おちょやん|第13週63話ネタバレと感想。一平、お母ちゃんと最悪な再会【朝ドラ】

2021年3月3日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の63話が2021年3月3日(水)に放送されましたね!

こちらでは、第63話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、母をたずねて~京都編~!
水曜日だし、お母ちゃんはみつかるのかな??

『カフェー・キネマ』の探偵の皆様が、常連客から情報をゲットするに違いない!
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第63話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第63話ネタバレあらすじ

【道頓堀】

一平(成田凌)の母親を探しに行った一平と千代(杉咲花)の不在について、珍しく食事を共にしている千之助(星田英利)天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)百久利(坂口涼太郎)が話していました。

千之助は、口には出しませんが、過去に天海(茂山宗彦)との約束を思い出します。

母・夕(板谷由夏)の居場所は一平には教えないでほしいという天海からのお願いでした。

『すまんな。約束破ってもうたわ。でも、もうええんとちゃうか…。』

【カフェー・キネマ】

さて、京都では、一平の母親探しを、『カフェー・キネマ』が店をあげて、協力していました。

常連客達に、何か手掛かりがないか、熱心に訪ねていきます。

でも、そんなに簡単にことは進みません。

何か、もっと特徴的なことはないかと、一平に尋ねたのは、常連客の原(小林幸太郎)でした。

しかし、一平は、あまり母親の事を覚えていませんでした。

覚えているのは、母が語った自分の名前の由来でした。

すると…。

「それ、聞いたことあるな…。」

実は、この原のフルネームは、なんと『原一平』。

自分の名前が『はらいっぺい』=『腹一杯』に聞こえて面白いだろうと、仕事先の女将に話したことがあり、その時に同じ話を聞かされたというのです。

嵐山にある旅館『夕凪』というところの女将という有力な情報をGETすることができました。

『一平、見てみ?この海の向こうには、見たこともない世界があるんやて。あんたには、この水平線みたいに、まっすぐで大きな人間になってほしいて、『一平』ってつけたんやで。』

一平は、母親の言葉を思い出していました。

そして、会いに行った先に、本当に母親がいて、自分は許してもらえるのだろうかと、緊張していました。

千代は、そんな一平を励まします。

「もしかしたら、また一緒に暮らしたいって思うてはるかもしれんよ?」

そんな期待にも胸を膨らませます。

「千代…おおきにな。」

「あほ…。」

いつになく素直な一平の言葉に、千代は憎まれ口しか出てこないのでした。

【嵐山・旅館『夕凪』】

翌日、千代と一平は、原が教えてくれた旅館の前にいました。

そこへ、客の見送りに出てきた女将の姿が…。

何と声をかけたらいいか戸惑う2人に、女将は鋭い眼光で声をかけました。

「なんやあんたら!」

しかし、一平の顔をしみじみ見つめると…。

「一平か?」

ひとまず、中に通してもらった千代と一平。

一室で、話を始めます。

しかし、中々話を切り出せない一平に、しびれを切らしかける夕。

千代は自分が話を切り出しました。

どこかとげとげしい夕の態度は、天海に追い出されたことへの恨みだと思ったからです。

夕は、千代から一平が『役者』になったと聞いて、驚きました。

一平は、追い出される夕を守れなかったことを謝罪しました。

そんな一平を見て、夕は言いました。

「あんた、何もわかってへん。」

何と、真相は一平の記憶とは異なるものでした。

夕は、天海に追い出されたわけではありませんでした。

むしろ、違う男性と恋に落ち、天海と一平を捨てたというのです。

「堪忍え。せやから、お父ちゃんのことあんまり悪う言わんといてあげてな。」

一平も千代も、夕が天海をかばうために、嘘を言っているのだと思いました。

でも、夕は天海に悪態をつき続け、あの日の真相を思い出させます。

一平は、あの日出ていく夕を追いかけました。

しかし、夕の歩く先に、1人の男性が待っていたこと。

そして、優しく夕を呼び、夕もその手を取り、歩いていったことを。

「手切れ金や…。持っていき。あんたがいると、旦さんがご機嫌損ねるさかい。はよでてってんか!」

そういって、金の入った封筒を放り投げた夕の頬を、気づいたら千代はひっぱたいていました。

ぼろぼろと涙をこぼしながら。

夕は、思わずひっぱたき返します。

「お母ちゃんのくせに!」

「あんたには関係ないやろ!」

「あはははは!」

一平は、大笑いし始めました…。

「あほやな…あんまりにも、自分があほすぎて…人って…思い出したくないことは、都合よう忘れるもんやな。…帰るで。何で、お前が泣いてん?…あんたのために、ムダ金使いたくないさけ、汽車賃だけもろときますわ。」

何もかも吹っ切れたような顔をして、部屋を出ようとする一平。

「二度とこんで。この疫病神…。」

そんな夕の言い草に、また掴みかかりかける千代を引きはがし、一平は旅館を後にしました。

「どうか、お幸せに。」

2人が出て行った部屋の真ん中で、夕は泣き崩れました。

最悪な再会…、夕の言葉には、どんな真意があったのでしょうか。

広告

朝ドラ『おちょやん』第63話の感想

何だろう…お母ちゃんの態度に違和感が…。

多分、『男を作って、出て行った』というのは、事実なんだろう。
それの負い目なのかな…。

多分、一平の話を聞いて、天海が自分を悪者にしたことに気付いた。
だから、一平の誤解を解くべく、今度は夕自身が悪者になったのかしらね…。

それは、ありそうだね。
天海自身、自分が芝居・芝居で夕をほったらかしにしていたっていう負い目もあったのかもしれないけどね。

そして、役者になったと聞いたからこそ、それなら天海を目指せという気持ちなんだろうか…。

千代の涙は、初めて見るお母ちゃんだったからかな。
千代の周りには、多少の厳しさはあっても優しいお母ちゃんしかいなかった。
サエ然り、シズ然り、菊然りや…。

一平が、どこまでそれを理解して、笑って汽車賃だけ貰って帰ったのかはわからないけど…。

一平という存在が、今の夕の旦那さんにとって、疎ましい存在であることも事実かもしれないしね。

いずれにしても、千代と一平にとっては、生きてるにしろ、亡くなっているにしろ、家族との縁がほぼ無くなってしまった…。

本当は、誰より、家族の愛に飢えてるのにね…。

それが、結婚への一歩になるのかな…。

なんか、共依存って感じで、大丈夫かしら…。

むむむむ。
まぁ、その辺の心配は、おいおいしていこう!

そうね…。
このシリアスな展開になるから、『原一平』で笑かしてくれたのね…。
きっと…。

『原一平』…『腹いっぺ~。』…『腹一杯』だね(笑)

帰ってきた2人の話聞いたら、監督や平田さん『映画より奇なり』なんて言って、泣いちゃいそうね(汗)

ほんに、ほんに。

広告

朝ドラ『おちょやん』第63話を見た人の反応は?

一平、母との再会

板谷由夏さんが、これだけの出演とは、到底思えないんだよね…。
まだ水曜日だし、何かあるのかな…。

この旅館…千代が売られかけた『料理屋』的なあれなのかしら…。
そう思うと…色々伏線の回収がえぐいわ。

『原一平』…『腹いっぺ~』…『腹いっぱい』

本当、千代のほげたを気に入ってくれてたお客さんが、こんな重要人物だとは…。

この再登場は、何だかとっても嬉しかったわね!
でも、一平を連れてきていたことには、ちょっとがっかりしてたりして?

千さんこそ、無償の愛情に見えてくる

え~っと…ただのトラブルメーカーだと思って、ごめんなさい(笑)
多分、最初の方とか、個別の紹介記事とかで、そういう風に思ってるようなことを言ってたんだよね…私は。

私もよ…理不尽なトラブルメーカーとばっかり…。
登場人物紹介に書いてあった『一平と千代の師匠』というのは、本当だったんだわ…。

朝ドラ送り・受けまとめ

いや、わかるよ。
今日のあれは、ぐっとくるもん。
涙も出るよね。

メイク直してるのが、リアルだったわね。
お三方も、複雑そうな表情だったし…。
からの、2022年前期の朝ドラ発表で、本当盛りだくさんだったわね。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第64話の予告あらすじ

幼き日より、一平(成田凌)が恨んできた父・天海天海(茂山宗彦)のそぶりからは、到底想像できない事実を突き付けられた、一平と千代(杉咲花)。呆(ぼう)然としたまま、京都をあとにし、道頓堀の帰路につくのだった。時を同じく、千之助(星田英利)も天海から口止めされていた事実を鶴亀家庭劇の座員たちに話し始める。そして、天海と千之助の二人以外にこのことを唯一知っていたあの人も、一平と千代の帰りを待ちわびていた。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83077352

まとめ

え?予告…
あの人って…多分、ハナさんだよね?

そうね…天海さんと千さん以外に知ってるとしたら、その人以外いないわよね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

広告