おちょやん|第2週9話ネタバレと感想。千代クビ宣告…独りどこへ行く?【朝ドラ】

2022年2月15日

W2020年後期朝朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の9話が2020年12月10日(木)が放送されましたね!

こちらでは、第9話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

黒猫軍曹
黒猫参謀

テルヲたちが夜逃げ?
というか、流星丸をうったお金、そんなにあっという間に使い尽くして、借金をこさえたの?

黒猫夫人
黒猫夫人

これが、ひと月の間の出来事だものね…。
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第9話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第9話ネタバレあらすじ

大正5年の暮れ、一平(中須翔真)の父で初代・天海天海(茂山宗彦)が33歳の若さで亡くなり盛大な葬儀が行われました。それを取り仕切るのは、鶴亀の社長・大山(中村鴈治郎)で、その席にはこの先30年は君臨し続ける喜劇王・須我廼家万太郎(板尾創路)の姿もありました。

同じ頃、千代(毎田暖乃)はお隣さんの小林(烏川耕一)から、テルヲ(トータス松本)たちが、夜逃げしたと聞かされていました。

葬儀の後、シズ(篠原涼子)からお使いを頼まれた千代が一平と出くわしました。複雑な胸中を誤魔化すように嬉しそうな素振りを見せる一平に、千代は、最期に天海が見せた父親気持ちを教え、一平が羨ましいと話しました。

父が死んでから一度も泣かなかった一平でしたが、千代の話を聞いて初めて涙が溢れました。そして、それを見て、千代もモヤモヤした気持ちをこぼすように、道頓堀に来て、初めて大きな声で泣きました。

その夜、一平はいずれ2代目・天海天海を継ぐように言われ、困惑していました。千之助(星田英利)は、そんな一平を睨みつけ、天海の役も自分の役も自分でやると無茶なことを言い出します。

同じ頃、千代は得意客からのお使いの時間に間に合わず、シズからクビを言い渡されていました。翌早朝、千代は朝の準備を1人で済ませ、かめ(楠見薫)にあいさつをすると、迎えを待たずに店を後にしました。

そのあと、迎えに来た口入れ屋に、シズが追いかけて送り届けてほしいとお願いすると、竹井家の事情を聞かされ、皆驚きました。行く当てもないはずの千代は、一体どこへ行ったというのでしょうか…。

朝ドラ『おちょやん』第9話の感想

黒猫夫人
黒猫夫人

千代…行く当てもないのに…どこに行くのかしら…
雨に、雷に…踏んだり蹴ったりだし…。

黒猫軍曹
黒猫参謀

さすがに何も考えてないよね。

いくら、聡い子とはいえ、ガラス工房の社長のとこまで行って、雇ってとか、雇ってくれるとこ探してとかまでは考えてないよね。

黒猫夫人
黒猫夫人

そこまで考えられてたら、もはや末恐ろしいの範疇も超えてる気がするわ。
それに、道頓堀からの連絡する術なんて…ないんじゃないかしら…。

小林さんを頼るような事もしないだろうし…

黒猫軍曹
黒猫参謀

私の予想では、多分、道頓堀のことならなんでも知ってるハナさんが見つけ出すような気がするけど。

黒猫夫人
黒猫夫人

そうね~。少なくとも、この雷と雨をひとまずしのぐために足止めを食ってるでしょうからね…。

その隙に、ハナさんの秘密の情報網が千代をきっと見つけて…くれるわよね??

あぁ…早く、誰か千代を見つけてあげて!

黒猫軍曹
黒猫参謀

そんな、ハナさんが道頓堀のドンみたいだよ(笑)
でも、実は、お葬式に登場した鶴亀の社長さんは、昔、ハナさんに惚れていて…頭が上がらない!

なんてことがあったら面白いのにね(笑)

それにしても、千代ちゃんもやっとこ泣けたのにね。
いくら大人っぽいといったって、道頓堀に来てから、ちゃんと泣いてるとこ見てなかったもんね。

黒猫夫人
黒猫夫人

そうね。
とにかく、平気そうに振る舞うのよ!

ただ、今は誰か気にかけてくれるけど…大人になった時、この性質が足を引っ張らないといいんだけど。

時に強さにもなるけど、時に弱さにもなる…千代にとってのアキレス腱的なところがありそうよね…。

それで言うと、一平もちゃんと泣けて良かったというところで、腹の内見せあって泣きあえるって言うのは、お互いをなんだかんだ信頼してるっていう証よね。

みつえが不憫になってくるくらい(汗)

黒猫軍曹
黒猫参謀

そうだね。
みつえは、お世話になってるとこの『いとさん』レベルは超えてない感じだなぁ…。

それにしても、後継ぐなんて無理!って、この期に及んで言えちゃうあたりは、ちゃんと子どもでいさせてもらったんだなぁ…というのを感じたけどね。

そこが千代とは、大きく違う所だよね!
千代は、『大人』にならなくちゃ、生きていくことさえできなかった。

一平は、芝居をするようには言われるけど、なんだかんだ病気で休ませてもらったり、ここで「無理」って言えちゃうくらいには、『子ども』だもん。

黒猫夫人
黒猫夫人

千さんという厳しい大人もいるけど、天晴さんや徳利さん、漆原さんは、やっぱりかなり丁重に扱っているところがあるものね…。

『子ども』でいられる、甘えられる場所がある。
そこが千代にとっての羨ましいポイントだったのよね…

黒猫軍曹
黒猫参謀

そうだろうね。

でも、堀に大きな石を入れるのは、舟がひっくり返るような事故につながる可能性があるから、良い子も悪い子もマネしないでね!

阪神が優勝しても、飛び込んじゃダメだよ!って…最近は、そんなことするような人…さすがにいないよね?ね?

黒猫夫人
黒猫夫人

さぁ、今週も明日で終わり、明日のラスト1分くらいには、杉咲花ちゃんになることが予想されるので、毎田暖乃ちゃんや中須翔真くんをじっくり楽しまなくちゃね!

黒猫軍曹
黒猫参謀

どうやってことを納めるのかねぇ。
シズさんも振り上げてしまった拳を収めるには、それなりの覚悟がいると思うんだけど。

黒猫夫人
黒猫夫人

ほんに、ほんに。

【スポンサーリンク】

朝ドラ『おちょやん』第9話を見た人の反応は?

黒猫軍曹
黒猫参謀

いわゆる運命の出会いってやつは、最初はこんな何気ないことなのかもしれないね。

黒猫夫人
黒猫夫人

これが腐れ縁となるなら、ぜひともドラマの終わりまで、続いてほしいわね!

黒猫軍曹
黒猫参謀

千代ちゃんは、言い訳しなくなったもんね。
そして、何だかんだ頑張ってるのは見ててくれてるのかも。

黒猫夫人
黒猫夫人

お茶子さんとの絡みが、今のところ玉としかほとんどないからさみしいんだけどね…。
本当は、その辺ももう少し描かれる予定だったような気がするわね。

放送回数は、恐らく減ってるはずだから…まだ全何回かわかんないけど。

【スポンサーリンク】

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃してしまった時は?

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15
黒猫軍曹
黒猫参謀

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているんだね!

黒猫夫人
黒猫夫人

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめですよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!
黒猫軍曹
黒猫参謀

1週間過ぎちゃったよ~!何ていう時は…
有料配信のNHKオンデマンドにGO! だね!

登録方法や料金などの詳細は、必ず公式HPで確認してね!

黒猫夫人
黒猫夫人

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間・配信情報は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。最新情報は公式ホームページをご確認の上、ご利用ください。

※本情報は、放送当時の物となります。

朝ドラ『おちょやん』第10話の予告あらすじ

岡安の女将シズ(篠原涼子)から大切な使いを頼まれた千代(毎田暖乃)。

途中で一平と出会い帰りが遅くなったことで贔屓(ひいき)の客を怒らせてしまう。

お茶子失格となり岡安を翌朝出て行くことに。

この時、岡安の誰もが千代の父テルヲ(トータス松本)が夜逃げしてしまい、千代には帰る家が無いことを知らなかった。

道頓堀以外、どこにも行く宛の無い千代。

ようやく居場所を突き止めたのは、シズの母親のハナ(宮田圭子)だった。

出典:Yahoo!テレビ

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

さ~明日は…きっと正式に千代が「岡安」に迎えられるはず!
その時には、ハンカチが必要かも!

黒猫夫人
黒猫夫人

大人になった千代は、どのタイミングで登場するの?
明日も、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

連続テレビ小説 おちょやん 完全版 ブルーレイBOX 全3巻セット BD

価格:50,160円
(2022/2/8 19:32時点)
感想(0件)

 

スポンサーリンク