おちょやん|第13週64話ネタバレと感想。天海の一平への思いは届く?【朝ドラ】

2021年3月4日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の64話が2021年3月4日(木)に放送されましたね!

こちらでは、第64話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ…もうこれでもかと容赦のない朝ドラ…って感じだけど、どうなるのかな…。

お母ちゃんの涙や天海さんの真意とか…色々気になる!

板谷由夏さん…あとは回想パートだけとか…無いわよね?
そんな贅沢な使い方する??
でも、朝ドラならあるかもしれない?

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第64話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第64話ネタバレあらすじ

【一平と夕、修羅場の後で】

「え!!!!じゃあ、ほんまは、天海さんと一平が捨てられたっちゅうことですか??」

一平(成田凌)夕(板谷由夏)の修羅場のような再会を経て、道頓堀への帰路についている頃、全てを知る千之助は、天海天海一座の関係者である天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)漆原(大川良太郎)百久利(坂口涼太郎)たちには、真実を告げていました。

お母ちゃんが大好きだった一平のために、天海(茂山宗彦)は、自分が悪役を買って出ていました。

でも、千之助は一平と千代(杉咲花)を行かせたのです。

全てを知り、悲しい再会になることが分かっていて、それでも行かせたのです。

「それ、他に知ってる人いるんだすか?」

「……一人だけ…な。」

その『1人』は、もちろんこの人しかいません。

「何してるんだすか??」

岡安のお勝手に立つハナ(宮田圭子)を見て、カメ(楠見薫)は驚きました。

一平と千代が、京都から心身ともにへとへとになって帰ってくることが分かっていたハナは、2人のために優しい食事を用意しようとしていました。

自分がやるからというカメにハナは言います。

「ええ。うちにやらせたってな…。こんくらいのことしかでけへんさかい。」

そんな優しい気持ちがこもるよう、ゆっくりとろろ芋をするのでした。

すっかり暗くなったころ、千代と一平は道頓堀に帰ってきました。

店の前で二人の声を聞きつけたハナは出迎えようとしますが、状況は思った以上に深刻で声をかけるのを躊躇ってしまいます。

岡安の前まで千代を送った一平に、少し酔っていかないかという千代でしたが…。

「今日は…もうしんどい。」

そういって、早々に帰ろうとします。

千代は、あの再会からずっと言いたいものの、口に出せなかった言葉をやっと言いました。

「堪忍な。」

千代は、自分が余計なことをしたばっかりに、一平を傷つけてしまったと感じていました。

「俺の方こそ…痛かったやろ。」

一平は、夕にはたかれた千代の頬を撫でます。

「あんたよりは…マシや。」

「襲名、受けることにするわ。親父のこと散々悪ういうてしもたから…『罪滅ぼし』や。」

寂しげな笑顔で、そう告げる一平に、千代は努めていつものような口ぶりで言います。

「ほな…してやったりやな…。」

「まんまとな。」

しかし、その表情は、おめでたい話とはほど遠い顔なのでした。

【一平、襲名を決める。活気づく鶴亀家庭劇】

翌日、新聞には『二代目天海天海襲名』の記事が載りました。

岡安にも、一平の襲名興業の席をと予約の連絡が入ります。

そして、活気づいたのは、『鶴亀家庭劇』の面々です。

大体的に襲名興業の宣伝を行いました。

そして、一平はご贔屓筋へのあいさつ回りにてんてこ舞い!

一平は人が変わったように、大人な対応。

「わて一人の力やおまへん。一座のみんなの力があっての事です。」

そして、一座のみんなはというと…。

元・天海天海一座の面々と鶴亀家庭劇からの新参者との間で、稽古に力が入りすぎて、バチバチ…。

夢にまで見た、一平の襲名に気合が入りすぎる元・天海天海一座。

自分たちに居場所をくれた座長・一平に恩義を感じている新参者たちは、元・天海一座の面々は空回ってると指摘。

取っ組み合いの大喧嘩になりかけた空気も、一平は冷静に窘めていきます。

そんな一平を見て、天晴や徳利は、一平が大人になったと笑います。

しかし、千代は、そんな一平を見て、不安な気持ちでいっぱいでした。

そして、千之助も同じような気持ちで、一平を見つめていました。

【一平の目論見】

千代は、ハナが今夜ご飯を食べようと誘ってくれたことを伝えますが、明日は初日だと断り、一平は帰っていきました。

岡安に戻った千代は、ハナにその事を伝えます。

たくさんのお稲荷さんを拵えていたハナは言います。

「そうか…わては袖にされてしもたか…。」

千代はハナに自分の不安な気持ちを吐露します。

一平の様子が何かおかしいと。

「なぁ…ちょっと昔話してよろしいか?天海さんのことだす。」

ハナの話を聞いた千代は絶句します。

「千代、あんたしかおれへん。」

千代は、岡安を飛び出しました。

その頃、家の前で一斗缶に火を起こしている一平。

そして、燃え盛る炎の中に、『母に捧ぐる記』を放り込みます。

千代が駆けつけた時には、もう燃え始めていました。

慌てて駆け寄る千代は、一平に言います。

「あんた、役者辞める気ぃやな?」

そして、その予想は悲しいことに合っていました。

千代は一平のお得意さんへの挨拶に違和感を覚えていました。

一平は、ずっと家庭劇のことをよろしく頼むと、触れ回っていたのです。

それは、自分が抜けても家庭劇はやっていけるようにという、一平の根回しでした。

「あんた、みんなのこと、その気にさせて、一抜けたなんて許さへん!あんた以外に、誰が家庭劇まとめんねん!」

でも、一平は、母の事で散々父・天海を罵って生きてきました。

それが、今頃になって、自分のためについてくれた嘘だと知って、どうしたらいいのかわからなくなっていたのです。

だから、一平は決めました。

『この襲名興業で、天海天海の名前を永久に葬り去ること』を。

千代は、ハナの話を思い出します。

母親がいなくなって、食事も食べようとしない一平。

「お母ちゃんに会いたい!」

「(小声で)俺かて会いたいわ…。」

そこへ、お稲荷さんを拵えてきたのは、ハナでした。

夕に出ていかれた天海は、そんなハナの心遣いに感謝はあれど、自分自身こそ、ご飯など喉を通らず、酒ばっかり飲んでいました。

「お父ちゃん!」

「何やねん!…一平!」

ずっと鏡の前にいた一平の姿を見た天海とハナは驚いたのです。

「天海さんもな、お母ちゃんに出てかれて、役者辞めようと思ったらしいわ。でも、天海さんは役者辞めへんかった!何でかわかるか?」

そして、千代は一平に語り始めました…ハナから聞いてきた天海の話を。

朝ドラ『おちょやん』第64話の感想

千代だけが、一平の本当の気持ちに気づいているっていうのが…また…。

千さんとハナさんも気づいてると思うけど、やっぱり天海さん寄りだしね(汗)

でも、この展開なら、襲名披露の時に、『辞めます!』って言って、鶴蔵激怒みたいな展開は避けられるかな?

予告にあった、襲名披露で新喜劇みたくなってたのは、一体何があるのかしらね…。

でもさ、先週今週で急激に仲良くなりすぎてない?
千代と一平…。

まままままさか、公開プロポーズ???

千代は、そんな追い込まれ方して、素直にうんっていうかな?

というか、香里さんが、結構本気っぽいんだけど…その辺の三角関係はすっとばすのかな??

まぁ…そもそも論で、一平は芸妓さん…つまりプロの女性とは遊ぶけど、一般人に関しては千代以外興味ないもんね。

そうね…。
でも、公式さんに書いてあるのよ『結婚生活は破綻』って…。
(ここを見てくださいね…:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/about/

やっぱり、一平の女たらしが効いてくるのかしら…。

でもさ、一座の女将さんと女優業との両立が破綻みたいな意味で、女将さん業に専念するとか、そういうことじゃないのかね?

あ~…
そうね…浪花千栄子さんは、あくまでモデルだものね…。

それに、半分以上使って、一平と千代が結婚するって言われてるのに、ずっと進展しなさすぎる、2人の仲を見守らせておいて、残り半分で結婚→離婚とかあるかな…

ヨシヲ問題もテルヲ問題も何も解決していないもんね…。

まだ、これから戦争もあるんだよ?

そうね…
明日、天海さんの気持ちを聞いた一平が心を決めて、襲名披露…。
実は、そっと夕さんが来てて涙…みたいなラストがキレイよね…。

でも、襲名披露の姿は、第1話のみんなと重なるものがあるよね。
あの時、『二代目・天海天海です。』って名乗ってたし。
何かはあるよね。

半分使って、1話の冒頭に戻ってきたっていう感じなのかもしれないね。

朝ドラ『おちょやん』第64話を見た人の反応は?

そういえば…千代は天海さんにも一平の事頼まれてたね…。

あ!
これは…一平のプロポーズOKがやってくる??

天海さんの話を聞いた一平が、襲名しても役者を続けることを決める。
「天海さんにも一平の事、頼まれたしな。」でプロポーズOK…。

で、誰にも何にも相談せんと、いきなり襲名披露で結婚も発表?みたいな?
千さんが、『結婚なんて、100億年早い!』みたいな(笑)

これは、今週結婚あるかもな。

まぁ、この時代に、そんな恋仲で段階踏んで結婚って方が、夢物語か(汗)

久方ぶりのカッコイイ~ルリ子さん素敵だったね!

百久利、今のとこ見せ場がないなぁなんて思ってたけど…。
意外と馴染んでて、意外とみんなの事見てるのね…。
堪忍え…百久利(笑)

昨日に引き続き、物語をかき回すトラブルメーカーだと思ってて、堪忍な千さん(汗)

今日なんて、ほっとんど言葉を発してないのに、その心情というか、思いが溢れてるぅ!

本日の気になるイラストさんたち

やっぱり、昨日から今日にかけては、この場面だよね…。
そんな中、ちらっと映る『はらいっぺい』さんが、癒しだね♪

今、ここで、この回見ると泣きそうね…。
「親は子の幸せを願うもんやろ?」

天海さんも一平の幸せだけを願っていたのかも…。
そして、身請けされたという夕さんを思えば、出て行ったのは男を作ったからじゃないんじゃ…。

朝ドラ送り・受けまとめ

わかる!
「ゴツゴツ!」ってすごくいい表現!

国会中継で近江ちゃんの時間が削られてるのが…ちょっと納得が…。
あさイチは、普通に放送して、その間の事は、むやみに罵り合ってるところは飛ばして、建設的に話してるところだけダイジェストして、LIVEにしたらいいのにって…。

でも、本音は引き留めたいわね…。

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第65話の予告あらすじ

二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟をする一平(成田凌)。今まで書き直してきた大切な台本を一冊ずつ燃やしていく。これまでの一平のただならぬ雰囲気を察していた千代(杉咲花)。一平のもとに駆け寄ると、その場面に遭遇する。千代は、天海親子のすべてを知るハナ(宮田圭子)から託された、初代天海天海の思いを一平に届ける。幼き日の一平が天海にとって、どんな存在だったのか、千代は語りかけるのだった…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/83120439

まとめ

さぁ、千代がハナから聞いた話の全貌は…。
それを聞いて、一平は何を思うのか…。

はぁ…。
色々怒涛の展開ね…。
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告