おちょやん|第8週40話ネタバレと感想。小暮がビールに乗せた思いが切ない【朝ドラ】

2021年1月29日

2020後期朝ドラ『おちょやん』

朝ドラ『おちょやん』の40話が2021年1月29日(金)が放送されましたね!

こちらでは、第40話のあらすじをネタバレ込みでご紹介させていただきます。

さぁ、テルヲが去り、女優を辞めようと辞表まで書いた千代。
小暮からのプロポーズを受けるのかな???

でも、ここで女優を辞めるなんてこと…あるのかしら??
今日も一緒に物語を追いかけていきましょう♪

広告

朝ドラ『おちょやん』第40話あらすじネタバレと感想は?

朝ドラ『おちょやん』第40話ネタバレあらすじ

【昨日までのおさらい】

はじめて好きになった小暮(若葉竜也)にプロポーズをされたのに心から喜べない自分に戸惑う千代(杉咲花)は、腐れ縁の一平(成田凌)と再会しました。

戸惑う自分の心を見透かされたような千代は、ボロボロと涙をこぼし、色んなことを自覚してしまうのでした。

 【鶴亀撮影所】

涙の止まった千代は、いつもの調子で一平と話します。

一体、何をしに戻ってきたのかと。

でも、やはり多くは語りません。

そこへ、守衛の守屋(渋谷天外)がやってきました。

千代宛に、お花が届いたというのです。

「差出人は書いてへんかったけどな。」

目をぱちくりさせる千代に、一平は言います。

「たった一人でも、お前のこと見ててくれてるっちゅうことやないか?」

千代は、そのお花を見て、何だかとっても嬉しい気持ちになりました。

その日の夕方、千代は何となく舞台の上に立っています。

夕陽の差し込むその場所に腰かけると、小暮がやってきました。

小暮は、少しお酒を飲んでいるようでした。

「返事…聴かせてくれないか。」

酔っている小暮に返事をするのは、誠意が無いと思った千代は改めようとしますが、小暮はそれを許しませんでした。

そして、改めて言ったのです。

「僕と結婚してください。」

「堪忍。やっぱり、芝居続けたい。うちは、小暮さんには不釣り合いだす。」

小暮は、そんなことはないと立ち上がりますが、よろけて転んでしまいます。

慌てて駆け寄る千代に、小暮は言いました。

「千代ちゃん!君は、とても素敵な人だよ。」

小暮は、自分の方が不釣り合いだといい、千代への気持ちもうまくいかない自分を慰めてほしかったのかもしれないと笑いました。

【カフェー・キネマ】

プロポーズを断った千代がお店に戻ると、みんなが千代を待っていました。

宮元(西村和彦)が、千代をみんなの前に立たせると、紙吹雪を撒き始め、言ったのです。

「今月のビール一等賞は千代ちゃ~ん!」

千代は驚きました、昨日の今日で、そんなことになっているはずがないからです。

そして、その真相を聞かされて驚きました。

小暮が、今日の夕方に来て、たくさんビールを飲んでいったことを。

「映画で主役にしてあげられなかったから、せめてここで1等賞にするんやって!」

千代は商品の金一封を受け取りながら、涙がにじみます。

「お酒弱いのに…アホやなぁ…。」

千代は最後の小暮の言葉を思い出していました。

「千代ちゃん、今までありがとう。本当は、僕が千代ちゃんを一番の女優さんにしてあげたかったなぁ…。」

こうして、本当に千代の初恋は終わりを迎えたのでした。

【鶴亀撮影所】

さて、小暮が鶴亀撮影所を去った日の翌日、千代は所長室に呼び出されました。

そこで、片金所長(六角精児)から、千代は撮影所を辞めるよう言われてしまったのです!

顔も並みで背も低く、色気も足りない千代は映画には不向きだと言われ、千代は慌てます。

色気はともかく、顔や背の事は、いまさら言われても困ると思ったからです。

千代は、必死に芝居を続けたいということを訴えると、社長の大山(中村鴈治郎)が口を開きました。

「誰が、役者を辞めいっていうた?」

確かに言っていません。

片金が言ったのは、『撮影所を辞めろ』ということです。

「道頓堀で、新しい喜劇の一座を作ることにした。君には、そこの舞台女優として入ってもらう!」

そんな大山の鶴の一声で、千代は鶴亀内で転勤となったわけです。

片金は、大山に不思議そうに尋ねました。

どうして、千代だったのかと。

大山はにやりと笑って言います。

「映画向きやないというのは、ほめ言葉なのか悪口なのかはわからへん。実物の良さが、カメラには収まりきらんいうこともあるっちゅうこっちゃ。」

口元にご飯粒をつけたまま力説する大山に、片金は、それ以上何も尋ねませんでした。

でも、あなたのカタキンも…2回はみだしたはずなんですけどね…。

転勤前のご挨拶にお世話になった髪結い主任のタツコ(湖城千秋)に挨拶にきた千代は、タツコの厚意で髪結いを直してもらいました。

タツコからのはなむけだといいます。

ちょっぴり寂しそうにしている千代に、タツコは言いました。

「なんや!その死にかけの幽霊みたいな顔は!」

でも、千代に『幽霊はもう死んでます!』とツッコむ元気はありませんでした。

道頓堀に戻れることは、単純に嬉しいと思いました。

でも、この鶴亀撮影所では、何の爪痕も残せなかった…そう思っていたからです。

千代は、あんなに入るのに苦労した門の前で、守屋にも挨拶をしました。

守屋は、世話なんかしてない、ただ見ているだけだと笑います。

「この門をたくさんの女優がくぐった。いい女優も、そうでない女優も。」

「うちはどないだす?」

「千代ちゃん?千代ちゃんは…わからへんなぁ…。」

守屋は、少し考えて言いました。

「あ…千代ちゃんは、『忘れられない女優』やな。」

守屋は、大きな女優になって戻ってこいと千代を送り出してくれたのでした。

【カフェー・キネマ】

そして、カフェー・キネマでの仕事も、最後です。

常連さんたちが、千代がいなくなるのを寂しがり…、喜劇に入ると聞いて面白い事を言えと無茶ぶりです!

「え~…大女優とかけまして、ご利益のある神社と説きます!」

「その心は?」

「どちらもえんぎ(演技・縁起)がええ!」

宮元が吹き出して笑っていますが、みんなさむ~い風が吹いていくのを感じていました。

千代の顔も、さながらチベットスナギツネ…。

これも、いつものカフェー・キネマでした。

翌朝、旅立つ前にと、千代はお店中をピカピカに磨き上げました。

道頓堀から逃げてきて、受け入れてくれた『カフェー・キネマ』に、千代はお礼を言いたかったのです。

「ありがとうございました。さようなら」

千代は、このまま、去るつもりでした

しかし、そこへ、大あくびをしながら、洋子(阿部純子)京子(めがね)純子(朝見心)に、平田(満腹満)まで来ました。

普段なら、とてもこんな時間に起きてるとは思えない早朝です。

みんな、昨晩挨拶を終えているからと、今日は誰にも会わずにいくつもりだということをわかっていたようです。

だから、その裏をかき、早起きをして千代を見送りに来てくれたのです。

そこへ、ホールで寝てたらしい宮元が飛び上がります。

見送りを寝過ごさぬよう、ずっとそこで待っていたようです。

そんな宮元の目は、真っ赤でした。

これで全員…おや、あと一人足りません。

「あ~~!千代ちゃん!まだおったがいね!よかった…。」

危うく寝過ごしかけた真理(吉川愛)も飛び起きてきました。

おいおいと泣いて、千代の健康を祈り、芝居を見に行くと約束し、また会おうと泣きじゃくる真理を千代は抱きしめます。

そんな熱い友情を見ていた京子も涙ながらに抱き着き、純子もくっつき、あのクールな洋子まで涙ながらにくっつき大きな団子になって、別れを惜しみました。

「千代~!」

「監督はあきません!」

「離せ~!」

「僕かて我慢してます!」

ちょっぴり蚊帳の外な男子ズも、千代との別れを惜しみました。

良き仲間たちに見送られ、千代はカフェー・キネマを旅立ちます。

「千代!」

宮元の声に振り返ると、いつものメガホンを手に言います。

「本番!よ~い、はい!」

みんなの柏手で、千代の新しい物語が始まるのです。

朝ドラ『おちょやん』第40話の感想

いい…いい…旅立ちだったね…

これは、ちょっと私も目頭が…。

えっと…どっから拾っていきましょうか。
やっぱり、まずはお花かな。

そうだね。
あのお花、誰から何だろう…?

可愛い薄紫のお花に、何か『ガラスの仮面』を思い浮かべちゃった。
バラじゃないけど『紫の薔薇の人』?って。

私は、ヨシヲじゃないかと思いたいんだけどね…。
まだ会えないけど…っていう感じで。

そうなのよね!

まぁ、結果的にあのお花が最後の一押しになって、女優を続けようって思ったと思うんだよね。

だからこそ、プロポーズを断ったわけだけど。
その前に、小暮はカフェー・キネマでビールをたくさん飲んだわけだけど、あれ裏がありそうな気がするのよね。

え?
投票の水増し??

いや、それは多少あると思うわよ?
多分、まわりの常連さんたちが、小暮の漢気に、「よっしゃ!協力したるわ!」くらいの展開はあったと思う。

だから、あの程度の酔い具合で済んだと思うのよ?(笑)
それに、テルヲのせいですってんてんなのも店のみんなは知ってるわけだしね!
そうじゃなくって、小暮がビールで1位にって思ったきっかけ。

そういうノリはありそうだね確かに。
あぁ、確かに変な話、プロポーズに自信があったら…。

「女優さんとして1番にはできなかったけど、僕の1番になって」的な展開を考えたっていいのに、敢えてビールに行ったわけだもんね。

私、あの日、小暮は大山社長か片金所長から、千代を道頓堀の一座にいれるって話を聞いてしまったんじゃないかと思うのよね。
だからこそ、結婚したら話で、千代の様子を伺った。

だけど千代の迷いを感じ取ってしまった小暮は、ある意味で覚悟を決めてたんじゃないかなって。

もちろん、千代はまだ劇団の話を知らないわけだけど、女優を辞めたくないって思ってるって気づいちゃったのよね。

あぁ…知ってた可能性は、あるかもね。

これで、小暮さんは、退場か…。
いつか、千代の芝居を見に来てるっていう設定で、最終月くらいに再登場を希望するわ…。

さて、そんな千代を劇団に抜擢したわけだけど。
大山社長、いいね!
カメラには収まらない魅力みたいなこと言ったときの、『キャメラ』って言うのが、いいじゃない?

あの、ドアップのご飯粒には、何か意味があるのかしらね?
カタキン所長のはみだしと同じ、何かかしら…。

そこも気になるね。
また出てくるかもしれないから、覚えておこう!

その結果、道頓堀に転勤になったわけだけど。
京都の皆さんとの別れが…。

タツコさんがはなむけに髪を結い直してくれるのがいいね。
結構、タツコさんには、千代も本音が漏れちってたよね。

京都のお母ちゃんだったのかな。

ほんとそれ!
何か、素敵よね。

守衛の守屋さんとのやり取りも良かったじゃない。
『忘れられない女優』って、すごい最高のほめ言葉だと思ったよ。

人間は、2度死ぬっていうものね。
1回目は肉体的な死。
2回目は忘れられた時って。

忘れられない女優ってことは、永遠に生き続けるってことよね。

そうだね…。
千鳥さんの紹介状が出て、初めて千代があの門をくぐった時も、「はよ行き!」って言ってくれて、今日最後も「はよ行き!」っていうのが、粋だなぁって…。

千代が大女優になって、またあの門をくぐる時、できればいてほしいけどね。
「おっちゃん、えらい長生きやなぁ!」って。

クランクアップはされてるってことだけどね。

それに、別れと言ったら、カフェー・キネマよ!
京都にも故郷ができたわね!
千代…。

女子たちがわちゃわちゃと別れを惜しんでる時、混ざりたい監督を止める平田も我慢してるって言うのが、サイコーだったね!

本当、それ。
いつか、みんなが共演してくれたらいいのにね…。

今日のラストで「本番!よ~い、はい!」ぱん!で、送り出してくれたのも、何か…いい門出だったね。

うんうん。
京都編…面白かった…。
年明けから、ちょうど京都編になったから、ぴったり1か月ね!

道頓堀に戻ったら、あの楽しい仲間たちにも会えると思うと、楽しみでもあるけどね!

そうだね!
道頓堀編2!
楽しみにしていよう!

朝ドラ『おちょやん』第40話を見た人の反応は?

お花の差出人予想

山の花ばっかりだからヨシヲじゃないかっていう説
一平の物知り顔から、一平じゃないか説
本当に名も知れぬ一ファンじゃないか説
紫のバラの人説ってところかな。

最後はない(笑)
そもそもバラじゃない(笑)

でも、山に咲く花ばかりっていう着眼点は素晴らしいわね!

小暮とビール

まずさ、千代が「自分も誰かを好きになっていい」って思わせた功績は、ノーベル平和賞もんだよね!

千代の心に、新しい感情を植え付けたという点で、にゃんドラマニわん♪平和賞を授与しましょう♪

でも、あんまり飲めないビールはいつにも増して苦かったでしょうね…。
本当…再登場してほしいわぁ…。

大山社長

すっごくいい事言ってたよね!
そして、やっぱり、適材適所の見る目がある人なんだね!

でも、やっぱりあのご飯粒が気になる(笑)
あえて、あそこアップにした理由が…気になる。
これは、のちのフラグになるかもしれないから、覚えておきましょう。

鶴亀撮影所との別れ

あのさりげない別れのシーンの中に、それぞれの思いが詰まっててよかったよねぇ。
出番がないからって、髪結い習いにくる女優はいなかっただろうし。
所長に会いたくて、ハゲヅラまで被ってきた女優もいなかっただろう…。

まさに『忘れられない女優』だろうね。

そうね…。
千代が、この3年間で撮影所でちゃんと居場所を作ってきた証拠だったわね。

カフェー・キネマとの別れ

あの別れのシーンもよかったよね。
真理ちゃんが大慌てで寝間着のまんま降りてきて、おいおい泣きながら千代に抱きつくのも良き!
それを見て、女性陣が次々に団子になって泣くのも良き!

それに混ざりたい監督も良き!
止めてるけど、本当は混ざりたい平田も良き!

…こうなってくると、あの口入屋さんにもお礼を言わなくちゃって思うわ。
何の身寄りもない千代を、『カフェー・キネマ』に送ってくれてありがとうって。

あの「本番!よ~い、はい!」が、こんなに素敵な泣ける言葉になるなんて…
今月の頭には、思ってもいなかったわ…。

本日の気になるイラストさんたち

何気ない仕草を、よく見てるなぁって、私なんか感心しちゃうんだよね。

確かにね。
数あるイラストさんの中で、新たな発見があるのよ!本当に。

そして、やっぱりイケメンが複数いると、どっち派論争はあるわよね♪

朝ドラ送り・受けまとめ

今日の高瀬アナは、テルヲが解決しなかったことへの驚き!
たのしまれているようで何よりだよ!

あさイチは、満を持して、テルヲじゃなかったトータス松本さんの登場!
もうのっけから笑っちゃったよ!

『テルヲ憎んでトータス憎まず』の語呂が良すぎで(笑)

トータスさん自身も『テルヲ』という役が分からなくて、監督に相談したエピソードがまたいいわね!

『テルヲ』という人物の明確な答えを持ったうえで演じているからこそ、圧倒的なクズ親父になってる。
このキャスティングはやっぱり絶妙だったと言えるわね!

とはいえ、まさかのテルヲクランクアップ済みのネタバレに、正直「やほ~い!」って私も思った(笑)

2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「おちょやん」はNHK+(プラス)で視聴可能です。

放送終了後、配信が開始され、各回1週間無料配信しています!

NHK+(プラス)はこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しているんです。

地上波放送
  • 【NHK総合】月曜~土曜8:00~8:15
  • 【NHK総合】月曜~土曜12:45~13:00

※土曜日は1週間のダイジェスト版が放送されます。

BS放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】7:30~7:45
  • 【BSプレミアム・BS4K】23:00~23:15

BS放送の方がちょっとだけ早く放送しているのね!

しかも、基本的にはニュースの青枠表示ないし、放送変更や中止も少ないから、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれないよ!

また週末には、こんな放送も!

週末の放送
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜9時45分~11時は1週間分一挙放送!
  • 【BSプレミアム・BS4K】土曜8時45分~9時は1週間分のダイジェスト版再放送!
  • 【NHK総合】土曜11時~11時15分は1週間分のダイジェスト版再放送!

見逃し配信が終わってしまった~!という時は、当サイトで簡単な出来事をおさらいすれば、きっと続きも楽しめるはずです♪

ちょっと見逃してしまったという人も諦めないで!!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

朝ドラ『おちょやん』第9週の予告あらすじ

昭和3年、千代(杉咲花)は新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。そこには、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団などさまざまなジャンルから来た役者が集まっていた。座長に指名されたのは一平(成田凌)だった。しかし、一番の実力者である、千之助(星田英利)が参加しないことがわかると、不安を覚えた役者たちが次々と辞めると言い出す。千代は千之助を訪ね、一座に参加してくれるように頼む。

出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/09/

朝ドラ『おちょやん』第41話の予告あらすじ

昭和3年夏、竹井千代(杉咲花)は、京都の鶴亀撮影所を離れ、新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。千代はシズ(篠原涼子)たちと再会し、芝居茶屋「岡安」に居候させてもらうことに。千代が参加する一座に集まったのは、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団など出身が様々だった。その中で、鶴亀株式会社から座長に指名されたのは、天海一平(成田凌)だった。しかし、不安が募る座員たちは…

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/81888691/

まとめ

お!千代は、岡安に居候させてもらうんだね!
女優として帰ってきた千代を、あの楽しい面々はどう受け止めるのかな?

昨年末に、「友達」となったみつえとの関係も楽しみ~!
あ!、でも一平もいるみたいだから、ここで今度は三角関係勃発??

それどころじゃないようなトラブルも待ってそう…。
来週、一緒に物語を追いかけていきましょうね♪

 

広告