【大河】鎌倉殿の13人|せつ役は山谷花純!源頼家の側室

2022年6月25日

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』
黒猫軍曹
黒猫参謀

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が、
2022年1月9日から放送されるね!

黒猫夫人
黒猫夫人

源頼家の側室・せつを演じるのは誰なのかしら?
ちょっと調べてみましょう♪

オリジナルキャラクターではない場合、Wikipediaなどを参考に史実上の話をすることがあります!

それが結果的に、ドラマのネタバレになることもありますので、苦手な人はご注意ください!

スポンサーリンク

『鎌倉殿の13人』源頼家の側室・せつ役は?

せつ/山谷花純

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で源頼家の側室のせつ役を務めるのは、女優の山谷花純さんです!

源頼家の側室。比企一族の気高き娘。

出典:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=34525

せつ

父は比企能員(佐藤二朗)で、頼朝(大泉洋)の嫡男・頼家(金子大地)の妻妾で、長男・一幡を出産します。

しかし頼家が危篤状態になった際に、北条氏と家督を巡って発生した比企能員の変で自害したと言われています。

出典:Wikipedia

黒猫軍曹
黒猫参謀

第7次出演者発表の時に、側室であるせつが正妻のつつじよりも先に発表されたことが気になってたんだけども…、身分の問題で、先に結婚したけど…的な感じなんだろうか…。

とはいえ、比企家が側室じゃないとっていうくらい家柄が劣ってるとは思えないんだけどなぁ…。

頼家は、比企家絡みの乳母も多くて、溺愛されているのが、ここまでの物語でもわかっているから、そこから一人は奥さんにというのは、頼朝的にも当然と言えば当然の流れだったのかもしれないね!

黒猫夫人
黒猫夫人

なんか…あっという間に頼朝がおじいちゃんになるのねぇ…なんてことにまでびっくりしていますが…

考えてみれば、もう放送も半分というところだし、北条の物語であるということを思うと、当たり前でしたね。

頼家は、『青天を衝け』でいうところの篤二的なポジションともいえるし、比企の館にいることも多い感じがするので、せつとも幼い頃から顔を合わせていたことが想像できます。

そうなると…安らげる存在と考えられるかもしれませんね。

山谷花純さんのプロフィールや出演歴を紹介!

山谷花純さんのプロフィール

名前山谷花純
生年月日1996年12月26日(25歳)
出身地宮城県
血液型O型
職業女優
所属事務所エイベックス・マネジメント株式会社
公式サイト山谷花純 公式サイト
【スポンサーリンク】

山谷花純さんの過去の主な出演歴は? 

ドラマ

おひさま 第1・13・37・89話(2011年:NHK) – 原口まどか 役
IS〜男でも女でもない性〜(2011年:テレビ東京) – 星野夏 役
イタズラなKiss〜Love in TOKYO(2013年:フジテレビTWO) – 石川理美 役
手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年:テレビ朝日) – 百地霞 / モモニンジャー 役[
トットちゃん!(2017年:テレビ朝日) – 横山道代 役
モブサイコ100(2018年:テレビ東京) – 暗田トメ 役
結婚相手は抽選で(2018年:東海テレビ・フジテレビ系) – 波多野マコ 役
トレース〜科捜研の男〜(2019年:フジテレビ) – 沢口カンナ 役
私の正しいお兄ちゃん(2021年:FOD) – ヒロイン・理世 役
liar(2022年:MBS・TBS) – 松永裕美 役

にゃんドラマニわん♪的おすすめ作品
黒猫夫人
黒猫夫人

今回ご紹介させていただきますのは、『私の正しいお兄ちゃん』です!

私が、この作品が放送されると言うのを聞いて、タイトルを見た時は、ブラコンもしくはシスコン、はたまたその両方な感じのほのぼのドラマかと勝手に思い込んで視聴を始めた所…。

思った以上にというか…想像もしてないレベルで重たいサスペンスで衝撃を受けました(汗)

事前調査が甘いと言われれば、それまでなのですが(汗)

山谷花純さんとしては、『ニンニンジャー』での天才肌でにこやかなイメージが強かったので、このお話での様々な重荷を背負った表情とのギャップにすっかりやられてしまいました。

普段、あまりサスペンスは食指が動かないのですが、これは思わず最終回まで気になって全部みてしまいました!

映画

告白(2010年) – 内藤由香里 役
大人になった夏(2010年) – 主演・向井藍 役
悪の教典(2012年) – 三田彩音 役
舟を編む(2013年)
男子高校生の日常(2013年) – 羽原 役
寄生獣(2014年) – 裕子 役
シンデレラゲーム(2016年) – 主演・灰谷沙奈 役
耳を腐らせるほどの愛(2019年) – 福山朱音 役
今日も嫌がらせ弁当(2019年) – 栄子 役
まともじゃないのは君も一緒(2021年) – 君島彩夏 役

CM

ホットスタッフ(2017年7月 – )

出典:Wikipedia/山谷花純

山谷花純さんの公式SNSは?

山谷花純さんは以下の公式SNSをお持ちです。

【スポンサーリンク】

山谷花純さんの世間の反応まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

特撮を多く見てる身からすると…そこから朝ドラや大河って、また格別に嬉しかったりするんだよね(照)

多分、これが、親戚のおじさんが、親戚の子の頑張りを見て、よかったなぁ…って思う気持ちに似てる感じがして…

そんなところでも…気づけば自分もおじさんになったなぁなんて思ったり(笑)

黒猫夫人
黒猫夫人

それは、特にここ10年くらいの特撮に出てくる子たちが、自分よりも随分若いからだと思うけどね(笑)

すでにニュースとかで、赤ちゃんを抱いてる感じの撮影風景の画像が見られたけど…
お着物姿も、時代にあった黒髪も非常にかわいいと、キュンとしてしまいました。

ちなみに、その画像を見た時に、赤ちゃんもみたい~と叫んでしまいました(汗)
大河や朝ドラのちびっこ、かなりかわいいことが多いのでね♪

まとめ

黒猫軍曹
黒猫参謀

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のせつ役・山谷花純さんを紹介しました。

黒猫夫人
黒猫夫人

頼家の側室ということですが、2022年6月12日放送時点で、頼家も金子大地さんになったし…登場も間もなくでしょうか?

もしかしたら、19日放送で登場しているかもしれませんね!
いずれにしても、登場が楽しみでなりません!

NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」THE BOOK (TVガイドMOOK)

価格:1,210円
(2021/12/27 16:15時点)
感想(0件)

スポンサーリンク