客がきてるで!一応、大部屋で待ってもらってるが、あれ、本当に千代ちゃんのお客かなぁ?」

「お客?誰やろ?」

「『ヨシヲ』言うてたで?」

その名前を聞いて、千代は目を見開き走りだしました。

「千代ちゃん!?」

「ヨシヲは…うちの弟だす!!」

「はぁ!?」

そういって、走りだした千代を、守屋は『意味が分からない』…そんな顔で見ていました。

それもそのはずです、大部屋まで、猛ダッシュで駆け込んだ千代の目に飛び込んできたのは…。

「よう千代!」

父・テルヲ(トータス松本)でした。

千代は、ヨシヲの名を騙ったテルヲに怒りの矛先を向け、守屋に追い出すようお願いします。

事情を知らない守屋は、そんな冷たいことを言わないでといい、それに便乗し始めるテルヲは、立ち上がるや、ばったりと倒れてしまいました。

驚いた千代でしたが、すぐに反応がありました。

腹の虫という反応が。

千代は、しょうがなく食事は食べさせました。

怒りが抑えきれない千代でしたが、そんな姿が見えないのか何なのか。

テルヲは性懲りもなく千代と一緒に暮らそうといいます。

千代は、自業自得だと吐き捨てますが、どうしても見捨てきれず、『一晩だけ』ということで『カフェー・キネマ』の場所を教えました。

一方、小暮にもまた家族というしがらみが迫ってきていました。

小暮は父から届いた手紙を見つめています。

『5年』そういう約束で、小暮は地元を飛び出していました。

小暮の父は、5年もの間、死に物狂いで仕事をしてきた小暮の『映画監督になりたい』という熱意は認めたものの、今なお、助監督である小暮に『向き不向き』があるからと、実家に帰ってくるよう促されているのでした。

【カフェー・キネマ】

撮影を終えて帰ってきた千代は、ご機嫌に調子のいいことばかり言っているテルヲの姿が目に入ってしまいました。

すっかり乗せられた宮元(西村和彦)真理(吉川愛)が楽しそうに笑っています。

千代は、店の外にテルヲを引きずり出します。

道頓堀では、借金取りがいたので、全然話が聞けなかったからです。

千代が奉公に出てから、栗子(宮沢エマ)は女の子を産みました。

そのかわいらしさに、テルヲは養鶏場を大きくして稼ごうと借金をしましたが、その目論見は外れました。

その後、栗子は娘を連れて出て行き、ヨシヲと2人、各所を転々としていましたが、ある日ヨシヲもいなくなってしまったといいます。

千代は、いつかヨシヲと暮らすため、そして、テルヲの借金を肩代わりしてくれたシズ(篠原涼子)にお金を返すために、少しずつ貯金をしていました。

それを聞き出していたテルヲは、そのお金で一緒に暮らそうと、のうのうといいます。

「うちのお金をあてにすんな!今は、どっこも不景気やさけ、うちかていつどうなるかわからん。」

「そら困るやんけ!」

テルヲは、お金を稼ぐことに関しては、どこまでも他人事のように話します。

「どないすればええんや?」

「そら、もっと上に行くしかあれへん。主役張れるような役者になるしかない。」

千代の言葉を聞いて、テルヲは薄気味悪く笑いました。

「よっしゃ!お父ちゃんが、千代を主演にしたる!」

千代は、そんなテルヲの言葉にぞっとするのでした。

【鶴亀撮影所】

翌朝、いつもの通り、フンドシ姿で空手の型を決める片金(六角精児)の下に、お客さんが来ました。

『主演女優の父親』と聞いて、滝野川のことかと思った片金は、その客人を通しますが、そこにやってきたのは、もちろんテルヲです。

そして、こんな無茶を言い出したのです。

「次の映画は、竹井千代を主演に!」

これは、またトラブルの予感なのでした。

朝ドラ『おちょやん』第36話の感想

あぁ…月曜の朝から、胸糞悪い!
テルヲの顔を見ると、イライラが…。

というか、あの相変わらずの会話ができない感じが、恐怖でしかないわ。
ナチュラルに全部他人のせいかって話よね。

全くだね。
お前が邪魔すると、そのせびりたいお金もなくなるよって教えたら、上手く引きはがせないかな?

テルヲは自分の発信する情報以外は耳に入らないから無理じゃない?

ん~そうかも…。

というか…監督よ。
おだてられて、べらべら貯金のこととか喋ったでしょ!!って感じ…。
千代も、鶴亀で電話借りて、余計な事言わないように、釘だけさしておけばよかったのにね。

市内の通話なら、まだ料金がかからない頃のはずだよね?

そうなのよ!
貯金があることなんか知ったら、奴は絶対に盗みにくるわよ!!

それは、十分に考えられるね…。

お腹空いて倒れた時、そのまま目を覚ますなって…正直思っちゃったわ。
誤診でいいから、荼毘に付されてもいいのにって。
トータス松本さんへの風評被害が…。

それだけ、嫌なお父さんを演じきっていて、すごいねって話ではあるんだけど、感情移入しちゃうと難しいよね。

トータス松本さんが悪いんじゃない…悪いんじゃない…言い聞かせるみたいな話になってくるわね。

それと、あのお父さんの強力なコネで幹部女優になった娘ね。

『エール』の熊次郎を思い出したわ。

え?虎次郎じゃなかったっけ?

寅田熊次郎よ!
まぁ、お嫁に行くまで、たのしめればいいだけの腰掛でしょう?
近々、出てこなくなるからいいや(笑)

…。
この言い方は、テルヲレベルでイラっとしてるよね。

これから、どういうトラブルを巻き起こすかわからないけど、今のところは興味がないかな(笑)
ただ、あいつがいたせいで、カタキン所長がテルヲを通しちゃったから、『お前がいなければ』とは思ったかな(笑)

笑顔が怖すぎる…。
テルヲが出てきたから、余計かもね…。

とにかく言いたいのは、テルヲはひっこめということね。

ドラマのスパイスなはずなんだけどね…。
というか、私は、あれから3年。
高城百合子がどうなったのか気になるよ。

確かに!?

駆け落ちした相手の俳優さんもね(笑)

朝ドラ『おちょやん』第36話を見た人の反応は?

テルヲの登場に不安しかない

テルヲの登場は、月曜日から中々のイライラを運んでくるよね。
『千代も、叩き出せばいいのに!』って思うけど…。
肉親に対して、それがしにくいってのは、わからないではないよね。

本当、それよね。
千代が、もっと自分の弱さを出せるタイプなら、父親で大変だった話とかを周りにしてるだろうから、周囲も近づけまいとしてくれたかもしれないけどね…。

ここで、千代の強さがある意味仇になってる気がするわね。

少しでも癒しを

「千代ちゃん」って呼ぶ守衛さんは、確かに面白かったね!
でも、千代ちゃんは、あんなに鉄壁ガードだったのにとは思うね。

小暮さんとは、何か普通に話せてるのがすごいなぁとは思ったけど、これは逆に小暮さんがキュンフラグじゃないかって、思っちゃうわね~!

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第37話の予告あらすじ

鶴亀撮影所を訪ねてきた父・テルヲ(トータス松本)から性懲りもなく、一緒に暮らそうと言われ、断る千代(杉咲花)だった。とはいえ結局は見捨てられず、一晩だけカフェーに泊めてしまう。テルヲは翌日も押し掛け、所長の片金(六角精児)に直談判し、千代を売り込む。さらには撮影現場をも巻きこむ無茶をしでかし、千代は尻ぬぐいをする羽目に…。そんな時、小暮(若葉竜也)が新作映画の主演を選ぶ試験の話を持ってくるのだが…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/81670500/

まとめ

さ~テルヲは、今週何をしでかすのか…。
また、千代が居場所をなくすんじゃないかと心配だよ。

まず、あのテルヲ見て、カタキン所長がどういう反応をするのか…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告